世界選手権反省会?

     さて、ロード世界選手権の私的反省会である(笑)。
    “そんなの全然誰も待ってないから!!”という声がこだまする中、ムダに書き続けることが重要な基本理念になっている当ブログですので。私を止めることはできませんな。

     つまり、最近の記事で世界選手権について極めていい加減な予想とかを書きましたので、それについての検証というか、イイワケをムダに書くのであります。(敬礼!!)前回の世界選手権についての記事では、何となくカンチェラーラかジルベールが勝つのでは!?というようなことを匂わせてみました。ええ!!もちろん見事に外れました。まあどちらも上位には入っていましたが……。とはいえ、この二人にとっては優勝以外は屁みたいなモノでしょうけど。

     ホントならニーバリと言いたいところだけど、メンバーにスカルポーニが入ったからニーバリはナイ!!という非常にヒネタ意見を書いた鈴木ですが、結果としての“ニーバリはナイ”という部分は中りましたが、スカルポーニはむしろけっこう役に立っていましたね。私の見識の無さが全開って感じです(笑)。

     バルベルデはナイ、ホアキンもナイ!!というのは結果的には中っていますが、そういう風に当ブログに書いたことなど最終盤ではどうでも良くて、ホアキンを応援していた私です。ホアキンはどうしていつもこうなんでしょうか!?

     サガンはナイというのが的中したのはまあ普通です。でもアンタ6位だったのね。ホントにねぇ~、何かとんでもない選手ですな。

     で、優勝したのは……、ルイ・コスタ!!おめでとう!!
     私は案外ダークホースが勝つかも!?とも書きましたが、ルイ・コスタはダークホースと呼ぶことはできない実力者だな。そうねぇ~、「優勝候補第2グループ」ぐらいだな。っていうか、メチャクチャ多かったとは思えませんが、優勝予想としては的中させた人はけっこういるだろうな。ポルトガル人のアルカンシェルは史上初だそうです。ですから、案外ダークホースが勝つかも!?というのも全然違いました。

     ってなワケで、相変わらず外しまくりの鈴木でした。反省会とか書きましたが、この反省が今後生かされるとは到底思えませんな。きっと反省のポーズだけだと思われます。このところ世界選手権はネットのライブストリームでというのが恒例になりつつありますが、やっぱり疲れますので、来年以降はどこでもイイから是非中継していただきたいと思います。またね。 


    謙虚なんだか俺様なんだかサッパリ判らないけど楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    ヘタだと思うぐらいでちょうどか!?

     先日「タマには気にするべきだよね」という記事で、自分のギター・プレイにおいての思わぬ技術上の弱点を発見したと書きましたが、この2日間はほとんどそればっかり練習していた鈴木です。え~と、根がムダに凝り性というせいもあります。うん!?凝り性というのとはちょっと違うか!?

     それで昨日の夜、いつもの練習パターンをやってみましたら、それまで普段やらないことばかりやっていたせいで、非常に違和感がありましたな。まあ、

    「弱点を克服するつもりで、そればかりやっていたら、それ以前にできたことができなくなった!!」

    などという馬鹿げた事態には(まだ?)なっていませんが、ほ~んとギターって難しいですな。今さらですが……。

     以前も、歳を取ったら速弾きにおける右手の動きが辛くなったということを書きましたが、このところ自分が“ヘタだなぁ~”と思うことがよくあります。じゃあ、実際にヘタになったのか!?とか思って20代の頃のプレーを聴いてみたりするのですが、確かにその頃の方が指は動いているものの、全体的にはけっこうツマラナイというか、イマイチなプレーだったりします。だから加齢によって失ったモノと得たモノでは差し引き計算ではプラスなのかなぁ~!?

     っていうか、ジジイになったら、
    「俺は上手いかも!?」
    とは思わなくなったな。うん。考えてみると体力も年々落ちていくワケで、ジジイになってから「俺は上手いぜ!!」なんて思っていたら、逆にドンドンヘタになるかもね。

     だからそう思っているぐらいでちょうどだと思っています。
     まあ毎日打ちのめされているぐらいでイイんですよ !!どうせMだし……(笑)。
     ヘタだと思っているからこそ続けられるんですね。きっとそうなんだよ。

     まあ打ちのめされるばかりでは、いくら私が打たれ強いとはいえ、そのうち心折れてしまいますけどね。そうならないうちに何か良いことが起きないかなぁ~!?とか思いながら、また今日も重たいレスポールを肩にかけるのであります。(敬礼!!)またね。

    たとえ重くてもレスポールなら何本あってもイイぞっ!!楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    ロード世界選手権だな

     本日はいよいよ自転車ロードレースの世界選手権です。
     先ほど確かめましたが、スタート・リストが出ましたね。ちなみにロードレースはスタート・リストが直前まで確定しないのが普通でして、いつも

    「遅ェ~よっ!!とっとと出せよ!!」

    とか思います。でも、冷静に考えるとロードレースは“チームスポーツ”ですから、サッカーやラグビーなどを考えるまでもなく、いわゆるチームスポーツは試合直前にメンバーが発表されるのが普通です。ですからロードレースが特別遅いってワケでもないですね。どうしてもロードレースの勝者は結局個人というイメージですので、テニスのような個人競技としてのイメージも持ってしまいます。ですから、実は私が勝手に個人競技と較べて“遅ェ~よっ!!”と思ってるだけですね。今頃気づいたアホな鈴木です。

     さて、ムダにどうせ中らぬ予想などをしてみますか(笑)。
     ちなみに勝者予想の賭け率ではカンチェラーラがトップらしいです。もっとも、他のオッズ上位者のジルベール、サガン、ニーバリ等とそんなに差があるワケでもナイみたいですが……。

     まあカンチェラーラはけっこう今年の早い時期から、ITT(個人タイムトライアル)よりもロードを狙うと宣言していましたから、ITTが(彼としては不本意な)3位だったということから、“う~ん、本気かも!?”と思えなくもないです。スイスチームは今年最大枠の9人ですし、メンバー的にもそれほど他の強豪国に見劣りしないイメージもあります。

     私は前回の自転車の記事でニーバリが優勝するだろうと書いてしまいました。ちなみに友人に、
    「お前、ニーバリに呪いを掛けたな!!」
    と言われてしまいましたな(笑)。きっとモチベーション的にはニーバリが最もあるような気がしますが、スタート・リストを見て私は“ムリかも!?”と思うようになりました。確たる根拠など何も無いのですが、え~と、スカルポーニがメンバーに入っているから、きっとニーバリは勝てないなと思います。うん、完全なるタダのカンです。っていうか、私はけっこうスカルポーニを目の敵にしている気がします。でもイタリア人が世界選手権に優勝して、その時のチームにスカルポーニがいるというイメージが私にはまったく湧きません。

     スペインチームは……、相変わらずというか何というか強力なチームです。単純な足し算で計算するとチーム力は一番かもね。エースはバルベルデだと思われますが、チームとして機能させるにはムダに“勝者のメンタリティ”を持った選手が多すぎる気がします。バルベルデはナイでしょう。そしてホアキンもナイでしょう。でもひょっとしたらダニエル・モレノなら大穴としてあるかもしれません。(ホントか?)

     ジルベールは? 今年のベルギーチームは何と最大の出場枠9人を逃し、7人のエントリーです。それがどのぐらい影響するのか?、そもそもジルベールが最終盤までトップグループに残れるか?というところが焦点です。最後の周回で何度も上らされるからねぇ~。でも残ることができれば充分に勝機はあるでしょう。

     じゃあサガンは? まあチーム力はそれほどアテにならないですね。それは仕方がない。でもまあこの人の場合はあんまり関係ない気がしますが(笑)。でも今年はナイだろっ!?コース的にもちょっとね!と書いておきます。アンタはこれからまだまだチャンスがあるじゃん!!

     ってなワケで、ムダに戯れ言を書いてみました。今夜のライブストリームの映像が「コマ送り状態」にならないことを願いながら終わります。またね。

    ジルベールが連覇したらお祝いにダウンロードするってのはどうよ!? 

    ネーベルホルン杯・驚いた特集

     本日の更新がいつもに較べ非常に遅い時間でしたので、「鈴木は一体どうした!?」と心配された方が全国に7万人ほどいたかもしれませんが、間髪入れず(ってほどでもないか?)ムダに2本目を投入してみます。

     久しぶりにフィギュアスケートの記事にします。っていうか今季初。
     ってなワケでネーベルホルン杯の感想をそれぞれ箇条書きで、驚いたこと特集(笑)。

    *驚いた!前代未聞の放送形態
    ・・・う~ん、CSということ、オリンピックの出場権絡みってこともありますが、これまでとは一線を画した開けてビックリ“カップル競技中心の放送”。深夜から明け方にかけての長時間の放送ということで、実況・解説が度々中座。まあ大変なのは判りますけどね。実況・解説ナシで会場音声のみって時もありますから、それよりはマシなのかもしれませんが……。でもまあ、いつもは観られない選手達が観られてそれはそれで面白かったけどね。

    *驚いた!ボロソジャル/トランコフ組
    ・・・ペアのボロソジャル/トランコフ組。何か仕上がりが早いな!!スケートアメリカにエントリーしているからだろ!?と考えるとアリという気もしますが、何か既にピークに近いところまで持ってきているような……。まあ一度落ちて、またオリンピックの時にピークがくるのかしらん?

    *驚いた!流石のドイツ・クオリティ
    ・・・音楽の音良すぎ!!何かテレビ用に音楽はラインで入れているのか!?とか思うほど。でもよぉ~く聴くと会場の残響が混じって聞こえていたから、そんなことないですよね!?

    *驚いた!!これが私的な最大の驚き!!
    ・・・とはいえ、一番のトピックは、ジェイソン・ダンジェンの劣化ぶり!!
     う~ん、太ったか!?またね。

    オッサン相変わらずバカだね!!とはいえiTunes Storeで楽曲販売中。 

    タマには気にするべきだよね

     みなさんお気づきでしょうが、最近「にほんブログ村」に登録しました。
     で、先日私と同じ「ギター」カテゴリに登録されているブロガーさんのブログを見て回りました。私はムダにギター歴も長いですから、ある意味ギターというか音楽に対する考え方も凝り固まっていたりしますので、そういうのをほぐす意味でも良いかなぁ~!?という感じでだったんですよ。

     で、面白かったです。何が面白かったかというと、色々な練習パターンの動画とか楽譜がです。うん、エレキ・ギターというのはまだまだ練習メソッドが確立されていないから、けっこう人様々ですよね。

     さて、私もギタリストの端くれとして、こういった他の方々がやっている練習法とかは気になります。で、実際に弾いてみたりしました。まあね、現代流の超速弾きとかは、もう“見るからにムリ”というのもあるのですが、時折「あっ!?実はこういう風にやるのか?だったら練習次第では私でもできそうだな!!」というのもありますな。う~ん、ギターはまだまだ奥が深いね!!

     自分が得意ではないと完全に判っているものについては、まあイイんですが、タマに自分ではその動画を見たり楽譜を見て、「これなら楽勝なはず!」とか思っても、意外と苦労して冷や汗!!とかいうモノもけっこう有りましたわ。オイオイ、それができなくちゃマズくね!?みたいな。

     そうして他人様のブログを見て回って、自分の普段の練習だけでは発見できないような弱点がいくつか見つかりました。自分だけでは気づきにくい意外なところに弱点が潜んでいるモンですわ。

     ってなワケで、何か嬉しくなっちゃいました。スゲ~有意義だったかも。だって弱点を発見したってことは進歩への第一歩ってことじゃん!?まあ、もういい歳したオッサンなんだから自分のできることだけやってろよ!鬱陶しいから!!って意見も有るかもしれませんが(笑)、そんなもったいないことはできませんな。だって基本Mだし……。

     まあ弱点克服のために練習パターンが増えてしまって、時間がいくらあっても足りないよ!って感じでもありますが、我流を通すのもそれはそれだけど、時には他人の視点も取り入れるのは有効ですな。ギター・ブロガーの皆様、ありがとうございます!!
     ってなワケで、私も誰かの役に立てるように頑張りたいと思います。
     ギタリストのみなさん、辛いことも多いかもしれませんが頑張りましょう!!またね。

    ひょっとしたら!?何かの足しになるかもしれない私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームペーは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2013/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック