FC2ブログ

    普及活動

     みなさん、こんにちは。
     誰も待っていないとは思いますが、GermanMAESTROヘッドフォンの普及活動を続けます。
     ってなワケで、GMP 250という機種を購入してから二か月余り。
     とにかく使い倒しております。
     そしてそのお気に入りのポイントなんですが……。
     私は基本的に低音寄りのヘッドフォンよりも、高音域に繊細さがあるヘッドフォンの方が好みです。
     で、このGermanMAESTROというブランドのヘッドフォンは正にそれなのです。
     とにかく高音域に透明感が在り、とても分解能が優れています。
     これは私の持っている他の機種、GMP 450 PRO、GMP 8.35D、3CAN116全てに共通の特徴であります。(敬礼!!)
     中音域も秀逸です。
     よく海外のサイトでもレビューされているのですが、ヴォーカルやギターの表現力に優れています。

     つまり中高音域が煌びやかなヘッドフォンなのね!?という話なのですが、実は案外このヘッドフォンブランドの最大の特徴は低音の鳴り方に在るのかもしれません。
     低音の音量は少ないです。(モバイル用の3CAN116は除く)
     ただし非常に良く通る低音なのです。
     他の音域を全然邪魔しないので、音量こそ小さくてもキックの強弱やベースの音程がハッキリと判ります。
     まあ重低音好きの方には正直物足りなく感じるかもしれませんが、これがハマってくると中々快感です。
     結局のところモニター用途ということで、ほぼ完全に近いフラットバランスなのでしょう。これは海外のレビューでも必ず記述が在ります。

     そしてどうしても伝えたいことが在ります。
     このブランドのヘッドフォンは、パーカッション系の表現が素晴らしいです。
     響きに奥行きが在り立体感を伴って響いてきます。
     もうホント、空気の振動を感じられるような鳴り方をします。

     ってな感じで、私的には皆さんにも是非お奨めしたいブランドですが、私の信用度を考えるにほとんどこの記事も意味を為さないでしょう。
     ただ、このブランドの主力商品であるGMP 8.35Dに関しては知らないでいるのは勿体ないと断言できます。
     海外サイトのレビューでネガティブな意見を見たことが在りません。
     っていうか、ほとんど全てで”絶賛!”という感じです。
     既にヘッドフォンマニアである方、そして今後そうなる予定が在る方は、持っていて損はナイどころか、持っていなくてはならない!と思いますです。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    小心者

     みなさん、こんにちは。
     GermanMAESTROのヘッドフォン正規代理店であるスタジオジータさんの販売サイト。
     その取り扱い機種は4機種と少ないのですが、その中で私が所有していない唯一の機種であるGMP 435Sは依然「SOLD OUT」表示のままです。
     果たしてこのまま特に問い合わせが無ければ取り扱い終了!となってしまうのでしょうか?
     それとも誰かが問い合わせたところでやはり終了なのでしょうか?
     そんなに気になるのなら問い合わせれば?という疑問はもっともなのですが、冷たい現実を突きつけられそうな気がして、何もできない私です。
     イヤ、アンタ、このブランドが日本市場から消えるのは、日本国内のオーディオ界にとって痛手だと思いますので、
     みなさん奮って問い合わせてみて下さい。
     まあ、お前がやれよ!って感じですけど。

     ってなワケで、終了です!という返事が怖くて問い合わせできない小心者の私ですが、とりあえず凝りもせずにまたGermanMAESTROの普及活動をしたいと思います。
     と思いましたが、前置きとして先日のとある出来事を書いておきます。
     電車に乗ったワケですよ、いつものようにKlipsch Reference On-Earを装着して。
     するとその車両にヘッドフォンをした30歳ぐらいの男性が乗っていました。
     型番までは判りませんが、多分ゼンハイザーのフルサイズのヘッドフォン。
     そうしたらその男性がこちらをガン見するのです。
     確かにヘッドフォンを装着して電車に乗ってくる人も大分増えたとは言え、イヤフォン派に比べればまだまだ少数。
     だから思わず見てしまったのでしょう。
     しかしその視線は決して敵意を含んだものなどではなく、むしろ「同志よ!」という感じの視線でした(笑)。
     ちなみにもし私のヘッドフォンがビー何とかと言うブランドのヘッドフォンだったら、そうはならなかったのではないか!?と勝手に思っています。
     イヤ、ビー何とかのデザインはカッコイイですよね。
     ただ、マニアの間では全く話題にもならないのですわ。

     さて、前置きが本題より長くなることも決して珍しくない当ブログですが、そろそろ本題の普及活動に参りたいと思います。
     GermanMAESTRO GMP 450 PROというフラッグシップ機を入手した折に、
    「もうヘッドフォンは要らないかも!?」
    などという虚言を垂れながらも、ほどなくして色々と理由を付けてGMP 250という機種を、いつものように敗戦処理のごとく、とある店舗の”ラスワン”をゲットした救いようのないアホな私。
     以来、在宅時にはほとんどその機種を使い倒しております。
     もちろん決してイヤイヤ使っているワケではありません。
     当たり前ですがヘッドフォン好きであればこそ、ヘッドフォンなら何でもイイというワケではなく、”使い倒す”ことができるということは、同時に気に入っているという証明でもあります。(敬礼!!)
     そうなんですよ!
     気に入っているのです。
     じゃあ一体どこが気に入っているのか?ってのをグダグダと書こうと思いましたが、前置きのせいでムダに長くなってしまいましたので、続きにします。


    楽曲発売中!!

    ゼンハイザー

     みなさん、こんにちは。
     私はヘッドフォン好きのアホなオッサンです。
     ただし、アホとは言え特に誰かに迷惑をかけているワケでありません。
     これは私個人の趣味であり放っておいて下さい!という感じです。
     ところで、こんな私には現在どうでもイイ悩みのようなものがあります。
     それは、
    「ゼンハイザーのヘッドフォンを所有したことないのにヘッドフォン好きを名乗ってイイのだろうか!?」

     イヤ、多分一向にかまわないと思われます。
     っていうか、きっと誰も気にしていないでしょうし、今後それを指摘される予定もナイと思われます。
     それでも私は「ゼンハイザーを所有したことがナイ」という負い目のようなモノを日々感じ続けているのです。(バカ)

     そして私はヘッドフォン好きを名乗りながらも、開放型のヘッドフォンを所有していません。
     イヤ、一応KOSS PORTA PROは開放型ですが、フルサイズの開放型はナイという意味ですな。
     ですから開放型のヘッドフォンってのには非常に興味が在ると同時に、開放型を所有していないことにも、ヘッドフォン好きとしては負い目を感じていたりします。

     ちなみに私が愛するGermanMAESTROにも開放型は在ります。
     GMP 400とGMP 435Sというモデル。
     開放型を買うのならこれらが本命!という感じではあります。(敬礼!!)
     しかしこの2機種を入手するには問題が在って、GMP 400は正規代理店での取り扱いが無く、GMP 435Sは先日当ブログでも触れましたが、正規代理店の販売ページにて、
    「SOLD OUT」の表示が出て以降そのままです。
     実はウェブをつぶさに探し回るとこの2機種を販売しているサイトもあるには在るのです。しかし信用できそうなサイトだと5万円を超えるような価格になっています。
     そして2万円程度のビックリ価格で販売しているサイトも在るのですが、それがどうにも疑わしい。
     支払い方法はクレジットカードや代引きを含め何通りもあるかの如く目立つところに記載が在るのですが、実はどうやら銀行振り込みしか対応していないみたいな。
     これ詐欺サイトですよね!?

     やや話が脱線気味です。
     つまりどうせ開放型を買うのであればGermanMAESTROの当該機種を買うべきなのですが、それも中々ね。
     っていうか、お前はもうヘッドフォンは要らない!とか言ってなかったか?というツッコミはアリです。

     要するに、ここまでの話を判り易く書きますと(最初からやれよ!)、ゼンハイザーを持っていないこと、開放型を持っていないことにヘッドフォン好きとしては負い目が在る!ということなのです。

     さて、カンのイイ読者様ならお気づきかもしれませんが、ゼンハイザーというブランドは開放型のヘッドフォンを得意としております。
     つまりゼンハイザーの開放型を購入すれば、ヘッドフォン好きとしての負い目は消滅します。
     もちろん、バカまでは直りませんけど。

     ってなワケで、ゼンハイザーの名機と評判のHD650が頭にチラつくのですよ。
     近頃は価格もお安く4万円以下で買えるじゃありませんか。
     これはマイルールであるおやつは300円まで!じゃなかった「ヘッドフォンは5万円まで」の範囲内でもあります。

     ってな感じで、
    「イヤイヤ、ホントは買わないから!」
    と自分に言い聞かせながら(笑)HD650のことを調べているアホな私です。
     で、調べ進むうちに判ってきたのですが、非常に都合の良いことに、つまりこの場合”買わない!”という方向に持っていくってことですけど……。

     何かこのHD650って、私の好みとは真逆かもしれませんな。
     私は中高音域に透明感が在るタイプの音が好みでして、GermanMAESTROが好きなのは正にそのタイプだからであります。(敬礼!!)
     そう、先日も書きましたがヘッドフォン好きってのは決して至高の音を求めているワケではなく、結局”自分好みの音”を求めているのですよ。
     仮に客観的に高音質であったとしても、それが自分好みでなければ意味が無いというか、ヘッドフォン好きとしてハッピーになれないのです。
     つまり買わないのが吉!なのでしょう。
     依然、ヘッドフォン好きとしての負い目は解消されませんけどね。
     でも、あれだけ評判が良い名機なのだから、自分の好みではナイとしても絶対にどこか”落としどころ”(好きになれるところ)は在るのだろうとも思っていますけどね。
     イヤ、でもまあ今のところは買いません。


    楽曲発売中!!

    自分好み

     みなさん、こんにちは。
     私のイチオシであるヘッドフォン・ブランド、GermanMAESTROの正規代理店のオンラインショップにて、その中で私が唯一所有していないGMP 435Sが”SOLD OUT”
    になっている件については、未だにそのままです。
     で、再入荷についてのお問合せフォームがそのページには在るのです。
     何だかねぇ~、問い合わせたくなってしまうのです。
     だって私こそが、問い合わせをすべき人物だ!という気がするからです。(気のせい)
     しかし、まあ現状で直ぐに買う予定が無いということもありますが、ちょっと怖くて問い合わせができません。
     つまり私は、
    「現在、再入荷の予定はありません。」
    という返信が来るのを恐れているのです。
     それって売り切った後の撤退を示唆しているよう思えるからです。

     ってな感じで、ムダな前置きをしましたが、今回もグダグダと書きます。
     私は今でこそ上限価格を設定しているヘタレなヘッドフォンマニアですが、このヘタレなヘッドフォンマニアになって判ったことが在ります。
     つまりヘッドフォンマニアとしての哲学みたいなモノを。(そんな大袈裟なこと!?)

     コレクターとしてのヘッドフォンマニア、ええ、これは普通に想像ができます。
     対象がヘッドフォンというだけで他のアイテムのコレクターというのも多々存在します。モノを集める、集めたいというのは人の欲求としてけっこう普通です。
     ちなみに私は、まあ財力の都合もありますが(笑)、コレクター系のマニアではないようです。

     そして当然ですが”至高の音”を求めるマニア様もいらっしゃいます。
     ピュアオーディオ的な最高音質のヘッドフォンを探し求めるというのは、非常に判りやすい話です。
     じゃあみんながみんなそうなのか?
     それがそうでもナイ感じなのです。
     誰もがSTAXを買うかというとそういうワケじゃありません。
     イヤイヤ、だってSTAXは高価でしょ!?という話もありますが、冷静に考えると車を買うことなどを考えれば全然安いワケで、普通の社会人であれば決して購入不可能などということはありません。

     どうやらマニア様(私のようなヘタレも含む)の多くは(全てではナイ)、結局のところ、
    「自分好みのヘッドフォン」
    を探しているのですね。
     まあ当然と言えば当然なのですけど。

     そんなこんなで、私にはGermanMAESTROのサウンドがストライクなのですよ。
     フラッグシップ機が4万円程度ということ、3年程で巡り合えたことは大変ラッキーかもしれません。


    楽曲発売中!!

    売り出して頂きたい

     みなさん、こんにちは。
     GermanMAESTRO普及委員会の正会員として、先日購入したGMP 250についてのムダな続報を書きたいと思います。
     以前も書きましたが、とにかく解像度は良好であり、低中高音それぞれの音域が互いを邪魔することはありません。
     ホント、各楽器の音がハッキリと区別できます。
     ええ、正にこれはモニターフォンなのです。
     ところで、これは上位機種GMP 450 PROにも言えることなのですが、”エイジング”とは言いませんが、使用時間の経過とともに低音が出るようになると思います。
     それはお前の脳内補正だろ!?という意見も在ると思いますが、これに関してはそうではナイかな?
     
     ところで、GermanMAESTROの正規代理店であるスタジオジータさんが扱っている現行の4機種のうち、唯一私が持っていないGMP 435Sがその販売サイトにおいて、
    「SOLD OUT」の表示。
     イヤぁ~、一応売れているのですね。
     何だかちょっと嬉しくなってしまいました。
     しかしながら、そのSOLD OUTの表示は約一週間そのままです。
     最初のワンロットで売り逃げ?とかまさかそんなことはナイですよね?
     ちなみにこのGMP 435Sという機種は名機GMP 8.35Dと共通のドライバだと言われていまして、GMP 450 PROと同様の形状で開放型というモノ。
     当然私、この機種に興味津々です。
     是非追加で入荷して頂いて、大体的に売り出して頂きたいものです。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック