鼻歌

     ギターソロを考える時、別にコードの構成音とかを気にする必要はナイ。
     とりあえずバックに合わせて鼻歌を歌ってみればイイ。
     で、それをギターで弾けばイイ。
    ”Blue”
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    脱力

     ギターを弾く時はよく”脱力せよ”と言われるワケだが、決して単に力を抜いてヘニャヘニャな状態で弾けということではナイ。
     中々巧くは伝えられないが、演奏に関与していない部分の力を抜けというのが近いかもしれない。
     つまり、左手だったら弦を押さえている以外の指や掌、右手だったら弦をはじく時以外の瞬間。
     それらに力が入っていると疲れてしまうのよ。
     またね。


    楽曲発売中!!

    ダメな時こそ

     ギターの基礎練習をしていると、理由も判らないのに何故か調子が悪い時がある。
     疲れているとか、筋肉痛があるとかそういうことでは無く、単に調子が悪い(指が思うように動かない)という時がある。
     そういう時はストレスになってもいけないから、「思い切って練習を切り上げてしまおう!!」
     という考え方もあるし、実際そうしている方もいるかと思う。

     でも、イヤ、ちょっと待て。
     調子が悪い時こそ頑張ってみようではないか。
     悪いなりにもムダに(笑)練習を続けると、その後の気分がかなり違う。
     ダメすぎてヤメテしまうはずだったのに、事実として基礎練習を完遂すると、何だか得した気分になる。
     だから私は調子の悪い時こそ頑張るようにしている。
     まあ、”お前は基本Mだからな!”という意見も在るだろう。
     でもね、意外と達成感が在ったりする。

     逆に何だかとても調子が良い時ってのもある。
     うん、実は私、こういう時には適当に切り上げたりする(笑)。
     別にバランスを取っているワケじゃないけどさ。
     またね。


    楽曲発売中!!

    出したい音

     コレがレスポールの音とかストラトの音とかどうでもイイのよ。
     自分の出したい音のイメージが明確に在って、それが出せるのかどうか!?
     それが全てである。
     またね。

    楽曲発売中!!

    慣れではナイ

     慣れただけでは”演奏”にはならない。
     本来の演奏ってのは決して”指が慣れて”できるようになるワケではナイ。
     ディテールなのよ、ツボなのよ。
     慣れるのではなく、脳の命令で指を動かすのよ。
     だから、基礎練習が必要。
     ツマランこと言うなよ!オッサンってか!?
     またね。

    楽曲発売中!!
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック