FC2ブログ

    鬼メンタル

     ローランギャロス決勝。
     予想通りと言ってしまえばそれまでですが、ナダルがローランギャロス12回目、グランドスラム通算では18回目の優勝を遂げました。
     おめでとう、ラファ!!
     フェデラーの持つ最多20回の記録にもグッと近づいてきました。
     敗れたティエム。
     連戦となってしまった疲労の中にあって、昨年よりも明らかな進歩を見せてくれました。 
     うん、1セット獲りましたからね。
     プロスポーツの世界では”頑張った!”は意味が無いかもしれないですけれど、この敗戦はきっと今後の大きな糧となることでしょう。
     まあそれにしても、ナダルの凄さ。
     体力と技術はもちろんですが、何より凄いのはその強靭なメンタルですね。
     ビッグ3はいずれもそのメンタルの強さを語られることも多いですが、その中でもナダルは別格だと思います。
     そしてグラスコート(芝)シーズンが始まります。
     クレーコートシーズンに久しぶりに参戦し、ナダルに敗れたフェデラーの逆襲は如何に!?


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    昨年と同じカードに

     みなさん、こんにちは。
     ローランギャロス、サスペンドになっていた準決勝もうひと試合は、再び中断を挟む展開となりましたがフルセットの末、ティエムがジョコヴィッチを破り決勝進出。
     決勝は昨年と同じカードとなりました。
     ジョコヴィッチは幾度となく集中が切れた場面があり、いつものジョコヴィッチらしさに欠けるところがありましたが、それにしてもティエムの頑張りは素晴らしかった!
     決勝は本日。
     中一日の休養を取れたナダルと連戦のティエム。
     ただでさえナダル有利と思われているところに加えて日程的なアドバンテージ。
     まあしかしティエムの若さゆえの回復力に期待しましょう。
     ある意味プレッシャーもティエムの方が少ないでしょうから。


    楽曲発売中!!

    風吹き荒れる中に鬼

     みなさん、こんにちは。
     ローランギャロス準決勝、ナダル×フェデラー戦。
     大方の予想通りナダルの6-3、6-4、6-2のストレート勝ちに終わりました。
     ただ”凡戦”という感じでもなくフェデラーはけっこうよく戦ったと思います。
     しかしナダルはフェデラー戦になるとギアが上がりますね。
     強風が吹き荒れるコンディションというのもナダルに味方しました。
     もっとも、フェデラーだって風の吹く中でのプレーが拙いワケではありません。
     むしろかなり巧い方なんですけどね。
     ただ相手がナダルだったというだけです(笑)。
     ナダルは風をほとんど苦にしませんから。
     その上、昨日のナダルはほとんど鬼でした。
     フェデラーがポイントを奪ったと思われてからの、信じられないような切り返しが幾度もありました。
     昨日のナダルを見たら、錦織戦のナダルは半分も力を使っていなかったのでは!?という感じでした。
     これでナダルはローランギャロス12度目の決勝進出です。
     ちなみにナダルはローランギャロスの決勝で負けたことはありません。

     もうひと試合、ジョコヴィッチ×ティエム戦。
     ティエムから見て6-2、3-6、3-1となったところで、雨のためサスペンデッドとなりました。
     う~む、あのままの流れで行けばティエム勝ちという感じでしたが……。
     この中断でジョコヴィッチが立て直してくるのは大いに予想できます。
     とはいえ、どちらが勝つにしても決勝は明日日曜日。
     スタミナも重要な要素となるクレーコートの戦いにおいて、ナダルの方に日程的なアドバンテージがあるのは……。
     ちょっとねぇ……。仕方ありませんが。

     一応私の”ジョコヴィッチ、ナダル、ティエムの三人以外に優勝は有り得ない”という予想は中りましたね。
     もっともこんなのはここ2年以上テニスを観ている人なら中るでしょうけど。


    楽曲発売中!!

    シード通りの四人

     みなさん、こんにちは。
     ローランギャロスもベスト4が出揃いました。
     本日、準決勝2試合が行われます。
     結局のところトップ4シードがそのまま勝ち上がりました。
     先日、私は当ブログで今大会の優勝は、ジョコヴィッチ、ナダル、ティエムの三人以外には有り得ないと書きましたが、その三人に加えてフェデラーという観る側としては最高の組み合わせかもしれません。
     ローランギャロスにおける久しぶりのナダル×フェデラー戦。
     きっとナダルが勝つのでしょうが、フェデラーは一体どんな戦い方を仕掛けるのか?
     ジョコヴィッチ×ティエム戦。
     ティエムはきっと近い将来ローランギャロスで勝つことでしょう。
     もちろん、それが今大会であっても驚くには値しません。


    楽曲発売中!!

    14年の月日が

     みなさん、こんにちは。
     ジロ・デ・イタリアが終わると一時期腑抜けになる私です。
     しかしローランギャロスが行われているので、我に返ることができるのです。

     というワケで昨日はボトムハーフの準々決勝2試合が行われました。
     先ずナダル×錦織戦。
     ナダルはクレーコートシーズンが始まった当初、調子が上がらない感じでしたが、ローランギャロス直前のローマ大会では決勝でジョコヴィッチを破り優勝。結局のところこの”土魔神”はいつものような強さを見せ始めました。
     それに対して錦織は……。
     3回戦、4回戦と続けてドラマチックなフルセットを演じてしまい、疲れが色濃く残るヘロヘロな状態。
     万全な状態でも厳しいというのに、これではまともな試合になるはずもありません。
     まあ、錦織勝利を期待していたとしても、それが現実に起こると本気で考えていた人は正直言って非常に少なかったと思われます。

     そしてもう一つの試合、フェデラー×ワウリンカ戦。
     ワウリンカが4回戦でチチパスに勝ったことで、かなり状態は良いとは思っていました。
     ええ、ワウリンカはトップレベルに帰ってきました。
     フェデラーとの対戦成績は分が悪いモノの、ことクレーコートでは要所で勝っていることもあり、戦前はワウリンカ有利だと思っていました。
     何しろフェデラーは2シーズンクレーコートに出場していなかったのだし、今大会でも3回戦終了後のインタビューでベスト16に進出したことで、自分なりのノルマは果たしたというようなことを語っていましたから……。

     まあしかし、非常に熱い試合でした。
     フェデラーは再三のブレイクポイントを活かすことができず、流れはワウリンカに傾いた時もありましたが、結局セットカウント3-1でフェデラーの勝利。
     つまりだ!これは……。

     そうです!!準決勝でローランギャロスでは2011年決勝以来となるナダル×フェデラー戦が実現したのです。
     ほとんどのテニスファンが、もう観ることは無いだろうと思っていた舞台での対戦。
     今大会のドロー発表時、「ナダルとフェデラーが対戦するとしたら準決勝か」とテニスファンなら誰もが思い描いたことでしょう。
     私もその一人ですが、同時に「フェデラーが準決勝まで勝ち上がることはないだろう」とも思っていました。

     フェデラーが今シーズン、クレーコート参戦を決めたのは、「もう一度ローランギャロスでラファと対戦したい!」という希望も在ったようですが、遂にそれが実現するのです。
     両者の対戦は現在フェデラーの5連勝中。
     しかしこれは全てハードコートです。
     クレーコートでの対戦は2013年ローマ大会決勝(ナダル勝利)以来。
     ローランギャロスでの対戦は2011年決勝(ナダル勝利)以来で、過去に5回全てナダルが勝利しています。
    ちなみにもうほとんど信じられないようなデータですが、ローランギャロスでの初対戦は2005年準決勝。何と14年の月日が経っています。
     その間二人はずぅ~っとトップにいたワケですね(笑)。

     勝敗予想は……、まあそんなことどうでもイイのです。
     正直言ってフェデラーファンだってナダルが勝つと思っているのです。
     とにかくこの二人がまたローランギャロスで対戦すること自体が重要なのですね。
     きっと会場はフェデラー完全ホーム状態になることが予想されます。
     ナダルはパリで勝ちすぎていて(笑)、あまり声援を受けられないんですよね。
     だって過去2回しか負けてないんですよ!
     とにかく楽しみです。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2019/06 | 07
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック