全米選手権アイスダンス

     フィギュアスケート全米選手権アイスダンス。
     近年アメリカのアイスダンスは非常にレベルが高い。
     今ではアイスダンス王国と言っても過言ではナイ。

     さて、アメリカには世界選手権で表彰台を狙えるカップルが3組いる。
     普通に考えるとその3組が上位となって世界選手権のアメリカ代表となるだろう。
     別にこれに文句はナイ。そのレベルから言えば当然である。
     ただ私にはその3組のほかに期待しているというか、非常に好きなカップルがいる。
     以前当ブログでも何度か話題にしたのだが、それはホワイエク/ベイカー組だ。
     男性のベイカーはとにかくエレガントである。
     何と言うか、それは“演技”ではなく持って生まれたモノという感じである。
     いつもその所作にうっとりしてしまうのだ。
     う~ん、50過ぎのオッサンがうっとりするというのも気持ち悪い話かもしれないが(笑)、機会があれば一度彼らの演技を観て欲しい。

     で、ホワイエク/ベイカー組はFDでの失敗もあり、結局5位だった。
     まあ失敗が無くても4位で代表には届かなかったろうが…。
     上位3組との年齢差もあまりナイので、今後も厳しいだろうけど、いつの日か彼らが世界選手権に出場することを願っている。

     そして上位3組の結果は…、シブタニ兄妹組の連覇となり、以下チョック/ベイツ組、ハベル/ダナヒュー組となった。
     この3組が世界選手権に出場する。
     
     う~む、それにしてもチョック/ベイツ組は惜しかった。
     FDは1位、非常に素晴らしい演技だった。
     FD終了後は彼らの逆転か!?という雰囲気だったのだけれど、SDのマージンでシブタニ兄妹組が逃げ切った。

     しかし今年のチョック/ベイツ組はSD、FDともに素晴らしいプログラムである。
     これまでは、まあベイツのノーブルさゆえにかクラシカルな雰囲気のプログラムが多くて、どうしても過去に観たような気がするプログラムが多かった。
     非常に安定はしていたが、良い意味で期待を裏切るようなところは無かった。

     でも今季は違う!!
     当ブログでも以前、SDでヒップホップをやっている組ではここが一番だと書いたが、このSDは何度でも観たいな。
     ちなみに振り付けはジェイソン・ブラウンで御馴染みのロヒーン・ワードである。何かとても納得してしまった。彼は天才だな。
     FDの「アンダープレッシャー」もリズミカルかつ攻撃的(?)な振り付けがとても良い。(振り付けはクリストファー・ディーン)
     意外と彼らはこういうのが得意なのかもしれない。
     遂に彼らは良い意味で期待を裏切ってくれた。世界選手権での活躍を期待している。

     今季も3位だったハベル/ダナヒュー組。
     ひょっとして今季こそ順位を上げられるかとの期待もあったが、FDでハベルが転倒してしまった。
     でも私はこの組のロングストロークのスケーティングが好きだし、マディソン・ハベルの顔はとても整っていると思う(笑)。
     別に彼女の顔はタイプではないが、私は彼女のことを「美人さん」と呼んでいる。
     どうでもイイことを書いたところで終わりたい。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    決まりですがな

     う~む、チェルシーが勝ったか……。
     もうほとんどプレミアは決まりですな。
     開幕前に当ブログでは、ペップとモウリーニョは失敗するけど、コンテはソコソコやるのではないか!?とムダに予想した。
     本音を言うとモウリーニョに関しては予想がハズレて欲しかったのだが(笑)。
     っていうか、コンテに関してはソコソコどころではナイ。
     もう大成功である。
     流石に戦術オタク(笑)のイタリア人である。

     ってなワケで、優勝は決まったので(笑)、今後の興味はべらぼうなギャラを貰っているペップとモウリーニョは、果たして何位だったら解任されないのか!?というところである。
     またね。


    楽曲発売中!!

    欧州選手権女子シングル

     今回はフィギュアスケート欧州選手権女子シングルについてムダに書く。
     フィギュアスケートの記事ってアクセス増えるのね。
     イヤ、別に私の記事がマトモだからではナイ。
     単にフィギュアスケート関係の記事って少ないから、検索の果てに私のところにムダに辿り着く結果となっているだけだと思われる。がっかりさせてスマナイ(笑)。

     ってなワケで欧州選手権である。
     このところ女子シングルは「ロシア無双」状態である。
     どうせロシアの3人が表彰台を独占するんだよ!とか思っていたら、何と!エントリーリストにカロリーナ・コストナー(イタリア)の名前がある。
     既に29歳となった彼女であるが、一人のフィギュアスケート・ファンとしては気になるよね!?

     そしてコストナーはロシアの表彰台独占を阻んだ。
     メドヴェジェワ、ポゴリラヤに続いて3位となったのである。
     正直素晴らしかった。
     
     もちろんジャンプの構成要素はロシアの10代の選手達にはかなわないから、技術点で上回るのは難しい。
     しかしながら相変わらず「腕の一振り」で空間を支配する。
     高いスケート技術と恵まれた体躯、彼女が放つ独特のオーラがあってこそのモノである。

     ポゴリラヤは2位。
     イヤ、私は当ブログで書いたが、彼女のスケートが好きだ。
     どこが好きなのか?
     とにかく彼女は゛置きに行く”ような演技を一切しない。
     いつも全力なのである。
     だからいつもその演技はダイナミックで、観ていると胸のすく思いがするのね。
     昨季まではその思い切りの良さが仇となることもしばしばだったが(笑)、今期は技術、体力、加えて精神面でも成長したのか、非常に高いレベルの演技が続いている。

     で、優勝はメドヴェジェワ。
     まあ誰もが予想した通りであろう。
     アクシデントでもナイ限り、彼女の勝利は揺るぎない。
     SPとFSの合計で自らが持つ世界最高得点を更新した。
     うん、全然文句はナイ。素晴らしい勝利だった思う。
     が、しかし、
     ただのオッサンの意見だと聞き流して欲しいのだが、メドヴェジェワって……、

    「また観たいとは思わない!!」

     で、どうしてそうなのか?ムダに考えてみた。
     メドヴェジェワの演技の世界観ってさ……、有限だよね。
     イヤ、世界観が小さいとは言わない。
     最高の技術と表現力を持っているのは事実であり、それを充分に活かすだけの世界観のスケールは在る。
     コンペティションをブッチ切りで勝利することからも、そのスケールが゛足りない”ということではナイ。

     ただね、もちろんまだ若いということもあるのだろうが、羽生結弦やパトリック・チャンの演技に観られるような、
    「何処まで行くのか判らない!!」
    という感じがナイ。
     彼らはきっと上限など設定せずに「何処までも行こう!」というか、自分でも何処まで行けるのか判らないまま全力で演技をしていると思うのである。
     そう、彼らの世界観は゛無限”なのね。
     本人達さえ何処まで行けるか判らないのである。
     そりゃ、我々は「また次も観たい!!」と思うさ。

     でもメドヴェジェワの演技は世界観が有限で、もう天井に着いちゃっているのよ。
     イヤ、多分まだ技術的に余力は在りそうなんだけど。
     本人の感性が自分の持っている技術に追いついていないのかもしれない。
     それはそれで凄いことなんだけどね。

     ってな感じで、私はメドヴェジェワの演技をまた観たいとは思わないのである。
     毎回同じものを見せられているような気になってくるのだ。
     もちろん、最高の技術なので感動はナイものの感心はするのだけれど…。

     何かムダに偉そうですな。
     ただのジジイの戯言だと考えてね。
     またね。


    楽曲発売中!!

    メリハリ

     ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダル。
     テニス界の現役レジェンドの二人だが、彼らの熱心なファンであろうとも、今後グランドスラムの優勝回数を伸ばすとは現実的には考えていなかったであろう。
     もう彼らは盛りを過ぎているし、二人とも昨シーズン後半は怪我のため休養していたのだから……。

     しかしながら、今季最初のグランドスラム、全豪オープンの決勝で二人は対戦するのである。
     つまり少なくとも一人はグランドスラム優勝回数を上乗せするのだ。
     全豪オープンの開幕前、決勝カードがこの二人になることを予想した人はいるだろうか!?
     希望的観測として笑われること覚悟で言った人ならいたかもしれない。
     でも現実的な予想として語られることは決して無かったろうね。

     とはいえ、まあとにかくこの二人による決勝が実現したのである。
     もうそれだけでもテニス・ファンは感謝したかもしれない。
     今更もうイイよ!?ってか?
     そんな人はテニス・ファンじゃないんだよ、きっと。

     試合はフルセットまでもつれた。
     そして最後はフェデラーが勝った。
     今大会のフェデラーの勝因の一つは、従来弱点とされていたバックハンドが素晴らしかったせいでもある。
     サーブとフォアハンドの威力と精度は全盛期よりも衰えたかもしれない。
     フェデラー自身が以前から絶対の自信を持っていたフットワークも、年齢とともに明らかに衰えてきている。
     しかしながらそれを補うように、バックハンドの技術は改善され、同時に現在の体力に見合った戦術も完成の域に達しようとしている。

     そしてこの試合。
     二人の勝敗を分けたのは……、まあ素人のオッサンの考えだけれど、力の使い方のメリハリにあった気がする。
     ナダルは、まあそれが以前からの彼のスタイルでもあるが、常に全力を出してプレーする。
     そして大事な場面では更にそこからギアが上がる。全力を出しているはずなのに、更にギアが上がるのがナダルの異星人たるところであり、これまで私たちはそんなナダルのプレーに幾度も驚かされた。
     この試合もそうだったと思う。
     ただ、哀しいかなここぞという時のギアの上がり方が、以前のナダルではなかった。
     それに比べるとフェデラーは、意図したのかそれとも無意識なのか、微妙に力の使い方を上手く配分していたと思う。
     最終的にそれがファイナルセットの怒涛の5ゲーム連取に繋がったような気がしている。

     とにかくおめでとう、ロジャー!!
     そして、ありがとう、ラファ!!
     またね。


    楽曲発売中!!

    今再び

     全豪オープン準決勝、ナダル×ディミトロフ。
     ディミトロフはとても良かった。
     ナダルを相手にストロークで負けていなかった。
     きっと世界がナダルの決勝進出を望んでいたであろうに(笑)、「俺は空気なんか読まない!」とばかりに、全力を尽くした。
     復活したナダルと同様に、ディミトロフも讃えられるべきだと思った。

     しかし大変なことになった。
     女子も決勝は姉妹対決だし(笑)。
     今年は一体何年!?
     2010年ぐらいかね!?

     ナダルとフェデラー。
     ナダルが勝てばグランドスラム優勝回数が15回となって、サンプラスを抜いて単独2位となる。
     フェデラーが勝てば言うまでもなく最多優勝回数を更新して18回となる。
     まさかこの二人のどちらかが、今年のグランドスラム最初の優勝者になるとは……。
     とにかく二人のレジェンドのいずれかが、グランドスラムの優勝回数を上乗せするのである。

     対戦成績はご存知の通りナダルの方が圧倒的に優勢である。
     特にグランドスラムでの対戦だと尚更。
     もっとも、ナダルの庭であるローランギャロスでの対戦が多いというのもあるが。
     でもまあ、どっちが勝っても良くねぇ!?
     再びこの二人がグランドスラム決勝で戦うことが重要なのだと思う。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームペーは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック