だからさ

    ボールマークが付くからとか言ってね~で、クレーコートでもホークアイ使えよ!
    別に不都合はナイだろ!?
    スポンサーサイト

    今後が懸かっているかも

    wakeup.jpg
    「Wake up」
    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」ニューリリース!!

     ATPマスターズ1000モンテカルロ大会は……、う~む、波乱含みである。
     3回戦でマレーがラモス・ビノラスに、ワウリンカはクエバスに敗れた。もちろん勝った彼らはクレーコートを最も得意としていて、決して簡単な相手ではないのだが……。
     これでトップハーフはトップシード二人が早々に消えた。

     さてボトムハーフ。
     3回戦注目はナダル×ズベレフ戦。
     全豪ではフルセットの熱戦をした二人なので、今大会も期待されたのだが……、されたのだが、う~ん、ナダルの圧勝でしたな。さすがにクレーコートではまだ相手にならないのかも!?

     そして、ジョコヴィッチ。
     初戦となる2回戦では危うくシモンに沼に引きずり込まれるところだった。
     っていうか、シモンが勝ってもおかしくなかった。
     そして3回戦はカレーノ・ブスタ。
     こちらの試合の方がまだマシだったかもしれないが、フルセットまで行ってしまった。
     カレーノ・ブスタには失礼になるかもしれないが、以前のジョコヴィッチであればこの程度の相手にセットを落とすなど考えられなかったが……。

     そして昨日は準々決勝、相手はゴファン。
     ファーストセットはゴファンが圧倒、やっぱりジョコヴィッチはまだダメか!?と思わせたが、セカンドセットでは”強いジョコヴィッチ”がやや顔を出す。このままファイナルセットも押し切るのかと思いきや、サービングフォーマッチをキープできず、そこから逆転負け。確かにゴファンが良かったかもしれないが、どうにも詰めが甘い感じだ。ジョコヴィッチの凄さは肝心なポイントを落とさないところなのだが……。完全復活はまだ遠いかもしれない。

     さて、トップシードの3人が敗れたワケだが、土魔人ナダルは準々決勝でシュワルツマンにブレイクを先行されることもあったが順当勝ち。かつての異常なまでの魔人ぶりを知る者にとってはまだちょっと物足りないが(笑)、10回目の優勝に向けてあと二つ。

     これで準決勝のカードは、ラモス・ビノラス×プイユ、ナダル×ゴファンとなった。
     個人的にはラモス・ビノラスに決勝に残ってもらいたい。今季好調だよね。
     ナダル×ゴファンは初対戦なのね。
     今大会のナダルの優勝を予想した私としては、当然ナダルが勝つだろうと思っているが、
    もしゴファンがここで勝つようなことがあれば、”4強異星人二枚抜き”ってことになり、もうほとんどそれだけでマスターズ優勝って感じではある。
     うん、案外ゴファンにとってはこれからの選手生命が懸かっているかもよ!?
     ここで勝てれば一気に大ブレイクするかもしれない。
     またね。


    楽曲発売中!!

    10度目だと思う

     ATPテニスもいよいよクレーコートシーズン。
     昨日からマスターズ1000モンテカルロ大会が始まった。
     年頭からここまでは、あっと驚くフェデラーの一人勝ち状態だったのだが、そのフェデラーは全仏オープン以外のクレーコート大会は出場しない。
     そして、マレー、ジョコヴィッチのトップ2は復帰する。
     復活しつつあるナダルと、クレーが最も得意でもあるワウリンカらとの戦いが注目である。

     特にナダルはこのクレーコートシーズンの成績によっては、レースランキングでフェデラーを抜いて1位になる可能性がある。
     果たしてマレー、ジョコヴィッチがそれを阻むことができるのか!?

     本来マレーはクレーコートを得意としていなかったが、昨年あたりから他のサーフィスと変わらない成績を残している。
     今後ランキングを維持していくためにも、最低でも一つくらいタイトルが欲しいところだ。
     今大会では順当に行くと準決勝でワウリンカとの対決になりそうだが、もし実現すれば今年のランキングを占う上で重要な対戦となりそうである。

     ってなワケで、ボトムハーフはジョコヴィッチとナダルなのである。
     う~む、現在の二人の力関係はちょっと興味深い。
     ジョコヴィッチが昨年の夏以前の調子に戻していれば、やはりジョコヴィッチ有利ということになるだろうが……。
     そこまで戻しているとは考えにくいかな!?
     ちなみにジョコヴィッチの初戦(2回戦)の相手はシモンに決まった。
     ジョコヴィッチの調子を量る上では絶好の相手ではないか!?
     シモンの底なし沼に引きずり込まれてしまうようでは、今後が不安である。

     ちなみに私の予想は、モンテカルロ大会10度目となるナダルの優勝なんだけど。
     またね。


    楽曲発売中!!

    一人勝ち

     ツール・デ・フランドルをネットのライヴストリームで観た。
     ノートパソコンを導入していたおかげで、快適に観ることができたな。
     これだけでもノートパソコンを買った甲斐があったという感じ。
     で、フィリップ・ジルベール(クイックステップ)が50km以上を独走して勝った。
     ベルギーナショナルチャンピオンジャージを着てフランドルを勝つというのは、かつてトム・ボーネンもやったと記憶しているが、何ともカッコイイ!!
     私はいつの日かジルベールがフランドルを勝つとは思っていたよ!

     ってなワケで、本題はこれから。
     ATPマスターズ1000マイアミ大会決勝。
     今年3度目となるフェデラー×ナダルの対決である。
     前回大会のインディアンウェルズ大会ではフェデラーが快勝し、ナダルに対して3連勝。
     フェデラーのプレイスタイルが進化し、ナダルに対しての相性の悪さを感じさせなくなっている。
     とはいえ、今大会フェデラーは勝ち上がりの過程でかなりタフマッチをしてきており、比較的楽に勝ち上がったナダルとは肉体的な疲労度で比べると不利だと思われていた。(と思う)

     イヤ、ホント私もそう思っていた。
     しかし中一日あいたこともあり、フェデラーにそれほど疲れは見えなかった。
     まあインディアンウェルズの時よりは競っていたかな。
     ナダルも序盤のチャンスをモノにしていれば、また違った展開になったのだろうが。
     以前のフェデラーはナダルとの試合だと苦手意識のためか、メンタルが落ちていると思われる場面が随所に見られた。
     しかし3連勝しているからだろうか、ブレイクポイントをナダルに握られても、プレーに”メンタル的なブレ”を感じさせるようなことは無かった。

     まあとにかく、フェデラーを散々苦しめていたナダルのフェデラーへのバックサイドへの配球が今や全く通じない。
     前回の対戦と同様、ストローク戦においてもナダルは優位に立てない。
     そうなるとナダルがフェデラーより勝っているものは無くなってしまう。
     うん、これではナダルが勝機を見出すのは難しいね。
     結局6-3、6-4のストレートでフェデラーの勝利。
     フェデラーはこれで今年のメジャー・タイトル三つ全て獲得。今季のレースポイントではブッチぎりの1位である。

     全豪を優勝した時、その復活ぶりには驚嘆した。
     ただこの先は”ソコソコ”って感じにシーズンが進むのだろうと思っていた。
     だって今年の夏に36歳だからね。せいぜいウィンブルドンで頑張るぐらいじゃない!?ってな感じだ。
     それがね……、この成績だからね。
     マレーとジョコヴィッチの失速もあり、ランキング1位復帰も有り得ると思わせてしまうほどだ。

     敗れたナダル。
     フェデラーの陰に隠れてしまっているが、実はけっこう戻している。
     そしてこれからはナダルの本領発揮であるクレーコートシーズン。
     三つのマスターズとローランギャロスでの活躍は充分期待できると思う。
     またね。


    楽曲発売中!!

    10年前と変わらん

     ATPマスターズ1000マイアミ大会準決勝。
     ナダル×フォニーニ戦は、まあこんなもんだろ!?
     ナダルの調子が戻ってきたし……。
     今大会のナダルはかなり体力温存しての決勝進出である。
     コールシュライバーにベーグル焼かれた時は、どうしたの!?と思ったが。

     さて、テニス・ファン注目のもう一つの準決勝、フェデラー×キリオス戦。
     初対戦は全てタイブレークでキリオスが2-1で勝ったのだが、今回もまた全てタイブレーク。
     イヤしかし大熱戦だった。
     観客のマナーの悪さが良い試合に水を差した感はあったが、今回はフェデラーが競り勝った。
     キリオスは……、まあマナーがよろしくないから観客を味方に付けられないな。
     まだ若いから多少キレるのは仕方ないが。
     ただもうちょっと”キレ方”ってのがあるかもしれない。
     かつて、マラト・サフィンはキレてもあまり後味が悪くならなかったことを思い出した。
     しかしキリオスは近いうちにマスターズ・タイトルぐらいは獲りそうだな。

     さて、今年早くもフェデラー×ナダルは3度目の対戦。しかも年頭のビッグな大会で続けて対戦である。
     前回大会のインディアンウェルズではフェデラーの完勝だったが、今回はどうよ!?
     ナダルは徐々に調子が上がっているように思えるが、フェデラーはちょっと下がり気味かもしれない。
     さらに決勝まで中一日あるとはいえ、フェデラーの方がだいぶ疲労しているだろう。
     今大会はややナダル有利かもしれない。

     それにしても、いつものようにマスターズ・タイトルは異星人が獲ることに決定。
     しかし10年前と変わらないカードだな(笑)。
     若手が不甲斐ないのか?二人が凄すぎるのか?
     まあどっちもか!?
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!





    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック