FC2ブログ

    更新ならず

     みなさん、こんにちは。
     既にニュースなどで結果はご存知の方が多いと思いますが、第69期大阪王将杯王将戦挑戦者決定リーグ最終戦、挑戦者決定局となった広瀬章人竜王×藤井聡太七段戦は広瀬竜王が勝利し、5勝1敗として王将戦の挑戦者になりました。
     この結果、藤井聡太七段のタイトル挑戦最年少記録は無くなりました。
     とは言え、藤井七段は強豪が集う王将リーグで、敗れたのは序列1位と2位である広瀬竜王、豊島名人であり、他の四人のA級勢にはほぼ完勝という内容。
     私のリーグ開幕前の”2勝”という予想はまったくお恥ずかしい限りで、来期の王将リーグ残留を見事に決めてみました。
     ちなみに一応”広瀬挑戦”という私の予想は中ったんですけど。
     別に偉くないですけどね。
     広瀬竜王が挑戦者になったのは勝負事ですから仕方がないことです。
     しかし藤井七段が挑戦者になれなかったせいで、大金を掴み損なった方々が相当数いるのでしょうね。
     残念な気持ちは判りますが、間違っても「広瀬空気読めよ!」などということは思わないで欲しいものです。
     それは藤井七段に対しても失礼ですからね。
     とにかくこの王将リーグの経験は藤井七段にとって大きなものとなったことでしょう。
     最年少記録こそ逃しましたが、挑戦者になるのは時間の問題だと思います。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    新記録なるか!?

     みなさん、こんにちは。
     ATPファイナルズ、フェデラーはせっかくジョコヴィッチに勝ったのにセミファイナルでチチパスに負けてしまいましたね。
     ジョコヴィッチ戦の調子は見る影もなく、フォアハンドが酷いものでした。
     流石に世代交代は進んでいるのですね。
     さて、話は変わって第69期大阪王将杯王将戦。
     藤井聡太七段が初めて挑戦者決定リーグへと進み、しかもリーグ戦の相手が全てA級棋士という大変注目すべき棋戦。
     私はリーグ開幕前、藤井七段は6局中2勝ぐらいだろうと予想しました。
     しかしです、藤井七段には謝らなくてはいけませんね。
     藤井七段は最終戦を残した状態で4勝1敗。(負けた相手は豊島名人)
     リーグ残留どころか最終戦は広瀬章人竜王と4勝1敗同士の”挑戦者決定戦”となりました。
     今年の夏ぐらいまでは、藤井七段の実力は順位戦で言うとB級1組相当ではないか?という声が多かったのですが、さすがにまだ伸びしろのある17歳。
     この王将リーグの成績を考えるともうその実力は”A級相当”と考えるのが妥当なのでしょう。
     注目の”挑戦者決定戦”は今週の火曜日。
     実際可能性は五分でしょう。
     竜王戦で豊島名人にカド番に追い込まれている広瀬竜王が意地を見せるのか?
     藤井七段の方がプレッシャーは少ないような気がします。


    楽曲発売中!!

    もう観られない

     みなさん、こんにちは。
     今年のウィンブルドンの決勝。
     フェデラーがジョコヴィッチ相手に、自分のサービスゲームでの二つのマッチポイントを獲ることができず、その結果敗れてしまった時に、
    「フェデラーがジョコヴィッチに勝つことはもう無いだろう」
    と私は思いました。
     きっとほとんどのテニスファンもそう思ったことでしょう。
     何と言っても二人の年齢差は6。
     6と言っても、24歳と30歳ではなく32歳と38歳なのである。
     そもそも38歳で未だにトッププレーヤーであり続けること自体が驚異的なのですから。

     そして昨日、ATPファイナルズのGroup BJORN BORG のラウンドロビン最終戦。
     フェデラーとジョコヴィッチはセミファイナル進出を懸けて対戦しました。
     正直、私はジョコヴィッチが勝つと思っていましたし、録画するのもやめようかと思っていました。
     でも録画しておいて良かったですね。
     もう二度と観られないと思っていたフェデラーのジョコヴィッチ戦での勝利が観られたのですから。
     

    楽曲発売中!!

    使い倒している

     みなさん、こんにちは。
     GermanMAESTROの正規代理店であるスタジオジータさんの販売サイト。
     やはり主力商品であるはずのGMP8.35Dは”SOLD OUT”の表示のままです。
     この機種を売らないでどうするの?という感じなのですが、このまま他機種の在庫が売れたらそのまま終了なのでしょうか?
     終了ならそれはそれで、新たにやる気のある代理店に替わってくれることを切に希望する私です。
     ってなワケで、今回もまたヘッドフォンの話です。
     GermanMAESTRO GMP450 PROを入手した時に、
    「もうヘッドフォンはこれ以上要らない!」
    などとヌカした私ではありますが、僅か約三か月後にGMP250という同社の機種を買ってしまった私。
     禁を破った罪滅ぼしではありませんが、そのGMP250を使い倒しています。
     家に居る時は基本この機種がメインとなっております。
     もちろんメインで使い続けているのは、別に禁を破った自分に苦行を課しているワケではなく、それなりに気に入っているからです。
     うん、ベストではないけどね。
     正直言うと同社のGMP8.35DやGMP450 PROの方が良いヘッドフォンです。
     さて、じゃあこのGMP250はどんなもんなのよ!?ということをムダに詳しく書いていくのです。
     例によってきっと誰の役にも立たないでしょうが……。

     購入後、やや経過してからもこのヘッドフォンにつて書いていますので繰り返しになる部分もあると思いますが……。
     デザインについてはモノとして美しく見せるとか、所有欲を満たすモノであるとか、そういう考えは一切無いと思われます。
     装着感と音質に”全振り”されたデザインなのでしょう。
     装着感に関してはとにかく”軽い”の一言です。
     ハウジング部分のカルダマチックサスペンションという構造により、個々のユーザーの頭の形や大きさに巧いことフィットするようになっています。
     これによりヘッドフォンを着けていることへのストレスは皆無です。
     側圧はかなり緩めで、締め付けによる物理的な耳の痛みは何時間着けていても無いです。
     ただしこの側圧はちょっと緩すぎるかもしれません。
     通常の上半身が起き上がっている姿勢であればそれほど問題ではありませんが、寝転がったりするとズレやすいです。
     ケーブルは両出しでカールされています。
     このケーブルの品質については他ブランドの普及価格帯ヘッドフォンの中ではかなりしっかりしている方だと思います。
     ただし、ヘッドフォン本体が非常に軽いことと比べると、このカール部分が重たく感じられて煩わしく思うこともあります。

     音質は中高音域に透明感のある明るい音色です。
     解像度は非常に高く音場もやや広めです。
     一応このヘッドフォンはメーカーに因れば”ロック向け”となっているようですが一般的な所謂ロック向けのヘッドフォンに比べると低音は弱いと思います。
     しかし音量少なめの低音ですが、他の音域にまったく被ることなくよく通って聴こえてきます。ここがちょっとこのブランドの特徴的なところで、けっこうクセになります。
     
     たとえば私が所有する他のヘッドフォン、ベイヤーDT770 PRO 80などと比べると、ロック系のソースであれば”迫力不足”に感じるかもしれません。
     しかし試しにクラシックを聴いてみたら、GMP250は完璧に近いバランスでした。
     そして同じソースをベイヤーDT770で聴いたら低音過多でしたわ。
     GMP250はフラットなんでしょうね。
     っていうか、世の中のヘッドフォンの多くは低音が盛られていますね。
     音楽は楽しまなければ意味が無いので、それが決して悪いことだとは思いませんけど。

     結論としてはこれを言ったらお仕舞いかもしれませんが(笑)、GMP250は同社のフラッグシップ機、GMP450 PROのよくできた”下位互換”であると思います。
     じゃあ別にお前そのヘッドフォン要らなかったんじゃねぇ!?という意見は全くその通りです(笑)。
     しかしです。個人的事情によりやはりこのヘッドフォンは必要だった言わざるを得ないのですよ。
     何故か?
     イヤね、GMP450 PROって音が良すぎて、それに浸っていると何だかアッチの世界に行っちゃいそうになるんですよ。
    「ウワッ、やべぇ~!」みたいな。
     またこのオッサンはワケ判らないことを言い出しましたね。
     私が正気を保っているためにはGMP450 PRO以外のヘッドフォンも必要なのです。
     まあ正気と言っても知れてますけど。
     ってなワケで、現在の日本市場ではGMP250を適正価格で入手するのは難しいので紹介しても意味ねぇ~じゃん!という感じなのですが、GMP450 PROなら入手可能ですよ。
     それなりに高価(4万円程度)ですので覚悟が必要であり、私も責任は取りませんけど。


    楽曲発売中!!

    契約終了!?

     みなさん、こんにちは。
     更新頻度が激減しております。
     とはいえ相変わらず元気にはしています。
     ところでノートパソコンの調子がこのところイマイチです。
     バッテリーがダメになっているのかもしれません。
     電源アダプターに繋いでおいても充電ができていなかったり、使用中アダプターに繋いでいるのにどんどん放電して突然電源が落ちたりします。
     使用期間は二年半を過ぎ、自分的には買い換えてもイイかなぁ~!?とか考えています。
     多分、ASUSはもう買いません。
     マザーボードブランドとしては信用していますけどね。

     さて、話は変わって私が愛するヘッドフォンブランド、ジャーマンマエストロの正規代理店であるスタジオジータさんの販売サイト。
     以前、そこで取り扱いのある4機種のうちで私の持っていない唯一の機種、GMP435Sが“SOLD OUT”の表示になりそのままであることをお伝えしました。
     そして最近、このブランドの主力商品であり私の大のお気に入りであるGMP8.35Dにも同様の表示が……。
     もし今後も、例えば今月中ずっとこの表示が変わらないとすれば、……つまり代理店契約終了なのでしょう。
     一年で終わりかよ!?
     何だかなぁ~!?
     でも2機種がSOLD OUTということは、ジャーマンマエストロを買った人が確実に存在するということではあります。
     同志の皆さん、このブランドを盛り上げて行きましょう!
     だって実際に手にすれば気に入っているでしょ!?
     そうでも無かったりして(笑)。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック