FC2ブログ

    フェイント

     これから書く彼については、別にそんなに悪い感情を持ってないんですが……、っていうよりむしろ面白い奴だなと思っているくらいで……(笑)。
     
     私がコンビニ店長をやっていた頃の話ですが、その時はバイトを募集していまして、その彼が面接に来たわけです。で、まあ彼は4年程度のコンビニ経験があるフリーターだということで、非常に自信満々のアピールをしてきたわけです。

     経験上から言わせてもらいますと、面接の時に自己アピールが強い人って、大抵それほど使える人じゃないんですよ。まあ勘違いなんだか、自信の無さの裏返しなのかは知りませんが……。「ええ、……まあ、大丈夫だと思います。」ぐらいの反応の人の方が使えることって多いんです。

     その面接の時にちょうど本部のSVの方もいましてね、
    「ああいうのは、あんまり期待できないよね!」と言っていました。でもまあ、人手不足ということもあり、経験がウソじゃなければ何とかなるだろうと思って採用しました。そして彼は初日から「仕事用ジーンズ」なるモノを持参するほどのやる気満々でして、「ひょっとしたら、使えるかも!?」と一瞬だけ思ったんですけどねぇ~。

     初日の仕事が進んでいくほど、彼の元気が無くなっていきました。いや、別にそんなに足を引っ張るような感じでもなかったんですが、何かどんどん自信を無くしていくように見えました。実を言うと、彼がこれまでに経験してきたコンビニ・チェーンの方が、私の働いていたチェーンよりも大手だったんですよ。だからちょっとなめていたのかな?とも思います。ところで、ついでだから言っておきますが、大手チェーンの方が従業員の規律とかには厳しいかもしれませんが、そのかわり、従業員にとっては働きやすいシステムが構築されているので、仕事自体は楽だったりします。だから、大手チェーンの経験者って、意外とあてにならなかったりします。彼もその例にあてはまる一人だったのかもしれません。

     初日を終えた彼は疲労困憊に見えましたが、「大丈夫です。やれます!」ということで、一応続けることになりました。周囲のスタッフの反応も、「まあ、へこんでたみたいですけど、大丈夫でしょ!?」という感じだったので、私も大丈夫かな!?と思っていました。

     そして彼の仕事二日目。彼はきちんとシフトの時間の15分前に出勤してきました。まあ、見た感じ普通に元気に思えました。すると彼が、
    「僕、ちょっとタバコを買ってきます。」と店を出て行きました。その当時の私の店はまだタバコの販売免許が無かったのです。そして、そのまま、彼は姿を消しました(笑)。仕事用ジーンズを店に置いたまま(笑)。彼の消息はその後不明です。イヤァ~、いきなりバックれるパターンはこれまでに何度かやられましたが、こんなフェイントをかけられたのは、これ一度きりです。(そりゃそうだろっ!?)謎なのは、何故最初からバックれなかったんだろうということです。彼の中に一体どんな葛藤があったのでしょう?ジーンズを回収するためにとりあえず来たわけでもないし、ワザワザ朝8時からのシフトのために早起きしてまでする行動とは思えませんな。

     というわけで、こんな例は唯一無二ですので、私は彼に対して別に悪い感情を持っていません(笑)。 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2012/03 | 04
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック