FC2ブログ

    レスポールのハイポジション

     当ブログの右上のギターの写真って、どこかからフリーの素材を引っ張ってきたワケじゃなくて、私の愛用のギターなんです。ギブソン・レスポール・カスタムというモデルなんですが、2本とも同じモデルで色違いなだけです。
     
     それで、この写真のギターのボディの向かって右側だけえぐれていますよね!?これはギターの高音部(ハイポジションと言うのですが)を弾く時に、左手がそのハイポジションのフレットに届くようにこうなっているわけです。この部分を “カッタウェイ” と言います。英語の “Cut away” のことね。要するに切り取ってあるわけですよ、弾きやすくするために。

     このレスポールのように、右側だけこうなっているのを “シングル・カッタウェイ” と言いまして、代表的なもう一つのエレキ・ギターであるストラトキャスターのように左右両側ともえぐれているのを、“ダブル・カッタウェイ” と呼びます。で、ギターを弾いたことない人でも想像がつくと思うんですが、どちらのギターのハイポジションが弾きやすいでしょう!?そうです!そりゃ左手がより深く入りやすいのは “ダブル・カッタウェイ” です。

     ついでに言えば、“ダブル・カッタウェイ” の方が当然切り取ってある部分が多いわけですから、ボディも軽くなります。以前当ブログで “レスポールとストラトキャスター” という記事を書いたのですが、この二つのギターは言ってみればエレキ・ギター界の二大派閥となっており、ストラトキャスター派に言わせれば、

    「レスポールは重いし、ハイポジションも弾きづらい!」

     ということになってしまい、それは確かに事実なのであります。(敬礼!!)

     レスポール派の私にとっても、ギターは演奏する道具でしかないと考えるならば、軽くて弾きやすい方が良いに決まっています。でも、このハイポジションが弾きづらいことについて、ちょっと言いたいことがあるんです。もちろんいつものことで、大したことじゃないんですが(笑)。

     レスポールのハイポジションを弾く時って、弾きづらいせいもあって、凄く気合いが入るんですよ。っていうか、弾きづらいから気合いを入れないとならないというか(笑)。それが私の場合、演奏面でいつも良い方に働いている気がするんです。
    「ハイポジションだぁ~、弾きづらいから気合い入れて行くぜぇ~!!」ってのが、イイ感じなんです。まあ、単に私がマゾだからというところも見逃せないポイントなんですが………。

     だから私にとっては、レスポールのハイポジションが弾きづらいってことは、全然マイナスじゃないんですよ!と言ったところで、ストラトキャスター派に対しての反論にも、レスポール派の弁護になってませんね。スイマセン。ただの与太でした(笑)。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック