FC2ブログ

    ピンポイントなのは同じ

     みなさん、こんにちは。
     私のギターの弦高が高いのは何度も書いてきた通りです。
     弦高が高いと音は良くなるが弾きにくくなる(弦を押さえにくくなる)というのが一般論ですが、私の場合はある程度の高さがある方が弾きやすいので、普通の人のデメリットがメリットになるという変態性を備えています。
     ところで、弦高が高い方が好き!とか言うと誤解する人がいるんですよ。
     何と言いますか、けっこうアバウトな調整でも大丈夫なんでしょ!?みたいな。
     確かに私ぐらいの弦高にしてしまえば、基本的にビビりや音詰まりの心配はほとんどありません。
     でもそれは単にセッティングの一要素でしかないワケ。
     私は高目の弦高が好きですが、決して”高めなら何でもイイ!”ワケではありません。
     弦高を極限まで下げるような人にとっては、
    「そんなに高ければ色々と心配が無くて気楽ですね」と感じてしまうのかもしれませんが。
     
     高目が好きとは言っても、当然それぞれのギターにとってのベストな高さがあるワケです。
     で、その高さを決めるのはやっぱり大変です。
     低目の弦高であろうと高目の弦高であろうと、”ベスト”の弦高を探る作業はやはり同じように大変なのです。
     ちなみに、先日ナット交換したSF-7000。
     引き取りに行った月曜日、下げられていた弦高を私仕様に上げました。
     しかし火曜日、どうにもしっくり来ないので何度か上げ下げしてしまいました。
     そして水曜日、前日高さが決まったと思っていたのに今一つに感じ、やはりまた上げ下げしました。
     どうやらこの水曜日の調整がうまく行ったようで、昨日今日は弦高を弄ってません。
     まあつまり何だかんだで足掛け3日かかったのです。
     高目が好きだからと言って”許容範囲”が広いワケでは無いです。
     ベストな高さはやはりピンポイントなのです。
     Mr.ローアクション様、ご理解いただけましたか?


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    GHSじゃないかな

     みなさん、こんにちは。
     さて、戻ってきたYAMAHA SF-7000、ナット交換でしたので弦交換がされていました。
     ところで、私は戻ってきたらソッコーで弦交換するつもりでした。
     きっとダダリオに換えられているのでは!?と思っていたからです。
     しかし最初に手にした時に”これはダダリオではナイ!”という感触がありまして、ボールエンドを確認したところ色分けされていませんでした。
     ふ~ん、やっぱり違うよね!という感じでしたが、果たしてこの弦のブランドは?
     
     ダダリオ・ファンには申し訳ないですが、ダダリオじゃなかったことで私、弦交換をやめました。
     最初はアーニーなのか?とも思いましたが、アンプで鳴らしてみるとアーニーほどのブライト感がありませんな。
     そしてテンションはアーニーよりもややキツく感じます。
     音はやや硬質ですが非常に粒立ちが良いですね。
     ってなワケで、弦マニア(笑)の私が出した結論は……、う~ん、え~と、これは多分GHSだと思います。

     そして当然のことながら弦高は上げましたよ(笑)。
     ただし、ちょっとだけ以前よりも低目かもしれませんね。
     それでも6弦12フレット上で3mmオーバーは維持されてますけど……。
     まあ3.3mmだったのが3.1mmくらいになったという感じですかね。
     当然弦高を上げたのでイントネーション(オクターブピッチ)も調整。
     そんなに弦高高いと苦労するでしょ!?という話もありますが、このギターはまあ大丈夫ですね。
     3弦と6弦はけっこうきわどくなりますが、まだもう少しサドルを後ろに動かせる余裕はあります。
     そしてもちろん、フロントピックアップの位置を下げました。
     しばらくこのGHSと思われる弦のまま弾こうと思います。
     ショップに確認することも可能だと思うのですが、間違っていたら恥ずかしいのでやめておきます。


    楽曲発売中!!

    それは予想していない

     みなさん、こんにちは。
     うん、寒いけど路面凍結は大丈夫そうだな!ってな感じで、それなりにタイトなスケジュールでしたが本日YAMAHA SF-7000を引き取ってまいりました。
     しかしあんなに人がいない池袋ってのは経験が在りません。
     楽器店に辿り着くまでに、一度も人をよけないで歩き通すことができるなんて……。

     さて、ナット交換がされたSF-7000。
     まあここのショップは信頼できるので何も心配はしていません。
     指板も結構きれいに掃除してくれた模様。 
     ちょっと得した気分です。
     ところで私は当然のことながら、いつもの自分のセッティングのままのSF-7000を持ち込みました。
     もう何度か経験しているので予想はしていたのですが……、うん、やっぱり弦高はしっかり下がって戻ってきました(笑)。
     多分6弦12フレット上で2mmちょっとぐらいの弦高だと思われます。
     だって楽器屋で試奏する時と同じくらいの感覚でしたから。
     もちろん、リペアマンさんは作業完了後にある程度試奏するでしょうから、そうなるのは理解できるというか、”常識的な範囲内”での調整ということになるのでしょう。
     ええ、それはイイんです。いつのものことだから(笑)。
     しかし今回は、イヤ、これは予想して無かったのですが、

    「フロントピックアップの位置が上げられていた!(笑)」

     弦高はイイんですよ。
     だって普通の人ではとても弾きづらくて、マトモな状態なのかどうか判らないでしょうから(笑)。
     でもフロントピックアップは別に良くねぇ!?
     もっとも、これはある意味リペアマンさんが真摯に私のギターに取り組んでくれた証かもしれません。
     きっとフロントとリアの音量差が気になったのでしょうね。
     マトモな調整もできない可哀想な人だと思われたかもしれません。
     確かに私のギター他人からすると、
    「何でこんなに弦高が高い上に、フロントピックアップが沈み込んでるの?」というある意味とんでもないギターなのでしょう。
     まさか意図的にそうしているとは思いもよらないのかもしれません。
     今後リペアに出す時は、
    「一応これは私のベストのセッティングですから!」
    と一言伝えておこうかと思います。


    楽曲発売中!!

    引き取りに行けない

     みなさん、こんにちは。
     私の生涯初のエレキ・ギターであるYAMAHA SF-7000。
     先日ナット交換のためリペアに出しました。
     2週間程かかると言われていましたが、予想に反し十日足らずで完了の連絡が。
     で、引き取りに行ける最も早い日取りが本日だったワケです。
     が、しかし、ご存知の通り外出自粛要請及びこの雪。
     楽器店は一応時短営業していたようですが、さすがにアホな私でも引き取りは断念。
     明日はそれほど暇では無いですが、往復1時間程度ですので不可能ではありません。
     でも……、明日はヘタすると路面凍結の恐れがありますね。
     ギターを持って転びでもしたら、ギターも自分も壊れてしまう危険性も。
     もう一日待った方が良いかもしれませんな。
     ところで、ムダに心配していることがあります。
     ギター弦なんですけどね、私が使っているのはアメリカ製とイタリア製。
     手に入りにくくなることもあるかもしれませんね。


    楽曲発売中!!

    秘密は高さに

     みなさん、こんにちは。
     レスポール・デラックスを購入してからほぼ二か月が経過しました。
     メーカー推奨弦高などは”知ったことか!”とばかりに弦高を上げてしまうのが私のスタイルですが、それでもこれまで長年愛用してきたギター達に比べれば、やや低目の弦高である6弦12フレット上で3mm弱は維持されたままです。
     ホントのことを言えば、きっと他のギターと同じぐらいの3mm強まで弦高を上げてしまうことになるだろうと考えていました。
     しかしながら、意外とガマンできている(笑)と言うか、大丈夫なんです。
     で、その理由が判りました。

     私が弦高を高目にするのは、サウンドも理由なのですが、何よりもヴィブラートとチョーキングがやりやすいからです。
     ところで、一般的にはヴィブラートやチョーキングは弦高が低目の方がやりやすいという記述を見かけるのですが、みなさんはどうですか?
     私は弦高が高目の方が指に弦を引っかけやすい(とらえやすい)ので、ヴィブラートにしてもチョーキングにしてもやりやすく感じるのですが……。
     普通の人はテンションがきつくなるからやりづらく感じるのですか!?

     ってなワケで、弦高が低くなるとヴィブラートやチョーキングがやりづらくなる私にとって、デラックスの3mm弱の弦高ってのは大問題になってもおかしくありません。
     そもそも私はこれまで約40年に亘り、3mm弱の弦高でギターを弾いていたことなど無いからです。
     つまり、デラックスだとヴィブラートやチョーキングが非常にやりづらいままガマンしているのか?
     実はそうでも無いんです。
     やや低目の弦高でもそれほどフィーリングが変わりません。
     いい加減種明かしを、っていうか、賢明なギタリストの方なら気づいた方もいるかもしれませんが、まあデラックスはフレットが他のギターより高いんですよ。
     イヤ、他の古株ギター達はフレットが減っていて低いという意味ではありませんよ。
     元々打たれているフレットのサイズが違うという話です。

     フレットの高さって一般的には、1.0mm、1.2mm、1.4mmの3種類在るようです。
     で、デラックスがどれなのか判らんのですが(笑)、2本のカスタム、YAMAHA SF-7000、Blade R-4、Tokai ST-60の5本のフレットの高さは多分同じです。
     フレットの幅は多少違いますが、高さに関してはこれまで違いを感じたことはありません。
     で、デラックスはこの古株5本よりも明らかにフレットが高いことが感じられます。
     正直、スライドやグリッサンドで指に引っ掛かりを感じますな。

     フレットが高いことで、多少弦高が低目でもヴィブラートやチョーキングがやりやすいのでしょう。
     え~と、これは普通の人でも同じですよね(笑)。
     まあとにかく、おかげで私的弦高チャレンジは維持されたままです。
     もっともこのチャレンジが成功したとしても、私を含め特に誰も得をしないのでは!?
     ところで、この高目のフレットとこれまでの標準的(?)な高さのフレットとどちらが好きか?と訊かれれば、迷わず後者を選びます。
     

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック