微妙な痺れ

     ここ2週間ばかりの話なんだけど、右手がちょっと痺れる感じがする。
     数か月前には左手がそんな感じだったのだけれど、それが直ったと思ったら今度は右手が似たような感じなのである。
     何と言うか握力が無いというかね。
     この前、食事の時にメンチを箸で切ることができなくて、仕方なくてパクっとやった(笑)。けっこうショックだった。

     まあ疲労感とも言える感じだったので、なるべく右手を休めてみた。
     ギターのピック弾きには影響がナイ感じだったから、ピックでの練習は通常通りやっていたが、指弾きやベースの練習は控えめにしていた。
     しかし、休めていても特に良くなった感じがナイ。
     あまり練習をサボるワケにもいかないし、基本Mな私(笑)は、どうにでもなれ!とばかりにある日指弾きを普通にやってみた。

     そうしたら、う~む、むしろ良くなったかもしれない。
     三日ぐらい続けてムキになってベースの練習をしたが、多分演奏関係は大丈夫そう。
     うん、演奏関係が原因の症状では無さそうである。
     直ってはいないけどムダに安心してはいる。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    ジロだから

     DAZNに加入した。
     もちろんジロ・デ・イタリアのためである。
     1ヶ月のお試し期間は昨年のジロで行使してしまったので、今回からは通常料金\1890がかかる。
     今年はテレビを買い替えたおかげで、テレビでも直接観られるのは嬉しい誤算でもある。
     まあ、1ステージ100円弱と考えれば、私のジロへの想いからすれば安いかな!?
     またね。


    楽曲発売中!!

    怪しいヤツ

     先日懐かしのチェックディスクなどとムダな記事を書いたが、その後の相方のパソコンがどうなったか?を更にムダに書く。
     さて、チェックディスクなどが始まったから、てっきりハードディスクが壊れかけているのかと思ったが、そうではなかった。

     おかしかったのはマザーボードであった。
     考えてみれば最初は私のメインマシンとして、次いで相方のメインマシンとして10年以上使われていたのである。寿命が尽きても不思議はナイ。
     
     ってなワケで、現在の私のセカンドマシン、実はこれ、ネットワークからも外され、タマに将棋ソフトで遊ぶだけのマシンに成り下がっていた。しかもOSはWinXP(笑)。
     壊れてしまった相方のマシンよりも3年以上後にシャレで組んだマシンではあるが、当然のことながら新しい分スペックはより高い。
     だからこちらを相方のマシンにすることにした。

     こちらのマシンにとりあえずWin7をインストールし、それをWin10にアップグレードするワケだが、Win10のインストールができない。
     CPUが対応していないとのメッセージが出てしまう。
     何でよ!?
     これまで、より古いマシン上でWin10を使っていたのにそんなはずあるまい!?

     しかし何度目かのトライであることに気づいた。
     この私のサブマシン、マザーボードはAsRockのP55M Proというモデルである。
     実はこのマザーボード、発売当初オーバークロック耐性が高いと評判であった。
     だから買ったんだよ!確か。
     で、私はCore i3 530の定格2.93GHzを3.6GHzで動作させていた。
     このマザーボードはBIOS画面でCPU IDが表示されないから、CPUの正体を把握できないのかも!?

     どうせこれまで巧く行かなかったのだから、とりあえずやってみようと思い、CPUのクロックを定格に戻し再びトライ。
     あっさりインストールが始まりましたな(笑)。
     オーバークロックしていたせいで、Win10にCPUが”怪しいヤツ”と思われて、心を開いてもらえなかったようである。

     ってなワケで、色々とトラブルが重なり、再セットアップに何だかんだで足掛け3日かかってしまった。
     結果論で言えば、最短コースを取っていれば3時間で済んだのである。
     でもまあ、何も試さずにいきなり正解が判るはずもナイ。
     疲れたが、久しぶりに自作バカの魂が呼び覚まされて、ムダに楽しかったとも言える。
     またね。

    楽曲発売中!!

    懐かしのチェックディスク

     相方のPCが突然落ちるようになった。
     ちなみにこのPCは以前私が自作し愛用していたモノで、インテルP-35チップセットだから10年ぐらい前ですな。
     相方はPCで特別負荷がかかるプログラムを使わないから、別にこの私のお下がりでも不満は無かったのである。

     しかし起動しないのでは話にならない。
     どうやらファイルの一部が欠損してしまったようだ。
     ハードディスクかな!?
     ちなみにハードディスクだけはさすがに当時のモノではなく、2年ほど前に新調してあった。
     まあハードディスクってのはいつ何時壊れるか判らないからね。
     ただし、どうやらハードディスクは動いているようだ。
     BIOS画面を見る限り容量も正しく表示されている。

     ってなワケで、とりあえず再セットアップを試みる。
     現状システム自体が起ち上がらないので、Win7の新規インストールだな。
     ちなみに相方はWin7からWin10に無償アップグレードしたので、手元にはWin7のインストールメディアしかない。
     Win10用のファイルはこのPCの中のどこかに在るそうだ(笑)。

     さて、ハード的に壊れていなければWin7のインストールはできるはず。
     BIOS画面で起動ドライブの最優先順位をDVDにしてセットアップ開始!!

     うむ、どうやら無事進行しているようだ。
     最終セットアップが終了したから再起動するよ~ん!というメッセージが出たので、BIOS画面に入って起動ドライブをハードディスクに戻して再起動!これでとりあえずすんなり行くかと思いきや、Win7の起動前にDOSレベルのチェックディスクが始まってしもうた。え~とクラスタチョックとかやってるぞ。何だか懐かしいな。
     そう言えば以前、Win3.1とかWin95の時代にはよくこういうことがあったな!?
     でもまあそんなに時間はかからないだろ!?
     とか思っていたら、全然終わらない。

     冷静に考えてみると、Win3.1の頃ってハードディスクが500MBとかじゃん!
     あっ!?ギガじゃないよメガだよ(笑)。 
     現在このクラスタチェックが入っているハードディスクは1TBである。
     いくらCPUの性能や転送速度が違うとは言っても、容量があまりにも桁違いである。
     結局3時間以上かかりましたな。
     延々とテキストが表示されていました(笑)。
     え~とね、一応これがオチです。
     またね。

    楽曲発売中!!

    カッコ悪い

     どうしてF1はこんなにツマラナクなってしまったのだろうか!?
     勝負を決める要素がムダにマニアックになってしまって、尚且つそこにエキサイティングなところが無い。
     ツマラナイんなら観るのヤメロヨ!って話でもあるが、40年以上観てると惰性で観ちゃうのよ。
     ツマラナイ要素の一つとして、個人的に思うことがある。
     もちろんこれは空力に対しての研究が進んだこととレギュレーションのせいではあるのだけど、マシンがカッコ良くナイ!
     細かい空力パーツがいっぱい付いていてさ。
     現行のマシンの模型が欲しい!!という気持ちが湧かないと言うか……。

     ジジイの昔話になってしまうけど、フェラーリ312Tやロータス78とか美しかった。
     ウォルターウルフとかもカッコ良くて、田宮のプラモデル買いましたわ。
     昔は”美しいマシンは速い!”とか言われたものだが、現代の科学技術の前にその美しさは損なわれてしまった。
     仕方ないのか!?
     またね。

    楽曲発売中!!
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック