FC2ブログ

    ヴィブラートって……

     イヤァ~、やっぱり昨日の記事の後半のたとえの部分は適切じゃありませんね(笑)。再編集しようかな?と何度も考えたんですが、何か巧いこと書けそうもなくてですね、いっそのことその部分をカットしちゃおうかな?とも考えたんですが、もう既に人目に触れた後というわけでして、今後の自分に対する戒めのためにも、そのままにすることにしました。というわけで、後半の楽器の演奏の喩え話の部分は気にしないで下さい(笑)。すいません、不調なんです。もっとも好調な時があったのか!?って気もしますが……。

     まあ結局、私はフィギュアスケートの専門家じゃないと逃げを打つわけじゃないんですが、ただの趣味の領域なのに偉そうに言及しようとするからイケナイんですわ!とはいえ、ここ一両日中は反省するでしょうが、きっとまたそのうち、こんなことがあったことを忘れてやらかすとは思いますが(笑)。

     ってなわけで、今日は音楽の話にしますね。これならちょっとは説得力があるでしょ!?
    ヴィブラートの話にしましょう。イヤね、私のホームページのギター講座でもちょっと前に触れたんですけど……。決してネタにつまってるワケじゃなくて、こちらで書いた方がより人目に付くチャンスが多いかと思いましてね。

     楽器でもヴィブラートってかけるんですが、普通の人に馴染みがあるのはやっぱり“歌”のヴィブラートだと思います。でまあ歌にヴィブラートがかかっていますと、すぐ
    「上手い!」って評価になりがちなんですが、そんなに単純な話じゃないでしょ!?って言いたいんですよね。

     確かにヴィブラートってひとつの技術ですから、それができることは技術的には高いレベルにあるということの簡単な証明にはなるんですが、それを“使う場面”とか“かけ方”については言及されることがない気がします。

     私が言いたいのは、ヴィブラートをたっぷりかけられる歌の技術を持っているからって、いつも同じようにヴィブラートかけられてもねぇ~……、ってことなんです。誰とは言いませんが、どんな曲でもどんな場面でも “同じ” ヴィブラートをかけてるだけなのに、
    「上手いっ!」って評価されているのはどうなのよ? その曲想や歌詞の言葉の意味合いによってはヴィブラートがかかってない方が、人の心に届く場合だってあるはずですし、ヴィブラートの“質”(かけ方のバリエーション)についても、いろいろあるんですよ。

     ということをですね、一度みなさんも考えてみてね!というただの提案なんですが。
    えっ!?そんなにヒマじゃない!?これは失礼しました(笑)。

    数値化とかできないんだけどね。考えた結果の私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック