FC2ブログ

    ゴメン、チョリッチ

     ATPマスターズ1000上海大会決勝。
     イヤぁ~、ジョコヴィッチ強すぎだろっ!?
     勝つとは思っていたけど。
     でもね、ジョコヴィッチの強さを印象付けたのはチョリッチの頑張り。
     以前私は「チョリッチが期待されているというのが判らない」と当ブログに書いた。
     でも、昨日と本日の試合を観て、
    「ゴメン、チョリッチ!」
    と言わせてもらう。
     ストローカーなのは判っていたが、こんなに凄いのね!?っていうか、凄くなったのね。
     ホント、ジョコヴィッチが相手じゃなければ、きっと相手を圧倒していたろう。
     事実、昨日はフェデラーに完勝しているワケだし。
     何だかズベレフより期待できる気がしてきた(笑)。

     とにかく、バイダさんがコーチに復帰してからジョコヴィッチは戻りましたな。
     いつの間にやら今年の最終ランキング一位も見えてきちゃったぞ!
     またね。

    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト

    まあ仕方ない

     ATPマスターズ1000上海大会準決勝。
     ビッグ4と若手の対決という2カードとなったが、その結果は対照的なモノとなった。
     ジョコヴィッチ×ズベレフ戦。
     ズベレフは欠点が少なく高いレベルで色々なプレーができる。
     しかし、誰にも負けない強みが在るワケではナイ。
     相手はハードコートを得意とする最強のオールラウンダーであるジョコヴィッチ。
     うん、上海のような高速ハードコートで、ズベレフがジョコヴィッチに勝つ図というのはカケラも浮かびませんな。
     きっとジョコヴィッチが勝つだろうと思っていたが、その通りになりましたな。
     っていうか、想像以上にボコボコにされましたな。
     戦術がどうこう以前の差が在りましたな。

     そしてフェデラー×チョリッチ戦。
     結果は対照的にと言ったが、フェデラーには全く良い所が無し。
     チョリッチの調子が良かったのと、フェデラーは前日の錦織戦のキレが皆無。
     まあフェデラーは肉体的な衰えなのだろう。
     ツアーを優勝するには連勝しなければならないのだけれど、どうしても調子の悪い日が出てしまう。
     以前なら高い技術で何とか凌いできたが、このところはそれを遂行する体力さえ明らかに無くなってきているようだ。
     以前も書いたが、フェデラー引退の日が確実に近づいてきている。

     ってなワケで、決勝はジョコヴィッチ×チョリッチとなった。
     フェデラー×ジョコヴィッチ戦を期待していたが、今日のフェデラーを見ていたら、まあ仕方ないと思う。
     またね。

    楽曲発売中!!

    ちょっと不運

     ATPマスターズ1000上海大会が進行しているが、当ブログでは何も触れていない。
     だから今日は初めて書く。
     っていうか、もうベスト4が決まったんだけどね(笑)。
     上海は高速ハードコート。
     私はけっこう好きである。
     で、本日は準々決勝。
     先ほどフェデラー×錦織戦が終わったところ。
     結果は6-4,7-6でフェデラーのストレート勝ち。
     でもとても面白い試合だった。
     この二人の高速ハードってのは大抵面白くなる。
     フェデラーの3回戦までの調子がイマイチだったのでどうなるか?と心配したのだが、フェデラーもしっかり調子を上げてきた。
     そしてそれに錦織が見事に応えた形になった。

     フェデラーのファーストサーブの確率は71%。
     フェデラーのファーストが70%を超えたら、普通は圧勝になる。
     しかし錦織がそうさせなかった。
     イヤ、今日の錦織なら相手がフェデラー(若しくはジョコヴィッチ)でなければ、間違いなく勝っていたと思う。
     それほど錦織も良かったのだが……。

     錦織も今日勝っていれば、ツアーファイナルズ進出の可能性がまた少し上がったのだが、相手が調子の良いフェデラーだったのはやや不運だったかもしれない。
     
     ってなワケで、ベスト4のカードは、
     ジョコヴィッチ×アレクサンダー・ズベレフ、フェデラー×チョリッチ。
     ビッグ4VS期待の若手というカードである。
     ちなみにジョコヴィッチとズベレフはズベレフの1-0、そう昨年のローマ大会の決勝であり、フェデラーとチョリッチは
    フェデラーの2-1であるが、直近の対戦は今年のハレ大会決勝でチョリッチが勝っている。

     つまり、直近の対戦では若手の方が勝っている。
     とはいえ、高速ハードだから結局フェデラー×ジョコヴィッチの決勝になるかな!?
     まあ私も含めテニスファンの多くはそれを望んでいるんじゃない!?
     またね。

    楽曲発売中!!

    フェデナダフェデナダフェデナダジョコジョコ

     全米オープン決勝。
     デル・ポトロの優勝を期待した私だったが……。
     イヤ、デル・ポトロは何も悪くない。
     セカンドセット、あの流れでセットを奪われないジョコヴィッチがおかしい。
     ジョコヴィッチは鬼だよ(笑)。
     完全復活に近いかも!?
     しかしね、冷静に考えてみるとここ2シーズンのグランドスラム8回の優勝者は、
     フェデラー3回、ナダル3回、ジョコヴィッチ2回なのね。
     若手は何やってんのよ!とかもう7万回ぐらい言ってるのだが。
     とはいえ、ジョコヴィッチの復活は良いことだと思う。
     つまり強い選手が戻って来たことにより、ゲームのレベルは上がるのである。
     相対的なレベルが下がって若手がグランドスラムで優勝してもツマラナイのである。
     うん、これでイイことにする。
     とにかく、ジョコヴィッチの14回目のグランドスラム優勝を祝福したい。
     またね。

    楽曲発売中!!

    予想通りだが

     昨日の記事で羽生竜王が広瀬八段との竜王戦で、タイトル100期獲得の”今季中最後のチャンス”と書いてしまったが誤りでしたな。
     羽生竜王は棋王戦の挑戦者決定トーナメントに残っているので、竜王戦が今季最後のチャンスというワケではなかったですな。 昨日の記事、タイトル及び内容を一部訂正しました。申し訳ない。

     ってなワケで、全米オープン準決勝。
     残念な結果とも言えるし、ある意味順当な結果とも言える。
     ナダル×デル・ポトロ戦。
     今大会のナダルは全体的に動きが重いとは感じていたが、やはり膝に来てしまったか。 
     2セットダウンの状態で棄権してしまった。
     ナダルの膝は慢性的に悪いからね。
     ヘタをすると引退後に歩くのも難しいなんてことにもなりかねない。
     きちんと療養して欲しいものだ。

     そしてジョコヴィッチ×錦織戦。
     うん、いつも通りだった。
     錦織にとってジョコヴィッチってのはどうにも勝ち難い相手なのね。
     しかしそれは充分判っていたはずなのに、あまりにも無策では!?
     散々言われてきたことだが、もうコーチを変えた方がイイかも。

     ってなワケで、決勝はデル・ポトロ×ジョコヴィッチ。
     デル・ポトロが手首の負傷を乗り越えて9年ぶりに全米を優勝するというのは感動的だし、ジョコヴィッチが勝つにしても、グランドスラム優勝回数でサンプラスに並ぶというのは非常に意味がある。
     どちらが勝っても祝福できるが、そうだな、デル・ポトロ寄りで観ていきたい。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック