メリハリ

     ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダル。
     テニス界の現役レジェンドの二人だが、彼らの熱心なファンであろうとも、今後グランドスラムの優勝回数を伸ばすとは現実的には考えていなかったであろう。
     もう彼らは盛りを過ぎているし、二人とも昨シーズン後半は怪我のため休養していたのだから……。

     しかしながら、今季最初のグランドスラム、全豪オープンの決勝で二人は対戦するのである。
     つまり少なくとも一人はグランドスラム優勝回数を上乗せするのだ。
     全豪オープンの開幕前、決勝カードがこの二人になることを予想した人はいるだろうか!?
     希望的観測として笑われること覚悟で言った人ならいたかもしれない。
     でも現実的な予想として語られることは決して無かったろうね。

     とはいえ、まあとにかくこの二人による決勝が実現したのである。
     もうそれだけでもテニス・ファンは感謝したかもしれない。
     今更もうイイよ!?ってか?
     そんな人はテニス・ファンじゃないんだよ、きっと。

     試合はフルセットまでもつれた。
     そして最後はフェデラーが勝った。
     今大会のフェデラーの勝因の一つは、従来弱点とされていたバックハンドが素晴らしかったせいでもある。
     サーブとフォアハンドの威力と精度は全盛期よりも衰えたかもしれない。
     フェデラー自身が以前から絶対の自信を持っていたフットワークも、年齢とともに明らかに衰えてきている。
     しかしながらそれを補うように、バックハンドの技術は改善され、同時に現在の体力に見合った戦術も完成の域に達しようとしている。

     そしてこの試合。
     二人の勝敗を分けたのは……、まあ素人のオッサンの考えだけれど、力の使い方のメリハリにあった気がする。
     ナダルは、まあそれが以前からの彼のスタイルでもあるが、常に全力を出してプレーする。
     そして大事な場面では更にそこからギアが上がる。全力を出しているはずなのに、更にギアが上がるのがナダルの異星人たるところであり、これまで私たちはそんなナダルのプレーに幾度も驚かされた。
     この試合もそうだったと思う。
     ただ、哀しいかなここぞという時のギアの上がり方が、以前のナダルではなかった。
     それに比べるとフェデラーは、意図したのかそれとも無意識なのか、微妙に力の使い方を上手く配分していたと思う。
     最終的にそれがファイナルセットの怒涛の5ゲーム連取に繋がったような気がしている。

     とにかくおめでとう、ロジャー!!
     そして、ありがとう、ラファ!!
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    今再び

     全豪オープン準決勝、ナダル×ディミトロフ。
     ディミトロフはとても良かった。
     ナダルを相手にストロークで負けていなかった。
     きっと世界がナダルの決勝進出を望んでいたであろうに(笑)、「俺は空気なんか読まない!」とばかりに、全力を尽くした。
     復活したナダルと同様に、ディミトロフも讃えられるべきだと思った。

     しかし大変なことになった。
     女子も決勝は姉妹対決だし(笑)。
     今年は一体何年!?
     2010年ぐらいかね!?

     ナダルとフェデラー。
     ナダルが勝てばグランドスラム優勝回数が15回となって、サンプラスを抜いて単独2位となる。
     フェデラーが勝てば言うまでもなく最多優勝回数を更新して18回となる。
     まさかこの二人のどちらかが、今年のグランドスラム最初の優勝者になるとは……。
     とにかく二人のレジェンドのいずれかが、グランドスラムの優勝回数を上乗せするのである。

     対戦成績はご存知の通りナダルの方が圧倒的に優勢である。
     特にグランドスラムでの対戦だと尚更。
     もっとも、ナダルの庭であるローランギャロスでの対戦が多いというのもあるが。
     でもまあ、どっちが勝っても良くねぇ!?
     再びこの二人がグランドスラム決勝で戦うことが重要なのだと思う。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ハマリ役

     ちょっと不思議な感じでもあった。
     全豪オープン準決勝、ワウリンカ×フェデラー戦。
     2セット先取したものの、フェデラーの調子はそれほどでもなかったと思う。
     ワウリンカも試合への入り方がちょっと緩かったかもしれない。
     第3、第4セットはワウリンカが開き直り、フェデラーは2セット先取したことからやや弛んだ感じになり、ワウリンカが追いついた。

     勝負はファイナルセットへ。
     例によってワケの判らないオッサン(笑)の私見だが、何と言うかこの試合は、
    「第5セットのワンセット・マッチ」
    みたいなモノだったかな!?
     ファイナルセットは見応えがあり、言ってみれば“ディテールの差”でフェデラーが勝利した感じである。
     第4セットまでは双方ともディテールが甘かったと思う。
     スポーツだからディテールが甘くともどちらかが獲るという結果は出るが、何ともフワフワした感じのままにセットカウント2-2になってしまった気がする。

     ところで、歳を取ってからより感じるようになったのだが、何事もディテールが大切だね。
     スポーツも芸術も仕事も何でもそういう気がする。
     ネイサン・チェンの「海賊」が笑ってしまうほど素晴らしいのは、何も4回転ルッツを完璧に決めるからではナイ。
     バレエの「海賊」のポーズを完璧に決めるディテールに私は心を奪われるのである。

     う~む、話が逸れた。
     全豪の話に戻るが、これでフェデラーが決勝に進出した。
     フェデラーだから何となく、「やっぱりフェデラーは凄いね!」程度で話が終わりそうだが(笑)、今年36歳で約半年間公式戦に出ていなかったのよ!
     冷静に考えるとほとんど奇跡に近いのである。

     さて、本日はボトムハーフの準決勝である。
     ナダル×ディミトロフ戦。
     つまり、もしナダルが勝てば決勝はフェデラー×ナダルになるのである。
     今年はホントに2017年か!?という気もするな。
     仮に全豪開幕前に、
    「決勝はフェデラー×ナダル!!」
    とか予想したらみんなに笑われたことであろう。
     しかしそれがあと一歩で現実になってしまう。
     放映を予定している全世界のテレビ局はホクホクかもしれない。
     きっとスポット広告がたくさん獲れるゾ!!(笑)

     ってな感じで、フェデラー×ナダルというカードを全世界が期待している中、ディミトロフの心中如何に!?
    「俺って空気読めない奴なのよ!!」
    とばかりにノープレッシャーで頑張りそうな気もする。
     まあプロスポーツだからそれでイイのである。
     気くばりなんぞ必要はナイ。
     っていうか、ディミトロフって今日勝つにせよ負けるにせよ、最高のハマリ役な気がする。
     またね。


    楽曲発売中!!

    本物じゃねぇ!?

     本日はメインマシンであるデスクトップパソコンを起動させないで過ごそうと思った。
     が、しかし、ノートパソコンはメールの設定をしていないし、する予定もナイ。
     う~む、さすがに丸一日メールの受信をしないのはマズイので、そのためだけにメインマシンを起ち上げましたわ。
     別に重要なメールは無かったけどね。

     ってな感じで、ノートパソコンのおかげで当ブログの更新頻度が上がった。
     とはいえ、ある意味予想通りなのだが、単にムダな記事が増えているだけである(笑)。

     さて、全豪オープン、ボトムハーフの準々決勝。
     ゴファン×ディミトロフ戦は、やはりディミトロフが勝った。
     まあね、何と言うかゴファンはグランドスラムを勝ち進むには何かが足りないよね!?
     そして注目のラオニッチ×ナダル戦。
     今大会では一番マジメに観たかな!?
     大体スポーツ中継を観る時は、ギターの基礎練習をしていたり、曲のアイデアを練ったりしながら観るのだが、この試合は普通に何もせずに観ていた。まあ昼のうちにギターは充分に弾いたというのもあるが……。

     もっと接戦になると思っていた。
     イヤ、局面局面ではスコアほどの開きは無かったけどね。
     とにかくナダルがストレートでラオニッチを倒した。
     あのさ…、ナダルの強さは本物じゃねぇ!?
     これは決勝まで行くのではないか。
     
     まだセミファイナル前だけど、どうしてもフェデラー×ナダルの決勝を期待してしまうね。
     もっとも、テニス界の進歩という面では、「これでイイのか!?」
    という気もする(笑)。
     興行面では大歓迎だろうけど。
     とはいえ、負けたマレーやジョコヴィッチが悪いのよ。
     またね。


    楽曲発売中!!

    楽しまれちゃね

     全豪オープン、昨日はトップハーフの準々決勝2試合が行われた。
     ワウリンカ×ツォンガ戦は観ていないのだが、まあとにかく順当にワウリンカがセミファイナルに駒を進めた。
     そしてフェデラー×ミーシャ・ズベレフ戦。
     マレーに勝ったミーシャ・ズベレフ。
     グランドスラムにおいて、いわゆる異星人4強に連続で勝つのは至難の業である。
     皆無ではないが、まあ普通は無理である。

     そしてその通りの結果となった。
     まあフェデラーが凄すぎるんだよ、あのオッサン。
     何故か3回戦以降、弱点であったはずのバックハンドがキレキレである。
     っていうか、フェデラー楽しそうだよね。
     大熱戦になった錦織戦の時でさえ、楽しんでいるように見えた。
     テニスに飢えていたのであろう。
     あのレベルを楽しんでプレーされては、とても敵わない感じである。
     これでトップハーフのセミファイナルはスイス対決である。
     ここ数年、そこそこ実現するようになったね。
     これで必ず決勝にスイス人が進出するってワケ。

     さて本日は、ボトムハーフの準々決勝である。
     ゴファン×ディミトロフ。
     ディミトロフは最近復活の兆しが見えたのである程度予想できたが、ゴファンがティエムに勝ったのはちょっと意外。
     ゴファンの方がランキングは上位だがディミトロフが勝つかなぁ~!?

     そしてもう1試合が大注目。
     ラオニッチ×ナダル戦。
     直近のブリスベーンではラオニッチが勝っている。
     ナダルの復活が本物かどうか試される一戦である。
     私のバカ予想では……、う~ん、ナダルかなぁ~!?
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームペーは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック