FC2ブログ

    レスポールとストラトキャスター  その2

     というわけで、錦織選手ベスト16進出おめでとう! 正座して観た(ウソ)おかげですね!

     前回の続きで、レスポール派とストラトキャスター派のエレクトリック・ギター界の“二大派閥” のお話です。私は、ホームページを御覧になっていただければ判る通り、レスポール派です。でも、元祖フェンダーのモノではないですが、ストラトキャスター(以下面倒だから“ストラト” に略)も持っています。そして、仮に無人島にギターを1本しか持って行けないとして、それがストラトになってしまったとしても、絶望したりはしない程度にストラトも素晴らしいギターだと思っています。

     つまり私はどちらのギターも素晴らしいと思っています。実際、同じような意見を持っている人も少なくないでしょう。では何故? “二大派閥” に分かれてしまうのかというと、音のキャラクターがけっこう対極的とも言えるほど違うからです。楽器に馴染みのない方のために、思いっきり簡潔に表現すると、レスポールは太くて豊かな音、ストラトはシャープで攻撃的な音とでも言いましょうか!? そう、だから私のように両方持っているギタリストだって多いはずです。両方あれば、必要な音の大半がカバーできるのです。
     
     な~んだ、それじゃ別にどちらがイイとか議論する必要なんてないじゃん? と思われるでしょうが、同じ楽器のはずなのに、実際に弾いてみると弾き心地というか、弾くときの心構えというか全然違うモノなんです。もうほとんど演奏者の哲学に関わる問題だと言いたくなるくらいに……。だから、ホントは演奏者の哲学の代理戦争なのかもしれませんね。レスポールとストラトはどっちが良いかというのは……。

     スゴく漠然とした表現で申し訳ないんですが、レスポールって、演奏者に対して寛容なんです。演奏者のタッチが多少まずくても、それを楽器が補ってくれるようなようところがあります。それに対して、ストラトは演奏者に対して厳しいというか、タッチがダイレクトにあらわれます。よく、“ストラトはねじ伏せるように弾くのじゃ~!” とか言われるのですが、まさにそんな感じなのです。

     それって、レスポールの方が楽器としての完成度が高いのでは? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ねじ伏せるのに成功したときのストラトの音を聴くと、そんな単純な話ではないと判ります。ストラトをちゃんと弾くと演奏者の個性も含めて圧倒的な表現が可能になるのです。ここが“ストラト派” のよりどころなんですね。

     ギターが好きでたまらなくて、演奏すること以外にもその構造とかにも興味があって、ギターに関することほとんど全てに喜びを見いだせるような人は、決まって“ストラト派” のようです。それに対して、音楽全体を見て、ギターはそのうちの一つのパートに過ぎないと考える傾向にある人は、レスポール派が多いような気がします。

     だからといって、私は後者というわけではなく、ストラトと格闘するのに疲れてしまう人なのです(笑)。大抵気づくと日が暮れています。そして翌日になってレスポールに持ち換えてしまいます。まあ、単に相性かもしれません。っていうか、こんなに長く書いておいて結論が相性とはフザケルのもいい加減にしろっ!って今自分で思いましたので、どうか勘弁して下さい。

    基本的にレスポール使いだけどストラトも時には使う私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2012/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック