思い出したから

     先日メインマシンをWin10にしたワケだが、インテルのチップセットドライバのインストール方法を思い出したのでムダに書いておく。
     別に誰かの役に立つとか思っているワケではなく、備忘録的な感じである。

     先ずマザーボード付属のドライバDVDからインストールを試す。
     しかしオートランが働かない。
     それでオートランの実行ファイルを直接クリックしてみると、実行できないとのメッセージが出る。
     とりあえずドライバDVDは諦め、次にインテルのサイトでドライバインストールユーティリティーをダウンロード。
     実行してみるも不明なエラーというメッセージが出る。
     一応これを3回ぐらい試した。

     ムダに時間を使いそうなので、とりあえず別のソフトをインストールしていたら、はたと閃いた。
     まあ閃いたと言うよりは気づいたと言うべきか!?
     マザーボード付属のドライバDVDをもう一度セットし、ディスクのフォルダを開く。
     その中のインテルチップセットドライバ・フォルダ内のsetup.exeをクリック。
     インストール・プログラムが開始されて完了のメッセージが出た。

     デバイスマネージャーで確認するとこれまでの汎用ドライバではなく、”インテル5ファミリーチップセット”に表示が変わっていたというワケ。
     ちなみにパフォーマンスが向上したかというと微妙だが、別に変な挙動はしていないので大丈夫だと思われる。
     決してこれが最善手と言うわけではナイかもしれないが、次善手ぐらいではあるんじゃない!?

     思い出したついでに相方のPCも確認してみた。
     こちらのPCも私の自作機であり、メインマシンの約3年前に組んだモノである。
     だからチップセットは更に古くP35である。
     デバイスマネージャーで確認してみると、やはり汎用ドライバのようである。
     そこで、私のPCと同様にマザーボード付属のドライバDVDをセット。
     私のより古いのだから、もちろんオートランは働かない。
     で、インテルチップセットドライバ・フォルダ内のsetup.exeをクリック。
     私のPCと同じようにプログラムが起動し完了のメッセージが出る。
     デバイスマネージャーで確認するとインテル3ファミリーチップセットとの表示になった。
     ちなみに相方のPCはパフォーマンスが向上した…、かも……、しれない。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ATPツアーファイナルズ

     ATPツアーファイナルズが開幕した。
     当然かもしれないが今年は錦織が出場していないので、世間では今一つ話題になっていませんな。
     でもまあ2014年以前に戻ったと考えれば何のことはナイ。
     このツアーファイナルズ。
     その年のランキング上位8人が出場できる。
     そして4人ずつに分かれてそれぞれ総当たりリーグ戦を行い、上位2名がトーナメント形式のセミファイナルに進出するという仕組みである。
     上位選手しか出場できないということはもちろん、他には無いリーグ戦があるというところが面白い。
     ちなみにリーグ戦を”ラウンドロビン”という。

     で、このラウンドロビン。
     ある意味とても良くできている。
     3連勝と3連敗なら無条件でそれぞれ、セミファイナル進出、敗退なのは当然だが、たとえば2勝1敗でも3位になってしまうことがあるし、1勝2敗でも2位になれる可能性がある。
     だからラウンドロビン最終戦まで誰が進出するのか決まらないことも多い。

     さて、二つのグループ。
     最近はレジェンドの名前を使うパターンになっていますな。
     Groupピート・サンプラスが、ナダル、ティエム、ディミトロフ、ゴファン。
     Groupボリス・ベッカーがフェデラー、ズベレフ、チリッチ、ソック。

     既に初日のGroupボリス・ベッカーの試合は終わっている。
     フェデラー×ソックはフェデラーのストレート勝ち。
     まあほとんど予想通りの結果だが(笑)、ソックにはけっこう期待している。
     案外残り2試合でかき回すかもしれない。
     ズベレフ×チリッチはフルセットの末ズベレフが勝った。
     セカンドセット以降はチリッチの流れであって、私の予想通りチリッチが勝つと思ったのだが、ズベレフが最後は粘り勝ち。
     
     ただし、まあ極東のオッサンが何を言っても意味はナイけど、私はズベレフのプレーに面白味を感じない。
     何と言うか、あまり戦術を感じないんだよね。
     身体能力でプレーしているだけと言うか、メリハリがナイというか……。
     全くプレースタイルが違うから「何言ってんだよ!このオッサン!」と感じる方もいるかもしれないが、ちょっと若い頃のナダルの試合とイメージが被る。
     何か退屈なのよ。
     ちなみにこのグループ、私のセミファイナル進出予想はフェデラーとチリッチだったのだが、チリッチが初戦で負けてしまったのでどうよ!?

     もう一つのGroupピート・サンプラス。
     こちらは本日が初戦でティエム×ディミトロフ、ナダル×ゴファン戦が行われる。
     ナダルの膝の調子が大丈夫なら、ナダルの進出は間違いないだろうし、ハードコートでてんでダメなティエムの進出はナイと思われる。
     となるともう一人はディミトロフかな!?
     ただし個人的にはゴファンに頑張ってもらいたい。
     以前某掲示板で、ゴファンのルックスについて”森の妖精にしか見えない!”というのを見かけて、とてもツボにハマった私である。
     アンタ、森の妖精に会ったことあるんかい!というツッコミは置いておいて、そういう豊かな(?)発想力は嫌いではナイ。
     森じゃなくてインドアハードコートだから力が発揮できないかもしれないが、とにかくゴファンには頑張っていただきたい。
     またね。


    楽曲発売中!!

    環境再構築その2

     さて、Win10導入の続きである。
     メインマシンの役割は、DAW、ウェブ閲覧、ワープロ、メール送受信。
     最近はゲームをほとんどやらなくなったので、この四つができればまあOK。
     
     ところで、先ずやっておきたいのはチップセットドライバのインストールである。
     しかしながら、マザーボード付属のドライバDVDが起動しない。
     まあマザーボードが7年ぐらい前のモデルだから、基本的にはWin7対応なのである。
     仕方がないので、製造元であるギガバイトのサイトにアクセス。
     う~む、想像していたがWin10対応のドライバはナイ。
     チップセットのベンダーであるインテルのサイトにもアクセスしてみた。
     こちらもダメ。P55なんてチップセットは既にレガシーなのね。
     一応Win8対応のモノならあったので、後で試すことにする。

     さて、ウェブ・ブラウザである。
     ここは当然クロームだろ!?
     Vista時代も使っていたが、最新ヴァージョンはインストールさせてもらえなかった(笑)。
     やっと使えるのである。別に待望していたワケじゃないが。

     で、次はワープロ。
     一太郎もそうだがATOKが使いたいのね。
     ノートパソコンではIMEをそのまま使っているが、やっぱりATOKが使えるのならそうしたい。
     まあ最近ではATOKもIMEに対するアドヴァンテージは小さいが。

     しかしここでATOKにおける”愉快な”現象に遭遇。
     クロームブラウザで検索をするとしよう。
     検索窓に文字入力する時に英語から日本語に切り替えるために半角/全角キーを押すとだな……、
     何とクロームが閉じてしまう(笑)。
     もちろん、IME使用時にはそんなことはナイ。
     きっとATOKの問題なのだろう。
     ヴァージョンが2008なので仕方がナイかも。
     とりあえず追々解決するとしよう。
     当座クロームを使う時には、IMEに切り替えることにする。

     で、DAWである。
     これができなきゃ意味が無い。
     心配していたのはDAWそのものよりもオーディオインターフェースなんだけどね。
     実を言うとローランドのオーディオインターフェース、Win10セットアップ時に自動でドライバがインストールされて正常動作しているとなっている。
     う~む、このインターフェースは自動でインストールされたドライバでマトモに動いたことなんてナイぞ!
     そんなにWin10は気が利いているのか?

     半信半疑のままDAWをインストール。
     ディスク4枚だから大変だが、特に問題も無くインストールが完了した。
     さて、本当にうまく動作するのか?
     DAWを起動して以前制作したファイルをロードする。
     う~ん、使っているプラグインが一つ見つからないと言われたが、よくあることなので(笑)とりあえず無視して、再生してみる。

     音出ませんわ(笑)。
     ある意味予想通りなのだが、DAWがインターフェースを認識していないようだ。
     やっぱり自動インストールされたドライバではインターフェースはダメなようである。
     普通にウインドウズの起動音とかは出ているんだけどね。

     これは笑って済ませる事態ではないので、早速ウェブで検索をした。
     いましたよ!私とほぼ同じ現象の方が。
     そして有難いことに解決策も書いてありましたな。プロの作曲家の方ですな。
     感謝しながらその方法を試したら、多分Win8用のドライバだと思われるが、無事インストールに成功。
     そしてDAWを起動して先ほどと同じファイルを再生したところ、今度はめでたく音が出ました!!
     情報を書いてくれた方、ありがとうございます。

     更に、最初にプラグインが見つからないとのメッセージが出たという問題だが、思い出した!このプラグインはこのヴァージョンには入っていなかったのだ。この前のヴァージョンのプラグインを使っていたのね。
     ってなワケで、前のヴァージョンのお目当てのプラグインをインストールする。
     今度こそキチンとプラグインもロードされて、完全形で再生ができた。
     実はDAWの起動時にこれまで見たことがナイ謎のアラートは出るんだけどね。
     もっともそのアラートに出てくるプラグインは使ったことがナイし、今後使う予定もナイから無視していても問題は無さそうだ。

     まあこれで一安心。
     で、チップセットドライバの問題。
     とりあえず動いているので放置しても良さそうだが、何となくパフォーマンスが出ていない感じもする。
     だから一応、無いアタマを絞って色々試してみた。
     もう手順は覚えていないのだが(笑)、何度目かのプログラムインストールの時に、これまでは”エラー”と出て終了していたのが、”完了しました”と出た。
     デバイスマネージャーを見てみると、一応インテル5ファミリーチップセットドライバがインストールされていると出た。
     多分Win10用のドライバではなくWin8用だと思われるが、まあこれで良かろう。
     だからと言って、パフォーマンスが上がった感じも無いが(笑)。

     まあそんな感じでメインマシンもWin10になった。
     セキュリティソフトが最新状態になったのは安心である。
     ムダな長文だったので、最後まで読んでくれた人は非常に少ないと思われるが、お付き合いいただきありがとう!
     またね。


    楽曲発売中!!

    環境再構築その1

     メインのPCをVista(笑)からWin10にした。
     どうしてVistaを今まで引っ張ていたかというと、私の使っているDAWがVistaとの相性が良かったからだ。
     ちなみにそのDAWは最新ヴァージョンではナイ。
     これまで最初に導入してから3度アップグレードしたが、今使っているヴァージョンになってからは、機能的な不満がほとんど無くなった。だからその後アップグレードが2度あったが見送っていた。
     DAWさえキチンと動いていればそれでいいので、VistaがいかにダメなOSであろうと使い続けていたワケだ。

     しかし、さすがに色々と問題が在るわな。
     そもそも製造元がサポートを打ち切っているのである。
     セキュリティソフトをはじめとして、方々から、
    「アンタの使っているOSではいい加減こっちも面倒見られないよ!」
    とのメッセージが届いていた。

     ってなワケで、とりあえず私の使っているDAWのヴァージョンがWin10で動くのかどうか調べてみた。
     結果は大丈夫なようだ。
     よって遂にVistaと別れを告げることを決心したであります。(敬礼!!)

     いつかはこういう日が来ることは判っていた。
     今年の2月にノートパソコンをムダに買ったのは、この日のためでもある。
     つまりWin10にもそこそこ慣れているワケだ。
     だから導入には不安もナイ。
     早速、Win10 Proのダウンロード版を購入。

     Vistaからの導入はクリーンインストールしかできない。
     つまり環境の再構築が待っている。
     もうほとんど一日仕事になるのが判っていたので、木曜日を一日使うことに決めた。

     ってなワケで木曜の朝、メインマシンBIOSの起動優先順位をチャチャっと弄り、ダウンロードしておいたWin10の入ったUSBメモリを挿す。
     う~ん、何も起こらない。結局Vistaが起ち上がってしまう。

     とりあえずネットで調べたら、ウム、気づいたぞ。
     私はダウンロードをメインマシンのVistaからやっていた。
     Vista上でダウンロードしてもセットアッププログラムにはならないのでは!?
     うん、絶対そうだよ!ってことで、今度はノートパソコンのWin10からダウンロードをやり直した。うんうん、途中経過からして違うじゃん!こっちが正しいのを確信した。

     さて、仕切り直し。ダウンロードし直したUSBメモリをセットすると、今度はセットアップが始まりましたな。
     ちなみに最初の再起動時にBIOS画面に入って、起動順位を入れ替えるのを忘れてセットアップがループしてしまったのは秘密だ(笑)。パソコン自作野郎なら一度は経験したことがあるはずだ。(俺だけか?)

     まあイイ、とにかくWin10はめでたくインストールされた。
     そしてここからまたちょっとした問題に遭遇するのだが、ムダに長くなってしまったので今回はここまでとする。
     誰も期待していないだろうが続く。
     またね。


    楽曲発売中!!

    謎の仕様

     デジタルオーディオプレーヤー(以下DAP)オンキョーDP-S1を買って2週間。
     例によってムダな感想である。
     ところで、この機種は発売が今年の3月中旬だったのだが、早くも来月の中旬には後継機DP-S1Aが出るらしい。
     早くねぇ!?という感じだが、DP-S1は既に発売当時の半額近くまで価格が下がってるのね。発売当時は4万5千円程度、私が買った時は税込みで3万円ぐらいだったのだけど、現在はもうちょっと下がっている。まあ失敗作なのね(笑)。

     まあそれはそれとして、本機で気になることがある。
     ポータブルDAPを使っている人は、プレイリストをシャッフルで聴くことも多いだろう。
     私もほとんどの場合そうである。
     で、プレイリストのシャッフル再生ってのは、基本的にプレイリスト内のすべての曲が順不同で一度ずつ再生されるはずである。
     でもね、このDP-S1は違うのよ。
     リストからどれか1曲を選んで再生するでしょ。
     仮にリストが10曲だとすると、最初に選ばれた曲が次に出てくるのはリストが一巡した後、つまり11番目以降のはずである。
     ところが、何故か最初に選ばれた曲がまた3番目ぐらいに再生されるのである。
     イヤ、まだ一巡してないじゃん!(笑)
     最初にこの現象が起きた時は自分の勘違いかと思ったのだが、どうやら毎回そうなるぞ!
     何でやねん?何か1曲目ってのは始動の合図ってだけで、リストの1曲目とはカウントされてないようなのだ。

     謎の仕様だが、一応私なりに対策している。
     1曲目を再生したら直ぐに次の曲にスキップすることにしたのである。
     どうせ最初の曲は次かその次ぐらいに再生されるからさ(笑)。
     まあしかし”何やってんだろ俺!?”という気にはなる。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック