6の1

     白カスタムの弦を換えた。
     う~む、ここ1週間で黒カスタム以外の4本のギターの弦を換えている。
     弦交換が面倒だという意見もあるだろうし、その気持ちも判らなくもナイのだが、新品の弦に張り換えた時の音の気持ち良さは格別である。
     新品の弦の感覚を味わうためなら、弦交換の手間など何でもない私である。
     隙あらば弦を換えようとしてしまう(笑)。
     だって気分転換になるんだもん。

     ってなワケで、白カスタムには当ブログの推奨弦であるDRを張った。
     DRのストックがまだ3セット在ったからだ。
     DRを初めて体験したのは当ブログのムダでおバカな弦レビューの時なのだが、そのレビューで使用していたギターが白カスタムであり、初DRに感動したのである。
     だから何となくDRは”白カスタム用”という感じになっている。
     まあダンカンのピックアップよりも白カスタムのニューP.A.Fとの相性が良いような気もするし……。

     さて、DRは不良率が高いと言われている。
     私自身これまで使った 5セット中1セットが不良弦であった。
     私がこれまで愛用してきたヤマハ、アーニーボール、ダダリオ等のブランドでは不良弦に遭遇したことなどナイ。
     もちろんそれらのブランドでも不良がゼロということは有り得ないだろうが、まあそんな心配は特にしなくて済むレベルであることは間違いない。

     しかしDRは実際に不良弦に中ったので、ムダに心配してしまう。
     果たして!?今回は大丈夫だろうか?

     しかしあのパッケージは………、いつも思うが酷い。
     アーニーボールやGHSなどとは比べようもナイ。
     DRのサウンドは大好きだが、あのパッケージだけは、開封するたびに軽く鬱になるな。
     
     で、結果の方は大丈夫だった。
     相変わらず素晴らしい弦である。
     これで私のDR不良率は6の1である。
     このまま順調に不良率が下がることを期待している。
     不良率が高いから使えない!というにはあまりにも惜しいサウンドだからだ。
     一応自分の中では、10セット目まで不良が出なければ買い続けるつもりだが。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    看板は下ろされず

     他人はどうなのか知らないが、私にとってギターの弦交換は良い気分転換となる。
     新しい弦はやはり気持ちイイ。
     張り替えるのが面倒だという意見もアルだろうが、新品弦をジャラ~ンとかき鳴らす喜びに勝るものはナイ(そうか!?)

     ってなワケで、白カスタムの弦を張り替えた。
     先日、パソコンの下見に行ったついでに買ったDRに張り替えたのである。
     DRは当ブログ推奨弦なのだが、不良率が多いとの不安がある。
     これまで私はDRを4セット使用したが、うち1セットが不良であった。
     ヤマハ、アーニーボール、ダダリオなど、これまで約35年間不良弦を掴んだことのナイ私にとって、これは由々しき問題である。

     1度でも不良を掴んだことがあると、妙に心配である。
     だからDRに関してはネットでは買わず、必ず店頭で買うことにした。
     今回のは最も信頼のおける楽器店で、新防錆パッケージであることを確かめた上で購入したモノである。
     
     やや緊張しながらパッケージから弦を取り出す。
     全く捻じれも錆もナイ、フレッシュな弦がビヨ~ンと飛び出した。
     うん、大丈夫そうだ。
     とはいえ、前回不良に当たった時、最初は大丈夫だと思っていたら、3弦がどうにもチューニングが合わなかったのだった。
     物理的な見た目だけではまだ安心できない。

     張り終えてから入念にチューニングをする。
     結果は良好。これは大丈夫なようだ。
     つまりこれで不良率は5の1、20%に下がった。
     もっとも、これでもまだまだだが……。

     まあしかし、やっぱりDRの音はイイ。
     個人的にはややテンションが緩めなのが好みではナイけれど。
     しかし、DRが推奨弦である名誉(?)は一応守られた。
     皆さんも一度使ってみることをお奨めする。
     またね。


    楽曲発売中!!

    推奨弦

     北海道の素敵な牛舎を持つ友人からLINEが入っていた。
     ギターの基礎練習に熱中していて気づかなかったのだが……。
     で、その内容は、
    「DRの弦はイイかも!」だった。
     DRの弦は当ブログの推奨弦である。
     とはいえ、私自身が常用しているワケではナイ(笑)。
     何度か書いているが常用しているのはアーニーボール・レギュラースリンキーである。
     でも、推奨弦がアーニーボールでは面白くも何ともナイし、あのキンキンの高音域が苦手という人もけっこういるだろうから、誰にでもお奨めとはちょっと言い難い。

     それを考えるとDRは非常にバランスが良くて万人が“良い”と思うんじゃないか!?
     イヤ、ホントこれは良い弦よ。
     難があるとすれば、やや割高なこと、アーニーやダダリオほど“何処でも売っている”ワケではないこと、そして不良率が高いと言われていること。

     ただ北海道の友人のLINEを見たら、私もまた買いたくなってきた。
     ちなみに私自身のDR不良率は四の一、つまり25%である。
     う~ん、これはちょっと高すぎるヤバイ数値である。
     せめて5%ぐらいになって欲しいところだ。

     ところで、DRのことを考えていたら、以前当ブログのムダな弦レビューの際に試した弦の一つであるIQSもまた弾きたくなった。
     が、しかし、複数のショップのラインナップから姿を消している。
     代理店がヤメちゃったのか?
     手に入らないかも!?とか思ったら尚更弾きたくなるのである。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    ヤマハ作戦

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     このところ「ブログを書くぞぉ~!」と気合いを入れないと書けない私である。
     さて、梅雨ですな。ギター弦にとって最悪のシーズンですな。
     張ってしまった弦が劣化するのは避けられないとしても、気になるのはストックしてある弦ですな。
     もちろんアーニーボールは完全密封パッケージだからセット弦に関しての心配は無い。問題はバラ弦ですな。

     一応バラ弦は乾燥剤を入れたジップロックに入れてある。
     ただやはりちょっと心配だったので、様子を見てみた。
     バラ弦達には、バラ弦に降格された年月を記入してある。
     つまりセットのパッケージを開けた年月ね。
     一番古いモノは1年以上経過している。で、恐る恐る弦の状態を見てみた。

     う~む、そろそろ使わないとヤバイかな!?
     今年になってから降格処分(?)になった弦は全然大丈夫だが、さすがに1年以上経過した弦は今年の梅雨を乗り越えられないかもしれない。
     ってなワケで、危険な状態のバラ弦を優先的に使うことを決意。
     しかしながら、3弦と6弦のストックはナイ。
     交換するのはもちろんセット単位だから、ヤバイ弦を消費するためには3弦と6弦の新品弦が必要である。

     手持ちのパッケージを開封してもイイのだが、そうすると他のバラ弦ができてしまう。
     う~む、ここは足りない分のバラ弦を購入して、ムダにバラ弦を増やさない方針で行くことにする。
     とりあえず2セット作ることにして、3弦2本、4、5弦を1本、6弦2本を購入することにした。ちなみに1、2弦は4本ずつぐらい在ったので買わない。

     ってなワケで、当然バラ弦達は愛用のアーニーボール・レギュラースリンキーである。
     アーニーボールはもちろんバラ弦でも売っている。
     しかしながら、ご存知の方も多いと思うが、アーニーボールはバラで買うと非常に割高になる。これはダダリオでも同様。
     ちなみにアーニーボールで上記の弦6本のお値段を計算してみたら1,317円(税込)だった。
     賢明な方は直ぐに気づいたと思うが、これはアーニーボールの約2.5セット分の価格に相当する。
     つまりだ、アーニーボールのバラ弦を買って手持ちと合わせてワザワザ2セット作ろうとすると、アーニーボール2セットの価格より高くなるのだよ。
     これは非常ぉ~にバカバカしい。
     こんなことをするのなら、やばくなった弦なんか捨ててしまって素直に2セット買った方がイイ(笑)。

     そこで登場するのがヤマハの弦だ。
     昔からそうだがヤマハの弦はバラで買ってもそれほど割高にならない。
     音的にもけっこう良いしね。アーニーボールと混在させてもそれほどバランスが悪くならない(と私は思っている)。

     上記の6本の価格をヤマハで計算してみる。
     852円(税込)だ。う~む、これならまあイイか!?これに決定。

     ってなワケで、ヤマハの弦を購入したワケだが、ネットで夜中の1時に注文したら明けたその日の18時に届いた。
     17時間後かよ。
     852円で送料無しなのにね(笑)。
     便利な世の中である。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    何パーセントなら許せるか

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     先日は見事に(?)DRの不良弦に当たった私である。
     生涯で初めてのことなので相当なショックであった。(ホントはそうでもない)
     とはいえ、やはり気になってしまうのと、弦交換が好き!っていうか趣味かも!?という変なオッサンな私である。
     宣言通り、YAMAHA SF-7000にDRを張ってみましたわ。

     え~とね、実を言うと……、既にパッケージから出した時点で、白カスタムに張った時と様子が違う。
     白カスタムに張ったセットはピ~ンとならずに捻れている感があったのだが、今回のはそんなことナイ。
     素直にピ~ンとなったばかりか、そもそも表面の光沢からして違う感じである。

     張り終えてとりあえずそのまま生音でジャラ~ンと鳴らす。
     う~む、やはり素晴らしい響きだ。
     チューニングがおかしいなんてこともなく直ぐに安定した。
     
     どうせだから次なる曲のバッキング・パートの仮録りをやってみる。
     同じフレーズを重ねて録ってみた。
     どこもおかしいところはナイ。
     歪ませた音で録った。SF-7000のリアはダンカンJBだからちょっと私的には太過ぎる(笑)のだが、気持ちの良いオーバードライブであることは間違いない。

     このセットは大丈夫。
     やっぱりDRは素晴らしい。
     とはいえ、現時点で不良率は三分の一なワケだ。
     果たして、これがどの辺まで下がればみなさんは納得するだろうか。

     五分の一、つまり不良率が20%だったら?
     まあ話にならん。
     不良率10%だったら?
     う~む、微妙かな。10セットにつき1セット不良ぐらいなら笑って許せるか?
     イヤ、やはりちょっと許し難いかな。

     不良率5%ぐらいだったらギリギリかね!?
     しかしだ。私がこれまで常用してきたと言えるYAMAHA、アーニーボール、ダダリオの3ブランドについては、不良率は皆無だったのだな。
     それを思えば一度でも不良品を経験してしまうとちょっと不安になる。

     実際、音が良いから悩むのね。
     きっとDRの音がこれほど良くなければ、一度不良品に当たったら、
    「二度と買わん!」
    で終わりだと思う。

     残りの1セット。黒カスタムに張ってしまおうかと考えている。
     単に不良かどうか確かめるために張ってみるのか俺!?
     イヤイヤ、そういうワケじゃない。
     ルーティンの弦交換ですよ。
     不良じゃなければそのまま使うだけだし、きっとまたDRの弦を買うことになると思う。
     
     またもや不良だったら……、さすがに不良率50%は冗談じゃねえよ!ということで、当ブログ推奨弦の看板は下ろすけど。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック