FC2ブログ

    K702とGMP450PRO

    Whatf.jpg
    ニューリリースです。新型コロナウイルスがテーマの四部作です。試しに「Stay Home」だけでも聴いてみましょう!

     みなさん、こんにちは。
     毎日暑いですね。まあ色んな意味で耐えるしかありませんね。
     ってなワケで、本日はまたヘッドフォンについて書きます。
     相当緩くなる予定です(笑)。
     先日入手したAKG K702ですが、ほとんど文句の付けようがありません。
     ええ、これ最高ですよ!!
     とか終わりにしたいところですが、それではあんまりですので他の手持ちの機種と無意味な比較をしたいと思います。
     ”無意味な”と断りを入れたのは、単に私の信用度が低いことに加えて、比較対象とする機種がマイナーだからです。
    「それと比べられても判らん!」
    と思う方がほとんどでしょうが、何故この機種を選んだかというと、
    「グレードが大体同じだと思われる」からです。

     さて、その比較する機種なんですが……、所謂マニアのその中でも少数しか所有していないと思われる
    GermanMAESTRO GMP450PROです。
     ハイ、私のお気に入りブランドの最上位機種です。
     現在の日本市場価格は正規代理店で\39,600(税込)でございます。
     イヤイヤ、アンタ、K702とは二倍以上の価格差があるじゃろ!?
     それでグレードが同じは無いんじゃない!?という意見はもっともですが、その根拠としては日本市場登場時の価格がほぼ同じだからと言わせていただきます。
     GMP450PROは約5年前に日本市場に登場してから価格はほとんど変わっていません。 対してK702は約10年前の登場時は4万円強していましたが、現在は半額以下になりました。
     元々は同程度の価格だったということで見逃してもらえないでしょうか?

     もちろんK702の価格がここまで下がったのはカラクリがありまして、発売当初はオーストリア本国の生産だったのですが、現在は中国での生産になったこともあります。もちろんこの機種が世界中でヒットしたことも関係あるでしょう。
     ちなみにマニアの間では、中国製を嫌う人もいまして敢えて中古のオーストリア製を探す人もいるようです。
     しかし特に中国製になってからクオリティが下がったという話は聞きません。
     クオリティが変わらないのであれば、私はどっちでもイイ、イヤ、安い方がイイです。

     やや話が脱線してしまいますが、GMP450PROを始めとするGermanMAESTRO社のヘッドフォンは基本的に
    ”Handcrafted in GERMANY”と箱に誇らしげに書いてありましてドイツ製であることを売りにしております。
     しかしながら、エントリーモデルの3CAN116だけは中国製です。
     そのおかげなのでしょう、ドイツ製の他の上位機種が大体3万円以上するのに、3CAN116だけは価格が大幅に安くて\8,800(税込)。三分の一以下です。
     じゃあその価格差なりに3CAN116はショボショボなのか?
     イヤイヤ、全然そんなことは無くて、正直”これが一万円以下!?”と驚くほどの製品だと個人的には思っています。
     これも中国製の恩恵なのでしょう。
     中国生産であっても本社がきちんと品質管理をできるのであれば、価格的に大きなメリットになりますね。

     ってなワケで、そろそろ比較に入ります。
     両者とも所謂フルサイズですが重量はどちらも240g程度であり、装着感はとても軽いです。
     長時間の視聴を考えるとGMP450PROの方が疲れにくいと思いますが、人によっては「緩すぎる!」と感じるかもしれません。
     ケーブルはK702は着脱式で片出しストレート3m。
     GMP450PROは両出し固定でストレート3m。
     これはK702の方が明らかに上ですね。

     K702は開放型であり盛大に音漏れします。
     GMP450PROは密閉型ですが、装着感が緩いことと関連しているのでしょう。密閉型の割には音漏れする方だと思います。
     どちらの機種もそれなりの大音量で聴きたいのであれば、家族から孤立する必要はありそうです(笑)。

     それにしても一番の肝は音ですね。
     音場の広さはやはり開放型のK702に軍配が上がるでしょう。とはいえ、圧勝と言うほどの差ではありません。GMP450PROは密閉型とはいえかなり音場が広いからです。

     中高音域はどうでしょう!?
     K702の中高音域は定評が在ります。ええ、確かにとても透明感が在って素晴らしいと思います。
     ただし、”中高音域好きのアホなオッサン”としてはGMP450PROの中高音域は何物にも代え難いと感じます。
     好きなんだよ、ほっといてくれ!という感じでしょうか!?
     もっとも、人によっては”明るすぎる”と感じるかもしれません。
     個人的にはGMP450PROの方が好きなんですけど、本音の部分ではアンケートを採ったらK702が勝利すると思っていたりします。

     さて、低音域。
     前回の記事では「どこがじゃボケ!!」などと暴言を吐いてしまった私。
     でもやっぱりK702の低音が不足しているなどとは思いませんし、今後思う予定も在りませんな。
     むしろその素晴らしい中高音域に対してグッドバランスでないの?
     ひょっとしたらこれこそが”真性フラット”なのでは?と思わないでもないです。

     GMP450PROはそもそも”クラシック向け”とメーカーが謳っており、ロック等のソースを聴くには低音が不足気味だという意見もあります。
     ええ、確かに低音はちょっと抑え気味かな?
     ただ、これはGermanMAESTROの機種に共通していることなのですが、低音が他の音域に全く被らないので小さめだけどハッキリと聴こえるのですよ。
     私がGermanMAESTROにやられているのはこの点も大きいのです。
     この低音の鳴り方ってホント、唯一無二じゃないでしょうか。
     加えてGermanMAESTROはリズム楽器の立ち上がりが素晴らしい。
     ホント、はずむと言うかロールすると言うかドライブするんですよ。
     オイオイ、何だか比較じゃなくなってきているぞ(笑)。

     まあ正直言って、この二機種でどちらがイイか?とかあまり意味が無い気がします。
     けっこうな長文になっておいてそれかよ!?
     低音爆音好きでないのであれば、普及価格帯においてK702はほとんど最高の選択肢かもしれません。
     そしてやはり低音爆音好きでなく、けっこうなマニアを自認していて4万円など屁でもナイという方は、GMP450PROも体験してみて下さい。
     スイマセンね、なんだか判らない記事でしたね。
     でもほとんどの方が最後まで読んでないでしょ!?(笑)


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    K702(その2)

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR』
    ニューリリースです。是非御試聴下さい。ギターに対する考えが変わるかもしれません。

     みなさん、こんにちは。
     誕生日に買ってもらったヘッドフォン、AKG K702の感想の続きです。
     え~と、その本体の大きさにはちょっと引いてしまうというところまででしたっけ?
     しかし、耳をスッポリと覆うアラウンドイヤー・タイプでベロアパッドのハウジングと非常によくできたヘッドバンドのおかげで、装着感はとても良いです。
     側圧がややキツめに感じる場合もありましょうが、馴染めばそれほどでもないでしょう。 ケーブルは着脱式ストレート3m。
     それほど高級な感じではありませんが、断線しても交換できるというのは精神衛生上非常によろしい。
     そして開放型ですので音漏れします。壮大に(笑)。
     同じ部屋に人がいる場合、文句が出ることは必定です。
     普通に何の曲を聴いているか丸わかりですな。
     まあしかし、そもそもそういう状況での使用は想定されていないでしょう。

     さて、問題の音質です。
     このヘッドフォンはベストセラーであり、様々なユーザーレビューをネットで閲覧することができます。
     ところでその中で散見されるのが、
    「低音が弱い」という意見です。
     あのね、ヘッドフォンバカのオッサンとして言わせてもらいましょう。

    「どこがじゃボケ!!はっきり低音聴こえるだろ!?普段どんだけ低音盛ってんだよ!!」

     勿論、個人の嗜好は否定しませんがこれで低音が不足していると感じるのであれば、このヘッドフォンを使わない方がお互いのためでしょう。

     そして大半の方のレビューに在る通り、中高音域は素晴らしいです。
     開放型を生かした広い音場の中でとても透明感のある音を鳴らしてくれます。
     とにかく全体のバランスは素晴らしく、基本的にどんなジャンルでも大丈夫でしょうし、モニターヘッドフォンとしてだけ使うには勿体ない感じで、リスニングフォンとしても充分に通用するでしょう。
     ええ、大変満足です。このヘッドフォンが2万円以下で入手できるなんて、たとえ中国製であっても何の問題もありませんね。
     ヘッドフォンは一つ在ればイイんだよ!という人に対しての最適解かもしれません。


    楽曲発売中!!

    K702(その1)

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』
    ニューリリース!新型コロナウイルスをテーマにした四部作です。是非聴いてみて下さい。

     みなさん、こんにちは。
     先日、私誕生日だったのですよ。
     ってなワケで、相方からプレゼントをいただきました。
     毎年ギター弦やらエフェクターやらヘッドフォンやらと音楽関係のモノを買ってもらうのが恒例になっていまして、今年もその例に漏れずヘッドフォンになりました。
     まあヘッドフォンバカですからね。
     本当にそれ必要なのか?と問われれば、多分「否!」ですけど……。
     ただ以前も書きましたがプレゼントって”本当に欲しいモノをもらうべきではナイ”とか思っていましてね。
     だって本当に欲しいモノ、必要なモノはそのうち自分でどうにかして手に入れるに決まってますから。
     けっこう欲しいのだけれど、自分で今後買うかどうか微妙なモノをもらうってのはけっこう良いアイデアだと思うんですよ。
     意外なことに(?)、自分が入手すべき”必然のアイテム”を手に入れた時よりも、こういう買うかどうか微妙なボーダーライン上にあるアイテムが手に入った時の方が、幸福感が強いような気さえします。
     皆さんも一度試してください(笑)。

     さてヘッドフォンです。
     自分の中でヘッドフォンに使う金額は5万円までと決めているせいで、欲しいモデルは少なくなってきています。
     とか言いながら、今思い浮かべてみましたが片手ぐらいはありますけど(笑)。
     その中で今回チョイスしたのは……、ヘッドフォンに詳しい方なら「なぁ~んだ!」ってことを言われそうですが、AKG K702でございます。
     ハイハイ、今更ですよね!?
     ヘッドフォンバカとしてはもう少し踏み込んだモデルにしたいところですが、”買ってもらう”というところがポイントです。
     ヘタに評判が定着していないリスクのあるモデルにして、モノの見事に外してしまい、相方に「気に入った!?」と訊かれた時に、
    「うん、凄くイイよ!」と引き攣った顔で応えることは避けねばなりません。
     このK702というモデルであればそういうことが回避できるのは間違いないところ。

     ところで、K702に決めるにあたって同社のK701とどちらにしようかちょっと悩みました。型番からも判るようにK702ってのはK701の後継モデルでして、ドライバや本体構造などは基本的に同じ。
     違うのは本体の色、K701は白、K702はダークブルーで、更にK702はケーブルが脱着式です。
     このK701の白ってのはけっこう強烈な感じで、それはそれで素敵だし人前で装着するワケでも無しなので、かなり惹かれたのですが……。
     ケーブルが脱着式というところでK702に決めました。

     ちなみにAKGのヘッドフォンは生涯3台目です。
     しかしこれまでの2台、K450、Y55という機種はいずれもモバイル用のコンパクトなモデルであり、それ故どちらも低音強調で中高音域が売りであるAKGの本流とは外れたモデルでもありました。
     現在はいずれも手元にはありません。
     つまりK702はヘッドフォンバカとしては待望のAKGのフルサイズモデルなのです。
     イヤ、前から「持ってなきゃイカンだろ!?」という感じだったのですよ。

     さて、そんなK702。
     勿論、家電店などでその実物は見たことがあるワケで、その印象は、
    「デカい!」ですね。
     イヤ、ホント、ディスプレイされているのを見るととても巨大に感じますよ。
     しかしながら、実際に現物を手に取り装着すると、装着感も重量も軽いし、自分からは見えないしで(笑)巨大なことは忘れてしまいます。
     そのデカさに最初はちょっと引いてしまいますが、これはこれで大変計算され尽くしている感じがします。
     え~と、長くなってしまいましたので続きます。


    楽曲発売中!!

    低音の差が好みの差

     みなさん、こんにちは。
     私はヘッドフォン好きなオッサンです。
     単純に”ヘッドフォン・マニア”と言えばイイじゃん!?という話もありますが、私の中には”おやつは300円まで”ならぬ”ヘッドフォンは5万円まで”という厳格な(?)ルールが在り、普通の人ならハイエンドと言えるヘッドフォンなら所有していますが、マニアクラスの人達がハイエンドと呼ぶような10万オーバークラスのモデルとは縁がありませんので、自らを”マニア”と称することにためらいがあるのです。
     そして現在のところ”マニア”になる予定はありません。

     ところで、私が最も好きなヘッドフォンブランドは当ブログで再三お伝えしている通り、
    GermanMAESTROというドイツのブランドです。
     しかしながらこのブランド、日本における知名度はイマイチどころかイマサン以下だと思われます。
     ですから、もし誰かに「ヘッドフォン買いたいのだけれど何がイイ?」と訊かれたら、本音の部分ではGermanMAESTROと言いたいところですが、ある程度オーディオに馴染みのある人でさえ知らない恐れがありますから、実際には言わないと思われます。
     じゃあ、現実的にはどこのブランドをお奨めするのよ?と訊かれたら、一応私の中で答えは決まっています。
     それはBeyerdynamic(ベイヤーダイナミック)ですね。
     う~む、しかしこちらも一般的にはマイナーか?
     でもマエストロよりはだいぶマシですね。
     
     ってな感じで、私はベイヤーのDT770PRO 80、DT990PROという二つのモデルを所有しています。
     ベイヤーの中ではエントリークラスですが、ベイヤーってのは基本的にプロ向けであって、充分高音質なモデルと言うことができます。
     両モデルともに世界的に高評価を得ています。
     日本ではDT990PROが優勢みたいですが、海外だとDT770PROになるのですかね。
     DT770PROはレコーディング現場での採用実績が非常に多いようです。

     さて、私はどちらが好みなのか?
     そんなことどうでもイイわい!という意見が主流だと思われますが、一応書いていきたいと思います。
     この二つのモデルで最初に手にしたのはDT770PRO 80。(80とは80Ωヴァージョンです)
     密閉型のモニターですが、リスニング用途としても充分可能なレンジと音場の広さがあります。ややドンシャリ傾向にあり所謂モニターフォンの退屈さはありません。
     購入当初は”高音強過ぎ”と思いましたが、時間の経過とともに私の耳が慣れたのか(笑)、それとも実際に変化したのかはっきりしませんが、程よく落ち着いた感じになりました。
     まあ正直、このヘッドフォンが2万円以下で手に入るというのは、”ベイヤーダイナミック恐るべし!”です。しかもメイド・イン・ジャーマンだし……。
    そう簡単には壊れないと思いますが、このヘッドフォンは壊れたら買い直してもイイ!というくらいに好きなヘッドフォンです。

     さて、DT990PRO。
     一応PROシリーズはプロ用モニターとなっていますが、そもそも開放型ですから生録音には使えませんし(音漏れするのでそれをマイクが拾ってしまう)、実際のところモニター向けの音創りでもありません。
     こちらもDT770PRO同様ドンシャリ傾向にあり、本来低音が出ないとされている開放型なのに低音はかなり出ます。
     高音は開放型のメリットを生かして非常によく抜けますし、当然音場も広いです。
     全体的に艶がありウェットな感じでゴージャスなサウンドと言えましょう。
     このヘッドフォンのファンがたくさん存在するのはうなずける話です。
     ただし、個人的な意見を述べさせてもらうと、ちょっと創り過ぎな感じもします。
     私が特に気になるのは低音の鳴り方です。
     ちょっとべとついた質感に聴こえます。
     よく言えば”地を這うような重低音”となりますが、ソースによってはそれが楽曲の疾走感を損なう場合があり、非常に”くどく”聴こえる感じがして、それによって聴き疲れしてしまうのです。
     とはいえ全体的なクオリティは非常に高いことは間違いなく、このヘッドフォンで幸せになれる人が多数いるのは非常に理解できます。
     価格も1万5千円以下ですし、ある意味驚異的です。

     ってなワケで、私はどちらのヘッドフォンに軍配を上げるのか!?
     え~とね、1時間以内の視聴時間だったらDT990PROは悪くないです、というか非常に素晴らしいヘッドフォンだと思います。
     でもそれ以上の時間になるとサウンドの味付けのくどさが気になって来て、聴き疲れしてしまいます。
     DT770PROはDT990PROに比べるとソリッド(意味判んねえけどw)でドライ。
     さすがに本格的なモニターフォンであることから、長時間の視聴も苦になりません。

     まあ思うに、単純に音楽を楽しむ目的であるのなら、きっとDT990PROの方が好き!という人が多いのでしょう。
     でも私はどちらか一つを選べと言われたら、一応悩みつつもDT770PROを選びます。
     音のリアリティという意味ではこちらが上だと思うからです。
     ただこれも非常に難しい話で、どちらを人に奨めるか?と問われればDT990PRO!と答えてしまうような気がします。
     結局のところ、ベイヤーダイナミックは素晴らしいヘッドフォンだよ!と言いたいだけなのかもしれません。
     長々と書いた割に結論はそれかよ!?
     でもベイヤーダイナミックは本当にお奨めですよ。


    楽曲発売中!!

    値下がり

     みなさん、こんにちは。
     新しい玩具を与えられた子供状態になって、連日レスポール・デラックスについて書いてきましたが、本日は私の重要な”別の玩具”であるヘッドフォンの話題です。
     私のお気に入りブランド、GermanMAESTRO。
     その国内正規代理店であるスタジオジータさんが契約終了かと思いきや、国内初の発売となるGMP8.35D Mobileの取り扱いを始めるという嬉しいニュース。
     いよいよ今月中旬より入荷予定なのですが、更に加えて良いニュース。
     取り扱い4機種全てが1割~2割程度の値下がりとなりました。
     私が再三再四、「価格に性能が見合わないとは思わないが、競合他社と比べると割高感がある!」と訴えてきたことなど全然影響無かった(笑)でしょうが、とにかく将来的なマエストロユーザー(どれだけいるのか?)にとっては有難いことです。
     ちなみにこの価格改定によって個人的に特にお奨めなのが3CAN116。
     モバイル用途向けであり、私もKlipsch Reference On-Earと交互に持ち出しております。
     GermanMAESTROは基本的にフラットから中高音域寄りの音創りなのですが、この機種はモバイル用途ということで低音が強調されております。
     しかし、決してその低音が支配的になることはなく、上位機種譲りの高解像度と高音域の美しさも持ち合わせており、更には小口径としてはかなりの音場の広さがあります。
     このヘッドフォンが\8,580(税・送料込み)というのは大変お得感が在ると思います。
     ちなみに価格改定前は\11,000(税・送料込み)。
     けっこうな値下げとなりました。
     ビー何とかというブランドのエントリーモデルなんかやめて、こちらを買った方が値段も安いですしきちんと音楽を鑑賞できると思います。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2020/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック