7の1ってことで

    wakeup.jpg
    「Wake up」
    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」ニューリリース!!

     つまり”憎悪ストーカー”ってやつなのね。
     まあ病気なんだよ。
     本人が気づかないから病気なんだけどね。

     ってなワケで、今月の初めにDRの弦、7セット目を白カスタムに張ったのだが、2弦に
    ”バリ”があったので不良かどうかの判定を保留にしていた。
     このバリのせいで、そこから切れたり、微妙にチューニングが狂うようではやはり不良である。
     一応2週間以内に2弦が切れたりしたら不良と判定するよ~ん!と宣言しておいたが、気づけば既に3週間経過しているではないか。

     そう、結果は全然大丈夫であった。 
     切れもせず、チューニングも音も何も問題は無かった。
     もちろん、2弦以外の弦も全く問題ナシ!!
     つまり今回もDR弦は不良ではナイと判定する。
     これで不良率は7の1。
     まだまだ安心できる数字ではないが、サンプルが少ないわな。
     手持ちがもう1セットあるから、近日中に張り換えるつもりである。
     この最後の手持ちが”セーフ”であれば、DRは当ブログの推奨弦であり続けるし、私もDRを買い続けるであろう。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    1万円を切っている

    wakeup.jpg
    「Wake up」
    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」ニューリリース!!

     ってな感じで、新曲をリリースすると何だか空虚な気持ちになったりするのだが、今回はそうでもナイ。次の曲にとりかかる意欲満点である。まあ悪いことではナイね。

     さて、今回はヘッドフォンの話題だ。
     昨年の1月に私はJVC HA-SZ1000という”変わり種”ヘッドフォンを買った。
     発売から3年半経過しているこの機種が、また更に値下がりして税込み1万円以内で買えるようになった。発売当初は2万5千円程度していたこの機種。果たしてこれがお買い得なのかどうか!?ユーザーとして1年以上経過した私がムダに書いてみる。多分、ほとんどの人の役に立ちはしないが……。

     実は今回の値下がりを受けて、このヘッドフォンと真剣に(ホントか?)向き合った私である。
     ちなみに以前も当ブログでこのヘッドフォンの印象を書いているので(変わり種)、暇な方は参照されたし。

     ってなワケで、このヘッドフォンをデジタル・オーディオ・プレーヤーPLENUE Dで使う時には、このヘッドフォン用のイコライザーをプリセットしているのだが、ここ数日は敢えてイコライザーはオフにして、フラットな状態で聴いてみた。
     で、どうよ!?
     正直言って、新品当時はイコライザーオフでは聴けたモノではなかった。
     イヤ、ホント。もう中音域がムダに爆音でさ、それによって異様なモッサリ感があった。

     ただし、他のユーザーのレビューなどを読むと徐々に中音域も抜けてくるようなことが書いてあったので、それに期待していた。
     さて、現在こうしてイコライザー・フラットで聴いてみるとどうか!?

    「意外とイイじゃん!?」

     まあ私の耳がコイツに慣れたというのもあろうが、以前ほど変わり種感は減った気がする。ただ相変わらずヴォーカルは遠いし、スネアやギターの音に若干の違和感は残る。
     しかしだな……、低音の魅力は捨てがたいし、高音域もけっこうキレイに聞こえるんだよね。音そのものの質感は高い。

     う~む、中音域のクセはやや問題だが、この低音の質感は他の1万円程度のヘッドフォンでは味わえないと思う。
     低音好きにとっては”買い”かも。

     ちなみに価格コムなどに因れば、現在でも2万5千円程度で売っているショップもある(笑)。最安値のショップだと税込み9千円を切ってたぞ!

     ところで、そもそもお前はどうなのよ!?
     私は1万円ちょっとで購入した。
     正直買って数日は「やっちまった!」感が無かったと言えばウソになる(笑)。
     ただエイジングによってちょっとずつ印象が良くなっていったのは事実。
     そして1年以上経った現在……、

    「まあ、こんなもんじゃねぇ!?」

     ってところか。そもそも大満足だったら、もっと強力にお奨めしてるさ。
     この辺が微妙なところなのね。
     オーディオ機器を趣味の品として考えられる方にはお奨めできるかな!?
     そういう方々なら1万円なんて屁でもないだろうし。
     ちなみに間違っても”モニター用途”としては考えないでね。
     多分、このヘッドフォンが最も苦手としているところだから。
     またね。


    楽曲発売中!!

    本年度最初のリリース!

      ってなワケで、本日は告知であります。(敬礼!!)
     特に誰も待っていなかったとは思われますが(笑)、新曲のリリースです。

    wakeup.jpg
    「Wake up」

     え~とですね、新生活のシーズンってことで、新生活応援ソングです(?)。
     ウン十年前の気持ちを思い返して創ってみました。
     ギターは全てYAMAHA SF-7000でプレイしました。
     初めて買ったエレキ・ギターなのに、これまでの楽曲では使われていなかったので、これがSF-7000のデビュー作となります。
     ちなみに何度か当ブログでも触れていますが、ピックアップはフロントがダンカン'59、リアがダンカンJBに換装されています。
     ピックアップの違いもあるとは思いますが、レスポールよりはややレンジが狭いかな!?
     でも、けっこうイイ感じのバイト感だと思います。
     私はコイルタップ不要論者ですが、このSF-7000には”バイサウンドシステム”というコイルタップが装備されています。
     で、半分冗談のつもりで、右チャンネルはコイルタップしてみました。
     ね!?大して違わないでしょ!?(笑)
     さすがにややトレブリーでゲインも少なく感じますが……。
     まあしかし、本曲は私史上、最も良くできたバッキングギターかもしれません。
     特にサビの部分のドライブ感はイケてると思います。
     きっと気に入ってくれる人もたくさんいる……、とイイな。
     ソロはユニゾンで左右チャンネルともフロントです。右チャンネルもここだけはコイルタップしてません。しかしホントにダンカン'59はイイ音です。ひたすらクリアにしたくて、どんどんゲインを下げてしまいました。
     ちなみにイントロとエンディングに再び出てくるギターは”目覚まし時計”のイメージです。ぜひ聴いてみてください。よろしくお願いします!!


    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」

    1.Hello
     
     バンド時代の代表曲。25年の月日を経て復活させました。
     ギターは左チャンネルがSF-7000、右チャンネルが黒カスタム。
     ギターソロも同様ですが、ソロにしては珍しくリアを使いました。
     ハーフミュートで上がっていくフレーズで”キレ”が欲しいので、この曲は昔からリアでプレイしていたのだよ~ん!

    2.Reach

     元々は私史上最もギターソロパートが多い楽曲になるはずでした。
     が、ヴォイス・パートを入れたりして、ソロはかなり削られましたな。
     っていうか、編集しまくりですな。
     こういうのはこれまでやったことありませんな。
     まあしかし、鬼ディレクターや北海道の友人の意見を素直に聞き入れた結果、こうなりました。必ずしも他人の意見を聞き入れることがイイことではないですが、意見を言ってくれる友人がいることに感謝しています。
     ギターはクリーンのバッキングはBladeとSF-7000を2本ずつ、すべて指で弾いています。
     ソロはBlade。まあ、こういう曲もタマにはいいかな!?

    3.1046

     え~と、ブルースです。
     決して私の本道ではありません。
     とはいえ、まあ良い出来になりました。
     ギターはバッキングがSF-7000で指弾き。最近の傾向でユニゾンでバッキングを弾いた時にはモジュレーション系のエフェクターは一切使いませぬ。うん、何かその方がイイや!
     ソロは白カスタムのフロント。ほとんど一発録りに近いかな!?
     エンディングの部分のソロはとてもお気に入りです。でも試聴だけだと聴けませんな。 
     申し訳ないですが、どうしても聴きたければお買い上げください(笑)。
     きっと損はさせませんぜ!

     ってな感じで、よろしくお願いします!!
     ちなみに今回はYAMAHA SF-7000を全ての楽曲で使用しております。
     生涯で初めて買ったエレキ・ギターを36年後に大フィーチャー(笑)。
     素晴らしいギターを作ってくれたヤマハさんに感謝!!
     またね。


    楽曲発売中!!

    微妙な違い

     さて、いい加減ブログを放置するのはやめよう(笑)。
     本日はムダに気になるギターについて書く。
     まあ例によって半分茶々を入れる感じだ。
     ギブソン・レスポール・カスタムなのだが、こちらのモデルである。

     通常、レスポール・カスタムはカスタムショップ製なのだが、このギターはUSAラインである。
     パッと見て”ウン!?”と思うかもしれない。
     そう、普通のカスタムとは見た目の印象が随分と違うだろう!?

     限定モデルだそうだ。
     さて、通常のモデルとは何が違う!?
     大抵の方は直ぐに気づくだろうが、潰しカラー(エボニー)なのにピックガードがナイ。
     そして3ハムピックアップなのは良いとしても、それがオープンタイプのピックアップである。
     う~む、大した違いではナイ気もするが、結構な違和感である。
     まあ私だけがそう感じるのかもしれないが……。
     ついでに言うと、ロッドカバーに”Les Paul CUSTOM”の刻印が無く無地のまま。
     加えてフレットはゴールドである。

     一応コンセプト的には”ブラックビューティー”。
     つまりオリジナルのレスポール・カスタムってことで、ボディはオールマホガニーである。

     とはいえ、この微妙な相違点は何なのだろう?
     別に楽器としてオリジナルの欠点を解消するためでは無さそうね。
     考えられるのは、カスタムショップ製には既にオリジナルの復刻版が在るから、USA製は差別化したのかもしれない。

     ただ問題は価格である。
     370,000円(税別)というのはどうか!?
     もちろんカスタムショップ製のオールマホガニーのカスタムはこれの倍ぐらいするワケだが、現行のメイプルトップのカスタムショップ製のカスタムとは大して差がナイ。
     う~む、敢えてこのUSA製のカスタムをチョイスする理由は?
     もちろん、弾いてみないと何とも言えないけどね。
     ちなみに私は3ハムだと演奏不能(笑)だから、試すことすらできないが……。
     みなさんはいかがだろうか!?
     またね。


    楽曲発売中!!

    コツ

     近日中に4曲をリリース予定。
     ところでギター上達のコツ。
     充分に練習した!と思ったら、
     更に……、15分ダメ押しで練習する(笑)。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!





    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック