全米選手権アイスダンス

     フィギュアスケート全米選手権アイスダンス。
     近年アメリカのアイスダンスは非常にレベルが高い。
     今ではアイスダンス王国と言っても過言ではナイ。

     さて、アメリカには世界選手権で表彰台を狙えるカップルが3組いる。
     普通に考えるとその3組が上位となって世界選手権のアメリカ代表となるだろう。
     別にこれに文句はナイ。そのレベルから言えば当然である。
     ただ私にはその3組のほかに期待しているというか、非常に好きなカップルがいる。
     以前当ブログでも何度か話題にしたのだが、それはホワイエク/ベイカー組だ。
     男性のベイカーはとにかくエレガントである。
     何と言うか、それは“演技”ではなく持って生まれたモノという感じである。
     いつもその所作にうっとりしてしまうのだ。
     う~ん、50過ぎのオッサンがうっとりするというのも気持ち悪い話かもしれないが(笑)、機会があれば一度彼らの演技を観て欲しい。

     で、ホワイエク/ベイカー組はFDでの失敗もあり、結局5位だった。
     まあ失敗が無くても4位で代表には届かなかったろうが…。
     上位3組との年齢差もあまりナイので、今後も厳しいだろうけど、いつの日か彼らが世界選手権に出場することを願っている。

     そして上位3組の結果は…、シブタニ兄妹組の連覇となり、以下チョック/ベイツ組、ハベル/ダナヒュー組となった。
     この3組が世界選手権に出場する。
     
     う~む、それにしてもチョック/ベイツ組は惜しかった。
     FDは1位、非常に素晴らしい演技だった。
     FD終了後は彼らの逆転か!?という雰囲気だったのだけれど、SDのマージンでシブタニ兄妹組が逃げ切った。

     しかし今年のチョック/ベイツ組はSD、FDともに素晴らしいプログラムである。
     これまでは、まあベイツのノーブルさゆえにかクラシカルな雰囲気のプログラムが多くて、どうしても過去に観たような気がするプログラムが多かった。
     非常に安定はしていたが、良い意味で期待を裏切るようなところは無かった。

     でも今季は違う!!
     当ブログでも以前、SDでヒップホップをやっている組ではここが一番だと書いたが、このSDは何度でも観たいな。
     ちなみに振り付けはジェイソン・ブラウンで御馴染みのロヒーン・ワードである。何かとても納得してしまった。彼は天才だな。
     FDの「アンダープレッシャー」もリズミカルかつ攻撃的(?)な振り付けがとても良い。(振り付けはクリストファー・ディーン)
     意外と彼らはこういうのが得意なのかもしれない。
     遂に彼らは良い意味で期待を裏切ってくれた。世界選手権での活躍を期待している。

     今季も3位だったハベル/ダナヒュー組。
     ひょっとして今季こそ順位を上げられるかとの期待もあったが、FDでハベルが転倒してしまった。
     でも私はこの組のロングストロークのスケーティングが好きだし、マディソン・ハベルの顔はとても整っていると思う(笑)。
     別に彼女の顔はタイプではないが、私は彼女のことを「美人さん」と呼んでいる。
     どうでもイイことを書いたところで終わりたい。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック