微妙な違い

     さて、いい加減ブログを放置するのはやめよう(笑)。
     本日はムダに気になるギターについて書く。
     まあ例によって半分茶々を入れる感じだ。
     ギブソン・レスポール・カスタムなのだが、こちらのモデルである。

     通常、レスポール・カスタムはカスタムショップ製なのだが、このギターはUSAラインである。
     パッと見て”ウン!?”と思うかもしれない。
     そう、普通のカスタムとは見た目の印象が随分と違うだろう!?

     限定モデルだそうだ。
     さて、通常のモデルとは何が違う!?
     大抵の方は直ぐに気づくだろうが、潰しカラー(エボニー)なのにピックガードがナイ。
     そして3ハムピックアップなのは良いとしても、それがオープンタイプのピックアップである。
     う~む、大した違いではナイ気もするが、結構な違和感である。
     まあ私だけがそう感じるのかもしれないが……。
     ついでに言うと、ロッドカバーに”Les Paul CUSTOM”の刻印が無く無地のまま。
     加えてフレットはゴールドである。

     一応コンセプト的には”ブラックビューティー”。
     つまりオリジナルのレスポール・カスタムってことで、ボディはオールマホガニーである。

     とはいえ、この微妙な相違点は何なのだろう?
     別に楽器としてオリジナルの欠点を解消するためでは無さそうね。
     考えられるのは、カスタムショップ製には既にオリジナルの復刻版が在るから、USA製は差別化したのかもしれない。

     ただ問題は価格である。
     370,000円(税別)というのはどうか!?
     もちろんカスタムショップ製のオールマホガニーのカスタムはこれの倍ぐらいするワケだが、現行のメイプルトップのカスタムショップ製のカスタムとは大して差がナイ。
     う~む、敢えてこのUSA製のカスタムをチョイスする理由は?
     もちろん、弾いてみないと何とも言えないけどね。
     ちなみに私は3ハムだと演奏不能(笑)だから、試すことすらできないが……。
     みなさんはいかがだろうか!?
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!





    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック