FC2ブログ

    ライアン・ギグス

     ライアン・ギグスがマンチェスター・ユナイテッドと来季の契約をしました。今年の11月で39歳になるんですよ!ユナイテッドとプロ契約してから23年目に突入するのね……。ギグスのデビューって、私が真剣にサッカーを観始めた頃とほぼ同じでして、当時はあの “ワンダー・ボーイ” が、こういう選手になるとは思いもよらなかったです。スピードに乗ったドリブルが最大の武器であるウインガーだったから、30歳ぐらいで引退するかと思ってました。大きな怪我こそ少なかったですが、ちょっとした怪我(主にハムストリング)は多くて、それほど身体が頑丈なイメージも無かったですから。

     ギグスの話になると思い出す出来事がありまして……、いやぁ~、別に大した話じゃないんですが(笑)、6年ほど前に電車通勤していた時のこと。私の近くに乗っていた30歳ぐらいの男性二人がサッカーの話をしているのが聞こえましてね。一人はずっとサッカーを観続けていて、もう一人はここ最近数年間はほとんど観ていないけど、基本的にサッカーは好きという感じだったんですが、それで、ずっと観ているという方がユナイテッドが好きだと言ったんです。そうしたらもう一人が、
    「へぇ~、ユナイテッドって今誰がいるの?」と尋ね、観続けている方が、
    「ギグスとか……」と言い、すると質問した方は、
    「ギグス!?えぇ~?まだやってるんだ?」と驚いていました。きっと、彼も若い時のギグスを観て、私と同じような印象を持っていたんでしょうね。っていうか、それから更に経つこと6年、来年もプレーしようというのですから……。驚き以外のナニモノでもないですよね!

     彼の場合、絶妙なパス・センスとそれを生かせるだけの繊細なキックの技術があったから、中盤のセンターへのコンバートが成功したわけですが、もう一つここまで長くやれた大きな理由があると思うのです。それは、シーズンの始めにしても故障上がりの時にしても、ギグスって一度もオーバー・ウエイト気味だったことがないのです。そういう体質なのか、自己管理が徹底してるのか、“太ったギグス” を見た記憶が私にはありません。

     現在更新中のクラブ最多出場記録も、これで少なく見積もってもあと20試合ぐらいは上積みしそうですね!
    「初めて会った時は、こ~んな小さい子供だったのに!」というような、近所のオヤジのような視点で、最近ギグスを観ている自分がいます(笑)。 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2012/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック