FC2ブログ

    ノース・ロンドン・ダービー

     本日2度目の登場なんですが……、誰も待っていないのに(笑)。
     まあ、プレミアリーグのファンの私としましては、“ノース・ロンドン・ダービー” に触れないのはマズイだろっ!?というムダな義務感がありまして、それについて書きたいと思います。

     え~と、これはもちろん、ロンドン北部に位置する二つのビッグクラブ、アーセナルとトッテナムのダービーマッチのことですが、ずっとプレミアリーグを観てきてですね、この試合の持つ雰囲気が、近年微妙に変わったような感じがするのです。

     もう完全に私が受ける印象のみの話なんですが、アーセナルはともかくとして、スパーズの方は、リーグにおける地位向上に伴って、ちょっと試合に臨む姿勢に変化が見られるような気がするのです。
     
     10年ぐらい前だったら、このカードにおけるスパーズって、その試合に限れば、「世界一強いんじゃね?これが毎週できれば、ブッチ切りのリーグ優勝じゃね?」というふうに見えたんですよ。何というか、「いざ鎌倉!!」(笑)って感じのモチベーションでしてね。で、それで非常に見応えのある試合になっていました。その当時のスパーズって優勝争いとは無縁の順位をウロウロしてましたが、その試合のための準備を、他の試合を犠牲にしてまでもやっていたんじゃないか?と思われるほど、アーセナル戦だけは別のチームと化していたのです。

     ところがです、ここ3シーズンでスパーズの立場は急激に変化して、言ってみればアーセナルと同じ立場で戦えるところまできてしまいました。アーセナルと同様に彼らの目標はリーグ優勝であり、チャンピオンズ・リーグ出場圏内のプレミアリーグ4位以内であります。(敬礼!!)はっきり言ってしまえば、アーセナル戦のためだけに、他の試合を犠牲にすることができる立場ではないわけです。

     それ故、この3シーズンの “ノース・ロンドン・ダービー” におけるスパーズって、以前のそれと比べると、特別な強さを増した別のチームという印象が薄れてしまったような気がします。もちろん、クラブ関係者全てにとって、相変わらずアーセナル戦は特別でしょうし、以前と比べてモチベーションが下がっているつもりなど全然無いと思いますが、私にはちょっとそう見えてしまいますね。単に、以前と比べると余力が残っていないという感じなんでしょうが。

     ここでスパーズが20年ぶりのアーセナル戦ダブルを決めることができれば、ビッグクラブとしての地位をより固めていくことになるんでしょうが……、え~と私の予想は、
    2ー1でアーセナルです(笑)。
    スポンサーサイト



    織田信成

     フィギュアスケートの織田信成選手についてなんですが……、彼のファンの人がこれを読んで気を悪くしたらゴメンナサイ。で、全然見当違いのことを書いてしまうかもしれませんので、間違いがあったら指摘していただけるとありがたいです。

     織田選手って、膝が非常に柔らかくて、それはそれで天からの贈り物っていうか、アスリートとしては素晴らしいところです。でもねぇ~、彼が出てきてからず~っと気になっていることがあるんですよ。その素晴らしい膝の使い方なんですけど……。

     ホント、これってただの一フィギュアスケート・ファンでしかない、売れないミュージシャンの私の見当違いかもしれませんが、ジャンプのランディングの時に、彼は膝を使い過ぎているのでは?ってことなんです。彼って回転不足でもない限り、ちょっと体勢が崩れたくらいでは転倒しないんです。いつもその柔らかい膝のクッションを使って、ジャンプによる衝撃を上手にやわらげることができるからです。それって競技上は大変良いことなんです。だって転倒しなくて済むんですから。

     それでも何でそこに注文をつけたくなるのか?というのはですね、膝のクッションを使ってランディングする時にはどうしても身体が下に沈み込みます。それでですね、もうホントに“やべぇ~、転倒するかも?”って時に、これをやって転倒を回避できたのなら、それはオッケーなんですが、彼の場合、そうでない時もこの“天からの贈り物”の膝に頼りすぎてランディングしてしまって、結果として身体が沈み込んでいるような印象を受けるのです。この身体が沈み込んでしまうことで、次の要素に移る一連の流れが途切れていると思うんですよ。
     
     例えばプルシェンコ選手などは、ランディングの時、もちろん膝のクッションを使っているのでしょうが、体勢は上方にキープしたまま直ちに次の動作に入っていますよね!?非常に一連の動作が滑らかです。それに対して織田選手は、何というか、もうクセになってしまっているというか、「ジャンプの時は膝をたっぷり使えば転ばない」ことが普通になってしまっているというか……。転倒しないということは重要なことですが、演技の流れが途切れる印象を与えてしまうので、もったいない気がします。
     
     たとえて言うなら、っていうか、友人にはこの“たとえ”がいつも適切じゃないって言われているんですが(笑)、非常に頭が良い人がいたとします。で、その頭の良さを世のため人のために使えば、それは大変良いことなのですが、詐欺とかの知的犯罪に使うことだってできちゃいます。つまり織田選手の膝の使い方は“詐欺”みたいなもんかなぁ~!?っていうのはちょっと言い過ぎっていうか、単に「たとえが悪いんだろっ?」って気もしますが………、そうそう、“濫用”ってのはどうでしょう!?柔らかい膝を濫用してるんです!!それゆえ、演技がぶち切れた印象になって、音楽にもイマイチ乗りきれなくなってるんですよ。

     ホントはもう一つ気になる点があるんですが、こちらは自分の中でまだ検証不足であるということと、長文になってきてしまったので、いずれまたの機会ということにします。 悪意は無いんですが、「イヤイヤ、それはアンタがモノを知らないだけだよ」って点がありましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    01 | 2012/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック