SW-HP10s

     ほとんどの読者の皆さんは覚えていないだろうが、半年ぐらい前にちょっと気になるヘッドフォンがあると書いた。
     別に秘密主義ってワケでもないが、型番は伏せておいたのだけどね。
     
     さて、私が制作時にモニター用として使っているヘッドフォンは、メインがデノンAH-D2000、サブがソニーMDR-Z900というヘッドフォンである。
     実はこれ、どちらもいわゆる”モニター・ヘッドフォン”ではナイ。
     とはいえ、比較的原音に忠実なタイプであり、モニター寄りであるとも言われているし、私自身も”これでイイや!”と思って長年愛用している。

     どうしてモニター・ヘッドフォンを使わないの?それじゃダメじゃねぇ!?という意見もあるだろう。
     ただね、私はモニター・ヘッドフォンに良いイメージがナイ。
     例の倒産したレコード会社が所有していたスタジオでレコーディングした時、そこの備え付けのヘッドフォンはもちろん、モニターとしては定番のソニーMDR-CD900STだった。
     私はこれがとても苦手。
     何と言うか確かに細かな音は聞き取れるのだが、とても耳に突き刺さるような音に聞こえるし、装着感も全然ダメ。
     私のアタマと耳の形がいびつなせいかもしれないが、とにかく不快なのよ。

     ってなワケで、モニター・ヘッドフォンを買うことにそれほど前向きではなかった私。
     しかしアタマの片隅で「ソニー以外なら」と考えないではなかった。

     そして最初に触れたちょっと気になるヘッドフォンが登場した。
     昨年の9月に発売されたモデルである。
     いい加減モデル名を曝せよって話だが、Sound Warrior SW-HP10sというヘッドフォンだ。
     モニター・ヘッドフォンである。

     日本製であるにも関わらず13.800円(税抜定価)というお手頃価格。
     モニター用であるが、通常の観賞用にも使えるという触れ込み。
     まあただの宣伝文句だろ!?という話だが、何故かピンと!来てしまい、購入を考え出したのである。

     しかし、私が贔屓にしている家電量販店では発売直後からずぅ~っと在庫がナイ。
     基本的には入荷待ちの状態である。
     そのうち安定供給されるようになるだろっ!?そうしたら買うかな!?とか思っていたのだが、一向に”入荷待ち”状態は変わらない。

     何でやねん?とか思いながらも、そのヘッドフォンの評判をチェックしたら、う~ん、かなり好評だな。
     私の恋心は日に日に募るのであった(バァ~カ!)。

     そして先日、ムダに贔屓の家電量販店のウェブページを見てみると、例のヘッドフォンが値下げされていた。
     定価の23%引きな。
     とはいえ、相変わらず在庫が在るワケではなく、”入荷次第出荷”である。
     しかしこれは何かのお告げに違いない!と私が勘違いするには充分だった(笑)。
     もうこの流れに乗るべきである。
     ってなワケで、注文したのである。

     入荷次第ってのはどれぐらい日数がかかるのか?
     1週間から10日ぐらいかね?とか思っていたら、意外と早くて注文から4日目に到着したであります。(敬礼!!)

     ワクワクしながら箱から取り出す。
     正直に言うと、先ずその質感にはがっかりした。
     まあ敢えて金属部品を使っていないせいもあるが、ちょっと安っぽい感じである。
     しかし日本製なのにお手頃価格なのでこんなモノか!?

     ところが、装着してみるとそのショボさはアドヴァンテージなのに気づく。
     非常に装着感が軽い。
     着けていることを忘れる!っていうのはもちろウソだが(笑)、圧迫感は微塵もナイ。

     で、まあこれが一番肝心なのだが音ね。
    「えっ!?こんなにイイ音なの!!」
     これが第一印象である。
     分離、解像度はかなりのモノ。細かい音までちゃんと拾えるぞ。
     それでいながら、いわゆる”聴き疲れ”するような音ではナイ。
     エッジが立っていないと言えばその通りで、解像度ではソニーの定番の方が上だろうけど、確かにこの音ならモニターにも鑑賞にも使える感じだ。
     けっこう絶妙なバランスなのね。

     愛用のデノンとは価格が3倍以上違うので、さすがに質感では劣るし、ソニーとも価格が2倍ぐらい違うから解像度でもちょっと劣る。
     ただ、コストパフォーマンスは非常に高くないか!?
     極端な話、それほどシビアに考えなければ、ヘッドフォンなんてこれ一台あればイイかもよ(笑)。

     ってなワケで、ムダにアホなオッサンの総評を言おう。
    「もう一台買おうかな!」
     うん、こんな感じである。
     相変わらずバカ全開な感じだが、いやマジでホントに考えてたりして。

     とにかくこのSW-HP10sはお奨めだと思う。
     もちろん「お前が言うならぜって~買わねえ!」という人の方が多数かもしらんが(笑)。
     何らかの指標にはなるでしょ!?
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    義務をムダに果たす

     ってな感じで、ムダにまた書くのである。
     そうだよ!ローランギャロスが昨日から始まってしまったのだよ。
     テニスのビッグ・トーナメントではドロー表を基におバカな勝者予想をするのは私の義務だったはずである。(そうか!?)

     だからいつものようにムダに進む。
     ドロー表を上から見ていこう。
     第1シードのマレー山、つまりトップハーフの上半分。
     同居したトップシードは第8シードの錦織。
     実はこれってラッキーかも!?
     何と言ってもマレーは現在絶不調。
     しかし気になるのはデル・ポトロとズベレフもいるところ。
     まあグランドスラムなんて楽なワケがナイ!と言えばその通りだが。

     さて、トップハーフの下半分は第3シードのワウリンカ山。
     同居したトップシードは第7シードのチリッチ。
     ワウリンカはいつものように謎だが(笑)、直前のジュネーブ(ATP250)で優勝した。
     ここにはキリオスがいるのだが、キリオスの1回戦の相手はコールシュライバー。
     う~む、これはかなりのハズレくじ。
     何かこのところコーリーはすっかり迷惑ノーシードが板に付いたな(笑)。

     お次はボトムハーフの上半分。
     ここは第4シードのナダル山。
     同居は第5シードのラオニッチ。
     ナダルは大本命。
     初戦のペールは”ややハズレくじ”だが、まあ波乱は起きまい。
     3回戦でシモンあたりと「面白い」試合が観られるかもしれないが、結局ナダルは残るだろう。

     ボトムハーフの下半分は第2シードのジョコヴィッチ山。
     同居は第6シードのティエム。
     そしてここにはゴファンもいる。
     ジョコヴィッチが一番キツイかな。
     もちろん地力は一番だろうが、果たしてグランドスラムの2週間を戦い抜くフィジカルが戻っているのか!?
     え~と、ジョコヴィッチの復活は夏以降としたので、ローマではティエムに完勝したが、今大会はティエム戦(準々決勝)まで辿り着かないと予想する。
     とはいえ、4回戦までに負けそうな相手などいないんだけどね。
     ただ何となくそう思うだけ。
     またね。


    楽曲発売中!!

    悪人面だが

     ブログのネタはソコソコあるのに(大したモノではないが)、時間が取れなくて放置してしまいましたな。
     連日訪問をしてくれた皆様にお詫び申し上げる。

     ってな感じで、ジロ・デ・イタリアが終わりましたな。
     例年と同じく私は燃え尽きましたわ。
     今年はいつもと違う視聴方法でしたな。
     で、DAZNの感想ですけどね、まあ当然だけどJ SPORTSより放送クオリティは落ちますな。
     実況アナウンサーの選手名、チーム名の言い間違いが多くて閉口しましたな。
     日に2、3度というレベルではなく、連日二桁は確実に言い間違いしてましたな。
     とはいえ、来年も同じ状況だとしてもDAZNで観ますよ。次は有料だけど。
     とにかく、ジロは放送クオリティとは関係なく、競技レベルの面白さが半端ないので、何があっても観ることになるんですわ。

     ってなワケで、先日の当ブログではニーバリが勝つんじゃねぇ!?と予想した私だったが、見事に外しましたな(笑)。
     ドゥムランが山岳で貯金を使ってしまうという予想は、まあその通りだったのだが、”貯金を使い果たす”ところまでは行かないで頑張りましたな。
     うん、正直、ドゥムランがこれほど山岳で持ちこたえると思いませんでした。

     今年は山岳タイムトライアルが無く、2度あったタイムトライアルがどちらも平坦だったのがドゥムランに味方したとはいえ、ニーバリ、キンタナを向こうに回しての勝利だったのだからケチの付けようはナイ。
     更にはジロにおいて初のオランダ人覇者というおまけも付いた。
     とにかく、ドゥムラン、おめでとう!!
     顔は悪人面だと思うが(笑)。
     本来なら彼の脚質的にはツール向きだと思うが、先にジロを獲ったことで非常に自信がついたと思う。
     近年のツールは、ややフルームが一つ抜けた存在であるが、今後はドゥムランが強力なライバルとなるかもしれない。
     ツールも楽しみである。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ニーバリじゃねぇ?

     ジロ・デ・イタリアも第16ステージまで終了し、残すところあと5ステージ。
     マリアローザ(総合1位)はトム・ドゥムラン(サンウェブ)。
     2位はナイロ・キンタナ(モビスター)で31秒差。
     3位はヴィンチェンツォ・ニーバリで1分21秒差。
     マリアローザ争いはこの3人に絞られたかな。

     昨日の最難関ステージは遂にニーバリが勝った。
     ドゥムランは胃腸の不調により、ここまでの貯金を失った。
     ここからは山岳4ステージと最終日の個人タイムトライアル。
     流れはニーバリか?

     ちなみに最終日のタイムトライアルは29.3kmの平坦。
     ドゥムランに当然アドヴァンテージがある。
     ムダに私の素人予想だとドゥムランはキンタナに対し2分、ニーバリに対しても1分程度は稼げるような気がする。
     単純にここからの山岳でタイム差がつかないと仮定すると、やはりドゥムランにまだまだマージンが有る。

     しかしだ、果たしてドゥムランがキンタナ、ニーバリに山岳で付いていけるだろうか?
     昨日体調を崩してしまった影響もありそう。

     ってなワケで、この時点でマリアローザのムダ予想をするのだが、山岳ではキンタナとニーバリがほぼ互角と考えて、結局ニーバリが勝つんじゃねぇ!?としておく。
     まあ単純にニーバリを応援しているというのもあるけど。
     ドゥムランは山岳で少しずつ貯金を使ってしまうと考える。
     私のバカ予想だけどさ。
     またね。


    楽曲発売中!!

    新時代か?

     ATPマスターズ1000ローマ大会は……、うん、かなりの衝撃だった。
     先ずイズナー×ズベレフの準決勝。
     この二人が対戦するとコートが小さく見えるな(笑)。
     フルセットの熱戦をズベレフが制し、初のマスターズ決勝へ。
     う~む、イズナーはまたも残念。

     そしてもう一つの準決勝ジョコヴィッチ×ティエム。
     ナダルを倒したティエムとダブルヘッダーだったジョコヴィッチ。
     最近の戦いぶりを観る限り、ティエムに分が在ると思った人も多かったはず。

     ところが、久しぶりに”鬼ジョコ”だったのよ。
     ティエムのベースラインの後ろからのバカ打ちスタイルってのは、ジョコヴィッチには通用し難い面もあったと思うが。
     何と!6-1、6-0というスコア。
     私、ジョコヴィッチの復調は夏以降だと当ブログに書きましたな。
     流石!アテにならないぞ、俺!と思いましたな(笑)。

     ってなワケで、ティエム戦のジョコヴィッチを観てしまったので、これはジョコヴィッチの優勝ですか、今年のマスターズはこれで、フェデ、フェデ、ナダ、ナダ、ジョコですか!?そうですか!?何も変わりませんなとか思ったのは私だけではないはず。

     しかし、やってくれました!!
     二十歳のアレクサンダー・ズベレフ。
     まだATP500のタイトルも無かったのに、いきなり初挑戦でマスターズ奪取!!
     先日当ブログでズベレフは、もっとサーブが良くなればとか書いたのだが、あのさ、何か観る度に良くなっている感じで、もうサーブも充分ですな(笑)。

     まあジョコヴィッチもまだまだフィジカルが戻っていないんだと思う。
     ティエム戦は確かにこれまでの地力を十二分に発揮したが、まだ連戦でそれを続けるフィジカルは無いようだ。
     え~と、やっぱりジョコヴィッチの完全復活は早くても夏以降ってことでイイです(笑)。

     いよいよATPも新時代を迎えるのか!?
     もちろんズベレフがこれでグランドスラムの優勝候補かと言えば、そうではないけど。

     さて、いよいよ来週はローランギャロス。
     残念ながらフェデラーは出場しない。
     ってなワケで、まあ本命はナダルだろう。
     マレーはまだまだだと思うし、ジョコヴィッチも2週目に入ったら失速するような気がする。
     あとはティエムだが、このローマでのジョコヴィッチ戦の敗戦がトラウマにならなければイイけど。
     まあそんな感じで、おめでとうズベレフ!!
     ローランギャロスのドローが楽しみである。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!





    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック