やっぱ人気無いのね

     本日は久しぶりとなる(?)ギターのムダ話。
     私は一応レスポール弾きである。
     作品に対しての使用頻度は半分ぐらいなんだけどね。
     でも一番好きなギターは?と訊かれれば、
    「レスポールだよぉ~ん!」
    と答えますな。
     
     さて、レスポールと言えば、やはりサンバーストが主流である。
     世の中に流通しているレスポールの9割ぐらいは(調べてはいない)、サンバーストなのかもしれない。その理由は、史上最高のギターとも言える、'58~'60年のレスポール・スタンダードがサンバーストであり、そしてその見た目も非常に美しいからだろう。
     うん、このサンバーストのレスポールが美しいという意見に全く異論はナイ。

     しかしながら、まあ変なオッサンである私は個人的に、
    「レスポールは潰しの塗装の方がカッコイイ(好きだ!)」
    と思っている。
     これは当ブログではもう7万回ぐらい書いた。

     で、ギブソン・カスタムショップのヒストリックコレクション(以下ヒスコレ)からそういった潰しのモデルが発売されると、ムダに当ブログでカッコイイじゃん!と話題にしたりした。まあ潰しの塗装だとどうしても'57年モデルが多いんだけどね。

     この潰しの方がカッコイイ!というのは心からそう思うのであって、もし奇特な誰かが、
    「アンタにヒスコレのレスポールを買ってやろう、価格は不問じゃ!」
    と言われれば、決して100万越えの'59年モデルは選ばずに、ぜって~潰しのモデルを選ぶ。

     しかしながら、まあ自覚はあるのだが、この私の嗜好は主流から外れている。
     世の人々のほとんどが選ぶのはサンバーストなのだな。
     何故こんなどうでもイイことを書いているのか!?
     イヤね、どうやら私がこれまでカッコイイと書いてきたヒスコレレスポール・スタンダード'57年モデルや、それらと同じカラーを纏ったレスポール・カスタムが、私の贔屓の楽器店でこぞって値下げになっているのね。
     う~む、私的にはクールじゃん!と思っていたのだが、同時に販売サイトから姿を消すことはなく、「売れねぇ~なぁ~」とは思っていたんだけど……。

     ってなワケで、チャンスですよ、みなさん!!
     えっ!?別に欲しくないって!?
     あの赤いヤツとかカッコ良くないか?
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    不安になるのよ

    wakeup.jpg
    「Wake up」
    talk.jpg
    ミニアルバム「Talk」ニューリリース!!

     ここ二、三日風邪気味である。
     風邪薬を飲んだら眠いのなんのって……。
     普段は薬飲まないからね。

     さて、以前もちょっと書いたのだが、私の愛用ピックは世間の主流ではナイ。
     だから生産中止の恐怖が付き纏っている。
     ストックがやや心もとなくなったので、ブックしてあるピックの販売ページを開いた。
     
     そうしたら……、う~むナイぞ!
     ちょっと焦った。
     しかしながら新着商品が大量に追加されてたせいで、私のお目当てのピックが載っているページがだいぶ後方に移動していただけであって、無事まだ価格も据え置きで存在していた。

     ってなワケで、50枚パックを色違いで2種類注文した。
     前回注文した時には、「在庫切れなのでしばし待て!」との連絡が来たが、今回はすんなりと「ご注文ありがとうございました!」との返答だった。
     で、それが先日届いた。

     弦、ピックなどの消耗品は、ストックが減ると不安になる。
     弦は5セットを切ると、もうダメである。
     ピックは30枚ぐらいかな!?
     
     まあこれでピックに関して2年は大丈夫である。
     ふと思ったのだが、この新たに届いたピックを使い切る頃になっても、きっとあの憎悪ストーカーは粘着を続けているだろうな!?(笑)
     またね。


    楽曲発売中!!

    微妙な違い

     さて、いい加減ブログを放置するのはやめよう(笑)。
     本日はムダに気になるギターについて書く。
     まあ例によって半分茶々を入れる感じだ。
     ギブソン・レスポール・カスタムなのだが、こちらのモデルである。

     通常、レスポール・カスタムはカスタムショップ製なのだが、このギターはUSAラインである。
     パッと見て”ウン!?”と思うかもしれない。
     そう、普通のカスタムとは見た目の印象が随分と違うだろう!?

     限定モデルだそうだ。
     さて、通常のモデルとは何が違う!?
     大抵の方は直ぐに気づくだろうが、潰しカラー(エボニー)なのにピックガードがナイ。
     そして3ハムピックアップなのは良いとしても、それがオープンタイプのピックアップである。
     う~む、大した違いではナイ気もするが、結構な違和感である。
     まあ私だけがそう感じるのかもしれないが……。
     ついでに言うと、ロッドカバーに”Les Paul CUSTOM”の刻印が無く無地のまま。
     加えてフレットはゴールドである。

     一応コンセプト的には”ブラックビューティー”。
     つまりオリジナルのレスポール・カスタムってことで、ボディはオールマホガニーである。

     とはいえ、この微妙な相違点は何なのだろう?
     別に楽器としてオリジナルの欠点を解消するためでは無さそうね。
     考えられるのは、カスタムショップ製には既にオリジナルの復刻版が在るから、USA製は差別化したのかもしれない。

     ただ問題は価格である。
     370,000円(税別)というのはどうか!?
     もちろんカスタムショップ製のオールマホガニーのカスタムはこれの倍ぐらいするワケだが、現行のメイプルトップのカスタムショップ製のカスタムとは大して差がナイ。
     う~む、敢えてこのUSA製のカスタムをチョイスする理由は?
     もちろん、弾いてみないと何とも言えないけどね。
     ちなみに私は3ハムだと演奏不能(笑)だから、試すことすらできないが……。
     みなさんはいかがだろうか!?
     またね。


    楽曲発売中!!

    ギブソンらしくない?

     新曲はそれなりに順調である。
     ただし、意図的に”ちょっとずつ”進めている。
     一日に2時間程度しか作業しない。
     明確なイメージが浮かんでいるワケではないから、創り込むことよりも、客観的に聴くことを重視しているのかも!?
     少しずつ出来上がっていくのもそれはそれで楽しい。
     どうせ若い頃のように集中力も持続できないから(笑)、ジジイのやり方としてはある意味正解なのかも。

     ってなワケで、今回も気になるギターについてムダに書く。
     先日のバハマブルーの'57年モデルは……、きっと気に入る人は少なかったろう(笑)。
     またオッサン、ワケの判らん趣味だな!と思われた方がほとんどかもしれない。
     しかし今回のそんなことない!……、と思う。

     レスポール・カスタムである。
     リンクはこちら。
     カスタムのサンバーストはチェリーサンバーストが一般的だ。
     ゴールドパーツでエスカッションとピックガードが黒になっただけで、スタンダードとは随分印象が変わるものだ。
     私見だけど”硬派”な感じになるよね!?
     で、問題のモデルはヴィンテージサンバーストである。
     何かこの色はまるでゴールドパーツのカスタムのためにあつらえたように見える。
     とてもカッコイイと思いますです、ハイ。
     ただし、何となくギブソンぽくナイですな。
     どこぞの高級ハンドメイドメーカーのような感じ。
     ロックというよりジャズ寄りのルックスかもしれない。
     やっぱり「アンタの趣味はどうよ!?」って感じだろうか?
     またね。


    楽曲発売中!!

    バハマブルー

     ブログの更新をサボると、やはりちょっと後ろめたい気がする。
     とはいえ、以前のように”更新義務”を果たすためだけに、クダラナイ記事を垂れ流すのもどうか!?
     ただし、熱心にほとんど毎日訪れてくれる読者様(いつもありがとう!)もいるのである。
     できればご期待に添えるよう頑張りたいとは思っている。
     イヤ、ホントなんですよ。

     ってなワケで、期待に応えられるとは到底思えない内容ではあるが、とりあえず書く。
     まあギターの話なんだけどね。
     うん、私的にちょっと気になるギターが楽器店のウェブサイトに出ていたのである。
     まあホラ、そういうギターについてムダな感想を述べる(茶々を入れる)のも、当ブログの役目なのである。(そうか?)

     ギブソン・カスタムショップ製のヒストリックコレクションなんだけどね。
     レスポール・スタンダード'57年モデルなんですよ。
     '57年ってことはオリジナルフィニッシュはゴールドトップである。
     ゴールドトップはイイよね!
     1本持っていても罰は当たらないよね。
     でも仮にゴールドトップは1本だけよ!という条件だったら、私は'56年モデルにしちゃうけどね。
     つまりP-90搭載ってことになる。また北海道の友人に、
    「どうしてそうなるのか全然判らん!」と言われそうだが……。

     しかし、ワザワザここでムダに話題にするのだから、ゴールドトップではナイ。
     私はレスポールカスタムの黒と白という実に標準的なカラーのギターを所有しているが、常日頃当ブログで書いている通り、ちょっと変わったオプションカラーのレスポールをムダに、
    「クールだ!!!」
    と言う傾向にある。
     うん、レスポールという非常にメジャーなモデルなのだから、ちょっとカラーで遊ぶのもイイんじゃない!?とか思うのである。
     
     ただし、世間はまったくそう思っていないようで、オプションカラーのレスポールは非常に少ない。
     やっぱりレスポールは、特にスタンダードにおいてはサンバーストフィニッシュがほとんどである。
     もっとも一口にサンバーストと言っても、その中で様々な色合いのバリエーションがあり、サンバースト好きの方達にとっては、充分”カラーで遊んでいる”状況なのかもしれない。
     確かにちょっとした色合いの違いでかなり印象が変わるから、これ以上オプションカラーなんて要らないよ!ってことかもしれない。

     オイオイ、話がやや脱線気味だな。
     '57年モデルだけどゴールドトップじゃないところまで話したか!?
     その気になるギターは”Bahama Blue”というカラーである。
     一応リンクを張りませう。
     ショップオリジナル・カラーのようだ。

     どんなもんでしょ!?
     これは私のツボでもあるが”ナチュラル・バック”ってのがイカしていると思う。
     気合の入った”'ゴールドトップ派”の方には怒られるかな。
     確か”ダークバック”の方が人気があるんだよね!?

     '57年モデルだから太ネックだな。
     う~む、そこも私にとってイイ感じである。
     このギターを持っている人を見かけたら、
    「それ、スゲエカッコイイですね!!」
    と声をかけてしまうと思う。迷惑だろうが(笑)。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック