FC2ブログ

    至高のテニス

     ATPテニスのマスターズシリーズだってのに、何故かシカトの私。
     まあ正直トロント大会は面白くなかったかな。
     しかしだ、現在進行中のシンシナティ大会、っていうかもう決勝を残すだけなんだけど(笑)、その決勝のカードが……。

     フェデラー×ジョコヴィッチ戦なのである。
     両者ともに長期欠場があったせいで、対戦は2年半以上ぶり。
     対戦成績はフェデラー22勝、ジョコヴィッチ23勝(!!)。
     とにかくハードコートでの両者のテニスは”至高”である。
     イヤぁ~、一時はもうこのカードは観られないのかと……。
     もちろんフェデラー37歳、ジョコヴィッチ31歳になってしまったけれど、きっとまたあの息をつく暇もナイ素晴らしいショットの応酬が観られることだろう。
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    今年は面白かった

     ツール・ド・フランスが終わりましたな。
     今年は山頂ゴールが三つしか無くて、見どころが少なくなるかな!?やっぱりツールはツマンネエな!とかなるのかと思いきや……。
     イヤ、今年はけっこう面白かったよね。
     そもそもポイント賞のサガン、新人賞のラトゥールは想定範囲内だったけど、山岳賞のアラフィリップ、そして総合優勝のゲラント・トーマスを予想した人なんていないよね。

     流石にフルームもグランツール4連覇はならなかった。
     まあ不運なところもあったのだが。
     しかしその代役を完璧に務めたゲラント・トーマス!
     うん、彼の実力からすれば驚くべきことではないかもしれないが、これはツール・ド・フランスだからねぇ。
     おめでとう、トーマス!!
     またね。

    楽曲発売中!!

    その差はどこに

     ツール・ド・フランスはゲラント・トーマス(スカイ)の総合優勝が濃厚。
     グランツールでは、過去にもアシストとして参戦している選手が総合優勝を飾った例は何度か在るのだが……。
     イヤ、何だかリッチー・ポートのことを考えると、ちょっと哀しくなっちゃうね。
     まあポートってホントに”持ってない”選手なんだろうけど。
     またね。

    楽曲発売中!!

    ウィンブルドンだけは

     ウィンブルドン決勝。
     アンダーソン×ジョコヴィッチ戦は6-2、6-2、7-6のストレートでジョコヴィッチが勝利し、ウィンブルドン4回目、グランドスラムでは13回目となる優勝を果たした。
     ちなみにウィンブルドンはフェデラーが最初に優勝した2003年以降、16年連続でビッグ4のみが優勝している。(フェデラー8回、ジョコヴィッチ4回、ナダル、マレー各2回)
     ウィンブルドンだけはビッグ4以外の選手の優勝はナイのである。
     やはりウィンブルドンだけは別格なのかな!?

     それにしてもジョコヴィッチの復活は個人的に嬉しい。
     2011~2015年頃は強すぎてツマラン!とか思った時もあったけど、やはりレベルの高い選手が一人でも多いほうが、テニス界全体は盛り上がると思う。
     当ブログでは何度もテニス界は世代交代しなくて大丈夫か!?とか書いたが、イヤね……、準決勝のナダル×ジョコヴィッチ戦を観たら、ビッグ4同士の試合の凄まじさを見せつけられましてね……、世代交代なんてどうでもイイかな(笑)と思ってね。
     うん、世代交代なんぞ無くてもイイです。
     少しでも長い間ビッグ4が観たいかな。
     ジョコヴィッチが復活したってことは、またハードコートでの最高の試合、フェデラー×ジョコヴィッチ戦が観られるワケだ。
     このカードが再び観られるだけでも、テニス・ファンの甲斐があるってものよ!

     敗れたアンダーソン。
     昨年の全米決勝に続き、またしてもグランドスラム優勝はならなかった。
     ただ、アンダーソンは間違いなく今大会の主役の一人であった。
     ランキングもキャリアハイを更新し、今後のハードコートシーズンも期待できそう。
     とにかく、おめでとう!ジョコヴィッチ!!
     またね。


    楽曲発売中!!

    バイダさん

     ナダル×ジョコヴィッチ戦。
     サスペンデッド後のナダルは必ず生き返るイメージが在るが、やはり第4セットを6-3で奪取。
     ただし、今大会のジョコヴィッチは違う。
     完全にナダルの流れかとも思えたが、ジョコヴィッチは集中力を切らすことなく、ファイナルセットでは徐々に流れを自分の方に手繰り寄せた。
     そしてファイナルセットは、10-8でジョコヴィッチが獲り、二日がかりで勝利を収め決勝に進出した。

     当ブログではマリアン・バイダさんがコーチに復帰したから、ジョコヴィッチは復活するよ~ん!とかヌカしたが、まあまあその流れになってきましたな。
     明日の決勝、どちらもヘトヘトかもしれないが楽しみにしている。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    Author:鈴木浩憲
    ホームページ、リニューアルオープン!






    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    フリーエリア
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック