FC2ブログ

    稀に見る死闘

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンテニス決勝。
     ナダル×メドベージェフはフルセット、4時間51分の死闘の末、ナダルが全米では4度目、グランドスラム通算19度目となる優勝を果たしました。
     おめでとうナダル!!
     そして素晴らしい試合をありがとう!メドベージェフ。
     テニスファンであることを幸運だと思うような試合でした。
     これでナダルはフェデラーの持つグランドスラム優勝最多記録にあと一つ。
     フェデラーが記録を伸ばすことは難しそうであり、ナダルには全仏があるので追いつくのは確定的かもしれません。
     とにかくおめでとう、ラファ!!


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    ジョコフェデ以外では

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンテニスの決勝はナダル×メドベージェフになりました。
     このカードは先日のマスターズ1000モントリオール大会の決勝と同じです。
     ちなみにその時はナダルの圧勝でした。
     しかしその翌週のマスターズ1000シンシナティ大会(ナダルは欠場)でメドベージェフは優勝しています。
     実はメドベージェフはモントリオールの前週ワシントン大会でも決勝に進出していまして、この北米ハードコートシーズンは4大会連続の決勝進出です。
     ランキングも大会後には4位になることが決定しています。
     つまり、メドベージェフはビッグ3に次ぐ選手であることは間違いなく、ナダルへの挑戦権を獲得したのは当然なのです。

     楽しみではあるのですが……、まあ、ナダルが勝つよね!?
     現状、ジョコヴィッチとフェデラーを除いた選手の中でナダルに最も勝てそうなのはメドベージェフだとは思うのですが……、
     まあ、ナダルが勝つよね!?
     今年の全米はビッグ3(ビッグ4)同士の対戦が在りませんでした。
     確実に時代は流れているのですね。
     果たしてメドベージェフは新時代の到来を告げることができるでしょうか?
     うん、それも良し!
     そしてもちろん、ナダルが勝つのもそれはそれで良し!

    楽曲発売中!!

    どうしても実現せず

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンテニス準々決勝、フェデラー×ディミトロフ戦。
     フルセットの末、ディミトロフの勝利。
     嗚呼、これで今年も全米におけるナダル×フェデラーのカードは実現せず!
     もうほとんど最後のチャンスかと思われましたが……。
     10年以上にわたってタイトルを争い続ける二人なのに、どうしてこうなったのでしょう?
     テニス界の七不思議のひとつ(あと六つは各自で考えて下さい)かもしれません。

    楽曲発売中!!

    初対決なるか?

     みなさん、こんにちは。
     全米オープンでジョコヴィッチが敗退しました。
     4回戦のワウリンカ戦、4-6、5-7、1-2となったところで棄権。
     もともと試合前から万全の体調では無かった模様です。
     う~ん、そうかジョコヴィッチがいなくなったのか。
     この結果を受けてどうしても期待してしまうのは、ナダルとフェデラーの”全米初対決”ですね。
     この二人、これまで40回も対戦しているのに何故か全米での対戦は在りません。
     両者の対戦が実現するには決勝しか無かったワケですが、フェデラーにとってジョコヴィッチが壁になることが予想されていました。
     その壁が無くなったことでちょっと現実味を帯びてきましたが、案外どちらも決勝以前に負けたりするかもしれません。
     だって33歳と38歳ですぞ。


    楽曲発売中!!

    神々の戦い

     みなさん、こんにちは。
     ウィンブルドン決勝、ジョコヴィッチ×フェデラー。
     何と!試合時間は今大会最長となる4時間57分。
     ファイナルセットが12-12になったらタイブレークという新ルールが適用されることになりました。
     結果は3回あったタイブレークを全て制したジョコヴィッチの勝利。
     おめでとう!ノヴァク。
     終始劣勢とも言える試合展開にも拘わらず、感情を完全にコントロールして要所のポイントを獲るそのメンタルと技術は人間のそれとは思えません。
     そしてフェデラー。
     私はセットカウント3-1かヘタをすればストレートでジョコヴィッチが勝つと思っていました。
     その予想を(まあ素人の予想ですけどね)完全に覆し、ジョコヴィッチ相手に互角以上の戦いを見せてくれました。
     ファイナルセット、サービスゲームでマッチポイント2本という場面が在ったのですけどね。
     いつぞやの全米でもジョコヴィッチ相手に同じような場面から逆転を許したことがありますが、その悪夢を再現してしまいました。
     トータルポイントではフェデラーが14ポイントも上回り、スタッツ上ではアンフォースドエラー以外の項目で上だったにも拘わらず、要所を逃してしまいました。
     まあ相手がジョコヴィッチだからこそ、こうなってしまうのでしょうけど……。

     しかし準決勝からのビッグ3絡みの3試合。
     ビッグ3が如何に別次元にいるのか見せつけましたね。
     彼らが少しでも現役を長く続けてくれることを切望します。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック