FC2ブログ

    初めてには不向き

    「Stay Home」の演奏動画を公開しました!
    上記クリックでリンクします。よろしくどうぞ!今こそ「Stay Home!」だと思うのですが。イヤ、マジで。

    Whatf.jpg
    「Stay Home」が収録された4曲入りミニアルバム『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』もご視聴ください!

     みなさん、こんにちは。
     レスポール・デラックス(2019年製日本限定再生産モデル)も購入してから一年以上が過ぎ、使用頻度も一番で今ではすっかり馴染みました。
     さて、今回はこのレスポール・デラックス(以下デラックス)についてムダに緩~く書いてみます。

     ところで、楽器店のウェブサイトなどでデラックスを紹介する文言として、
    「スタンダード、カスタムなどと並んで”人気”のデラックス」
    とかいうのを見かけます。
     自分で所有しながら言うのも何ですが、
    「イヤイヤ、”人気”はナイだろ!?(笑)」
     実際問題として私、知人でスタンダードやカスタムを所有している人は多数知っておりますが、デラックスを所有している人なんぞ知りませんし、今後知り合いになる予定もありませんな。
     そもそも、ウェブサイトなどを見れば判る通り、デラックスの在庫なんてスタンダードの百分の一くらいでしょ!?
     正直とても”人気”などとは言えませんね。
     せいぜい「一部に根強い人気のある」程度にしておくべきですな。

     ってな感じで、デラックス不人気説を所有者でありながら認めてしまう私です。
     じゃあどうしてお前は買ったのよ?ってことを書きますけどね。
     デラックスってスタンダードやカスタムなどのレギュラーサイズのハムバッキング・ピックアップではなく、一回り小ぶりなミニハムバッキング・ピックアップが付いています。
     う~ん、これがですね、私にはとてもカッコ良く見えるんですよ。
     その昔、Thin Lizzyのギタリストであるスコット・ゴーハムが使用していまして、私これがメチャクチャカッコイイ!とか思いましてね。
     それ以来、デラックスはカッコイイな!いつの日か買いたいな!とか思っていました。
     余談ですが、私が最初に買ったレスポール、黒のカスタムはそのThin Lizzyのもう一人のギタリスト、ブライアン・ロバートソンの影響大です。
     え~と、カスタムの話じゃないですね、デラックスの話をしなきゃ。

     まあとにかく、私はデラックスのルックスが好きなんですよ。
     一般的にはスタンダードの人気が絶大ですから、あのミニハムをカッコ悪いとかピンと来ないという人もいることでしょうけど……。

     見た目の話はさて置き、実際の音はどうなのよ!?
     一般的にミニハムは通常のP.A.F系のピックアップに比べると中高音がキツイと言われています。
     ええ、その通りです。
     そしてそれが扱いづらいと言われることもあります。
     ええ、その通りです。

     でもこのミニハム、ピッキング・レスポンスが通常のハムバッキングよりも優れています。(私比)
     そもそもレスポールってのはピッキング・レスポンスの良いギターですが、それがより際立ちます。
     フロント・ピックアップで程良く歪ませた時の「パキッ!」という音の質感はかなり癖になります。
     リア・ピックアップで歪ませた時、うん、これは通常のハムバッキングに迫力では劣りますが、低音弦でのリフではちゃんとレスポールの音がします。
     クリーン・サウンドにおいては、シングルコイル・ピックアップのニュアンスを帯びていてかなり使い勝手はよろしいです。

     こうやって書くとまるで”イイことづくめ”のようにも感じますが(笑)、実は”どっちつかず”でもあります。
     フロントで歪ませた時のあの感じはひょっとしたら唯一無二かもしれませんが、相対的に考えると、”歪ませたければ普通のハムバッキングでイイじゃん!?クリーンは結局ストラトでイイじゃん!?”と言われてしまうと、う~ん、返す言葉が余り無いかも。
     何だよ!?デラックスを擁護するんじゃなかったのか?って話ですが、既にメインギターがハッキリと決まっている方にはちょっとだけお奨めできるかな?
     ただ、間違っても”初めてのエレキギター”としてはお奨めしません。
     初めてならばスタンダードかカスタムタイプをお奨めします。


    楽曲発売中!!
    スポンサーサイト



    トグルスイッチ

    「Stay Home」の演奏動画を公開しました!
    上記クリックでリンクします。よろしくどうぞ!今こそ「Stay Home!」だと思うのですが。イヤ、マジで。

    Whatf.jpg
    「Stay Home」が収録された4曲入りミニアルバム『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』もご視聴ください!

     みなさん、こんにちは。
     YAMAHA SF-7000のトグルスイッチがおかしくなりました。
     先日いきなりリアピックアップの音が出ませんでしたよ。
     ピックアップ死んだか?と一瞬思いましたが、センターポジションではちゃんと音出ているし、スイッチをゴニョゴニョと動かしていましたら、微妙な位置でリアピックアップの音が出ますな。
     つまりトグルスイッチの接点の板バネの具合が悪いというワケです。
      トグルスイッチの不調ってのは珍しくない話でもあります。
     ってな感じで、スイッチパネルを外してトグルスイッチを出してみました。
     ふむ、確かにリアポジションでの接触が悪いですわ。
     マイナスドライバーとラジオペンチを操り、板バネを調整。
     多少時間がかかりましたが、何とか正しい接点になるように調整完了。
     しかし、板バネを弄ったせいで、スイッチの感触がやや緩くなってしまいましたな。
     でもこのギター、3年程前にトグルスイッチを交換しているんですけどね。
     もっともその時に「ぴったり合うのが無かった」と言われた記憶があります。
     ヤマハってのはモノの造り自体は良いのですが、独自規格が多いので純正以外のパーツ交換では結構苦労するのです。
     とりあえず現状は大丈夫ですが、この調子ではそのうちまた調子悪くなりそうです。
     次に交換することになったら純正品にしようかと思います。
     40年前のギターなので、全く同じモノは無いかもしれませんけど。


    楽曲発売中!!

    それなりに成長

    「Stay Home」の演奏動画を公開しました!
    上記クリックでリンクします。よろしくどうぞ!今こそ「Stay Home!」だと思うのですが。イヤ、マジで。

    Whatf.jpg
    「Stay Home」が収録された4曲入りミニアルバム『WHAT KIND OF FUTURE DO YOU WISH FOR?』もご視聴ください!

     みなさん、こんにちは。
     ふと気づいたら、レスポール・デラックスも購入後一年が経過しました。
     最近は新品特有の堅い音(私はそう思っている)も影をひそめ、それなりに深みのある音になってきたし、生音の音量も大きくなった感じがします。
     とは言え、大先輩である2本のレスポール・カスタムと比べるとまだまだ全然未熟者ですね。
     まあ最低でもあと一年ぐらいは弾き込まないと、そのレベルには到達しないでしょうし、最終的にカスタムには敵わないということもありそうです。
     サスティーンだけはまあまあなんですけどね。
     ギターが成長していくのは楽しみです。


    楽曲発売中!!

    STEPH

     みなさん、こんにちは。
     新曲3曲のつもりが更にもう1曲課せられた鈴木です。
     でも多分明日ぐらいには完成します。
     ところで先日、レスポール・デラックス用にストラップを注文したとお伝えしました。
     で、既に届いて二日ほど使用しました。
     あのですね、このSTEPHというブランド、全然地雷なんかじゃありませんでした。
     柔らかく見た目の質感もかなり良くて使い心地も文句ありません!
     ちなみに私が買ったのはTTC-756 BK(ブラック)という型番。
     後は耐久性ですが……、こればっかりは使い続けないと判りませんね。
     ただこれは牛革なんですが、かなりイケそうです。
     さすがにヤマハの頑丈さには及びそうもありませんけど。
     正直、次にストラップを新調する時もこのブランドを選びたいと思わせる一品ですね。
     まあ信用の無い私の意見ではありますが、革製のストラップをお探しの方はこのブランドを候補に入れてみてはどうでしょうか?
     えっ!?ほとんど立って弾かないからストラップなんてどうでもイイ!?
     これは失礼しました。


    楽曲発売中!!

    一生モノ

     みなさん、こんにちは。
     ブログ更新放棄が習慣となりつつあるダメな私ですが、更新が無いにもかかわらず訪問して下さった皆様に感謝するであります。(敬礼!!)
     おかげさまで、例の感染症をテーマとした三部作(3曲)が完成しまして、日本レコード協会への楽曲登録も済みました。
     リリースは来週ぐらいになりそうです。
     過度の期待はなさらないでお待ちください!

     ってな感じで、今現在やや燃え尽きた感じのオッサンですが、先日ちょっとした事件になりかけましたわ。
     いつものようにレスポール・デラックスを立って弾いていた時、ボディ上部側のストラップが外れましてね。
     まあ左手はネックに添えられていましたので、ギター落下の大惨事は避けられましたが、外れやすいことが判っている白カスタム使用時とは違い、デラックスの時はまさかそんなことになるとは思っていませんので、ちょっとした冷や汗ものでした。

     どうやら外れた側のストラップピン・ホール部分が傷んできておりまして、これはもうそんなに寿命は長くないだろう?という感じです。
     う~ん、やっぱり所詮付属のストラップ。
     2、3年ぐらいは大丈夫かな?とか思っていましたが……。
     もっとも私は常時立って弾くし、デラックスは新しいギターなので使用頻度が高いことも関係しているのでしょうけど。

     ちなみにYAMAHA SF-7000用と黒カスタム用のストラップは同じ型番で色違いの本革製なんですが、約30年前に購入したものです。
     YAMAHA製で4,000円ぐらいでしたが、これ全然まだまだ使えそうです。
     っていうか、多分これ一生モノでしょうね。
     もちろん多少の痛みはありますが、ストラップとしての機能が停止する日が訪れるとはまったく考えられない感じですな。
     数年前、白カスタム用とブレードストラト用のストラップを新調した時、これと同じのが欲しかったのですが現在は生産されていません。
     まあ似たような感じのモノは6,000円ぐらいで在るのですが……。

     ってなワケで、デラックス用のストラップを注文しました。
     まあそもそも付属してるなんて思っていませんでしたから、買うつもりだったんですけどね。
     STEPHというカナダの革製品ブランドの4,000円(税別)のをチョイスしました。
     白カスタム用に使っているRENEGADE製のモノも価格が同じで、悪くないのでそれにしようかとも思いましたが、敢えて別のにしてみました。
     このブランド、使ったことはありません。
     ひょっとしたら地雷かもしれませんな(笑)。
     最初に買ったYAMAHA製のストラップのおかげで、私のストラップに対するハードルが高くなってしまいましたので、あまり期待していませんけどね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック