FC2ブログ

    ハヤシも在るでよ!イヤ、もとい、DT770PROも在るでよ!

     みなさん、こんにちは。
     先日、ベイヤーダイナミックDT990PROを購入したヘッドフォン好きなでアホな私ですが、現在鋭意慣らし中であります。(敬礼!!)
     実際のところ既に1週間が経過しており、外出中もDAPに繋いで鳴らしたまま放置したりしておりますので、何だかんだで100時間以上は鳴らしていますが……。
     そろそろバカレビューを書いてもイイかと思いますが、その前にベイヤーとしては初めて買ったDT770PRO80についてちょっと書いておきたいのです。
     さて、DT770PRO80。密閉型のスタジオモニターの定番です。
     モニタータイプとは言え、周波数特性は完全なフラットではありません。
     低音域と高音域が若干盛り上がっており、高品位なドンシャリという感じです。
     2万円以下で買えることを考えると、その性能は非常に高いと思います。
     うん、凄いんだよ!ベイヤーは。
     GermanMAESTROは私の中では別格ですが、それは私がアホだからであって(笑)、ヘッドフォンブランドで最高なのは!?という質問にマジレスするとすれば、
    「ベイヤーダイナミック!」と答えておけば間違いないかもしれません。
     これはテストに出るので重要です。

     さて、じゃあ私はDT770PRO80を使いまくっていたのか?
     ところがそうでもありません。(何じゃそりゃ?)
     実は購入当初から高音域が出過ぎる感じがして、ちょっと聴いていて疲れるのですよ。
     そこへ持ってきてGermanMAESTROの各機種を次々と買ったりして、ベイヤーの出番は少なくなってまいりました。
     そうね、手に取るのは週に一度とかそんな感じ。
     しかしながら、今回DT990PROを買ったこともあり、比較ついでにこの一週間はかなりの頻度で使っております。
     今もこれを書きながら使っているのですけどね。
     でどうなの?
     う~ん、以前は気になっていた高音域のキツさが無くなった気がします。
     耳が慣れたんだろう?って。
     イヤね、慣れるほど日常的には使っていませんでしたから。

     ところで、ベイヤーダイナミックの音はマニア間では「暗い」と言われていたりします。
     私、最初は全然そうは思わなかったのですけど……。
     ちなみにGermanMAESTROは中高音域のヌケが良くて非常に明るい音なんですけどね。
     う~ん、GermanMAESTROを常用していたせいなのか、最近ベイヤーの音が暗いというのがちょっと判りかけて来たかもしれません。
     それがどうした?という話ではありますが。
     まあとにかくDT990PROのバカレビューの前振りになんか全然なっていない気がしますが、
    DT770PROという機種も非常に素晴らしいのですよと。
     個人的には、壊れたらもう一度買うんじゃないかと思えるぐらいには好きです。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    換気扇

     みなさん、こんにちは。
     昨年の10月、つまり1年ちょっと前になりますが、私はヘッドフォン好きのアホなオッサンとして初めてベイヤーダイナミックのヘッドフォンを手にしました。
     DT 770 PRO 80という世界的にモニターヘッドフォンとして使われている定番モデルです。
     このヘッドフォン、気に入っています。
     使用頻度は愛するGemanMAESTROの存在のせいでそれほど高くないのですが、このヘッドフォンを手に入れたことで、ベイヤーダイナミックというブランドに対する私の印象はとても良くなりました。
     エントリーモデルでもこの音なのね!?とちょっとビビりましたよ。
     GermanMAESTROは例外的存在としてもこのベイヤーダイナミックは、”きっとそのうち別のモデルも買うであろうブランド・リスト”の上位に君臨することとなりました。
     まあデザインは酷いと言うか怖いと言うか……。
     その技術を音に全振り!していると考えるしかナイですが。
     ちなみにこのDT 770 PRO 80を装着している私の姿ってのは、本人でも爆笑を禁じ得ないという感じです。っていうか、このヘッドフォンを着けてもルックスが変にならない人類っているのでしょうか?ちょっと想像ができませんね。
     世間でこのヘッドフォンのルックスは”ヤカン”と揶揄されています。
     イヤ、ホントにそんな感じです。

     ってな感じでベイヤーダイナミックについて書いたことで、カンの良い読者様であれば私が今回新たに購入したヘッドフォンが何であるか?昨日の記事と併せればお判りになったことでしょう。
     イヤイヤ、判ったも何も誰も興味は無いですって!?
     ええ、そんなことは百も承知ですが一応ここに発表します。
     そうです、ベイヤーダイナミックDT 990 PROですよ。
     開放型ヘッドフォンのベストセラーモデルです。
     ひょっとしたらAKG K701を予想した方もいたかもしれません。
     もちろん、こちらも考えないでは無かったのですけどね。
     現在の私のブランドイメージだとAKGよりベイヤーの方が上なのです。
     実はAKGのルックスって好きじゃないんです。
     えっ!?ベイヤーだって相当酷いとさっき書いたばかりじゃ!?
     イヤ、正直どちらも酷いのですが、っていうかそもそもヨーロッパのトップブランドでデザインがマトモなのはゼンハイザーしかないじゃん(笑)。

     ちなみにDT 770 PROがヤカンならば、このDT 990 PROは”換気扇”と言われております。
     ええ、全くその通りです。
     でも写真で見るより現物の方がちょっとマシです。
     まあそういうことで、程よく慣らしが終わったらレビューします。


    楽曲発売中!!

    理由

     みなさん、こんにちは。
     先日、相方に訊かれました。
    「アンタはヘッドフォンを何個も買っているけど、ギターは何本も欲しいとは思わないの?」
     ええ、実はそんなに欲しくならないんですよ。
     もちろん、ギターの場合はヘッドフォンに比べて価格が高いとか置き場所に困るとかの理由もありますが、実はそれが決定的な理由では無いのです。
     仮定の話ですが、もしギターとヘッドフォンの価格や大きさが同じくらいだとしても、きっとギターはヘッドフォンのようには買わないと思います。
     何故か?
     ギターってやれることがいっぱい在るんですよ!
     つまりとりあえず1本のギターだけで、ギターそのもののセッティング、アンプ等のセッティング、自分の弾き方などを変えることで色んな音が出せるのですよ。
     もっとも私の場合、ギターやアンプを変えても友人から、
    「いつも同じ音じゃん!(笑)」
    とか言われるのですけどね。
     ところが、ヘッドフォンは基本的にそのヘッドフォンの音が在るだけなのです。
     私はヘッドフォンを買ったら、そのヘッドフォンの音を基本的には受け容れるしかありません。
     ギターのようにアレコレ引っ掻き回す(笑)ことができないのです。
     だから違う音が欲しかったら(出したかったら)、それは別のヘッドフォンの出番なのです。

     ウチの相方、この説明で納得していました。
     さて、どうしてこんな話を書いたのか!?
     まあ私はアホですので実はまたヘッドフォンを買ったのです。
     本日届きました。
     ムダに勿体つけてまだ型番は明かしません。
     それなりに慣らしてからレビューもどきを書くつもりです。
     ちなみにヒントは、現在1万円台で買えるメジャーブランドの開放型ベストセラー機種です。
     現在と書いたのは以前はもっと高価だったことを意味します。
     ヘッドフォンに詳しい方なら直ぐに3機種ぐらいに絞れることでしょう。


    楽曲発売中!!

    大丈夫だよ~ん

     みなさん、こんにちは。
     私の愛するGermanMAESTROの正規代理店であるスタジオジータさんの販売サイト。
     やはり主力機種であるGMP8.35Dは”SOLD OUT”の表示が変わらぬままです。
     今後どうなるのか?
     サウンドハウスさんあたりが代理店をやってくれたりすると安心なのですが……。

     話は変わって昨日、将棋のA級順位戦5回戦、佐藤天彦九段×三浦弘行九段戦がありました。
     何と昼食休憩前に終盤に突入するという順位戦らしからぬ将棋。
     これは15時ぐらいには終局するのでは!?とか思いましたが、結局のところやはり順位戦らしく、終局は日付が変わりました。
     で、勝ったのは三浦九段。
     駒損を厭わぬ鋭い攻めで押し切りました。
     勝った三浦九段は3勝2敗ですが、心配なのは佐藤九段で1勝4敗。
     前名人ですから順位は一位なのですがB1降級の可能性が出てきました。
     ちなみに名人失冠直後の順位戦で即降級となった例は過去に無いようです。
     う~ん、佐藤九段は将棋普及の面で頑張っていたので、何とか即降級は避けて欲しいものです。

     さて、また話は変わってDR弦。
     先月の交換時にレポート開始時の目標を達成したのですが、一応報告します。
     31セット目でしたが大丈夫だよ~ん。
     これはネットで購入した3セット目でしたが、やはり不良ではありませんでした。
     もうほとんど心配する必要は無いのかもしれません。

    楽曲発売中!!

    退屈でもそれが正義か

     みなさん、こんにちは。
     高音弦のピッキングフォームの見直しを初めてから二か月以上が経過し、どうやらかなり”モノ”になってきたようです。
     まあ他人が見ても聴いてもほとんど判らないとは思うのですが(笑)、本人比では納得の行く感じになりました。
     ただし、ちょっとした問題も生じています。
     それはピックなんですけどね。
     私は現在PICBOYのメタカーボネイトというピックを使っております。
     ちなみにこちらのリンク先に載っているMETA CARBONATEというのがそのピックで、これのピンクと白の2色を使っています。
     このページはメーカーオフィシャルなのですが、現在は4種類しか載っていませんね。
     私がこのピックを使い始めた当初は、これとは別に青地に黒文字、青地に銀文字も他に在って全部で6種類のバリエーションでした。
     このピック、成型後に着色しているのではなく、素材を着色後に成型されていると思われます。
     実はこのピックの前世代モデルから私は使っておりまして、その前世代のモノも何色かバリエーションが在りまして、色によって多少の弾き心地というか削れ具合が違うを知っておりました。
     ですから、現在のこのモデルが導入された時に、6種類全てを試奏して感触の良い2種類を選んだワケです。
     ピンクと白が選ばれたのは見た目ではなく、演奏性によってなのですね。

     で、ピッキングフォームの見直しをする以前には、このピンクと白では全く同じモノと言ってイイぐらいに違いが判りませんでした。
     弾いた感触、そして削れ具合もにも差を感じることはありませんでした。
     自分的にはワザワザ6種類を弾き比べて選んだのだから当然じゃわい!とか思っていました。
     しかし、ピッキングフォーム見直し後、う~ん、どうやら差が出るようになってしまいました。
     白は全然これまでと変わらない感じなのですが、ピンクの方が……、ちょっと削れ方が違ってきてしまいましたな。
     エッジの部分の普通なら削れてしまうところがほんの少しですがめくれ上がるような感じに。これがちょっと厄介なんです。
     
     ところで、私はピックを50枚単位で買うことにしています。
     その理由は圧倒的に単価が安いからなんですけど。(定価の6割)
     実はピンクのストックがけっこう少なくなっていて、次はピンクを50枚買うつもりでいたのですが、フォーム見直しによるこの結果から、結局白を買ってしまいました。

     演奏性が第一なのだから今後は白で統一すればイイじゃん!?という話ですね。
     ええ、その通りです。
     ただ、このメタカーボネイトのピック、前世代から数えるとほぼ30年使い続けているのですが、これまでただの一色で統一されていた時期はありません。
     ホントは一色で統一した方が良いんじゃない!?だって色によって微妙に弾き心地が違うんでしょ!?だったらベストなモノ一色にすべきですよね。
     まあアタマでは判っているのですが……。
     でも何か……、一種類だけだと退屈な感じがしません!?(そうか?)
     うん、何かこうツマラナイ気がするのですよ。

     ってなワケで、本来であれば白一色で行くべきところですが、余計なことを考え始めています。
     つまり、以前検証してダメ出しをした別の色、つまり赤系統を導入してみようか?ってことです。
     だって以前検証した時とはフォームが変わっているのだから、案外赤もイケルかもよ!?
     まあ、勝手にせいよ!!という話ですね。
     
     ちなみにオフィシャルのリンク先のページをご覧になると判りますが、この私が使っているピック、3名ほど使っているアーティストがいますね。
     ってことは、今後しばらく生産中止の憂き目に遭う可能性は低いってことです。
     これは私にとって朗報です。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック