一人になっちゃったぞ

     さて、ウィンブルドン準々決勝。
     何とね、異星人が一人になっちゃったよ。

     マレー×クエリー戦。
     きっと誰も覚えていないだろうが、開幕前のバカ予想で私はクエリーを気になる存在だと書いている。
     まあ普通にテニスを観ていれば、芝のクエリーが強いのは判るけどね。
     ってなワケで、序盤はマレーの流れだったのだが……。
     何か第3セットぐらいから脚を気にし始めて、徐々に動きが悪くなった。
     結局また腰かね!?臀部という話もあるが。
     昨年の後半突っ走ったツケがまだ残っているのね。
     クエリーはグランドスラム初のベスト4である。

     チリッチ×ミュラー戦。
     ミュラーのように異星人に勝ってしまうと、多くの場合次のラウンドでコロッと負ける。
     ミュラーはナダル戦が今大会最長試合だったこともあり、これまでの例に倣うかと思われたが……。
     しかしそうはならなかった。まあ負けたのは事実だが。
     まだ自分に流れが在った第2セットを獲れなかったのが響いたね。
     とはいえ、今大会好調のチリッチ相手にフルセットだったし、芝の戦い方のお手本を見せてくれましたな。
     今大会を盛り上げた素晴らしい活躍だった。

     フェデラー×ラオニッチ戦。
     昨年のウィンブルドンでは準決勝で対戦し、ラオニッチが勝っている。
     しかしながら、昨年のフェデラーはその試合を最後に長期欠場したワケで、言ってみれば”調子の底”にあった状態だった。
     今年はほぼ万全の状態にあるフェデラー。
     だからフェデラーが勝つとは思っていたが……。
     セカンドセットまではラオニッチ何もできず。フェデラー強すぎだろ!?
     第3セットではラオニッチが開き直ったのか、フェデラーが緩んだのか、終始ラオニッチが押していた。
     タイブレークとなり、いきなりラオニッチが二つのミニブレークで3-0。
     さすがにこのセットはラオニッチか!?と思ったのだが、そこからフェデラーが5連続ポイント!!そのまま押し切りましたな。
     この人、来月36歳になるんですよ(笑)。

     ジョコヴィッチ×ベルディヒ戦。
     私はベルディヒの勝利を予想していた。
     そしてジョコヴィッチが肩及び肘の怪我で途中棄権。
     ジョコヴィッチはとにかくこのところ”手打ち”のショットが多かった印象。
     以前ならもっと身体全体を使っていたと思う。
     フィジカルができていないから、手打ちになり、結果肩や肘を痛めたか!?

     ってなワケで、準決勝はチリッチ×クエリー、フェデラー×ベルディヒ。
     ちなみにグランドスラムの中では、唯一ウィンブルドンだけがフェデラーの台頭した2003年以降、ビッグ4のみがタイトルを獲っている。
     果たして15年目となる今年、遂にビッグ4の牙城が崩れるのか!?
     とかムダに盛り上げてみたが、現実的に優勝の確率が最も高いのはフェデラーだろ!?って話か!?(笑)

     フェデラーがここまでの調子をあと2試合維持できれば、優勝するのは間違いない。
     阻めるとしたら、2014年全米の”スーパー・チリッチ”を再現できたときに限るかな?
     またね。


    楽曲発売中!!

    標準データ

     自分は睡眠に問題があるとここ最近思っていた。
     寝入ってから2時間ぐらいで必ず目が覚めるし、6時間以上寝られないし……。
     自分的には何とか7時間以上ぐっすり眠りたいと思っていたのよ。

     ところがだ、先日睡眠についてのテレビ番組を観た。
     相方が録画していたのね。
     それに因ると、睡眠時間は年齢とともに短くなっていくのが普通だそうだ。
     
     昔からよく言う、「ジジイは早起き(笑)」ってのも、あながちウソではナイのね。
     で、私のように50代前後だと6時間から6時間半程度の睡眠時間ってのが標準だって。
     それだけでなく、寝入って2、3時間程度で目が覚めるのも全く正常。
     その番組中で示された睡眠時間の標準(正常)データってのに、私の睡眠はもうほとんど一致していた。

     あらまあ!私の睡眠は別に問題など無かったのね。
     ムダに悩んでいただけであった。
     何だか非常に心が軽くなった私である。

     とはいえ、この6時間程度の睡眠では、昼間や夕方非常に眠くなることがある。
     これが問題だ。
     何でも15~30分程度の昼寝(仮眠)をすると良いらしいが。
     外出中だとできないし、そもそもそんなに程よく時間をコントロールして眠れねぇ~し。
     ヘタに2時間とか寝てしまうと、夜の睡眠に影響してしまうから良くないって。
     
     まあしかし、とりあえず私の睡眠に問題はナイことが判っただけでも収穫である。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ひょっとしちゃったじゃん!

     ウィンブルドンの4回戦。
     8試合同じ日にやられたらロクに観れねぇ~じゃん!
     いくらグラスコートは試合時間が短めとは言っても、ファイブセットマッチだからね。
     どんなに頑張っても無理ですわ。
     
     マレー×ペール戦は、予想通りマレーの完勝だった。
     まあペールは意外と頑張ったとも言えるが。

     クエリー×アンダーソン戦は、全然観てません(笑)。
     クエリーの勝ちは予想していたがフルセットの熱戦だったのね。

     チリッチ×バウチスタ・アグート戦も観ていない。
     どうせチリッチが勝つだろうと思っていたし、その通りになった。
     チリッチは開幕時はタフドローかと思えたが、むしろ徐々に楽になっているのか!?
     
     ラオニッチ×ズベレフ戦は、う~む、ズベレフが勝つと思っていたんだけどね。
     リードもしていたんだけどね。
     まだグランドスラムの5セットマッチを戦い切る身体ができていないのか。

     フェデラー×ディミトロフ戦は、もうちょっと競るかな!?と思っていたんだけどフェデラーの完勝だった。
     ディミトロフは”ベイビー・フェデラー”と言われたりもするのだが、別にプレイスタイルは似てないよね。
     フォームがちょっと似てるだけじゃん(笑)。

     ティエム×ベルディヒ戦も観ていない。
     私はもっとベルディヒが簡単に勝つと思っていたのだが、意外や意外、ティエムはフルセットまで頑張った。

     そしてナダル×ミュラー戦。
     私、ひょっとしたらと言いましたでしょう!?
     って、俺は柳かよ!?
     スマン、コアなテニス・ファンしか判らないネタだな。
     5時間近くの大熱戦の末、ファイナル15-13でミュラーが勝利。
     ベスト4がビッグ4揃い踏みとなるかと期待されたが、ナダルは敗れた。
     まあナダルはビッグ4の中では”ビッグ・サーバー耐性”が一番低いからね。
     他の3人はむしろビッグ・サーバーをお得意様にしているのだが。

     で、このナダル×ミュラー戦がロングマッチになったせいで、順延になってしまった
    ジョコヴィッチ×マナリノ戦。
     さっき終わりましたな。
     当然のようにジョコヴィッチが勝ちましたな。

     ってなワケで、明日はいよいよ準々決勝。
     マレー×クエリー、
     チリッチ×ミュラー、
     フェデラー×ラオニッチ、
     ジョコヴィッチ×ベルディヒ。

     流石に楽しみなカードが並んだのだが、私のバカ予想を書いておく。
     勝者はマレー、チリッチ、フェデラー、そしてベルディヒと予想する。
     うん、ジョコヴィッチはまだイマイチだし、こういう時にひっそりとベルディヒが勝ちそうな気がする。
     まあ彼だって、ウィンブルドンはファイナル経験者だし。
     またね。
     

    楽曲発売中!!

    4回戦のバカ予想

     ウィンブルドンもいよいよ4回戦、つまりベスト16。
     本日はその8試合が全て行われる。
     例によってほとんど無意味ではあるが、ムダに予想を書く。

     マレー×ペール戦。
     マレーの調子はそこそこか!?

     実は今大会のマレーの試合は全然観てませんな。
     ペールってのはその時の調子によってはスゲ~強かったりするのだが、芝でマレーが負けるとはちょっと思えないな。

     クエリー×アンダーソン戦。
     いずれも芝は得意なビッグ・サーバー。
     良く言えばダイナミックな、悪く言えば非常に退屈な試合になるかもしれない。
     アンダーソンも調子を戻しつつあるみたいだが、クエリーにちょと分が在るかなぁ~。

     ナダル×ミュラー戦。
     ここまでのナダルは鬼強い感じだったが、芝のミュラーは要注意だろ!?
     ナダルが勝つと思っているが、ひょっとするかもしれない。

     チリッチ×バウチスタ・アグート戦。
     う~む、アグートにも勢いを感じるのだが、さすがに芝チリッチが勝つだろう。

     ラオニッチ×A・ズベレフ戦。
     芝のラオニッチは強いけどね、期待も込みでズベレフが勝つことを予想。
     まあ、その方が楽しいでしょ!?

     フェデラー×ディミトロフ戦。
     ディミトロフにはちょっと期待できるが、ここまでタフな相手とやってねぇ~じゃん!?
     まあフェデラーが勝つだろう。
     ただけっこう面白い試合になることは期待できる。

     ティエム×ベルディヒ戦。
     う~む、芝のティエムに期待していなかったが、とりあえずここまで来た。
     現状の勢いではティエムが有利かとも思えるが、芝のベルディヒはキツイ相手だろう。
     きっとベルディヒが勝つぞ! 

     ジョコヴィッチ×マナリノ戦。
     マナリノやるな!モンフィスに勝ったのね。
     ジョコヴィッチはグルビスに快勝した。
     ジョコヴィッチの調子は正直言って6割程度だろう。
     ただ、そのぐらいならもう4強以外には負けないけどね(笑)。
     当然ジョコヴィッチが勝つでしょうな。

     そんな感じで、ちょっとやる気に欠けるムダ予想でした。
     またね。


    楽曲発売中!!

    断ち切らないとね

     熱戦が続いているウィンブルドン。
     トップハーフの3回戦まで終わって、本日のボトムハーフの3回戦でベスト16が出揃い、いよいよ来週からのセカンドウィークに突入する。

     さて、とりあえず2回戦のムダな感想。
     杉田は惜しかったというか、マナリノの経験に敗れた感じである。
     第4セットで仕留めておかねばならなかったね。
     やっぱりグランドスラムの5セットマッチを勝ち切るのは難しい。
     
     デル・ポトロも敗れた。
     相手はかつてのトップ10選手グルビス。
     グルビスって面白い選手なんだよね。
     本日の3回戦はジョコヴィッチとだな。
     あの妙なフォアハンドのフォームが変わったという話だが、ジョコヴィッチ戦で確かめないとね。

     トップハーフはツォンガ×クエリー戦が終わっていないが、既に7人のセカンドウィーク進出者が決定している。
     で、錦織の3回戦はバウチスタ・アグートに敗れた。
     錦織もちょっと前までは、ビッグ4以外には負けない感じだったのだが、最近はある程度のトップ選手には普通に負けますな。
     まあアグートが良かったというのはある。
     しかし錦織は相変わらずメンタルの弱さを露呈した。
     ラケットを叩きつける、つまり道具にあたるというのはもちろん褒められない行為である。しかし、たとえばマラト・サフィンなどはラケットをしょっちゅう折る選手であったが、その後にはそれまでの悪い流れもラケットと共に(笑)粉砕するようなところもあり、その後引きずることはなかった。
     錦織はね、一度ブチ切れると、そのままどんどん落ちていくんだな。
     ネガティブな印象しかない。
     ラケットを叩きつけたのなら、立ち直らないとね。

     ナダルが絶好調。
     身体もキレキレな感じである。
     3回戦の対カチャノフ戦は、もうホント”容赦ない”感じだった。
     きっと準々決勝ではチリッチと対戦すると思われるが、チリッチもタフな相手をものともせず好調であり、注目である。

     おう、ツール・ド・フランスの中継が始まったな。
     本日の解説は狩野、野寺の両氏。私的には歓迎である。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック