FC2ブログ

    ヤバいでしょ

     みなさん、こんにちは。
     ってな感じで、ベイヤーダイナミックDT990PROを入手して10日ほど。
     ムダにそろそろその感想などを書いていきたいと思います。
     以前、GermanMAESTRO GMP450 PROを入手した時に、
    「もうヘッドフォンは要らない!」
    などと戯言をヌカした私ですが、その誓い(?)はたったの三か月ほどで破られました。 
     まあ本人的にもこれは虚言だと判っていましたけどね(笑)。
     さて、その誓いは破られたものの、私の中にはヘッドフォンマニア青二才としての負い目が依然として存在しました。
     つまり、私は未だにフルサイズの開放型ヘッドフォンを所有していないということです。
     もちろん、他人からすれば”そんなことどうでも良くねぇ”という話かもしれませんが、とても気になっていたのですよ。

     そんな感じで私は今度こそ開放型のヘッドフォンを手に入れよう!と決意したのであります。(敬礼!!)
     実を言いますと、私の中には開放型ヘッドフォンの”本命機種”が存在します。
     それは言うまでもなく(?)GermanMAESTRO GMP400なんですけどね。
     一応現在の国内正規代理店での取り扱いがナイ機種です。
     ただ、実は手に入れる手段も無いワケではなく、決して入手不可能ではないのですが。
     っていうか、絶対にそのうち手に入れると思われます。
     で、その機種を入手すれば負い目は解消するのですが……。
     開放型の一番手としてGMP400を手に入れても、それと比較する開放型ヘッドフォンが私の手元には在りません。
     それではGMP400の良さが判らないでしょう?(でしょう?じゃねぇ~よ!)
     思いっきり屁理屈なのは理解しておりますが、それが今回DT990PROの購入に踏み切った理由です。(バァ~カ!)

     ってなワケで、とりあえず世間的にスタンダードとなっている機種がイイのでないかい?と考え、DT990PRO以外にもAKG K701やK702なども候補に。
     しかしほとんど悩みませんでした。
     何故ならAKGのあのデザインが好きではないからです。
     イヤ、DT990PROのデザインだって相当酷いものですし、世間的にアンケートを採ったら絶対にAKGの方が好きという人が多いと思われます。
     でも私はダメなのよ、あのAKGのデザイン。
     それとAKGのこの機種は現在中国製、ベイヤーはドイツ製です。
     ここもポイントでした。

     以前は2万5千円以上していたはずのDT990PROも、現在は何と!1万2千円程度で購入できます。
     未だに2万5千円程度で販売しているショップもありますが、正規代理店が1万2千円程度なのですから勝負にならんじゃろ!?
     ところで、この価格であれば仮に”大失敗!”であっても笑って許せる範囲です。
     ただ大失敗!にはならないだろうという確信はありました。
     ベイヤーの素晴らしさはDT770PROで判っていましたからね。
     ってなワケで、まだ何もDT990PROがどうなのか書いていませんが、例によってムダに長くなってしまいましたから、とりあえず詳細は今後ということにして今回は一言だけ言わせてもらいます。
    「この価格でこの音はヤバいでしょ!」


    楽曲発売中!!

    ハヤシも在るでよ!イヤ、もとい、DT770PROも在るでよ!

     みなさん、こんにちは。
     先日、ベイヤーダイナミックDT990PROを購入したヘッドフォン好きなでアホな私ですが、現在鋭意慣らし中であります。(敬礼!!)
     実際のところ既に1週間が経過しており、外出中もDAPに繋いで鳴らしたまま放置したりしておりますので、何だかんだで100時間以上は鳴らしていますが……。
     そろそろバカレビューを書いてもイイかと思いますが、その前にベイヤーとしては初めて買ったDT770PRO80についてちょっと書いておきたいのです。
     さて、DT770PRO80。密閉型のスタジオモニターの定番です。
     モニタータイプとは言え、周波数特性は完全なフラットではありません。
     低音域と高音域が若干盛り上がっており、高品位なドンシャリという感じです。
     2万円以下で買えることを考えると、その性能は非常に高いと思います。
     うん、凄いんだよ!ベイヤーは。
     GermanMAESTROは私の中では別格ですが、それは私がアホだからであって(笑)、ヘッドフォンブランドで最高なのは!?という質問にマジレスするとすれば、
    「ベイヤーダイナミック!」と答えておけば間違いないかもしれません。
     これはテストに出るので重要です。

     さて、じゃあ私はDT770PRO80を使いまくっていたのか?
     ところがそうでもありません。(何じゃそりゃ?)
     実は購入当初から高音域が出過ぎる感じがして、ちょっと聴いていて疲れるのですよ。
     そこへ持ってきてGermanMAESTROの各機種を次々と買ったりして、ベイヤーの出番は少なくなってまいりました。
     そうね、手に取るのは週に一度とかそんな感じ。
     しかしながら、今回DT990PROを買ったこともあり、比較ついでにこの一週間はかなりの頻度で使っております。
     今もこれを書きながら使っているのですけどね。
     でどうなの?
     う~ん、以前は気になっていた高音域のキツさが無くなった気がします。
     耳が慣れたんだろう?って。
     イヤね、慣れるほど日常的には使っていませんでしたから。

     ところで、ベイヤーダイナミックの音はマニア間では「暗い」と言われていたりします。
     私、最初は全然そうは思わなかったのですけど……。
     ちなみにGermanMAESTROは中高音域のヌケが良くて非常に明るい音なんですけどね。
     う~ん、GermanMAESTROを常用していたせいなのか、最近ベイヤーの音が暗いというのがちょっと判りかけて来たかもしれません。
     それがどうした?という話ではありますが。
     まあとにかくDT990PROのバカレビューの前振りになんか全然なっていない気がしますが、
    DT770PROという機種も非常に素晴らしいのですよと。
     個人的には、壊れたらもう一度買うんじゃないかと思えるぐらいには好きです。

    楽曲発売中!!

    換気扇

     みなさん、こんにちは。
     昨年の10月、つまり1年ちょっと前になりますが、私はヘッドフォン好きのアホなオッサンとして初めてベイヤーダイナミックのヘッドフォンを手にしました。
     DT 770 PRO 80という世界的にモニターヘッドフォンとして使われている定番モデルです。
     このヘッドフォン、気に入っています。
     使用頻度は愛するGemanMAESTROの存在のせいでそれほど高くないのですが、このヘッドフォンを手に入れたことで、ベイヤーダイナミックというブランドに対する私の印象はとても良くなりました。
     エントリーモデルでもこの音なのね!?とちょっとビビりましたよ。
     GermanMAESTROは例外的存在としてもこのベイヤーダイナミックは、”きっとそのうち別のモデルも買うであろうブランド・リスト”の上位に君臨することとなりました。
     まあデザインは酷いと言うか怖いと言うか……。
     その技術を音に全振り!していると考えるしかナイですが。
     ちなみにこのDT 770 PRO 80を装着している私の姿ってのは、本人でも爆笑を禁じ得ないという感じです。っていうか、このヘッドフォンを着けてもルックスが変にならない人類っているのでしょうか?ちょっと想像ができませんね。
     世間でこのヘッドフォンのルックスは”ヤカン”と揶揄されています。
     イヤ、ホントにそんな感じです。

     ってな感じでベイヤーダイナミックについて書いたことで、カンの良い読者様であれば私が今回新たに購入したヘッドフォンが何であるか?昨日の記事と併せればお判りになったことでしょう。
     イヤイヤ、判ったも何も誰も興味は無いですって!?
     ええ、そんなことは百も承知ですが一応ここに発表します。
     そうです、ベイヤーダイナミックDT 990 PROですよ。
     開放型ヘッドフォンのベストセラーモデルです。
     ひょっとしたらAKG K701を予想した方もいたかもしれません。
     もちろん、こちらも考えないでは無かったのですけどね。
     現在の私のブランドイメージだとAKGよりベイヤーの方が上なのです。
     実はAKGのルックスって好きじゃないんです。
     えっ!?ベイヤーだって相当酷いとさっき書いたばかりじゃ!?
     イヤ、正直どちらも酷いのですが、っていうかそもそもヨーロッパのトップブランドでデザインがマトモなのはゼンハイザーしかないじゃん(笑)。

     ちなみにDT 770 PROがヤカンならば、このDT 990 PROは”換気扇”と言われております。
     ええ、全くその通りです。
     でも写真で見るより現物の方がちょっとマシです。
     まあそういうことで、程よく慣らしが終わったらレビューします。


    楽曲発売中!!

    理由

     みなさん、こんにちは。
     先日、相方に訊かれました。
    「アンタはヘッドフォンを何個も買っているけど、ギターは何本も欲しいとは思わないの?」
     ええ、実はそんなに欲しくならないんですよ。
     もちろん、ギターの場合はヘッドフォンに比べて価格が高いとか置き場所に困るとかの理由もありますが、実はそれが決定的な理由では無いのです。
     仮定の話ですが、もしギターとヘッドフォンの価格や大きさが同じくらいだとしても、きっとギターはヘッドフォンのようには買わないと思います。
     何故か?
     ギターってやれることがいっぱい在るんですよ!
     つまりとりあえず1本のギターだけで、ギターそのもののセッティング、アンプ等のセッティング、自分の弾き方などを変えることで色んな音が出せるのですよ。
     もっとも私の場合、ギターやアンプを変えても友人から、
    「いつも同じ音じゃん!(笑)」
    とか言われるのですけどね。
     ところが、ヘッドフォンは基本的にそのヘッドフォンの音が在るだけなのです。
     私はヘッドフォンを買ったら、そのヘッドフォンの音を基本的には受け容れるしかありません。
     ギターのようにアレコレ引っ掻き回す(笑)ことができないのです。
     だから違う音が欲しかったら(出したかったら)、それは別のヘッドフォンの出番なのです。

     ウチの相方、この説明で納得していました。
     さて、どうしてこんな話を書いたのか!?
     まあ私はアホですので実はまたヘッドフォンを買ったのです。
     本日届きました。
     ムダに勿体つけてまだ型番は明かしません。
     それなりに慣らしてからレビューもどきを書くつもりです。
     ちなみにヒントは、現在1万円台で買えるメジャーブランドの開放型ベストセラー機種です。
     現在と書いたのは以前はもっと高価だったことを意味します。
     ヘッドフォンに詳しい方なら直ぐに3機種ぐらいに絞れることでしょう。


    楽曲発売中!!

    義務

     みなさん、こんにちは。
     先日、プレミアムヘッドフォンガイドマガジンVol.13を買いました。
     ええ、ヘッドフォンのムック本ってヤツです。
     ここ2年ぐらい、こういう類の書籍はほぼもれなく買っているのです。
     ちなみに\1,800でした。
     とはいえ、最近はイヤフォン、それもワイヤレスタイプが主流であり、この本も必然的にイヤフォンの記事が中心となっています。
     よって実際のところ、私が必要としている知識や、読みたい記事は大して載っておりません。
     そうですね、金額にすると私がこの本から得た知識は2~300円分でしょうな(笑)。
     イヤイヤ、実はそんなことは判っているのです。
     だってこれまでいつもそうでしたから(笑)。
     それが判っていても、マニアというのは買ってしまうのですよ。
     きっと役に立つかどうかなんて関係無いんです。(そうか?)
     市場を維持させるための義務みたいなものです。
     それにしても記事を鵜呑みにする気などはなからナイ私ですが、この本の記事によれば10万円以上の高級イヤフォンが人気沸騰中だそうです。
     人気沸騰中って!?どのぐらい売れているのでしょうか?
     多分、私やみなさんの想像よりは売れているのでしょうが、人気沸騰中!!なんて言葉が適当だと思われるほどの実数が売れているのでしょうか!?
     イヤ、何かとても違和感が在りましてね。
    「売れ筋の10万円台から注目モデルを厳選!」
    とか言われましても、”売れ筋”と”10万円台”との言葉のコンビネーションがなんともはや。
     これがテレビや冷蔵庫ならしっくり来ますけどね(笑)。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック