痛いじゃん

     ドアに挟まれた可哀想な私の右手薬指。
     まあ私の不注意だったのだが。
     とりあえずピック弾きは大丈夫だと思い、いつものように基礎練習をやってみた。

     あのさ、

    「痛ぇ~じゃん!」

     薬指は演奏に参加していないはずだが、ダウンピッキングの時にボディに当たるのね。
     力は入っていないけど手首のスナップは効いているから、けっこうな勢いで当たるワケで、それなりに痛いのである。

     とはいえ、飛び上がるほどの痛みではないから、そのまま弾き続けた。
     案の定、血が滲んできましたな。
     う~む、正直なところ二、三日休まないとダメかも。
     けっこう切れたんですわ。
     しかしだ、小心者の私としては基礎練習を二、三日やらない!などということはとてもできない。
     そのまま血染めの薬指の状態で弾き続けた。アホである。
     
     怪我した二日後、つまり本日。
     昨日はYAMAHA SF-7000を弾いたのだが、本日は白カスタム。
     やはり薬指がどうしても当たって痛い。
     しかし、SF-7000はフラットトップだがレスポールはカーブトップ。
     しかも私はピックガードを外してある。
     だから幾分指の当たり具合は弱いかな!?
     でもピックガードが在ったら滅茶苦茶痛いだろうな。
     思いっきり傷口が叩きつけられるわな。
     きっとこの日のために、私はピックガードを外していたのだろう。(ちげぇ~よ!)

     さて、ピック弾きなら大丈夫だろうと思っていたがそうでもなかった(笑)。
     今度は指弾きをやってみる。
     指弾きでのスケール練習は、親指、人差し指、中指を整然と使う。
     基本的に薬指の出番はナイ。
     うんうん、全然大丈夫。
     しかし調子に乗ったのがいけなかった(笑)。

     スケールではなく、普通にソロフレーズをパラパラと弾き出した。
     指の怪我など意識しないで弾いていた。
     そうしたら、ダブルチョークのフレーズで薬指を参加させてしまった。
     そうなのよ、基礎練習の時はともかくも、フリーでソロを弾く時は薬指も使う時があるのよ。

    「!!!」

     すんげぇ~痛かった。
     当然だが……。

     まあしかし、ギターを弾くのに影響が出るのは当然としても、たかだか指の一本を怪我しただけで、普段の生活もけっこう不便だね。
     普段なら何でもないところで、ムダに痛みで顔を歪める羽目になるな。
     ギターを弾かなければ直りも早そうだが、そういう気は全くナイので、今週いっぱいは顔を歪めることになりそうだ。
     アホな私が悪いのである。
     またね。


    楽曲発売中!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック