FC2ブログ

    開始20分ちょっとでゴール(笑)

     みなさん、こんにちは。
     昨日のブエルタ第17ステージ。
     今大会最長219.6kmの山岳カテゴリー無しの平坦(実はウソ)ステージ。
     大会前からこのステージは”大逃げ向き”と思われていました。
     つまり基本的には総合争いには関係ないと考えられていたワケです。
     ところがどっこい!
     スタート直後から横風分断攻撃を含むとんでもないペースでの展開になり、先頭集団にキンタナやケルデルマン(チームサンウェブ)、ノックス(ドゥクーニンク・クイックステップ)の総合上位陣が乗ることに成功。
     結果、ログリッチェを含む他の上位陣のグループに5分以上の差を付けました。
     これによりキンタナは首位に2分24秒差の総合2位に浮上。
     ケルデルマンは総合6位、ノックスも総合8位にジャンプアップ。

     ちなみに余りのハイペースのせいで、昨日のJ SPORTSの中継は放送が始まって20分ちょっとでゴール(笑)。
     非常に熾烈で面白かったであろう先頭集団とリーダーグループの追いかけっこは全く観られませんでした。
     まあ大会運営側の”最速”ゴール予想時間よりも1時間近く早いゴールでしたから、まあ仕方ないですね。

     さて、これで総合争いが面白くなったのか?
     イヤ、私はそうは思いません。
     だってキンタナ、タイムを稼いだのはいずれも平坦ステージなんですもの(笑)。
     もちろん”そこにいる”というのも実力のうちなんですけど、自分の力でと言うよりは展開の妙で稼いだタイムですからね。
     実は昨日の逃げで力を使い過ぎて、本日の山岳でヘロヘロ!という多少意地悪ですがそういう可能性も。
     っていうか、逃げに乗れた選手も追いかけた選手もどっちもヘロヘロかも?
     本日の山岳は疲れてみんな動けないという退屈な展開もありそうです。
     とはいえ、やっぱりブエルタは本当に面白い。


    楽曲発売中!!

    下馬評通り

     みなさん、こんにちは。
     ブエルタも第16ステージまで終了。
     今年のブエルタは例年に比べて出場メンバーがショボいということで、ひょっとしたら退屈なレースになるかと思われましたがそこはブエルタ。
     コース設定の面白さが相変わらずで、ステージ毎の面白さは流石であります。
     しかしながら……、どうやら総合首位”マイヨ・ロホ”の行方はほぼ決まったと言えるでしょう。
     総合首位は戦前の下馬評通りプリモシュ・ログリッチェ(チームユンボ・ヴィスマ)。
     そして2位は2分48秒差のアレハンドロ・バルベルデ(モビスターチーム)。
     3位が3分42秒差のタディ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)。
     4位は3分59秒差でミゲールアンヘル・ロペス(アスタナプロチーム)。
     残る山岳ステージは二つで、既に最難関のステージは終えています。
     加えて、2位に付けているのが山岳ステージではそこそこ遅れるだろう(失礼)と見られていたバルベルデということで、もう逆転は不可能だと思われます。
     もっとも39歳のバルベルデのこの成績はほとんど”驚異”でして、絶大なる敬意を払うしかありません。
     ログリッチェが強すぎるのと、ミゲールアンヘル・ロペスや6位に沈んでいるナイロ・キンタナ(モビスターチーム)がちょっと期待外れだったと言えるのでしょう。
     ブエルタもあと五日。
     ブエルタが終わると「夏も終わったなぁ~」という感じでちょっと寂しくなります。


    楽曲発売中!!

    稀に見る死闘

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンテニス決勝。
     ナダル×メドベージェフはフルセット、4時間51分の死闘の末、ナダルが全米では4度目、グランドスラム通算19度目となる優勝を果たしました。
     おめでとうナダル!!
     そして素晴らしい試合をありがとう!メドベージェフ。
     テニスファンであることを幸運だと思うような試合でした。
     これでナダルはフェデラーの持つグランドスラム優勝最多記録にあと一つ。
     フェデラーが記録を伸ばすことは難しそうであり、ナダルには全仏があるので追いつくのは確定的かもしれません。
     とにかくおめでとう、ラファ!!


    楽曲発売中!!

    ジョコフェデ以外では

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンテニスの決勝はナダル×メドベージェフになりました。
     このカードは先日のマスターズ1000モントリオール大会の決勝と同じです。
     ちなみにその時はナダルの圧勝でした。
     しかしその翌週のマスターズ1000シンシナティ大会(ナダルは欠場)でメドベージェフは優勝しています。
     実はメドベージェフはモントリオールの前週ワシントン大会でも決勝に進出していまして、この北米ハードコートシーズンは4大会連続の決勝進出です。
     ランキングも大会後には4位になることが決定しています。
     つまり、メドベージェフはビッグ3に次ぐ選手であることは間違いなく、ナダルへの挑戦権を獲得したのは当然なのです。

     楽しみではあるのですが……、まあ、ナダルが勝つよね!?
     現状、ジョコヴィッチとフェデラーを除いた選手の中でナダルに最も勝てそうなのはメドベージェフだとは思うのですが……、
     まあ、ナダルが勝つよね!?
     今年の全米はビッグ3(ビッグ4)同士の対戦が在りませんでした。
     確実に時代は流れているのですね。
     果たしてメドベージェフは新時代の到来を告げることができるでしょうか?
     うん、それも良し!
     そしてもちろん、ナダルが勝つのもそれはそれで良し!

    楽曲発売中!!

    どうしても実現せず

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンテニス準々決勝、フェデラー×ディミトロフ戦。
     フルセットの末、ディミトロフの勝利。
     嗚呼、これで今年も全米におけるナダル×フェデラーのカードは実現せず!
     もうほとんど最後のチャンスかと思われましたが……。
     10年以上にわたってタイトルを争い続ける二人なのに、どうしてこうなったのでしょう?
     テニス界の七不思議のひとつ(あと六つは各自で考えて下さい)かもしれません。

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック