FC2ブログ

    番狂わせとまでは言わない

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     Euro2016も1ヶ月の熱戦を終えた。
     前回の2012年の時は当ブログで感想をムダに書きまくったが、今回はやや冷めた視線だったか!?
     ってなワケで、フランス×ポルトガルの決勝。
     もう完全に“開催国優勝”の流れに思えたのだが、前半途中にエース、クリスティアーノ・ロナウドを負傷交代で失ったポルトガルが延長戦の末1-0で勝ち、欧州チャンピオンとなった。
     私はここまで決勝トーナメントでポルトガルが勝つ度に、
    「何でやねん?」と書いてきたが、まあそんなモノである(笑)。
     別にイイワケするのではないが、数あるメジャー・スポーツの中ではサッカーが最も“番狂わせ”が起こり得るのだ。
     言い換えれば、タレントに劣るチームにも勝つ可能性が在るスポーツである。
     だからこそ世界で最も人気のあるスポーツなのかもね!?

     まあ、とはいえポルトガルの優勝は“番狂わせ”と言う程でもないな。
     ここはひとつ大人になって(笑)、素直に賛辞を送りたいと思う。
    “おめでとう、ポルトガル!!”
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    世界最高じゃなかった

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     Euro2016、もう一つの準決勝はフランスが勝ちましたな。
     先日も書いたけど“開催国優勝”の流れになりましたな。
     ドイツは別にPKを取られたから言うワケじゃないけど、シュバインシュタイガーなんかを使うからですな。
     彼のこれまでの実績には大いに敬意を払うし、確かに途中出場した準々決勝イタリア戦ではそこそこ良かったとは思う。
     でも、私の中では昨シーズンのユナイテッドでの不甲斐なさから、既に“終わった選手”ということになっている。

     とはいえ、それよりも直接のドイツの敗因は、トーマス・ミュラーの不調に尽きるかも。
     実は私、メッシでもロナウドでもなくミュラーこそが現在世界最高のサッカー選手だと思っている。
     その彼は、今大会通じて本来の姿では無かったと思う。
     もっともここ3年ぐらい、“イマイチなミュラー”ってのをほとんど見た記憶がナイ。
     やはり彼も人間だったのね。
     調子が悪い時だってあるよね。
     それが非常に悪いタイミングで顕れたってことなのだな。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    やっぱり外しましたな

     みなさん、いつも訪問ありがとう!
     Euro2016もベスト4が出揃いましたな。
     何でポルトガルが残ってるのよ!?
     というのがムダな個人的感想ですな。
     それにしてもレッド・ドラゴンズはやりましたな。
     レッド・デビルズは最終ラインの二人、ヴェルマーレンとヴェルトンゲン不在が響いたのと、先取点を取ってからやや消極的になってしまったのが拙かったのね。

     ドイツ×イタリアは壮絶なPK戦の末、ドイツの勝利。
     ドイツはビッグ・トーナメントで初めてイタリアに勝利。(とはいえFIFA公式記録上は引き分け)
     PK戦での決着はいつも胸が痛みますな。
     まあ今回はドイツが終始優勢だったから妥当な勝利とも言えるのだけど。
     ちなみに個人的意見だが、ドイツはミュラーが“いつものミュラー”ではなかったかもしれない。何と言うか「いつものミュラーだったらあと半歩先に行ってたでしょ!?」という場面が何度かあったような気がする。
     エジルとクロースは調子悪くなかったから、ミュラーがいつもの調子だったら、3-1ぐらいでドイツが90分で勝利していたような気もする。

     フランスは今大会のサプライズ・チームであるアイスランドを順当に破った。
     実はこの試合、まだ観ていない。レコーダーに眠っている。
     本日この後ヒマがあったら観るつもり。(ナイかもしれない)

     ってなワケで、ベルギーの優勝を予想した私だが、見事に例によって外しましたな。
     まあしかし、何となく“開催国優勝!!”という流れだな。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    制作の合間の観戦も大変だ

     みなさん、いつも訪問ありがとう!
     更新ペースはイマイチなのだが……。
     ってなワケで、ウィンブルドンは始まっているし、Euro2016も決勝トーナメントへ、そして今週末からツール・ド・フランスも始まるのよ。
     う~む、どれをライヴで観てどれを録画にするか?
     ムダに悩むことになりそうだ。

     とりあえず本日はここまでのEuro2016の感想を書く。
     ベスト8まで出揃ったのね。
     スイスがポーランドに負けるとは思ってなかったし、クロアチアもポルトガルに負けるとは思っていなかった。
     ポルトガルってクリスティアーノ・ロナウドがいるからだと思うのだが、ムダに評価が高くないか?
     正直大したチームだと私は思っていない。
     つまりベスト8の最初の試合はスイス×クロアチアになると予想していたのだが、どちらもコケてしまった。
     ポーランド×ポルトガルってのは、私的にはベスト8のうち最も興味のないカードである。

     ウェールズは頑張っている。
     非常に好感が持てるチームね。
     で、ベスト8ではベルギーとの対戦になる。
     レッド・ドラゴンズ(ウェールズ)とレッド・デビルズ(ベルギー)の試合ってワケで、スタジアムは真っ赤に染まることであろう。
     ドラゴンとデビルはどっちが強いのか?
     う~む、デビルは不死身だよな!?
     ドラゴンは退治されるのだろうか?

     冷静にタレントから判断すれば、やはりドイツが最も優勝候補に相応しいと思う。
     ベスト8はイタリアとの対戦となる。
     しかしながら、今大会のイタリアはこれまでのジンクスに沿って「前評判が低い時には快進撃!!」なのである。
     そしてドイツはこれまでイタリアには何故かあまり相性がよろしくない。
     それでもミュラー、クロース、エジルを揃えるドイツが負けるとはちょっと考えにくい。

     ちなみEuro3連覇ならなかったスペインだがWOWOWの放送で、今大会の正GKがカシージャスではなくデ・ヘアであることをムダに話題にしていたのだが、そんなことイチイチ言う程のことか?と思った。
     確かにカシージャスはかつてブッフォン、チェフと並ぶ世界3大キーパーだった。
     しかし現在の世界3大キーパーと言えばノイアー、ロリス、デ・ヘアだろ!?カシージャスがベンチなのは議論の余地などナイ。

     ちなみに私の友人は普通に開催国のフランスが優勝するだろうと言っている。
     確かにこのようなビッグ・トーナメントではコンディションの維持という観点から考えると、開催国の有利は揺るがないよね。
     しかもフランスのベスト8の相手はアイスランド(!!)である。
     っていうか、そのアイスランドに敗れたイングランドは赤っ恥だと言えよう。
     4部リーグまでプロの国が、プロ選手が100人しかいない国に敗れたのである。
     もっとも今大会のイングランドには期待していなかった。
     正直GKのジョー・ハートは出場国中最低レベルのGKだし、昨シーズンほぼ出場していない選手(ウィルシャー)が代表に選ばれているのである。
     どうせ優勝など出来るワケないのだから、これで良かったのかもしれない。
     アイスランドの健闘には賛辞を送りたい。

     ってな感じで、現時点での優勝予想をムダに書く。
     やはりドイツと言いたいのだが次戦イタリアにはビッグ・トーナメントでは勝ったことがナイのと、今大会のイタリアの勢いが恐ろしいよね。
     仮に勝ったとしても準決勝は多分フランスと対戦だし、タフな戦いが続くのは間違いない。
     それに比べると反対の山にいるベルギーは有利じゃないか?
     もっともベルギーもアザールがキャプテンというのがちょっと違和感だが……。
     それでもどうせ中らないから(笑)、ベルギーの優勝ということにしておく。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!

    リラックスして観たいのだな

     みなさん、いつもご訪問ありがとう!
     ブログのサブカテゴリに“サッカー”がある当ブログなのに、現在進行中の欧州選手権2016について一度も触れていない。
     4年前の欧州選手権の時にはほとんど毎日のように書いていた記憶が在るのだが……。
     観ていないワケでもナイ。
     もっともそれなりにキチンと観るのは一日に1試合がせいぜいだが……。
     
     イヤね、ブログに書くとなると試合を真剣に観なくては!という強迫観念に駆られるのよ(笑)。
     楽しみであるはずのことが“義務”みたいになっちゃうのだよ。
     つまりね、今大会はリラックスした気持ちで観たいのである。
     だから書かないのだ。まあ、どうでもイイ事だが……。

     とにかく……、イングランドがウェールズに勝ったのは良かった。
     一応ヴァーディーは自身も得点し、決勝点にも絡んだが、自分達がポゼッションできる状況の時にはあんまり活きないよね。
     ドイツやスペインのようなチームが相手の時の方が活きると思うわ。
     またね。
     ギターレッスンの生徒さんは随時募集中!!

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック