FC2ブログ

    初心に帰る

     みなさん、こんにちは。
     このところムダにパソコン関係の記事が続きましたが、今回は当ブログとしての本来の流れ(?)であるギター弦の話です。
     最近、Thomastik Infeld製の弦を3セット程試しました。POWER BRIGHTSを黒カスタムに、IN110をレスポール・デラックスとYAMAHA SF-7000に。
     これらは既に全て他のブランドの弦に張り換えられています。
     ところでこのThomastik Infeld、指弾きには大変良い感じなのですが、私個人としてはフラットピッキング時のテンション感の無さが弾きにくいと思いました。

     イヤ、それどころか!
     ここからは当ブログの仕様でもある(笑)私の戯言だと思って頂いて構わないのですが……、まあね、え~と、私のピッキングスタイルでこの弦を使っていると”ヘタ”になるような気がします。
     イヤ、実際のところ、この弦を張っているギターを使っていつもの基礎練習をやっていた過程で感じたことなのですが、うん、ホントにフラットピッキングがヘタになっていたと思います。
     もちろん、これまで弾けていたパターンがモロに弾けなくなった!と言うほどではありませんが、これまでは楽に弾けていたはずのパターン、テンポにおいてかなりツラくなったのは事実です。
     そして、Thomastik Infeldが排除されて基礎練習をしている今現在、いとも簡単に以前のレベルに戻ったと思われます。
     またこのオッサン、馬鹿げたことを!と思われようがかまいません。これは事実です。 
     まあフラットピッキング限定ではありますが、私とこのブランドの弦は相性が最悪なようです。
     アーニーボールやDRの弦を弾いている限りでは、私の基礎技術に狂いは生じないのです。
     きっとThomastikはテンションが緩いので、ピッキング時の力の入れ方やフォームが微妙に狂ってしまうのだと思われます。
     もちろん、これは私限定の話でして、みんなもそうだ!などとは言いません。

     さて、全く信用されない話はイイとして(笑)。
     レスポール・デラックス用の弦はR.Coccoで決まり!と思われましたが……。
     実を言うと未だ悩んでいます。
     R.Coccoはミドルが豊かでそれが良い所なのですが、しばらく弾いていまして、
    「そもそもミドルが豊かって俺の好みか!?」
    という疑問が湧いてきました。
     確かにデラックスのミニハムは高音域寄りのサウンドなので、R.Coccoのミドル、そしてローも豊かなところが巧いことミニハムのサウンドを纏めているとは思います。
     でもさぁ~、「纏めてどうする!?」という気もするのですよ。
    「これがミニハムだオリャ~!!」というのが正しい気もします(笑)。
     ってなワケで、もう既にデラックス用にとR.Coccoの弦はストックされているのですが、初心に帰って先ほどアーニーボールに換えてしまいました。
     今後の展開では結局アーニーボールということになるかもしれません。
     まあR.Coccoのストックは気分によってどのギターに張ってもイイですからね、これはこれで素晴らしい弦ですから。

     弦なんて何でもイイじゃん!という人もいますし、別にそれを否定はしませんが、ギタリストの皆さん、一度は弦巡りの旅に出てみるとそれはそれで楽しいですよ。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    私には合わないのかも

     みなさん、こんにちは。
     黒カスタムに張ってあったThomastik-Infeld POWER BRIGHTSに別れを告げました。
     約3週間、そのタッチの良さは他の追随を許さないことが判明しました。
     ただし、私の場合のそれはフィンガーピッキングに限ったことだとも思いました。
     フラットピッキング(ピック弾き)だとどうにもテンション感が弱くて、
    「今俺はこの音をプレイしている!」
    という実感が薄いのです。
     何だか妙にピックが振り切れてしまって、自分でコントロールしている感じが乏しいのです。
     もちろん、これはアホな私に限った話であって、多くの人は単に”弾きやすい”と感じることなのかもしれません。
     そして新たに張り換えたのは長年愛用してきたERNIE BALL REGYLAR SLINKYであります。(敬礼!!)
     今更ですが、私、この弦がやっぱり大好きです。
     ややざらついた感触やコントロール必須の高音域は、”弾き倒してやるぜぇ~!!”という気合に満ちてきます。
     私がギターを弾き続けるには、この多少の困難(?)が必要なのだと思いました(笑)。
     しかしPOWER BRIGHTSも素晴らしい弦です。
     コーティング弦のような長寿命の弦でないことを考えればかなり高価ですが、それだけの価値を感じることができる人はかなり多数に及ぶと思います。
     むしろ私の方が少数派なのでしょう。
     実際、POWER BRIGHTSは皆さんも一度試してみることをお奨めします。
     ただし、ERNIE BALLやGHSのようなガシガシ系(?)を愛用している人には合わない可能性もあります。
     その辺は自己責任でお願いします。


    楽曲発売中!!

    迷惑はかけていない

     みなさん、こんにちは。
     本日ギター2本の弦交換をしました。
     レスポール・デラックスをThomastik-Infeld IN110からR.Cocco RC10に。
     YAMAHA SF-7000はERNIE BALL Regular SlinkyからThomstik -Infeld IN110に。
     相方からは、「アンタ暇さえあれば弦交換してるのね(笑)」と言われました。
     ええ、まあ弦交換好きですから。
     ところで、どうでもイイことなんですけどこの弦交換により、現在所有する6本のギターは全て異なる弦が張られていることになりました。

     黒カスタム→Thomastik-Infeld POWER BRIGHTS
     白カスタム→DR MT10
     レスポールデラックス→R.Cocco RC10
     YAMAHA SF-7000→Thomastik-Infeld IN110
     Blade R-4→ERNIE BALL Super Slinky
     Tokai ST-60→ERNIE BALL Regular Slinky

     果たしてこれに意味なんて在るのでしょうか!?
     イヤ、特に在りません(笑)。
     判っているのは私がアホだということぐらいです。

     ところでR.CoccoとThomastik-Infeldについては、初めてではないものの常用に近い状況で使っているのはここ二ヶ月ほどです。
     R.Coccoはデラックスのミニハムに最も合っている気がします。
     Thomastik-Infeldはフィンガーピッキングのやり易さはズバ抜けていますが、フラットピッキングの感覚が私は好きではありません。

     まあヘタすると5種類をストックすることになるかもしれません。
     でも万能な弦なんて無いでしょうから、それも仕方ないかもしれません。
      

    楽曲発売中!!

    古いのじゃん

     みなさん、こんにちは。
     毎月恒例のDR弦の交換時期がやってまいりました。
     ところで、以前の交換時期は毎月末だったと記憶しているのですが、いつの間にやら微妙にずれて月初になってしまいましたね。
     今年になってギターが一本増えて白カスタムの使用時間が多少減ったせいですわ。
     ってなワケで、一か月が過ぎたから交換するのですが、イヤぁ~、まだまだ弦はピンピンしているのですよ。
     うん、DRの寿命はけっこう長いです。
     アーニーボールは勿論のこと、R.CoccoやThomastik-Infeldよりも優秀な気がします。
     とにかくちょっと勿体ないなとは思いつつ生涯37セット目の交換です。
     ところで前回の交換の時、内袋のパッケージが変わったのに写真を撮るのを忘れてしまいました。
     ですから、今回はまずそのことを念頭に置いてパッケージを開けたのですが・・・。
     あのさ、古いパッケージじゃん(笑)。
    DSC_0004.jpg

     例のシワシワで頼りない密閉されているのか怪しいビニール袋です。
     う~ん、前回の弦と同時期に同じ店で購入したモノなんですけどね。
     まだ完全に新パッケージに切り替わっていなくて混在している状態なのかもしれません。
     いきなり出鼻を挫かれた感じですが、あと2セットあるストックを開けてみる気もしませんでしたので、まあこれをそのまま張りました。
     最近はもうほとんど心配していないんですよ。
     ショボいパッケージながら(笑)、中身の弦は完璧でした。
     前回はパッケージが変わったことで中身のクオリティも上がったような気がしましたが、今回は従来パッケージであってもクオリティが上がっているように感じました。
     実際、品質は向上しているかもしれません。

     このところR.CoccoやThomastik-Infeldなども使ってみて、勿論これらも素晴らしい弦なのですが、同時にDRの素晴らしさも痛感します。
     っていうか、私はきっとDRが”好み”なんだと思います。
     これで不良率は37の1となり、もうほとんど「不良!?何それ美味しいの?」状態になりつつあります。
     当ブログの推奨弦はやはりDRでございます。


    楽曲発売中!!

    チャレンジングな気持ち

     みなさん、こんにちは。
     やや更新が滞っておりましたが、体調不良(例の感染症とは関係ない)やスマホの不調が重なってしまったからです。
     実は私、ネット関係などはほとんどPCでやる人で、スマホなんてただ持ってるだけのような状態です。
     スマホをチェックするという習慣がほとんどありませんので、ラインが来ていても半日以上放置とか度々あります。
     そんな私のスマホは未だにiPhone5(笑)だったりするのですが、遂に噂の”リンゴループ”に遭遇しました。起動できませんな。
     一応PCの知識を総動員して足掻きましたが、どうやらもうダメな感じです。
     実は個人的には携帯なんか要らないと思っているのですが、対外的にはそうもいきませんので、この故障を機に機種変更することになりました。
     非常事態宣言のこの時期、携帯ショップは予約制で一日に五人までしか受け付けないのですね。何とか予約は取れまして明日行ってきます。
     でも本音を言えば機種なんてどうでもイイです(笑)。
     友人・知人・お世話になっている方々への義務感のみであります。(敬礼!!)

     ってなワケで、このところギター弦の話題が続いていますが今回もそうです。
     本日はレスポール・カスタムの2本を使ってThomastik Infeld POWER BRIGHTS(黒カスタム)とDR(白カスタム)の弾き比べをしてみました。
     この2本のギターはピックアップこそ違いますが、年代も一年違いでそれ以外の仕様はほぼ同じですので、弦の比較はしやすいと思われます。

     さて、正直言って弦の違いによる弾き心地は全然違います。
     うん、同じモデルを弾いているような感じではありません。
     そもそも弦のタッチがかなり違います。
     POWER BRIGHTSはホントにタッチが素晴らしい。
     弦に対する入力が楽と言うか、繊細に意のままにできる感じです。
     じゃあ、DRはそうじゃないのか?

     単純にどちらのタッチが優れているか?という話ですと、多分ほとんどの人が、そうですね100人中120人くらいがPOWER BRIGHTSに軍配を上げることでしょう。
     ではDRの方が弾きづらい弦なのか?
     う~ん、それも違うんですよ。
     DRはDRなりの独特の”プリプリ感”が在りましてね。
     これがけっこう指に心地良いのです。
     実はそのプリプリ感、音にも顕れるのですよ。
     もうこのオッサン何言ってんのよ!?って感じですが、DRを弾いたことがある人なら判る人はきっといるはずです!

     コントロールしやすいのは圧倒的にPOWER BRIGHTSなのですが、DRはDRでコントロールすること自体が気持ちイイ!という感じなのです。
     労力は使いますがそこには同時に喜びも生まれる感じなのです。

     DRを推奨弦にしているのは勿論音が素晴らしいのが理由ですが、このプリッとした弾き心地に魅了されているということに気づきましたわ。(おせぇ~よ!)
     
     さて、POWER BRIGHTSは高価ですが、それに見合うだけの魅力を備えていると思います。
     そのタッチはほとんど至高とも言えるもので、今後も度々買うことになると思います。
     ただ、全てのギターにこの弦を張りたいか?と問われたら、答えはノーです。
     価格が普及価格帯の弦と同じくらいであっても多分やらないでしょう。
     馬鹿げている話に感じるかもしれませんが、この弦は何と言うか”チャレンジングな気持ち”を奪ってしまうような気がするからです。
     ええ、イイんですよ。アホでMっ気のある私にはそのぐらいがちょうどです(笑)。

     ってなワケで、当ブログの推奨弦はやはりDRが不動の地位を守っております。
     まあしかし、弦に拘ってみたいという方は、POWER BRIGHTSを一度試してみることをお奨めします。
     ただし、他の弦に戻れなくなっても私は責任を持ちません。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック