FC2ブログ

    退屈でもそれが正義か

     みなさん、こんにちは。
     高音弦のピッキングフォームの見直しを初めてから二か月以上が経過し、どうやらかなり”モノ”になってきたようです。
     まあ他人が見ても聴いてもほとんど判らないとは思うのですが(笑)、本人比では納得の行く感じになりました。
     ただし、ちょっとした問題も生じています。
     それはピックなんですけどね。
     私は現在PICBOYのメタカーボネイトというピックを使っております。
     ちなみにこちらのリンク先に載っているMETA CARBONATEというのがそのピックで、これのピンクと白の2色を使っています。
     このページはメーカーオフィシャルなのですが、現在は4種類しか載っていませんね。
     私がこのピックを使い始めた当初は、これとは別に青地に黒文字、青地に銀文字も他に在って全部で6種類のバリエーションでした。
     このピック、成型後に着色しているのではなく、素材を着色後に成型されていると思われます。
     実はこのピックの前世代モデルから私は使っておりまして、その前世代のモノも何色かバリエーションが在りまして、色によって多少の弾き心地というか削れ具合が違うを知っておりました。
     ですから、現在のこのモデルが導入された時に、6種類全てを試奏して感触の良い2種類を選んだワケです。
     ピンクと白が選ばれたのは見た目ではなく、演奏性によってなのですね。

     で、ピッキングフォームの見直しをする以前には、このピンクと白では全く同じモノと言ってイイぐらいに違いが判りませんでした。
     弾いた感触、そして削れ具合もにも差を感じることはありませんでした。
     自分的にはワザワザ6種類を弾き比べて選んだのだから当然じゃわい!とか思っていました。
     しかし、ピッキングフォーム見直し後、う~ん、どうやら差が出るようになってしまいました。
     白は全然これまでと変わらない感じなのですが、ピンクの方が……、ちょっと削れ方が違ってきてしまいましたな。
     エッジの部分の普通なら削れてしまうところがほんの少しですがめくれ上がるような感じに。これがちょっと厄介なんです。
     
     ところで、私はピックを50枚単位で買うことにしています。
     その理由は圧倒的に単価が安いからなんですけど。(定価の6割)
     実はピンクのストックがけっこう少なくなっていて、次はピンクを50枚買うつもりでいたのですが、フォーム見直しによるこの結果から、結局白を買ってしまいました。

     演奏性が第一なのだから今後は白で統一すればイイじゃん!?という話ですね。
     ええ、その通りです。
     ただ、このメタカーボネイトのピック、前世代から数えるとほぼ30年使い続けているのですが、これまでただの一色で統一されていた時期はありません。
     ホントは一色で統一した方が良いんじゃない!?だって色によって微妙に弾き心地が違うんでしょ!?だったらベストなモノ一色にすべきですよね。
     まあアタマでは判っているのですが……。
     でも何か……、一種類だけだと退屈な感じがしません!?(そうか?)
     うん、何かこうツマラナイ気がするのですよ。

     ってなワケで、本来であれば白一色で行くべきところですが、余計なことを考え始めています。
     つまり、以前検証してダメ出しをした別の色、つまり赤系統を導入してみようか?ってことです。
     だって以前検証した時とはフォームが変わっているのだから、案外赤もイケルかもよ!?
     まあ、勝手にせいよ!!という話ですね。
     
     ちなみにオフィシャルのリンク先のページをご覧になると判りますが、この私が使っているピック、3名ほど使っているアーティストがいますね。
     ってことは、今後しばらく生産中止の憂き目に遭う可能性は低いってことです。
     これは私にとって朗報です。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    気を楽に

     みなさん、こんにちは。
     私はアホですがギターの基礎練習は35年ぐらいほぼブランクなく続けています。
     基礎練習ってのは基本的には楽しいものではありません。
     ですから私自身、そのツラさを如何に紛らわすか?ということは長年考えてきました。 
     で、まあ他の人様の参考になるかどうか判りませんが、最近自分的に効果のあると思われる方法をムダに発表してみたいと思います。
     大したことではありません。(判ってるよ!)
     それは基礎練習がツラいと感じた時に、
    「別にいつヤメテもイイんだよ!」
    と気を楽に持つことなんです。
     
     これから1時間はキッチリ基礎練習をやるぞ!と自分に言い聞かせるよりも、むしろ”いつヤメテもいいのだよ、自分の意志で勝手にやってるだけだから”と思うことで、意外とそこから15分、30分、1時間と続けられたりします。
     まあ……、ホントにヤメちゃうことも稀にあるのですけど……(笑)。


    楽曲発売中!!

    きっと来ないけど

     みなさん、こんにちは。
     一か月ぐらい前からですが、ピッキングフォームの見直しをしています。
     まあイチからやり直しというほどではなく、10段階で言えば”7ぐらいからやり直し”という感じですけど。
     具体的に言えば1、2弦を弾く時のフォームをちょっと手直ししているのです。
     始めた当初は右手首が痛くなったりしまして、
    「これじゃダメかも!?」
    とか思いましたが、根気良く続けていたら痛みが出ることが無くなりました。
     まあ新フォームでもムダな力が入らずに出来るようになってきたのかもしれません。
     技術から解放される日なんて、きっと一生来ないと思われますが、それでもちょっとでも近づくための努力は続けようと思います。


    楽曲発売中!!

    気づいていますか?

     みなさん、こんにちは。
     基礎練習を続けるのは技術にとらわれているのでは無くて、
     技術から”解放”されるためなのです。

    楽曲発売中!!

    増えゆくパターン

     みなさん、こんにちは。
     寒いですね。ギターを弾くにも中々指が言うことを聞きませんね。
     というワケで、本日は実に久しぶりにギターの話です。
     もっとも大した話ではありません。

     一週間ぐらい前の話ですが、ちょっとしたフレーズを思いつきました。
     ギターを弾いている時ではありません。確か買い物か何かで外に出ている時でした。
     自分の中では楽勝で弾けるはずと思い、帰ってから試しに弾いてみたのでした。

     う~む、テンポ的にも大丈夫だと思いましたが、これが巧く弾けない。
     3本の弦を跨いだオルタネイト・ピッキングなんですけどね。
     同様のフィンガリングとピッキングの3連フレーズはいつも基礎練習でやっているパターン。
     そのリズムがシャッフルになったパターンなのですが、これがどうにも覚束ないのです。

     色々なテンポでトライした結果、実はけっこうテンポが速めの方が巧く弾けるような感じがします。
     もちろん、テンポがゆっくりの方が実は難しいというフレーズは存在します。
     しかしそれはあくまで”難しい”という話であり、弾けるか弾けないかということを考えれば、速ければ弾けるけどゆっくりなら弾けないということは技術的には有り得ない!
     ひょっとしたら異論も在るかもしれないですが、私はそう考えています。
     速ければ弾けるというのは勘違いで、単にテンポが速いせいでごまかしが利いているだけだと思われます。

     というワケで、このフレーズを克服するための新たな練習パターンを導入することにしました。
     思いついたのに弾けないのは非常に悔しいからです。
     毎日の基礎練習にその練習メニューを追加。
     その甲斐あって本日辺りにはかなり納得のいくレベルに近づいてきました。
     徐々に弾けるようになって判ったのは、やはり速いテンポより遅いテンポの方がむしろ難しいと感じること。
     だから遅いテンポで重点的に練習しています。
     もちろんテンポは徐々に上げていって、最終的には思いついたフレーズより”やや速め”のテンポまで練習しています。
     この新パターンのおかげで基礎練習フルセットの時間が約20分延びることに。
     でもまあ、それが嫌ならギターなんかやめちゃえば?とか思います。

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック