ギブソンらしくない?

     新曲はそれなりに順調である。
     ただし、意図的に”ちょっとずつ”進めている。
     一日に2時間程度しか作業しない。
     明確なイメージが浮かんでいるワケではないから、創り込むことよりも、客観的に聴くことを重視しているのかも!?
     少しずつ出来上がっていくのもそれはそれで楽しい。
     どうせ若い頃のように集中力も持続できないから(笑)、ジジイのやり方としてはある意味正解なのかも。

     ってなワケで、今回も気になるギターについてムダに書く。
     先日のバハマブルーの'57年モデルは……、きっと気に入る人は少なかったろう(笑)。
     またオッサン、ワケの判らん趣味だな!と思われた方がほとんどかもしれない。
     しかし今回のそんなことない!……、と思う。

     レスポール・カスタムである。
     リンクはこちら。
     カスタムのサンバーストはチェリーサンバーストが一般的だ。
     ゴールドパーツでエスカッションとピックガードが黒になっただけで、スタンダードとは随分印象が変わるものだ。
     私見だけど”硬派”な感じになるよね!?
     で、問題のモデルはヴィンテージサンバーストである。
     何かこの色はまるでゴールドパーツのカスタムのためにあつらえたように見える。
     とてもカッコイイと思いますです、ハイ。
     ただし、何となくギブソンぽくナイですな。
     どこぞの高級ハンドメイドメーカーのような感じ。
     ロックというよりジャズ寄りのルックスかもしれない。
     やっぱり「アンタの趣味はどうよ!?」って感じだろうか?
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    バハマブルー

     ブログの更新をサボると、やはりちょっと後ろめたい気がする。
     とはいえ、以前のように”更新義務”を果たすためだけに、クダラナイ記事を垂れ流すのもどうか!?
     ただし、熱心にほとんど毎日訪れてくれる読者様(いつもありがとう!)もいるのである。
     できればご期待に添えるよう頑張りたいとは思っている。
     イヤ、ホントなんですよ。

     ってなワケで、期待に応えられるとは到底思えない内容ではあるが、とりあえず書く。
     まあギターの話なんだけどね。
     うん、私的にちょっと気になるギターが楽器店のウェブサイトに出ていたのである。
     まあホラ、そういうギターについてムダな感想を述べる(茶々を入れる)のも、当ブログの役目なのである。(そうか?)

     ギブソン・カスタムショップ製のヒストリックコレクションなんだけどね。
     レスポール・スタンダード'57年モデルなんですよ。
     '57年ってことはオリジナルフィニッシュはゴールドトップである。
     ゴールドトップはイイよね!
     1本持っていても罰は当たらないよね。
     でも仮にゴールドトップは1本だけよ!という条件だったら、私は'56年モデルにしちゃうけどね。
     つまりP-90搭載ってことになる。また北海道の友人に、
    「どうしてそうなるのか全然判らん!」と言われそうだが……。

     しかし、ワザワザここでムダに話題にするのだから、ゴールドトップではナイ。
     私はレスポールカスタムの黒と白という実に標準的なカラーのギターを所有しているが、常日頃当ブログで書いている通り、ちょっと変わったオプションカラーのレスポールをムダに、
    「クールだ!!!」
    と言う傾向にある。
     うん、レスポールという非常にメジャーなモデルなのだから、ちょっとカラーで遊ぶのもイイんじゃない!?とか思うのである。
     
     ただし、世間はまったくそう思っていないようで、オプションカラーのレスポールは非常に少ない。
     やっぱりレスポールは、特にスタンダードにおいてはサンバーストフィニッシュがほとんどである。
     もっとも一口にサンバーストと言っても、その中で様々な色合いのバリエーションがあり、サンバースト好きの方達にとっては、充分”カラーで遊んでいる”状況なのかもしれない。
     確かにちょっとした色合いの違いでかなり印象が変わるから、これ以上オプションカラーなんて要らないよ!ってことかもしれない。

     オイオイ、話がやや脱線気味だな。
     '57年モデルだけどゴールドトップじゃないところまで話したか!?
     その気になるギターは”Bahama Blue”というカラーである。
     一応リンクを張りませう。
     ショップオリジナル・カラーのようだ。

     どんなもんでしょ!?
     これは私のツボでもあるが”ナチュラル・バック”ってのがイカしていると思う。
     気合の入った”'ゴールドトップ派”の方には怒られるかな。
     確か”ダークバック”の方が人気があるんだよね!?

     '57年モデルだから太ネックだな。
     う~む、そこも私にとってイイ感じである。
     このギターを持っている人を見かけたら、
    「それ、スゲエカッコイイですね!!」
    と声をかけてしまうと思う。迷惑だろうが(笑)。
     またね。


    楽曲発売中!!

    勝手にせいよ

     昨日は「知らない処へ」などとヌカした私だったが、実は昨日、いつもと違うことをしてみた。
     何と(?)ギターに全く触らなかったのである。
     別に時間が無かったワケではナイ。
     意図的にやってみたのね。
     新曲のアイデアを膨らませるために、敢えてギターを弾かなかったのである。
     基礎練習をキチンとやらないにしても、ギターに全く触らない日というのはほとんどナイ。
     多分、一年に二日とかそんなモノである。

     ってなワケで、本日はその成果(?)が在ったのだろうか。
     とはいえ、ギターは楽器である。
     一日弾かなかったのだから技術は絶対に後退しているのである。
     それを理解した上で、基礎練習の前半部分、「マラソン」は充分に時間を取った。
     辛いはずの基礎練習も、身体がギターを欲していた(笑)から、新鮮な気分で臨むことができた。
     で、アイデアはどうだった!?
     うん……、まあ……、ボチボチかな……。
     悪くないと思う。
     夜になってアイデアを後押しするつもりでBladeの弦を換えた。
     イヤイヤ、弦交換は気分がイイ。
     明日は白カスタムの弦も換えるつもり。
     どうせだから黒カスタムもやっちゃうか!?
     もう勝手にせいっ!!って感じだと思う。
     またね。


    楽曲発売中!!

    生産中止が心配

     ピックの話。
     ピックはギター・アクセサリーの中では最も安価なアイテムかもしれないが、それでいて重要度はかなりのモノである。
     だからピックについてはとことん悩んだ方がイイと思う。
     種類があり過ぎて決められねぇ~よ!という感じでもあるが、一枚100円程度のモノが主流なのだから、できる限り色々なタイプを試してみた方がイイ。

     私も現在のタイプに辿り着くまでは、それこそ何種類も試してみた。
     まあそれも30年ぐらい前の話だが……。
     ってなワケで、現在使っているのはPICK BOY製のMETA CARBONATEと刻印された1.00mm厚のピック。
     減りにくい、しならない、そして持ちやすい(滑りにくい)という点が私のお気に召している。
     当ブログでも書いたが、現在のモデルは30年前から使っていたモデルのマイナーチェンジ版である。
     この2代目のレギュラー・ピックは約2年前から使っている。

     しかしながら、この私が使っているピックは市場での主流ではナイ。
     まあそもそも私が使っているものは、ギター関係に限らず主流からズレているような気もするのだが(笑)。
     初代もそうだったが、2代目もどこでも売っているワケではない。
     だからロット単位(50枚)での購入になったりする。
     2代目は既に2ロット(100枚)購入した。
     ちなみに私のピック消費量は年間40~50枚ぐらいかな!?

     ところで、さっき残りの新品ピックの枚数が気になって数えたら27枚だった。
     つまり、まだ半年ぐらいは買わなくても大丈夫ということだ。
     しかし、前述のようにこのピックは主流ではないのである。
     突然生産中止になるかもしれない。
     だから残り27枚とは言っても、私の心はザワついてしまうのである。

    「生産中止にならないうちに、買っておいた方が良くねぇ!?」

     ジムダンロップなどの、どこでも売っているピックを使っている方には理解できないだろう。
     そういう方々がちょっと羨ましい私である。
     とにかくいわゆる大手の楽器店でも取り扱っているのは一社だけなのよ。
     とりあえず50枚とか思うのだが、
    「イヤイヤ、200枚ぐらい買っておいた方が良くないか!?」
    とも思うのである。
     どうしよう!?
     知るかバカ!って感じだよな。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ちょっと下

     さて、例によってどうでもイイことでも書くか。
     当ブログに頻繁に訪れてくれている方ならご存知かと思うが、私はギターを弾く時は基本、”立って”弾く。
     つまりストラップは必須である。
     5本のギターとベースにはそれぞれ専用のストラップがある。
     ちなみにそれらのストラップはすべて装飾などは一切無いプレーンな革製である。
     必ず立って弾くことからストラップには常に負荷がかかる。
     よってシンプルな革製のモノが耐久性などを考えると一番だと思える。

     実際、2本のレスポール用とYAMAHA SF-7000用のストラップは30年ぐらい使っているが、まだ十分使えている……、はずだったんだけど。

     先日気づいたのだが、白カスタム用のストラップの一部に亀裂が入っていた。
     革製のストラップって、ネック側に装着する太い部分と、ボディエンド側に装着する細い部分の2本から成っているじゃん!?
     太い部分に長さを調節するための穴がいくつか有り、自分にとって”いい塩梅”なところに細い部分を折り返して引っかけるようになっているワケ。
     
     で、亀裂が入っていたのは、まあ当然かもしれないけどその細い部分を折り返している穴の周辺。
     そこに最も負荷がかかるからだ。
     う~む、生涯で初めての体験である。
     実はこれまで買った革製ストラップで、ダメになって廃棄処分になったモノはナイ。
     黒カスタム用とSF-7000用もほとんど同時期に購入したのだが、こちらはまだ全然現役バリバリなのに。

     しかしまあ、考えると白カスタム用が一番先にダメになるのは順当でもある。
     このギターが一番重いからである。
     悪名高き(?)パンケーキ構造のこのギターは4.8kgである。
     小柄な人や女性には相当辛い重さである。

     一番重いギターのストラップに亀裂が入っている。
     しかもそれはレスポールで、落としたりしたら大惨事になる可能性もある。
     新しいストラップを買えば済む話だが、ちょっと待て!

     亀裂と言ってもまだ表面がちょっとひび割れた程度だ。
     ちなみに2本のストラト用のストラップは約1年半前に友人がプレゼントしてくれたモノで、私的にはまだ”新品同様”である。
     最も軽いTokai ST-60は白カスタムよりも約1.5kg軽い。
     白カスタム用とTokai用を取り換えれば良くねぇ!?セコイ話ではあるが。

     Tokaiの軽さならまだまだ大丈夫そうな気もするし、ストラトはちょっと落としたぐらいでは壊れない…、イヤ、絶対大丈夫という保証はナイけどレスポールに比べれば大惨事になる可能性は低い。そうだ、そうだ、とりあえず取り換えよう!

     さて、いい加減ムダに長文となりつつあるがまだ終わらない。
     ギタリスト諸君ならご理解頂けると思うのだが、立って弾く時のギターの位置ってのはけっこうデリケートな問題である。
     数センチ上下するだけで弾き心地はけっこう変わる。

     つまり、ストラップを取り換えたのはイイが、このTokai用だったストラップ、レスポールにおける私のベストポジションの長さにならないのである。
     多分2、3センチ程度の誤差だと思うのだが、私のベストポジションのちょっと上かちょっと下にしかできない。
     白カスタム用をTokai用にするのは問題なかったのだが。

     さて、どうしたものか。
     白カスタムは現在、基礎練習時の中心的なギターである。
     つまり自分のフォームの基準を作っているギターなのである。

     お前はもうジジイなのだから”ちょっと上”でもイイんじゃねぇ!?上にする分には弾きづらくなるワケでもあるまい!?
     イヤイヤ、俺はまだまだ現役でもっともっと上手くなりたいから、”敢えてちょっと下”でプレイすべきなのでは!?

     私の中で二つの自分が交錯する。(そんな大層なことか?)
     結果、後者の自分が勝利した。
     これまでより”ちょっと下”で今後はプレイする。
     とはいえ、SF-7000は従来通りのポジションだが。
     果たして基礎練習時に二つのポジションでプレイする弊害はあるのか!?
     っていうか、どうせだからSF-7000もちょっと下げるか!?
     イヤ、きっとSF-7000用のストラップは”更にちょっと下”になっちゃうんだな(笑)。
     この2本はぴったり同じにはできないんだと思われる。
     メーカーが違うので仕方ないかもしれない。
     クダラナイ話に長々と付き合わせて申し訳ない。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック