推奨弦は変わらない

    wakeup.jpg
    「Wake up」
    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」ニューリリース!!

     DRの弦の不良率は7の1。
     そしてDRのストックはもう1セットある。
     7セット目は張ってから既にひと月近く経過している。
     DRが張られた白カスタムは毎日弾くわけではナイ。
     だから実際にはまだそんなに死んでいるというほどじゃない。
     日々の基礎練習程度であれば、まだまだ引っ張れるレベル。

     しかしだ、私は弦交換が好きだ!(趣味だ!)
     もう判定は済んだのである。
     生涯で8セット目のDRに張り換えていけない理由はないだろ!?
     まあ勝手にせいよ!という話であるが。

     ってなワケで、8セット目のDRをまた白カスタムに張る。
     毎度のことだが、DRはパッケージを開ける度にガッカリする。
     とはいえ、酷いパッケージであっても良い弦なのは確かなのね。

     中袋から弦を取り出すと、いつものようにシャキ~ン!と弦がほどける。
     アーニーボールほどではないが、巻き癖などなくスルッと伸びるのはイイ感じだ。

     ところで、以前から感じていたのだが、DRはプレーン弦の寿命が長い。
     巻き弦は普通レベルだと思うのだが、プレーン弦はひと月近くたっても表面にくすみなど全く出ないし、音もそれほど変わらない。
     だからと言って、プレーン弦は換えないよ~ん!なんてことはしないが、一応参考まで。

     さて、8セット目は不良か否か!?
     大丈夫でしたよ!
     これで8の1。
     ストックが無くなったので、またそのうち買うことになるだろう。
     DRが当ブログの推奨弦であることは変わらない。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    7の1ってことで

    wakeup.jpg
    「Wake up」
    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」ニューリリース!!

     つまり”憎悪ストーカー”ってやつなのね。
     まあ病気なんだよ。
     本人が気づかないから病気なんだけどね。

     ってなワケで、今月の初めにDRの弦、7セット目を白カスタムに張ったのだが、2弦に
    ”バリ”があったので不良かどうかの判定を保留にしていた。
     このバリのせいで、そこから切れたり、微妙にチューニングが狂うようではやはり不良である。
     一応2週間以内に2弦が切れたりしたら不良と判定するよ~ん!と宣言しておいたが、気づけば既に3週間経過しているではないか。

     そう、結果は全然大丈夫であった。 
     切れもせず、チューニングも音も何も問題は無かった。
     もちろん、2弦以外の弦も全く問題ナシ!!
     つまり今回もDR弦は不良ではナイと判定する。
     これで不良率は7の1。
     まだまだ安心できる数字ではないが、サンプルが少ないわな。
     手持ちがもう1セットあるから、近日中に張り換えるつもりである。
     この最後の手持ちが”セーフ”であれば、DRは当ブログの推奨弦であり続けるし、私もDRを買い続けるであろう。
     またね。


    楽曲発売中!!

    判定保留

     ギターの弦を換えた。
     イヤ、そんなことはイチイチ書くことではナイのだが、とあるブランドの弦を張った時にはムダに報告の義務があると勝手に感じている。
     そう、つまり当ブログの推奨弦である”DR”を張った時には報告するのである。
     ってなワケで、DRの弦が張られたのはまたもや白カスタムである。

     DRの弦はこれまで6セットを使い、そのうち1セットが不良であった。
     つまり7セット目のDRである。
     いつものことながら緊張するのである。
     不良だったらどうしよう!?とか思うのである。
     で、相変わらずへボいパッケージを開封するのである。
     いつものことながら軽く鬱になるパッケージだな。

     まあパッケージは酷いが、引っ張り出された弦はとてもピ~ンと伸びる。
     この伸びる感じはアーニーボールと並んで最高レベルだとは思う。
     緊張しながら張り換えていく。
     弦を巻き上げていく時に、変にビ~ンと伸びて終了!とかならないか心配になる。
     
     まあしかし、どうやら大丈夫なようだ。
     きちんと6弦全て充分に伸ばしてチューニングも決まった。
     よしよし、今回もセーフ!と思ったのだが……。

     え~とだな、2弦にちょっと傷というか、”バリ”があるな。
     リア・ピックアップの真上辺りに。
     だからピッキングポイントからはちょっとズレている。
     う~む、果たしてここからブチ~ンと切れたりするだろうか!?
     2弦の音やチューニングにはとりあえず問題は無い。
     普通に弾いている限り、そのバリの部分には触れないから、弾き心地も問題ナイ。

     う~む、とりあえず不良率は7の1!!
     と発表するのは差し控えておく。
     多分ね、気にする人には立派な不良レベルかもしれないから。
     だから今後弾いていって問題が出なかったらそこで初めてセーフと判定したい。
     
     じゃあどうなったらアウトか!?
     そうね、私は2弦に関しては生涯で一度しか切ったことはナイ。
     基本的に2弦は切れないまま使い切るのが普通。
     よって、もし2週間以内とかに2弦が切れたりしたらアウトと判定することにする。
     まあどうでもイイよ!と感じる人がほとんどだろうが、そういうことで。
     またね。


    楽曲発売中!!

    6の1

     白カスタムの弦を換えた。
     う~む、ここ1週間で黒カスタム以外の4本のギターの弦を換えている。
     弦交換が面倒だという意見もあるだろうし、その気持ちも判らなくもナイのだが、新品の弦に張り換えた時の音の気持ち良さは格別である。
     新品の弦の感覚を味わうためなら、弦交換の手間など何でもない私である。
     隙あらば弦を換えようとしてしまう(笑)。
     だって気分転換になるんだもん。

     ってなワケで、白カスタムには当ブログの推奨弦であるDRを張った。
     DRのストックがまだ3セット在ったからだ。
     DRを初めて体験したのは当ブログのムダでおバカな弦レビューの時なのだが、そのレビューで使用していたギターが白カスタムであり、初DRに感動したのである。
     だから何となくDRは”白カスタム用”という感じになっている。
     まあダンカンのピックアップよりも白カスタムのニューP.A.Fとの相性が良いような気もするし……。

     さて、DRは不良率が高いと言われている。
     私自身これまで使った 5セット中1セットが不良弦であった。
     私がこれまで愛用してきたヤマハ、アーニーボール、ダダリオ等のブランドでは不良弦に遭遇したことなどナイ。
     もちろんそれらのブランドでも不良がゼロということは有り得ないだろうが、まあそんな心配は特にしなくて済むレベルであることは間違いない。

     しかしDRは実際に不良弦に中ったので、ムダに心配してしまう。
     果たして!?今回は大丈夫だろうか?

     しかしあのパッケージは………、いつも思うが酷い。
     アーニーボールやGHSなどとは比べようもナイ。
     DRのサウンドは大好きだが、あのパッケージだけは、開封するたびに軽く鬱になるな。
     
     で、結果の方は大丈夫だった。
     相変わらず素晴らしい弦である。
     これで私のDR不良率は6の1である。
     このまま順調に不良率が下がることを期待している。
     不良率が高いから使えない!というにはあまりにも惜しいサウンドだからだ。
     一応自分の中では、10セット目まで不良が出なければ買い続けるつもりだが。
     またね。


    楽曲発売中!!

    看板は下ろされず

     他人はどうなのか知らないが、私にとってギターの弦交換は良い気分転換となる。
     新しい弦はやはり気持ちイイ。
     張り替えるのが面倒だという意見もアルだろうが、新品弦をジャラ~ンとかき鳴らす喜びに勝るものはナイ(そうか!?)

     ってなワケで、白カスタムの弦を張り替えた。
     先日、パソコンの下見に行ったついでに買ったDRに張り替えたのである。
     DRは当ブログ推奨弦なのだが、不良率が多いとの不安がある。
     これまで私はDRを4セット使用したが、うち1セットが不良であった。
     ヤマハ、アーニーボール、ダダリオなど、これまで約35年間不良弦を掴んだことのナイ私にとって、これは由々しき問題である。

     1度でも不良を掴んだことがあると、妙に心配である。
     だからDRに関してはネットでは買わず、必ず店頭で買うことにした。
     今回のは最も信頼のおける楽器店で、新防錆パッケージであることを確かめた上で購入したモノである。
     
     やや緊張しながらパッケージから弦を取り出す。
     全く捻じれも錆もナイ、フレッシュな弦がビヨ~ンと飛び出した。
     うん、大丈夫そうだ。
     とはいえ、前回不良に当たった時、最初は大丈夫だと思っていたら、3弦がどうにもチューニングが合わなかったのだった。
     物理的な見た目だけではまだ安心できない。

     張り終えてから入念にチューニングをする。
     結果は良好。これは大丈夫なようだ。
     つまりこれで不良率は5の1、20%に下がった。
     もっとも、これでもまだまだだが……。

     まあしかし、やっぱりDRの音はイイ。
     個人的にはややテンションが緩めなのが好みではナイけれど。
     しかし、DRが推奨弦である名誉(?)は一応守られた。
     皆さんも一度使ってみることをお奨めする。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック