FC2ブログ

    もうワケわからん!

     ウォルバーハンプトン・ワンダラーズのチャンピオンシップへの降格はほぼ決定しました。ミック・マッカーシー監督を更迭し、アシスタント・コーチのテリー・コナーを暫定監督としましたが、まったくテコ入れにならず、むしろ監督交代後の成績の方が悪いくらいです。

     以前も書きましたが、アシスタント・コーチがそのまま昇格するのって疑問なんですが、ウルヴスの場合はまさにそれの悪い例じゃないでしょうか!?だって、テリー・コナーってずっとマッカーシーと一緒に仕事してきましたよね!?基本的にやることは同じじゃないですか。もちろん、ショック療法的な面もあったのでしょうが、熾烈な争いを繰り広げるプレミア・リーグにおいて、それは甘い考えでした。

     まあ、クラブはかつてチャールトンなどで実績のあるアラン・カービッシュリーと、新監督の交渉をしていたようなのですが、よりによって、実績のある彼に対して、シーズン終了までというショボい契約を提示して、断られてしまったようです。あのさぁ、カービッシュリーでしょ!?現在フリーの中ではそれなりに大物の彼に対してそれはないでしょ!?せめて来季いっぱいまでの契約を提示しろよっ!きっと、彼を起用しても結果として降格してしまった時のことを考えたんでしょうがねぇ。降格しちゃったら、彼へのギャラが払えなくなる恐れがあったんでしょうね。でも、それじゃ私でも断りますよ(笑)。

     というわけで、まあ当然の結末を迎えることになりそうです。元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントもさぞアタマの痛いところでしょう。まあしかし、単純に考えてこうなるのは判りそうなものです。だって、ミック・マッカーシーってのはそれなりにカリスマ性もありますし、実績もありました。これまではクラブについて考える重要なアタマの一つとして存在していたわけです。“三人寄れば文殊の知恵”ってわけじゃないですが、現在のウルヴスは単にその考えるアタマが一人減っただけの状態です。アタマが減ったらイイ知恵なんて出るはずもないでしょうに……。まあ、結果論になってしまいますが、誰か代わりを連れてこられないのであったら、マッカーシーを切るべきではなかったですね。
     
     ホントは辞めさせられてもおかしくない監督って他にいるんですが(笑)。
    オイオイ、よりによってFAカップの決勝に進出してしまいましたよ!ひょっとしたら、カップ2冠!?世の中どうなっちゃってんでしょ!?これじゃ、あの殿様を切るわけにいかないですね。っていうかFAカップの決勝は今季ダメダメな二つの強豪の対戦になってしまいました。他国と違いFAカップのステイタスは“たかが国内カップ”ってワケじゃないですからねぇ~。

     レドナップもこのまま無冠の上に、4位まで逃してもやっぱり代表監督になるんでしょうか!?いろんな意味でプレミアは混迷を極めてきましたね(笑)。 
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック