FC2ブログ

    ベスト8!!

     錦織素晴らしい!!何とツォンガを破り全豪オープンベスト8!!
    まあ、実はツォンガには昨年も上海で勝っているし、直前のエキシビション・マッチでも勝っているので、チャンスは少なからずあると思ってましたが……。それにしても、グランドスラムの5セットマッチでは流石に厳しいかな? というのが本音でした。 
     
     戦術的勝利でしたね。上手く自分のリズムに持っていきました。それと第2、3セットでツォンガのツアー屈指のファースト・サービスの入りが悪かったのにも助けられました。とはいえ、これもストロークで相手のリズムを崩し続けた結果でしょう。決してラッキーではなく、実力でつかみ取った勝利と言えますね。

     ベスト8に残った顔ぶれを見てみると……、あのですねぇ~、あることに気づきました。昨年は現在No.1のジョコヴィッチが無敵とも言えるシーズンだったわけですが、彼に対して6連敗中であるNo.2のナダルを除くと、あとの6人は全て昨年ジョコヴィッチに勝ったことのある選手ですね! 錦織も含めて!(まあ、試合中にジョコヴィッチが負傷してしまったこともあるのですが)偶然でしょうか? それとも“納得” でしょうか?

     次の対戦はアンディ・マレーです。ここ数年、ジョコヴィッチ、ナダル、フェデラーとともにテニス界の四天王として君臨している強敵です。グランドスラムのタイトルが無いのが不思議です。っていうか、四天王の他の3人の誰か一人でも欠けていたら、とっくにタイトルを取っていたでしょうが……。正直言って、錦織の勝利の図式が見えてきません。戦略的なテニスはマレーが最も得意とするところであり、長所が錦織と思いっきりカブっていますし、確率が低いところがあるものの強烈なファーストサーブも持っています。錦織の持っているモノは全てよりハイレベルで持っていて、錦織が持っていないモノも持っているというわけです。錦織はツォンガに対して戦術的なアドバンテージを生かすことができましたが、今回はこれが使えませんね。

     ナダルファンに怒られるかもしれませんが、四天王の中で錦織が最も勝てる可能性があるのは対ナダルでしょうね。戦術の幅という点で錦織が勝っています。もっとも、ナダルは人智を越えたフィジカルとメンタル(笑)があるので、まだ現時点では可能性は低いですが。まだ、マレーよりはマシかな? という程度ですけどね。

     とはいえ、非常に楽しみです。マレーがダブル・フォルトを連発して(マレーファンの方ごめんなさい!)……、という展開を期待しつつ、また正座して(ウソだけど)観ます!     (文中敬称略)
     
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2012/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック