塗っちゃえばイイ

     ギタリストにとって手指のケアは大事である。
     特に冬は大変だ。
     ところで私は基本的に手指が乾燥している。
     手汗というものをほとんどかかない。
     おかげで弦の寿命は長い気がするし、私はこれまでの約35年間、指板にオイルってモノを塗ったことがナイ。
     だって別に必要性を感じないから……。
     手指が乾燥していることはギターのメンテナンス的には有利だと思われる。
     ただね、私にもギターを弾いている時間以外の生活ってモノがある(笑)。
     日常生活においては、手指が乾燥していることでイイことなんて一つもナイぞ!!

     だから私にはハンドクリームが必需品である。
     真夏にも塗ると言ったら驚くだろうか!?
     頻度こそ落ちるけど真夏だって毎日ハンドクリームを塗る私である。

     ってなワケで、真冬の辛さは想像できるでしょ!?
     もうホントに暇さえあればハンドクリームを塗りたいくらい。
     極端な話、ボールにハンドクリームを満たして、そこに手を漬けておきたいぐらいだ(笑)。

     しかしだ、ギタリスト諸君はお判りだと思うが、ハンドクリームを塗った直後にギターは……、弾きづらいっていうか、弾けないよな!?
     ムダに滑る気もするし、逆にくっついてしまう感じも同時にあったりする。
     正直言ってハンドクリームはギタープレイの大敵である。
     だから私も以前はハンドクリームを塗るタイミングってのを熟慮していた。
     ギタープレイに支障が出ないタイミングで塗るようにしていたのだ。

     まあ若いうちはそれで良かった。 
     しかし私はもうジジイである。
     加齢とともに手指の乾燥度合いは更に進んだ。
     実際近年はハンドクリームを塗るのに「ギターを弾くタイミングを考慮」などしていられなくなった。
     だって日常生活で手が辛すぎるのよ。

     ってなワケで、今の私はギターを弾くタイミングなぞ全く考えずに、手指がクリームを欲していれば塗るようにしている。
     もうホント、これからギターを弾くぞって時でも迷わず塗るようになった。
     おかげでハンドクリームが減るんだけどさ、そのかわり手指の状態はかなり良くなった。
     そして、ハンドクリームを塗った直後にギターを弾くのも……、まあ…、アレだよ…、そのうち慣れるよ(笑)。

     つまり、もし私のように手指の乾燥に悩んでいるギタリストがいたら、あまり考えずにハンドクリームを積極的に塗った方が良いかもしれない。
     だって手指の状態がマトモでなければどうせ上手く弾けないし。
     実際私も「もっと早くからこうすれば良かった!!」と思っているのである。

     ところで、当ブログに忍者バリアーが出現したのに気付いた方もいるだろう。
     別に深い意味などナイ。単に粘着君を驚かそうとしただけである。
     どうせ別ホストで見ることも可能だろうから、大して効果なんかナイし…。
     見た目もイマイチだし、アクセス拒否ってのはやってる側も気分が良くないから、そのうちまた外すけどね。
     寂しがらせてスマンな、相棒(笑)。
     そのうちセッションでもするかね!?(爆笑)
     またね。


    楽曲発売中!!

    全米選手権アイスダンス

     フィギュアスケート全米選手権アイスダンス。
     近年アメリカのアイスダンスは非常にレベルが高い。
     今ではアイスダンス王国と言っても過言ではナイ。

     さて、アメリカには世界選手権で表彰台を狙えるカップルが3組いる。
     普通に考えるとその3組が上位となって世界選手権のアメリカ代表となるだろう。
     別にこれに文句はナイ。そのレベルから言えば当然である。
     ただ私にはその3組のほかに期待しているというか、非常に好きなカップルがいる。
     以前当ブログでも何度か話題にしたのだが、それはホワイエク/ベイカー組だ。
     男性のベイカーはとにかくエレガントである。
     何と言うか、それは“演技”ではなく持って生まれたモノという感じである。
     いつもその所作にうっとりしてしまうのだ。
     う~ん、50過ぎのオッサンがうっとりするというのも気持ち悪い話かもしれないが(笑)、機会があれば一度彼らの演技を観て欲しい。

     で、ホワイエク/ベイカー組はFDでの失敗もあり、結局5位だった。
     まあ失敗が無くても4位で代表には届かなかったろうが…。
     上位3組との年齢差もあまりナイので、今後も厳しいだろうけど、いつの日か彼らが世界選手権に出場することを願っている。

     そして上位3組の結果は…、シブタニ兄妹組の連覇となり、以下チョック/ベイツ組、ハベル/ダナヒュー組となった。
     この3組が世界選手権に出場する。
     
     う~む、それにしてもチョック/ベイツ組は惜しかった。
     FDは1位、非常に素晴らしい演技だった。
     FD終了後は彼らの逆転か!?という雰囲気だったのだけれど、SDのマージンでシブタニ兄妹組が逃げ切った。

     しかし今年のチョック/ベイツ組はSD、FDともに素晴らしいプログラムである。
     これまでは、まあベイツのノーブルさゆえにかクラシカルな雰囲気のプログラムが多くて、どうしても過去に観たような気がするプログラムが多かった。
     非常に安定はしていたが、良い意味で期待を裏切るようなところは無かった。

     でも今季は違う!!
     当ブログでも以前、SDでヒップホップをやっている組ではここが一番だと書いたが、このSDは何度でも観たいな。
     ちなみに振り付けはジェイソン・ブラウンで御馴染みのロヒーン・ワードである。何かとても納得してしまった。彼は天才だな。
     FDの「アンダープレッシャー」もリズミカルかつ攻撃的(?)な振り付けがとても良い。(振り付けはクリストファー・ディーン)
     意外と彼らはこういうのが得意なのかもしれない。
     遂に彼らは良い意味で期待を裏切ってくれた。世界選手権での活躍を期待している。

     今季も3位だったハベル/ダナヒュー組。
     ひょっとして今季こそ順位を上げられるかとの期待もあったが、FDでハベルが転倒してしまった。
     でも私はこの組のロングストロークのスケーティングが好きだし、マディソン・ハベルの顔はとても整っていると思う(笑)。
     別に彼女の顔はタイプではないが、私は彼女のことを「美人さん」と呼んでいる。
     どうでもイイことを書いたところで終わりたい。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ニューP.A.Fだな

     まあどうでもイイことかもしれないが…、結局新曲のギターは全て白カスタムでプレイした。
     このところ出番も少ないしね。
     黒カスタムとのデュオも考えたんだけど……、鬼ディレクターに、
    「全然違いが判らん!ワザワザ別のギターを使う意味が判らん!」
    とか言われそうだ。弾いてる本人にしか判らないってのもね。
     弾いてる本人だって後になって聴いてみたら、どっちがどっちか判らなくなることもあるくらいだし(笑)。

     で、今度の曲はブルースなのである。
     これまでブルースっぽいのは、「Cool Beats」ぐらいのものだし、私本来の゛守備範囲”ではナイ。
     とはいえ、既に完成されて発表を待っている2曲がポップ寄りの歌ものハード・ロックだから、傾向をガラッと変えたかったのよ。

     ってなワケで、早速友人の鬼ディレクターに聴いてもらった。
     まあボツにはならんだろ!?
     うん、OKだそうだ。
     とりあえず一安心。あとはミックスを詰めるだけである。
     またね。


    楽曲発売中!!

    クリーンだったら何を使う?

     新曲のドラムパートのMIDIデータはオーディオデータに変換された。
     本日はギターとベースの本録りをやるつもりである。
     が、しかし、どのギターを使うか決めていない、っていうか、決められない。
     クリーンサウンドなんだよね……。
     クリーンだったらストラトじゃねぇ!?
     確かにクリーンサウンドにストラトを使えば…、大きな失敗はナイだろう。

     ただね、今回ギターの仮録りにはSF-7000を使ったのね。
     別にそのイメージだったからではなく、とりあえず仮録りをした日に、タマタマSFを弾いていたってだけなんだけど……。

     そうしたら、ハムバッキングの落ち着いた感じも悪くないんだよね。
     だから何となく、最近登場機会の少ない白カスタムのクリーンもイイかなぁ~!?とか思ったりしている。

     友人の鬼ディレクターに相談しようかとも思ったのだが、
    「どうせどのギターでも同じ音だろ!?」
    と言われそうなのでヤメタ。
     イヤ、“どのギターでも同じ音”ってのは、彼によれば誉め言葉のつもりらしいのだが(笑)。
     
     他人からすれば゛勝手にせいよっ!!”という話だな。
     でもこれは日記なのである。
     何を書いてもイイのである。
     と、ムダに開き直ったところで、基礎練習でもしながら悩むとする。
     またね。


    楽曲発売中!!

    決まりですがな

     う~む、チェルシーが勝ったか……。
     もうほとんどプレミアは決まりですな。
     開幕前に当ブログでは、ペップとモウリーニョは失敗するけど、コンテはソコソコやるのではないか!?とムダに予想した。
     本音を言うとモウリーニョに関しては予想がハズレて欲しかったのだが(笑)。
     っていうか、コンテに関してはソコソコどころではナイ。
     もう大成功である。
     流石に戦術オタク(笑)のイタリア人である。

     ってなワケで、優勝は決まったので(笑)、今後の興味はべらぼうなギャラを貰っているペップとモウリーニョは、果たして何位だったら解任されないのか!?というところである。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームペーは現在、リニューアル準備中!
    再開までしばしお待ちを!! 




    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック