マイアミ

     ATPはマスターズ1000が続く。
     お次はマイアミ大会である。
     また96人出場である。
     前回のインディアンウェルズとこのマイアミはほとんどグランドスラムと変わらんな。 
     まあ3セットマッチだけどね。

     この大会を得意とするジョコヴィッチとマレーは欠場である。
     つまり第1シードがワウリンカで錦織は第2シードとなる。

     今回は手を抜かず(笑)ドロー表をムダに見ていく。
     トップハーフの上半分、第1シードのワウリンカ山である。
     同居したトップシードは第8シードのゴファン。しかしそれよりもこの山には第12シードのキリオスがいる。う~む、彼が鍵を握っているかも!?

     トップハーフの下半分は第4シードのフェデラー山である。
     同居したのは第6シードのティエム。
     他にはデル・ポトロがいるが……、う~む、順当にフェデラーが勝ち上がっちゃうか!?

     ボトムハーフの上半分、第3シードのラオニッチ山。同居は第5シードのナダル。
     実は西岡もここだ。今大会は予選なしのストレートイン。ちなみに初戦を勝利すると、インディアンウェルズで錦織に勝ったジャック・ソックと対戦する。
     この山はけっこう混沌としているかもしれない。ナダルとディミトロフが有力ではあるが……。

     ボトムハーフの下半分は第2シードの錦織山。
     マスターズで第2シードとはラッキーも在ったとは言え凄いことである。
     ワウリンカはもちろん、フェデラーとも決勝まで当たらないのだからマスターズ初制覇のチャンスなのは間違いない。
     同居したのが第7シードのチリッチだってのは不安要素だけど。
     まあとにかくやるしかないだろ!?

     実力的にやや抜けている感のあるフェデラー、ワウリンカ、そしてキリオスがトップハーフに集まってしまったので、ボトムハーフの選手はやる気が出てるかも!?
     でもこういう時こそ第2シードの”義務”を果たして欲しいところである。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    楽しまれては

     ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会決勝。
     ワウリンカのここ数シーズンの台頭により、今や二人の力関係は”ライバル”となった。
     このスイス対決、今年の全豪セミファイナルでも実現している。

     非常に両者とも力の入った熱戦だったが、6-4、7-5のストレートでフェデラーが勝った。
     敗れたワウリンカはスピーチで涙がこぼれた。
     仕方ないよ、相手のオッサンが凄すぎるのである。
     今年の夏に36歳になるフェデラー、これで今シーズン最初の二つのビッグタイトルを連覇してしまった。
     シーズン初めにこれを予想した人など皆無だろう。

     フェデラー復活の理由は?
     バックハンドの技術向上がその一つであるのは間違いない。
     フォアハンドやサーブの威力・精度は衰えを感じるものの、バックハンドの向上はそれらを補って余りある感じである。
     更に付け加えるのなら、やはりモチベーションか!?
     とにかくフェデラーはテニスを楽しんでいるように見える。
     休養していたことによる試合に対する渇望。
     上手いこと蓄積疲労も回復しているようだし。
     身体は軽いは、プレイしたくてたまらないって感じ。

     つまり、一番上手い人が楽しんでプレイしてるワケよ。
     既に最高の実績を残しているから結果に対してのプレッシャーも少ない中で。
     う~む、これじゃ相手は敵わないよね!

     さて、次はマスターズ1000マイアミ大会である。
     マレーとジョコヴィッチのワンツーが欠場である。
     特にジョコヴィッチは”マイアミ番長”だったので、他の選手にとってチャンスである。
     マイアミは錦織の得意な大会なので、今度こそという気もするが、またオッサンがかっさらっていく可能性もけっこう高かったりして。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ラッキーだけじゃない

     慣れない操作に戸惑いながらも、
    「こういうのもタマにはイイか!?」
    とも思っている私である。
     
     ってな感じで、マスターズ1000インディアンウェルズ大会。
     錦織は準々決勝でジャック・ソックに敗れた。
     う~む、今大会はチャンスかと思ったが、酷い調子でしたな。
     ファイナルセットまで行ったのだが、セカンドセットは”プレゼント”してもらったようなモノで、売りであるはずのバックハンドの調子が最悪であった。
     やはりマスターズ・タイトルは遠いな。
     次は相性の良いマイアミ大会である。
     こちらで頑張って欲しい。
     
     さて、もう一つのボトムハーフ準々決勝、フェデラー×キリオス戦は非常に楽しみだったのだが、何と!キリオス棄権ですな。
     どんな試合になるのか興味津々だったのだが……。

     ってなワケで、ベスト4のカードが決定。
     ワウリンカ×カレーノ・ブスタ。
     ワウリンカは順当だとしても、カレーノ・ブスタは意外か!?
     マレーが敗れたり、バウチスタ・アグートの棄権があったりでラッキーな感は否めないが、ラッキーだけでマスターズのベスト4には進めませんな。

     もう一つは、フェデラー×ソック。
     いずれの対戦も格上の2戦2勝。
     う~む、やはり決勝はスイス対決になるのだろうか。
     フェデラーが優勝してしまったら、いきなり年頭からのビッグタイトル連覇だね。
     ちょっとそれは……、面白すぎる。
     またね。


    楽曲発売中!!

    もうちょっとだったのに

     ATPマスターズ・インディアンウェルズ大会。
     正式名称が全然ピンと来ないので、以前からの呼称で書かせてもらう。
     シーズン最初のマスターズ1000大会にして次戦のマイアミと共に最大規模のマスターズ大会である。(本選出場96人で開催期間も11日間)
     テニス・ファンとしてはいよいよ本格シーズン到来ってことでムダに盛り上がるのである。とはいえ、今年はドローから見る優勝予想などはすっ飛ばしてしまった当ブログである。誰も何とも思っていないだろうが、一応謝っておく、スマナイ。

     ってなワケで、もう既にベスト8が出揃っている。
     そして第1シードのマレーは敗れている。
     マレーはハードコートのマスターズに滅法強いイメージがあるのだが、このインディアンウェルズだけはダメみたいね。

     そして本日の4回戦では第2シードのジョコヴィッチがキリオスに敗れた。
     ちなみにキリオスには連敗である。
     昨年の後半からどうにもジョコヴィッチはイマイチだね

     ところで……、西岡は惜しかった!
     カルロヴィッチ、ベルディヒと格上を連破して迎えた4回戦の相手はワウリンカ。
     ワウリンカは3回戦でコールシュライバーに勝っている。
     ちなみに私的には西岡の相手としては、高いレベルで何でもそつなくこなせるコールシュライバーよりは、爆発力はすさまじいがメンタル面などやや穴があるワウリンカの方が良いかも!?と思っていた。
     で、その予想が……、もうちょっとで中りそうだったのに…。
     ファイナルセットで2度もサービング・フォー・ザ・マッチ(このサービスゲームをキープすれば勝ち)が在ったのだのだが、勝ちきれずにタイブレークにもつれ込み敗れてしまった。

     しかし、西岡はとにかくフットワークが素晴らしいし、左利きというアドヴァンテージ、そしてテニス・センスも在ると思う。
     これで60位前後までランキングも上がるだろうし、今後はトップ50入りだって夢ではナイと思う。

     そしてナダル×フェデラーのレジェンド対決。
     結果はフェデラーの完勝だった。
     この対戦はこれまで、ナダルが高く跳ねるスピンでフェデラーのバックサイドを徹底して攻めることが成功していたのだが、フェデラーのバックハンド技術の向上とナダルのスピン量の減少(?)が相まって、むしろフェデラーにバックハンド・ウィナーを喰らう場面が非常に増えたように思う。
     実際、ストローク戦においてもほとんどフェデラーが主導権を握っていた。ストローク戦で優位に立てないとなると、ナダルはフェデラー相手では為す術がナイ。

     さて、マスターズってのは中々異星人4強(このフレーズも久しぶりである!)以外は優勝できないモノだ。
     残っている異星人はフェデラーだけ。
     果たして錦織の初マスターズは成るのか!?
     いつもよりチャンスが在るのは間違いない。
     またね。


    楽曲発売中!!

    メリハリ

     ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダル。
     テニス界の現役レジェンドの二人だが、彼らの熱心なファンであろうとも、今後グランドスラムの優勝回数を伸ばすとは現実的には考えていなかったであろう。
     もう彼らは盛りを過ぎているし、二人とも昨シーズン後半は怪我のため休養していたのだから……。

     しかしながら、今季最初のグランドスラム、全豪オープンの決勝で二人は対戦するのである。
     つまり少なくとも一人はグランドスラム優勝回数を上乗せするのだ。
     全豪オープンの開幕前、決勝カードがこの二人になることを予想した人はいるだろうか!?
     希望的観測として笑われること覚悟で言った人ならいたかもしれない。
     でも現実的な予想として語られることは決して無かったろうね。

     とはいえ、まあとにかくこの二人による決勝が実現したのである。
     もうそれだけでもテニス・ファンは感謝したかもしれない。
     今更もうイイよ!?ってか?
     そんな人はテニス・ファンじゃないんだよ、きっと。

     試合はフルセットまでもつれた。
     そして最後はフェデラーが勝った。
     今大会のフェデラーの勝因の一つは、従来弱点とされていたバックハンドが素晴らしかったせいでもある。
     サーブとフォアハンドの威力と精度は全盛期よりも衰えたかもしれない。
     フェデラー自身が以前から絶対の自信を持っていたフットワークも、年齢とともに明らかに衰えてきている。
     しかしながらそれを補うように、バックハンドの技術は改善され、同時に現在の体力に見合った戦術も完成の域に達しようとしている。

     そしてこの試合。
     二人の勝敗を分けたのは……、まあ素人のオッサンの考えだけれど、力の使い方のメリハリにあった気がする。
     ナダルは、まあそれが以前からの彼のスタイルでもあるが、常に全力を出してプレーする。
     そして大事な場面では更にそこからギアが上がる。全力を出しているはずなのに、更にギアが上がるのがナダルの異星人たるところであり、これまで私たちはそんなナダルのプレーに幾度も驚かされた。
     この試合もそうだったと思う。
     ただ、哀しいかなここぞという時のギアの上がり方が、以前のナダルではなかった。
     それに比べるとフェデラーは、意図したのかそれとも無意識なのか、微妙に力の使い方を上手く配分していたと思う。
     最終的にそれがファイナルセットの怒涛の5ゲーム連取に繋がったような気がしている。

     とにかくおめでとう、ロジャー!!
     そして、ありがとう、ラファ!!
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック