FC2ブログ

    ジジイはアジャストできないんだよ

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!

     みなさん、こんにちは。
     昨日の話なんですけどね。
     レスポール・デラックスの弦をまた換えたワケです。
     世界標準のダダリオからKEN SMITH S1046に。

    DSC_0028.jpg

     パッケージはオールドスタイルです。
     30年程前まではアコギもエレキもみんなこんな感じでした。
     現在だと密封されたパッケージが普通になりましたが、昔はそんなもんでした(笑)。
     さてケンスミス。
     当ブログで過去に書いた弦レビューでも採り上げておりました。
     その時はとても寿命が長いことに驚かされましたし、音自体にも良い印象がありました。
     寿命が長いから2週間ぐらいは張っておこうかな?などと考えていたのです。
     ところが……、うん、まあ、ある意味面白いオチになりました。

     不安の残るパッケージですが、出てきた弦は非常にフレッシュな状態を保っておりました。
     テンションは軟らかく、手触りは滑らか。
     生音の響きも結構豊かです。
     で、歪ませてみると、これが中々ローが出てけっこう迫力のある音になります。
     クリーンもけっこう太目でハッキリとした音を奏でます。
     何かイイことずくめじゃん!

     ただね、まあこれは私のピッキング・スタイルのせいだと思うのですけど、高音弦が引っ掛かる感じがしまして、ある程度以上の速さでは弾きにくさを感じるのです。
     けっこう最近の話ですが、トマスティックの弦が軟らかすぎてピッキングフォームが崩れてしまい、結局トマスティックを諦めた経験がある私。
     最初はトマスティック程は軟らかくないから大丈夫だと思ったのですけど。
     そして単に「今日は調子が悪いのか!?」とも思ったのですが……。
     試しにDRが張ってある白カスタムにチェンジしてみると……、イヤ、別に全然調子悪くないじゃん!?
     これがケンスミスを張った初日の木曜日の話。

     そして本日、うん、やっぱりとても弾きづらいわ!
     アーニーボールを張ったYAMAHA SF-7000と弾き比べると、もう全然別の楽器を弾いているような気分。

     5年前にレビューした時にはそんなこと気にならなかったのですが。
     私が年を重ねてジジイになり、ちょっとした変化に対応できなくなったのかもしれません。
     色んな意味で加齢は人の柔軟性を奪っていくのでしょう。
     ってなワケで、実はホンの3~4時間弾いただけでケンスミスやめました(笑)。
     もう既にGHSにスイッチされました。
     とはいえ、ケンスミスの名誉のために言っておきます。
     私が神経質なだけで、決して悪い弦ではありません。


    楽曲発売中!!

    ポコポコ

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!

     みなさん、こんにちは。
     ダダリオはもう生涯使わない!とかヌカしておきながら、レスポール・デラックスにちゃっかり張ってみた私です。
     さて、久しぶりのダダリオの感想ですが、もっとテンションが硬いイメージだったのですけどそうでもありませんね。
     ジムダンロップが軟らかかったので、けっこう硬く感じるかな?と思っていたのですが、まあ標準的という感じでしょう。

     何度も書いてますが、私、ダダリオの音が好きではありません。
     パッケージに”Brite Tone”とか書いてありますが、ダダリオの音をブライトだと思ったこともありません。
     ダダリオがブライトならば、GHSは”超ブライト”、アーニーボールは”超々ブライト”と言わねばなりませんね(笑)。

     ただし、これも何度も書いていますが、ダダリオの音は嫌いでも、決してクオリティの低い弦だとは思っていません。
     それどころか、やはりクオリティはトップクラスなのですよ。
     これは認めざるを得ません。

     で、今回張ってみてその印象は微塵も変わりませんでした。
     やはりこれは世界標準とでも言うべきハイクオリティな弦だと思います。
     それはクリーン・サウンドで顕著でした。
     果たしてこれが伝わるか判りませんが、たとえば今回試したSolid BondやBrite Wires、SITやジムダンロップ。これらはクリーン・サウンドの音が”電子楽器”の域を超えていないんですよ。
     ところが、アーニーボールやGHS、ダダリオ、DRなどは”弦楽器”のレベルにかなり近づいていると言うか、既にそのレベルにあると言うか、そんな感じなのです。
     音が立体的と言うか非常に深みがあります。
     ダダリオのクリーンは中音域が豊かですね。
     もちろんこれは私のタッチだとそうなるというだけの話かもしれませんが。
     アーニーボールやDRには敵いませんが、クリーン・サウンドだけだったらGHSよりも好きです。
     う~ん、ダダリオを「好きです!」と言ってしまった(笑)。

     で、ディストーション・サウンドなんですが……。
     果たしてこれも伝わるか!?っていうかきっと伝わらないと思いますが、
    「ポコポコ」鳴りますね、中音域が。
     イヤ、私の印象では「ポコポコ」としか言いようがないのです。
     そしてこの「ポコポコ」が粒だちの良い音に大変寄与しています。
     アーニーボールのように歪ませた時に暴れたりせずに、このポコポコ感(笑)が巧いこと音を立たせている気がします。
     うん、以前からダダリオはサウンドメイクがやりやすいとは思っていましたが、確かにこれは音が決まりやすいトーンだと思います。

     じゃあ私はそのポコポコ感が好きか?と訊かれたら、うん、やっぱり好きじゃありません(笑)。
     これはこれという気はしますが、私の好みではありません。
     ちょっとポコポコ鳴り過ぎです。

     ダダリオの音はポコポコ鳴る!という意見はひょっとしたら世界初かもしれませんし、あまりポジティブな意見に聞こえないかもしれませんが、やっぱりダダリオは素晴らしい弦だと思いました。
     でもそれと同時にやはり好みでないのは明らかで、「もう生涯使わない」とか守れない約束(?)を呟いてみたりします。


    楽曲発売中!!

    買わないはずだったのに

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!

     みなさん、こんにちは。
     毎日ギター弦のことばかり考えている奇特なオッサン鈴木です。
     でも何度も言いますが、決して”弦マニア”ではありませんよ。
     ってな感じで、レスポール・デラックスの常用弦はGHS、DR、アーニーボールを使いまわすことにほぼ決定。
     結論が出た安心感からムダに他のブランドの弦を試したくなるという病気が発症してしまいました。
     で、久しぶりにジムダンロップを試すこと約三日間。
     う~ん、これけっこう良いですな。
     何と言うか「潔い音」(何じゃそら?)とでも言いましょうか。
     ややローが足りない気もしますが、これを”ベスト!”だと感じる人もいると思います。

     さて、ジムダンの役目は終了し、お次は、
    「もう生涯買わないと思う」とか以前ヌカしたダダリオでございます。
     過去にも当ブログで書いていますが、私、10年程前までは普段使いの弦としてアーニーボールとダダリオを併用しておりました。
     アーニーボールと並んで「安くてどこでも買えて高品質」であり、アーニーボールの寿命の短さに嫌気がさして、寿命の長いダダリオを併用することにしたのです。

     現状のパッケージです。
    DSC_0026.jpg

    DSC_0027.jpg


     このパッケージ、密封されているのはイイのですが個別包装ではありません。
     うん、実は私がダダリオを結局やめたのは、音が好みではナイというのと、やはりパッケージがイマイチというのも理由です。
     まあムダなところには極力コストはかけずにその分は弦のクオリティに!!という感じなのでしょうけど・・・・。
     後ほど誰の役にも立たない感想を書きます。


    楽曲発売中!!

    ジムダン

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!

     みなさん、こんにちは。
     心の余裕とかヌカし、ほとんどムダとも思える弦交換をするオッサンです。
     ってなワケで、レスポール・デラックスに張られていたアーニーボールは役目を終え、JIM DUNLOP DEN1046に張り換えられました。
     パッケージは紙箱に紙袋というもの。
    DSC_0023.jpg
    DSC_0025.jpg


     以前試した5年前には個別包装の密閉ビニールそれぞれに乾燥材が入っていましたが、これはどうしたことか?現在はこうなってしまったのですかね。
     正直、日本の夏にはかなり厳しいパッケージになってしまいました。

     さて、その5年前の印象は、
    *かなりシャリシャリの音。
    *弦が異常に長い(笑)。
    *テンションは軟らかめ。
     このシャリシャリ感がデラックスのミニハムではキツ過ぎるだろうとの判断で、北海道の友人の要請を最初は断ったのですが、高音域がキツいアーニーボールが大丈夫なんだから、案外イケるのでは?と思い直した次第です。

     さて実際にはどうか?
     ディストーション・サウンドは……、そのシャリシャリ感は別に大丈夫です。
     それほど高音域がキツい感じも無く、とても歯切れの良い音です。
     弦の出力がやや低目なのでアンプやエフェクターでのゲイン調整が必要になりますが、けっこう気持ちの良い音かも。
     GHSが”ゴンゴン”、アーニーボールが”ギンギン”、であるならば、ジムダンロップは”ザクザク”といった感じでしょうか。

     テンションは巻き弦がかなり軟らかいです。
     プレーン弦も普通よりは軟らかめだと思うのですが、ちょっと巻き弦とのバランスが悪いかもしれません。
     クリーン・サウンドは、う~ん、ちょっと物足りないかも。
     弦の振動の感じは良好で弾き心地も悪くないのですが、音にちょっと艶がありません。
     この辺はDRやアーニーボールにはちょっと敵わないようです。

     パッケージには不安が残りますが、価格は500円程度であり、気に入る方もきっといるはずです。
     通常の1046セットではちょっとテンションがキツいと感じていて、シャキッとした音が好みであるならばハマる人もいそうです。
     実際、最初に試したGIBSON BRITE WIRES、SIT、SOLID BOND等より、私はこちらの方が好きですよ。


    楽曲発売中!!

    心の余裕

    Whatf.jpg
    『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』ニューリリース!!
    ギタリストは必聴かも!?

     みなさん、こんにちは。
     アーニーボールの耐久性が良くなったのは果たして私の勘違いか!?
     賛同する意見は全く聞かれませんな(笑)。
     単に私の”スパードライフィンガー”が加齢とともに一歩進んだだけかもしれません。
     まあとにかく、レスポール・デラックスの常用弦はGHS GUITAR BOOMERSを筆頭候補として、強力な(?)サブメンバーとしてDR、アーニーボールが認定されました。
     私もこれで一安心です。
     さて、心に余裕ができたことで、またムダなことをしてしまいます。
     まあムダは”豊かさ”ですよ!とワケの判らないことをヌカシてみます。
     イヤね、何故か?デラックス用としてまた別ブランドの弦を買ったのですよ。
     実はこのデラックス用常用弦の検証(そんなに大したことではナイ)を始めた当初、北海道の素敵な牛舎を持つ友人(久しぶりの登場ですな)から、
    「ジムダンロップも試して欲しい」との要望があったのです。
     しかしその時は、
    「ジムダンは以前試した時にあまりにもシャリシャリに感じたから、きっとミニハムには合わないよ」と返答しました。
     うん、きっと無理ですよ。
     しかし人間とは不思議なもので(お前だけだよ!)、常用弦がほとんど決まった心の余裕から、「ジムダンを試してみるのも面白いかも?」とか思いましてね。
     ジムダンロップを含めた3種のブランドをムダに購入してしまいました。(バ~カ)

     以下が購入された3種でございます。
    DSC_0022.jpg

     3種とも以前当ブログでギター弦レビューをした時に採り上げています。
     写真左上から、JIM DUNLOP DEN1046、D'ADDARIO EXL110、KEN SMITH S1046でございます。
     オイオイ、お前はダダリオはもう生涯使わない!とか書いてなかったか!?
     ええ、多分そんなことを書きました。
     私、ダダリオの弦を評価しておりますが、どうしても好きになれないのね。
     しかしながら、今回GHSが登場することになったワケで、ダダリオを無視するのはどうか?まあ誰もそんなこと気にも留めていないと思いますけどね。

     ジムダンロップはけっこう高評価だったのですよ。
     白カスタムに搭載されているニューP.A.Fとの相性は、まあかなりトレブリーでしたが、それはそれでかなり面白いものでした。
     ケンスミスはとても耐久性が良かった記憶があります。
     私の使用環境だとそれほどメリットにならないのですが。
     ダダリオは……、案外ミニハムに合うかもね(笑)。
     まあ完全なる趣味の領域ですね。
     今後ムダにレビューしていきます。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック