ムダな続報

     Urbaneras Zinkenの誰の役にも立たないであろう続報(笑)。
     購入してから約10日。
     とりあえずムダに優先的に使っていたりする。
     買った当初は“音悪いじゃん!”だったが、先日は“こんなものか!?”という評価に変わった。
     だからちょっと印象が良くなった。

     うん、単に慣れただけかもしれないが(笑)、高音がちょっと聞こえるようになったかもしれない。
     とか思って、サウンドウォーリアと比較したら、やっぱり高音全然じゃん!ってなるのだけど……。
     まあ、サウンドウォーリアはモニター仕様だから、全音域に亘って万遍なく聞こえるからね。
     ただし、Zinkenは中低音は出るのだな。
     多分、低音だけに限ればZinkenの方が出ていて、それ故にZinkenの方が音が良いと感じる人もいるかもしれない。
     中低音は豊かだから、決して“ショボイ”音には感じないしね。
     でもまあ、楽器個々の音の聴き分け、つまり解像度においてはイマイチ。
     これは手持ちの他のヘッドフォンの中でも最低である。
     もっとも、価格が一番安かったのだから、これは仕方のないことでもある。

     とはいえ、この解像度の低さは“聴き疲れ”しないというメリットもある。
     Zinkenをしばらく使ってからサウンドウォーリアに換えたりすると、音が良いとは思うものの「耳痛ぇ~!」と感じるのも事実である。

     そしてもう一つのメリット。
     やはり空いているもう一つのジャックに別のヘッドフォンが繋げることだな。
     これはホントに愉快な機能である。
     Zinkenに別のヘッドフォンを繋いでおけば、いちいちジャックを抜き挿しすることなく、同じソースの聴き比べができるのである。
     Zinkenと他の何かという比較しかできないし、ヘッドフォン個々の入力感度が違うから、音量に多少差が出てしまうけど、これはムダに面白い!

     で、音がイマイチという以外のデメリットなんだけど、折り畳める割にはその携帯性がイマイチということだね。
     ハウジングを折り畳んでも、そこから90度回転はできないので、アーム部とハウジングが平行にはならない。
     つまり“真っ平ら”な状態にはならないのね。
     ちなみにAKGは以前使っていたK450、そして現在使っているY55ともにハウジングが90度回転するから、私的には携帯するヘッドフォンは“真っ平ら”になることに慣れてしまっていた。
     単に私のワガママという気もするけど。

     ってな感じで、音はともかく、あのカラクリやデザインが魅力的なのは間違いない。
     私の意見を参考にして、アーバンイヤーズを買うか否か!?決める人など億に一人もいないだろうが、これがアホなオッサンの感想です。
     またね。


    楽曲発売中!! 
    スポンサーサイト

    こんなものか!?

     先日ムダに買った(笑)Urbaneras Zinken。
     失敗は認めつつもエイジングなぞをしていると書いた。
     自分的に“音が良い”と思っているCDをサンスイ AU-α907MRというプリメインアンプで鳴らしているだけだが。
     まあ何だかんだで30時間ぐらいはやったし、それ以外でもPLENUE-Dを使う時にはなるべく使うようにしていた。

     そうしたらね……、うん、まあ勘違いかもしれないし、単にZinkenの音に慣れた(笑)だけかもしれないが、“それなりか!?”と思うようになった。
     例えばハイハットの音が“ペシッ”だったのが“パシャッ”ぐらいに聞こえるようになった気がする。
     ただやはり全体的に解像度はイマイチだと思う。
     それ故“聴き疲れしない”というメリットもあるのだが。
     とはいえ最初の印象「音悪いじゃん」というのはちょっと言い過ぎかな!?と思うようにはなった。
    「こんなもんじゃねぇ!?」
    ぐらいがフェアな言い方かもしれない。
     もっとも私ごときが何を言おうが、世間の評判には影響しないのでどうでもイイかも。
     またね。


    楽曲発売中!!

    アーバンイヤーズ

     実はムダにヘッドフォンを買った。
     うん、ホントにほとんどネタとして買った。
     だってさ、ほとんどオッサンが買うようなヘッドフォンじゃないのよ(笑)。 
     ってなワケで、何と(?)買ったのはUrbanears(アーバンイヤーズ)Zinkenである。

     アーバンイヤーズってのはスウェーデンのブランドである。
     オシャレなデザインの、思いっきり若者向けのブランドだな。
     何で買ったのよ!?
     うん、とある家電量販店で包装不良品、つまり箱に傷がある商品ってことで特価だったのよ。
     通常市場価格の半額程度だったのである。
     主な理由が“安かったから”であり、無理矢理別の理由をこじつけるのなら、“普通の若者の視聴環境の研究”かな!?

     今回このヘッドフォンを買うにあたっては、ネットでのレビューなどは一切見なかった。 最初からネタのつもり満々であり、ヘタな予備知識は入れないことに決めたのである。 まさに衝動買いに近い。

     で、実際どうなのよ、このヘッドフォンは!?
     あのさあ、買ってからレビューとか読んだのだけれど(笑)、けっこう“音が良い”とか評判もアルのね。

     さて、半額とはいえ、実際にちゃんと買った者の権利として言わせてもらう。
     これさ、

    「音悪いじゃん!(笑)」

     低音はまあまあだけど、高音域が全然じゃん!
     スネアの残響音とかがキレイに抜けないから、高音域の音像に立体感がまるでナイ。
     これを好意的に捉えるのなら、“高音が刺さらないから聴き疲れしない”ということになるかもしれないが……。
     ヘタに高評価のレビューなんぞを読んでいたら、あまりの酷さに愕然としたかも。
     そういう意味ではレビューを読まないで買ったのは正解だな(笑)。

     ただし、ちょっとだけ愉快な(?)機能が付いている。
     ケーブルは脱着式で左右どちらでも繋げるようになっている。
     で、ソースに繋いでない余っている方のジャックに別のヘッドフォンを繋ぐと、同じソースを同時に二人で聴けるのよ。
     イヤ、二人どころではないのか!?アーバンイヤーズ同士で繋げば無限に(?)数珠つなぎできるのか!?
     まあ6人目ぐらいで音に遅延が起きるかもしれないが(笑)。

     ってなワケで、ネタのつもりで買ったら思わぬお買い得!!とはなりませんでしたな。 ネタはやっぱりネタだった。
     もっとも、同価格帯で比べた時に、アーバンイヤーズがAKGとかと互角のサウンド・クオリティだったりしたら、もう世界征服できますな(笑)。
     売りはそこではないワケ。
     判っていたけれどね。まあ“意外と音良かったらどうしよう!?”とかムダにドキドキしたけれど(笑)。

     まあちょっとでも音質に拘るのなら、アーバンイヤーズは選択肢から外れるってことで。
     ファッションアイテムのつもりで買う人向けですな。
     
     で、お前こんなもの買ってどうすんのよ!?ってか。
     折り畳めるからタマにはAKG Y55の代わりに外出時に使ってみるか。
     一応ネタとは言え、そういうことも想定してハデなオレンジとか赤とかの色は避けてグレーにしたからさ。
     でも音が悪くてイライラするかも。
     エージングで変わるかね?期待はしていない。
     ただ、コイツのためにmimimamoは買わないな(笑)。
     またね。


    楽曲発売中!!

    どうでもイイ話

     ブログを放置する理由となっていた新曲。
     ある意味かなり気合が入っていた。
     え~と、これはただのムダな制作日記ね。
     まあ備忘録みたいなモノだよ。
     皆さんにとっては楽曲の制作過程は関係ないわな。
     
     ってなワケで、ヒマだったら読んでね。
     そんな感じで行ってみたい。

     最近の曲創りの傾向がありましてね。
     それは「聴いたらギターが弾きたくなる!」とかそんな感じなのである。
     そういうのを目指している。
     で、この曲はインストなんだけど、過去の曲、”Blue”、”Flow”などのような、はっきりしたメロディをテーマとする曲とは違うものにしたかった。
     メロディは全然ナシで、リフだけで曲を創るぐらいのつもりだった。

     他人はどうか知らないが、私にとってこれはかなりのチャレンジなのね。
     まあ私個人の感覚だが。
     半年ぐらい前にもチャレンジしたが、それは見事にボツとなった(笑)。
     そのデータは消去こそしていないが、タマに聴いてみると確かに「ボツやむなし」という感じではある。
     うん、難しいのだよ、リフだけで3分間楽しませるのは。

     しかし何としてもやり遂げたい。
     そんな思いで創ってみた。
     もうテンポ・エディットの段階からして、ムダに労力を費やした(笑)。

     それが功を奏したかどうかは判らない。
     判らないが、ちょっとした手応えはあった。
     途中経過を鬼ディレクターに聴いてもらおうと思ったが、何故かグッと堪えた。
     意味不明だが、自分の中ではここでアドヴァイスをもらったら負けだと思えた。

     で、そのまま続けた。
     リフだけで押すのなら、言うまでもなくベースも非常に重要だ。
     所詮私比の話ではあるが、これも上手いことできた。
     さて完成か!?
     うん、当初の予定では終わるつもりだった。
     しかし待て!やはりちょっと何かが足りない。

     ってなワケで、リフだけというのは断念した。
     ここにもうちょっと色彩を加えよう!!

     ちょっとしたオブリガードを加えてみた。
     そしてエンディングは普通に(?)ソロを加えた。

     そして鬼ディレクターに聴いてもらうことにした。
     結果は如何に!?
    「途中で出てくるオブリと最後のソロが凄くイイ!!」

     予想もしていなかった誉め言葉をいただいた。
     え~と、上手く行ったようです(笑)。

     ただし、最初からソロを入れるつもりで創っていたらこうはならなかった気がする。
     ソロなどは一切ナシで楽曲を成立させるつもりで創っていたからこそなんだと思う。
     うん、ディテールってのはこういうことなんだと思う。
     どうでもイイ私の個人的な制作日記に付き合っていただき感謝。
     退屈でしたね、ゴメンナサイ。
     またね。


    楽曲発売中!!

    違いなんて判らんが

     黒カスタムとSF-7000の弦交換をした。
     弦交換は私のおバカな趣味というか、気分転換の有効な手段であるが、今回はキチンとした目的が在ってのこと。
     普通にレコーディングのためである。
     先日ちょっと触れたインチキジャズ風味に続く新曲のギター・パートを、明日録るつもりなのである。

     何でワザワザ2本換えるのよ!?
     どちらを使うか迷っているのではなく、どちらも使うつもりだからである。
     前回のジャズ風味の曲はBladeストラトのみだった。
     それだと弦交換も1本だけで済む。
     うん、その方がコスト的にも弦交換の手間的にも良い。

     しかしながら、このところ複数のギターを使うのが多いな。
     それほど決定的な違いなんて出ないんだけどさ(笑)。
     っていうか、今回のはユニゾンで同じようにディストーション・サウンドで弾くつもりだから、尚更違いなんて少ない。
     きっと、他人が聴いても判らない(笑)。
     それどころか、ヘタすると本人さえも数日経ったら判らなくなったりして……。

     でもまあ、そうしたいのだよ。
     これがムダな拘りなのよ。
     やらないと納得できないのよ。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック