ストライク!

     ってなワケで、ギブソンUSA 2018年モデルについてムダな感想を書く。
     一応明らかになっているのはレスポール・モデルだけなんだけどね。
     多分、今後SGやその他のモデルも追々リリースされるのだろう。

     で、先ずLes Paul Standard HP 2018ってやつ。
     HPってのは「ハイ・パフォーマンス」の略のようだ。
     こちらは発表だけでまだ入荷していない。
     現代的なプレイアビリティを追求して、G FORCEも搭載されていますな。
     好みが非常に分かれそうなモデルであり、何と言っても私的に目を引いたのが、エスカッションが無いことね。
     これってどうなの!?
     見た目的には意外とカッコイイ気もするのだが、使い勝手の面ではどうなのよ?
     私はこういうタイプのギターを使ったことが無いので判らないのだが、別に関係ナイのかしらん!?
     好みが分かれそうと書いたが、私はダメですな(笑)。

     そしてLes Paul Standard HP 2018。
     こちらは2017年からそれほど変わっていないのかな。
     スタンダードのボディはウエイトリリーフ加工が施されているので、それによるサウンドが好きになれるか?ということ、“穴ぼこだらけのボディ”を気分的に許せるのか?(私だけか)ってのがポイントである。
     ボディが軽くなるのは演奏面の体力的なことを考えるとイイことだが……。
     そして弾いてみたら「この音、意外とイイじゃん!」ってのはアリそうだけどね。
     基本的に私はスタンダードに興味が無いのだが、カラー・バリエーションはけっこうイカしてると思っている。

     お次はLes Paul Traditional 2018。
     まあこちらが本来的なレスポール・スタンダード。
     2017年モデルでは消えていたトグルスイッチ・プレートが復活している。
     これは個人的には歓迎。この方がルックス的にしっくり来る。
     2017年モデルはボディバックがワンピースとツーピースの両方あったけど、2018年モデルはワンピースだけなのかな。
     
     さて、お次が私的に“ストライク”のモデルである。
     当ブログを熱心に読んで下さっている神のような読者様であれば、
    「きっとあのバカのことだから」と予想がついたとは思う。
     そうGibson Les Paul Classic 2018である。
     ピックアップがP-90なのである。
     言ってみれば'56年タイプになるのかね。
     で、カラーは3タイプ。
     王道のゴールドトップ、そしてエボニー(ブラック)、ペルハム・ブルー。

     まあゴールドトップについては特に何も言うことはナイ。
     エボニーはメチャクチャカッコイイ!!
     個人的にはバックがナチュラル・フィニッシュだったら、もう気絶するほどカッコ良かったと思うが。
     そしてペルハム・ブルー。
     こちらもカッコイイです。
     もちろん、“何、この変な色!?”と感じる方も相当数いるとは思うが……。
     
     ってな感じで、ギブソンUSAで一番欲しいモデルは?と訊かれたら、

    「Gibson Les Paul Classic 2018!!」

    と現在の私は答えますな。
     カラーはエボニーとペルハム・ブルーで悩みますな。
     手持ちのギターのカラーから考えるとややペルハム・ブルーが優勢か?
     きっと北海道の友人にバカにされることだろう(笑)。
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    ナッシュビル

     先日、数日間東京にいなかったと書いたが、つまりは実家方面に行っていたワケ。
     で、その時の話。
     久しぶりに実家に帰ったら、見慣れないギターのハードケースがあった。
     う~む、これはアコギのケースだな。
     ちなみに父はガットギターしか持っていなかったはず。
    「これは何ぞや?」
    と訊いてみたら、叔父さん(父の兄、故人)がかつて使っていたギターだそうで、叔父の死後、父が引き取ったそうだ。
    「俺はもう弾かないから、お前が持って行ってもいいぞ!」
     う~む、叔父さんもギター弾いていたのね。全然知らなかったわ。

     さて、もらっていくかどうか置いておいて、どんなギターかケースを開けてみた。
     う~ん、これはギルドのコピー・モデルだよな!?
     ヘッドのロゴにはNASHVILLEとある。
     弦はほとんど死んでいる。
     とはいえ、とりあえず弾いてみた。

     けっこうビックリ!の鳴りである。
     しかもとても弾きやすい。私が大昔に持っていたYAMAHA N-500とかに比べてネックがかなり細いな。
     サウンドホールの中を覗くと、「N-40D」というシールが貼ってあり、そこに手書きで昭和49年と書いてあった。
     多分製造年であろう。

     こちらの期待を大きく越えるギターだったので、しばらく弾いていた。
     一緒にいた相方もその音にはちょっとビックリしていた。
     で、「持って帰って今のマンションで弾いたらどうなる?」と訊いてみた。
    「アンタが本気で弾いたら、ちょっと近所迷惑かもね。」
     うん、そうだな、弦を張り換えたらちょっとヤバイ感じだ(笑)。

     ってなワケで、持って帰るのは一応ヤメタ。
     そしてこちらに帰ってきてからこのギターについて調べてみた。
     ナッシュビル D-40Dというモデルで、ギルドD-40のコピー・モデル。
     う~ん、やっぱりそうか!
     で、通常ナッシュビルは現在のタカミネが製造していたらしいが、このギターは田原楽器の製造。
     トップは単板である。うん、単板なのは弾いた時に判ったけどね。
     昭和49年ってことは1974年だ。
     けっこう良い評価のギターらしい。
     良いギターだと思った私の感想は、まあ間違いなかったのね。

     ってなワケで、やっぱり引き取ろうかなぁ~!?とか思わないでもない。
     でも、思いっきり弾けないのではムダにストレス溜まるかも!?
     またね。


    楽曲発売中!!

    ブラス

     私はギターの好みとしてはレスポールやストラトキャスター使いなので、至極一般的なのだけれど、そのカラーリングの好みに関しては全然主流ではナイという自覚がある。
     当ブログではこれまで、私が気に入った“変なカラー”のレスポールなどを、
    「コレ、カッコイイじゃん!!」
    とかヌカして、世間の賛同を全く得られない!ということを繰り返している(笑)。

     で、本日もその流れである。
     レスポール・カスタムである。
     リンクを張っておく。

     いかがなものでしょうか!?
     きっと、「正気か!?」という感想を持たれる方もいるだろう(笑)。
     イヤイヤ、全然正気ですわよ。
     タマ~にカスタムでもゴールドトップ仕様があって、アレもカッコイイと思う私であるが、これは“カートリッジ・ブラス”という色らしい。
     普通のゴールドトップとはちょっと違う。
     真鍮色ってことか!?

     ちなみにこのモデル、ネックジョイントが“ロングテノン”だそうよ。
     まあロングテノンの方がショートテノンより絶対イイとは一概には言い切れないのだが、気分的には盛り上がるでしょ?
     もちろん限定モデルだそうです。
     因って私が将来手にする可能性は1ミリもありませんな。
     ちょっと遅れた誕生日プレゼントとしてくれる方がいるのなら、もちろん有難く受け取りますわよ。(バァ~カ!)
     またね。


    楽曲発売中!!

    逃した魚

     ってなワケで……。
     やはり確率は低いって言うか、ダメでしたな。
     変なオッサンが変なギター(笑)を手にすることはありませんでしたな。
     半額となっていたYAMAHA REVSTAR RS502は2本ともソッコーで売れてやんの。

     最初に気づいた時には、P-90タイプのピックアップ搭載モデルであるRS502は最もコアなモデルだから、最後まで売れないと思っていたのだが。
     いつも私が”カッコイイ!!”とヌカしたモデルは売れ残るのが常なのにね。
     もっとも今回は私の最大のお気に入りであるRS502Tではなかったことがポイントだったのか!?
     次善候補ぐらいだと、けっこう好きな人もいるのかね。

     今回の件は、
    「やっちまった!」
    というほどではないが、ちょっとがっかりしている私である。

     さて、今後RS502Tが今回のような状況になったらどうする!?
     いきなりカートに放り込むべきか(笑)。
     国産ブランド(とはいえ当該モデルは国内生産ではナイ)だと製品クオリティのバラつきは少ないから、アメリカのブランドなどよりはリスクは少ないだろうけど、やはり試奏ナシで買うのはためらうよね。
     定価が5万円以下とかならOKですか?

     人の気持ちは不思議なもので、やはり逃した魚は大きく見えて、以前よりもRS502に対して好意的になったりして。
     RS502を手にしたお二方、おめでとう!きっとそれは良いギターです。
     末永く愛してあげて下さい。
     まあ、お前なんかに言われてもね!という感じだろうけど。
     またね。


    楽曲発売中!!

    確率は低いか?

     昨日話題にしたYAMAHA REVSTARシリーズ。
     う~む、半額になっていた8本中2本が売れましたな。
     ちなみに私が「買うとすればこれ!」と考えているRS502は、2本のうちの1本が売れましたな。
     もう1本はRS820CRですな。
     いずれの購入者も、きっと”初めての1本”ではないと思われる。
     だって初めてのエレキ・ギターがラップアラウンド・ブリッジだったらある意味凄い。
     もっともそういう人が達人になるのかもしれないが。

     ってなワケで、買った方を祝福したい。
     まあ別に私なんぞに祝福されたくナイだろうけど(笑)。
     個人的にRS820CRはかなりお得感が強いと思う。
     RS502を買った方は随分コアな方ね。
     当ブログを読んだ末に買った可能性は皆無だろうが。

     つまり、私が欲しいギターは残り1本である。
     実は一身上の都合により、”買うか否か!?”は月曜日以降じゃないと決められない。
     別のことで相当額のお金を使わねばならないかもしれないからだ。
     そして、実際に楽器店に行けるのも水曜日以降。

     う~む、この週末のうちに売れちゃうんじゃないか!?
     変なオッサンが変なギター(笑)をゲットする確率は低そうである。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック