競った試合が無かったりして

     ローランギャロス準々決勝。
     冷静に考えるとベスト8だってのに競った試合が無かったね。
     
     ナダル×カレーノ・ブスタ戦。
     カレーノ君途中棄権。初のグランドスラムベスト8だったから、最後までやらせてあげたかった。
     まあ勝敗は言うまでもないけど……。

     ジョコヴィッチ×ティエム戦。
     ムダに私が言った通り、ジョコヴィッチはフィジカルが全然ですな。っていうか、やる気も感じませんでしたな。
     ティエムはローマの雪辱を果たしましたな。
     大会のグレードで言えば倍返しですな。
     
     ワウリンカ×チリッチ戦。
     ワウリンカ強すぎ!
     まあクレーコートだし優位だとは思っていたが、ワウリンカはホントにグランドスラムだとスイッチの入り方が違う。
     でもちょっとメリハリ付け過ぎ!?(笑)

     マレー×錦織戦。
     実は友人とつまらん予想をしていた。
     二人の意見は一致していて、
    「ファーストセットは錦織が獲り、その後マレーが逆転してマレー3-1錦織。」
     結果はその通りになった。
     錦織は出だしが素晴らしかった。
     ただし、その流れを継続できない。
     う~む、何度見た光景だ!?
     錦織ファンの気持ちを逆撫でしてしまうかもしれないが、昨日のマレー戦で確信した。
     錦織にグランドスラムは無理だろ、やっぱり!?
     技術は大したものだが、それを生かすフィジカルとメンタルが圧倒的に不足している。
     特にメンタルはね。
     まあ変なオッサンに言われたくないだろうけど。

     ってなワケで、準決勝は金曜日。
     マレー×ワウリンカ、ナダル×ティエム。
     マレーがここまで残るとはあまり思わなかったのだが、それ以外の3人はほとんど予想通りか!?

     ナダル×ティエム戦が事実上の決勝戦という意見もあるだろう。
     ただ、こういう時のワウリンカってのは非常に怖い(笑)。

     さて、ムダにオッサンが考える優勝確率を発表しておく。
     ナダル50%、ワウリンカ25%、ティエム20%、マレー5%ってなところか。
     またね。


    楽曲発売中!!

    4試合も観れねえし

     ローランギャロスのボトムハーフ準々決勝は雨で順延。
     本日準々決勝4試合全てが行われることになった。
     う~む、楽しいような困ったような……。
     だってクレーコートの5セットマッチ4試合を一日で観られるワケがナイだろ!?
     勝敗が一番見えているナダル×カレーノ・ブスタは捨てるか?
     
     ってなワケで、マレー×錦織戦、
     マレーの調子はどうなのか?
     これが2週間前だったら、「錦織勝つんじゃねぇ!?」と書いたところだが、マレーの調子も徐々に上がってきている。
     そうだな、錦織の勝つ確率は3割ぐらいかね。
     お互い調子がイマイチだけに何とも予想しづらいが……。
     もっとも、互いに好調だったら「マレーが勝つ!」と、ほぼ断言できるけどね。

     ワウリンカ×チリッチ戦は、クレーコートなんだからワウリンカの勝ちは堅そう。
     しかし何だかんだで、結局1~4シードが準決勝に残る確率は高い。
     だからこそティエムには頑張って欲しい。
     モンテカルロ以降、ナダルに勝ったのはティエムだけだから、彼ならセットぐらいは獲れるんじゃない(笑)。 
     またね。


    楽曲発売中!!

    誰がナダルからセットを奪うのか?

     ローランギャロスもベスト8が出揃いましたな。
     波乱が多かったような気がしていたのだが、実は8人中7人のトップ8シード選手が残っていて、かなり順当な結果に収まっている。
     唯一シードダウンしたのはラオニッチで、今季は怪我がちだったし、クレーコートということを考えれば、それほど驚きではナイ。
     
     で、本日はボトムハーフの2試合がもうすぐ始まる。

     ナダル×カレーノ・ブスタ。
     まあナダル勝つだろ!?
     今大会に関しては、誰がナダルに勝つのか?というよりも、誰がナダルからセットを奪えるか!?というレベルかも。

     ジョコヴィッチ×ティエム。
     ジョコヴィッチは4回戦のラモス・ビノラス戦で、序盤はイマイチだったが結局はストレート勝ち。徐々に良くはなってきている。
     ティエムはここまで全てストレート勝ち。期待通りの活躍である。
     直近の対戦のローマ大会ではほとんど”公開処刑”状態でジョコヴィッチに敗れたが、今度はそうならない気がしている。
     っていうか、開幕時の私の予想では、ジョコヴィッチがそろそろ負けるはずなので(笑)、その相手がティエムであって欲しいとか考えている。
     ってなワケで、ボトムハーフの準決勝はナダル×ティエムになるとムダに予想。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ドキドキなんだな、どっちも

     イヤしかし、ナダルが強すぎて笑うな。
     ”退屈なナダル”が完全に戻ってきたな。
     
     とか書いたが本日はテニスの話がメインではナイ。
     新曲が完成しましたな。
     指弾きオンリーのインストなんだけどね。
     今回は最初にギターを創ってしまった。
     元々”仮録り”のつもりで始めたのだが、思ったよりイイ感じになったので、それを本録りにして、ギターに合わせてドラムを打ち込んでいった。
     テンポもギターに合わせてしまったよ。
     そして最後にベースを録った。
     
     結果が良ければ経過はどうでもイイ。
     だって、皆さんが耳にするのは”結果”だけだもの。

     ってなワケで、途中経過を聴かせぬままに、完成してから初めて友人の鬼ディレクターに聴いてもらった。
     新たに買ったヘッドフォンSound Warrior SW-HP10sでね。

    「これが例のヘッドフォンか。ホント装着感が軽いな!」
     まあヘッドフォンの感想が欲しいのではナイ(笑)。
    「ふ~ん、ちょっとジャズっぽいのね。イイんじゃない!?」

     ホッとした。
     どうやら作品として認めてもらえたようである。
     しかしホント、人に最初に聴かせるのドキドキである。
     自分が致命的な勘違いをしているのでは!?とか思ってしまうものだ。
     そんなことを鬼ディレクターに言ったら、
    「でもな、俺も実はドキドキなんだよ。お前にキツイことを言う羽目になるかもしれないってさ。そうしなくていい時は、俺もホッとするんだよ。」
     まあそうなんだろうな。感謝してます、ハイ。

     さて、北海道の友人にも感想を求めた。
    「ジャズっぽく聴こえる~♪(ジャズ知らないけど…(笑)。」(原文のまま)
     気にするな、俺もジャズは判らん(笑)。
     ジャズを判っている人からすれば「何じゃこりゃ!?」
     という曲かもしれないな(笑)。
     でもまあ、ジャンルなんてどうでもイイのよ。
     聴いた人が少しでもハッピーになれれば。
     またね。


    楽曲発売中!!

    持ってないのか!?

     ローランギャロスも本日でベスト16が出揃う。
     しかしいつものことだがパリの観客は酷い!

     で、ここまでで残念ながら負けてしまった主な選手は?
     やはりズベレフ。
     マスターズを獲り、このまま勢いに乗るかと思われたが1回戦負け。
     もっとも敗れた相手は元トップ10のベルダスコ。
     ズベレフには蓄積疲労もあったろうし、ベルダスコに負けたとしてもそれほど驚きはナイのだけど……。
     キリオスもアンダーソンに敗れた。
     キリオス、クレーコートは走らねばならないので好きじゃないらしい(笑)。
     相手もアンダーソンということで、まあこんなもんか!?

     ベルディヒがひっそりと負けているのはいつものこととして、っていうか、ベルディヒは勝ち進んでいる時も”いたの!?”という感じだが。
     
     ゴファンのアクシデントによる怪我でリタイヤは非常に残念。
     今季は躍進の予感も在っただけに、う~ん、彼は”持っていない”のか?

     ナダルが強すぎて笑うな。
     っていうか、ナダルが強すぎる時は非常に退屈な試合になるよね。
     だってほとんどゲームにならないんだもん。
     
     ジョコヴィッチは3回戦のシュワルツマン戦でフルセットの苦戦。
     ジョコヴィッチって変な体勢になっても、軸がしっかりしていて強いショットが打てるのだが、この試合ではしばしば、無理な姿勢からはやっぱ無理じゃん!というヘボいショットがありましたな。
     まだフィジカルが戻っていませんな。
     このままではティエムに今度こそ負けるのではなかろうか!?

     ってなワケで、本日はトップハーフの3回戦。
     マレー(相手はデル・ポトロだ!)、ワウリンカ、錦織らが登場する。
     もうすぐ始まるな。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!





    既発表曲はこちらで視聴できます!
    OKmusic
    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック