圧勝でしたな

     ATPマスターズ1000上海大会決勝。
     前回、私はナダルが勝つのでは!?と書いたが……。
     フェデラーの圧勝でしたな。
     うん、ナダル勝利の可能性は1ミリもありませんでしたな。
     
     高速ハードコートであること。イヤ、普通に観ていて判るけど、ホント上海は球足が速い。
     雨が降って屋根が閉まって”インドア”になったこと。
     インドアハードはフェデラーが最も得意とするところだ。
     その上、この試合のフェデラーはファーストサーブの確率が70%近かった。
     フェデラーはファーストが60%を超える試合ではほとんど負けないのよ。
     70%を超えて負けた試合ってのも、確かジョコヴィッチ相手で一度あったけどね。
     さらに、フェデラーのバックハンドが切れていたこと。
     かつてナダルが有効なフェデラー対策としていた、バックサイドへの配球が全く通用しませんでしたな。
     もっとも、これは今シーズン通しての傾向なのだが。

     ってなワケで、フェデラーは今シーズンのマスターズ3勝目。
     マスターズ通算では27回目となる。
     27回って凄いよね!?と感じるのが普通だが、ナダルとジョコヴィッチは30回である(笑)。

     これでフェデラーは対ナダル戦5連勝。
     かつてはダブルスコアで負けていた対戦成績もけっこう戻してきた。(15-23)
     最終的に追いつくのは無理だろうが、キャリア晩年に5歳下のナダルを捲るとはちょっと予想できませんでしたな。

     さて、ツアーファイナルズの出場者も4人(ナダル、フェデラー、ズベレフ、ティエム)が決定し、当落線上にいる選手が出場できる主要な大会は500大会とマスターズが一つずつ。
     チリッチとディミトロフはまず大丈夫だろうが、あと二人はどうなるか!?
     ゴファン、カレーノ・ブスタ、クエリー、アンダーソン、が現在のところの上位。
     可能性は低いが、デル・ポトロの一発逆転にもちょっと期待する。
     だってインドアハードでジョコヴィッチがいない今シーズン、フェデラーに勝てそうなのはデル・ポトロだけじゃん!?
     またね。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    ナダル寄りかも!?

     ATPマスターズ1000上海大会準決勝。
    いずれの試合も見応えがありましたな。
     ナダル×チリッチ戦はやはり格上のナダルが勝ったが、チリッチも現在では確実にビッグ4に次ぐ存在だとアピールできた。
     うん、以前より粘り強くなったよね。

     フェデラー×デル・ポトロ戦も凄かった。
     高速ハードだともの凄いことになるな。
     序盤に見せたデル・ポトロのミサイル・フォアハンド。
     フェデラーの速い展開を一発でぶち破る破壊力は驚きですな。
     結局、最終的にはフェデラーがプレイの多彩さで上回ったが……。

     ってなワケで、明日の(っていうか、もう今日ね)決勝はナダル×フェデラーのワン・ツー対決。
     フェデラーの4連勝中であるし、高速ハードということもありフェデラー有利か!?
     とはいえ、夏以降の二人の勢いを考えるとほぼ五分か、ややナダル寄りかなぁ~と考えている。
     一体今年は何年だよ!?という声もあろうが、既に全豪の時からこうなのよ。
     とにかく楽しみである。
     またね。


    楽曲発売中!!

    センスじゃ勝てない

     新曲を鬼ディレクターに聴かせた。
     うん、晴れてこれが最終ヴァージョンとなった。
     ただね、散々歌詞に苦労したワケだが、鬼ディレクターは、
    「この曲は演奏がとても好きだ!」
     もちろんこれはお褒めの言葉なのだろうが、歌詞については別にどうでもイイみたいだ(笑)。
     とりあえず歌詞が足を引っ張らないレベルになるのを望んでいたようね!?

     ってなワケで、ATPマスターズ1000上海大会もベスト4が出揃った。
     カードはナダル×チリッチ、フェデラー×デル・ポトロ。
     うむ、このところ上位陣の欠場が相次ぎ、ラウンドが進んでも

    ”ATP250か!?”

     ということも少なくなかったが、今大会に関してはまずまずマスターズらしい勝ち残りである。
     ナダルが好調であるが、果たして苦手の高速ハードでの優勝はあるか!?
     ちなみにビッグ4ではナダルだけ上海マスターズの優勝が無い。

     ところで、フェデラーは3回戦でドルゴポロフ、ベスト8ではガスケと対戦した。
     ドルゴポロフとガスケはテニス・センスが素晴らしいと思う。
     だからこの二人がフェデラーと対戦すると、結果はともかく(笑)、その試合内容はとても面白かったりする。
     ただし、いつも思うのだが、

    「天才が大天才に負ける!」

    という感じに見えてしまう。
     センスが持ち味の選手でも、フェデラー相手にセンスで勝負してもダメなのね。
     ナダルやジョコヴィッチがフェデラーに勝てるのは、センスで勝負しているワケではない。
     フィジカルやメンタルなのだな。
     またね。


    楽曲発売中!!

    希望

     全米オープンテニス決勝。
     先日、”結果は判らんぞ!”とか一応書いてみた私だが、やはり大方の予想通りナダルのグランドスラム16回目、全米では3回目の優勝で幕を閉じた。
     おめでとう、ナダル!!
     去年の今頃には、まさか今年のグランドスラムの勝者が、
    ”フェデナダフェデナダ”
    になることを予想した人なんていないだろう。

     試合結果はナダルのストレートでの完勝。
     とはいえ、それほど凡戦という感じではなかった。
     うん、アンダーソンはそれなりに頑張った。
     以前の”ヘタレーソン”ではなかったと思う。
     それよりもナダルのクレバーさが光った試合だった。
     かつてのように、フィジカルで相手を押しつぶすような退屈な内容ではなく、リターン・ポジションを細かく変えたり、機を見てネットに出るなどして、非常に戦術も練られていた。

     私は数年前にナダルが言った言葉で非常に印象に残っているモノが在る。
     何故テニスを続けられるのか?という質問に対して応えたモノだが、
    「そこに希望が在るから!」
     う~ん、テニスでほとんど全てを勝ち取ったナダルでも、まだ希望が在るんだ!?と感心したのよ。
     まあ、何事も希望が無いと続けるのは難しいよね。

     ってな感じで、アホなオッサンの私でも、そこに希望が在るからギターを弾き続けるとか言ってみる(笑)。
     またね。


    楽曲発売中!!

    人が変わったようだ

     全米オープンテニス準決勝。
     遂に決勝進出者が決まった。
     先ずカレーノ・ブスタ×アンダーソン戦。
     アンダーソンと言えば、テニス・ファンの間では、
    「豆腐メンタル」と言われ続け、その身体能力に見合わないショボいメンタルが指摘されていた。
     これまでも何度となく肝心なところで”やっちまう”選手であった。
     しかし、最近はメンタル・トレーナーを雇ったそうである。
     その影響なのか、これまでは感情をほとんど表に顕すことは無かった印象なのだが、今大会はポイントを獲るたびにガッツポーズをしている。
     とあるコメンテーターに因れば、
    「あんなにガッツポーズをしていたら、それだけで体力を消耗してしまう!」(笑)

     ってなワケで、今大会ではこれまでのメンタルの弱さをあまり感じない。
     準々決勝のクエリー戦、そしてこのカレーノ・ブスタ戦ともに、非常に集中力が高く、素晴らしい戦いぶりであった。
     その身体能力に見合ったメンタルを手に入れたのかもしれない。
     ボトムハーフはスカスカのドローだと言われているが、アンダーソンの戦いぶりはグランドスラム・ファイナル進出者に相応しいものだと言える。

     そして注目のナダル×デル・ポトロ戦。
     ファーストセットはデル・ポトロが押し切った。
     しかし、それ以降はナダルの独壇場であった。
     う~ん、大舞台のナダルはやっぱり強いな。

     決勝は中一日でナダル×アンダーソン。
     以前のアンダーソンだったら、全くのノーチャンスだったと思う。
     私も”100%ナダルが勝つ!”と断言しただろう。
     でも、今のアンダーソンだと判らんぞ!?
     クエリー戦、カレーノ・ブスタ戦のような戦い方ができれば、いかにナダルでも相当苦労しそうである。
     そもそもナダルはビッグ4の中では最もビッグ・サーバーを苦手としているしね。
     対戦成績はナダルの4-0だが、あまり参考にはならないかも。
     っていうか、まあ良い試合を期待しよう。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック