FC2ブログ

    フィンガーボード(補足)

     イヤァ~、一晩寝たら昨日の夜中に書いた記事があまりにもバカみたいだから後悔した!……。なぁ~んてことはいつものことですので、別にそういうワケじゃありませんが、補足をしますね。フィンガーボードの。

     っていうか、何度か次に買いたいギターの話をしてますが、このギターの指板がね……、ローズウッドなんですよ。買いたいギターはギブソン・レスポールってのは既にバラしていますから、ギターの知識がある方は、「じゃあ、今度はカスタムじゃないんだ!?」って気づくかもしれません。まあ3本ともカスタムってのもね。とはいえ、多分ギブソン・レスポール・カスタムってギターは、私の一番好きなギターですからそれでも良いんですが……。

     ってことは、今度はスタンダード系なのね!?そうなんですよ。で、だから指が指板に「ぶにゅ~」とは沈み込まないんです。これはもう諦めました。何とかなるだろっ!?

     で、気になっている点は、指板の材質によって音が違うと言われていることなんですよね。私の持っているカスタムは2本ともオール・マホガニーのモノではなく、メイプル・トップですので、スタンダード系との違いは指板の材質だけなんです。

     エボニーの方が音の立ち上がりが良くて、シャキっとしたブライトな音になるとか一般的には言われています。ホントに指板の材質が違うだけでそうなるのか?とも思うんですが……。

     まあ確かに、何度かスタンダードを弾いたことがありますが、ホンのちょっとだけ音がこもっているような感じはしました。でもギターって個体差が凄くあるんです。特にハンドメイド部分の割合が多いものほど。この辺が単なる機械と楽器の違いなんでしょうが。
     
     とか気にしていると、古くからの友人にいつも言われている言葉を思い出します。
    「お前はどのギターでもいつも同じ音だよ!」

     自分ではレコーディングの時にちゃんと使い分けているつもりなんですよ!でも他人が聴いても全然判らないって言うんです。まあこれは別にケナして言っているつもりではないようで、むしろ褒めているらしいんですが……。でも、ホントのこと言っちゃうと、レコーディングしてしばらくしてから、どのギターで弾いたのか自分でも判らなくなっちゃうこともあるんですよ!ここだけの話ですが(笑)。だからこの友人が言っていることって、間違いじゃないんですね。

     ええ~と、別にフィンガーボードの補足ってワケじゃないですねぇ~。書く前は説得力のある記事が書けるような気がしてましたが、そんなことないですね。でもいつものことなので気にしないことにします。読んでくれた人ゴメンナサイ!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    フィンガーボード

     ギターのフィンガーボードってのは日本語で書くと指板(しばん)ってことになって、その名のとおり、左手の指で弦を押さえるところの、フレットが打ち込んである板のことです。っていうか、この説明はかえって判りにくくなってるかも!?う~ん、ギターを弾かない人でも “フィンガーボード” で判るかな!?

     で、もちろんその指板の材質は “木” なんですが、代表的な木材は、ローズウッド、メイプル、エボニー(黒檀)などが挙げられます。これらの木材は一般の人でも家具とかで使われていたりするので、けっこう馴染みがあるかと思います。もちろん、楽器に使われるぐらいですから “高級木材” としてですがね。

     さて今日は何の話かというと、私はこの中では一番エボニーが好きなんです!じゃあ、そういうことで……、ってこれで終わりにしちゃあんまりですので、どうして好きなのか説明します。特別に!(笑)

     実を言うと、私が持っている4本すべてのギターの指板はエボニーなんです。ストラトキャスターもエボニーなの?珍しくね? と感じた人は、ギターについて知識がお有りの方ですね。私の持っているストラトは “Blade” というブランドのモノで、20年ぐらい前に日本で一時期ちょっとだけ流行りました。現在は日本に取り扱っている代理店がありませんので、基本的には新品を日本の普通の楽器屋さんで買うことはできませんが、ブランド自体はまだあります。まあ、代理店が手を引いたってことは、結局、日本では売れなかったってことなんでしょうが(笑)。

     で、そのギターを買った理由ってのが、他ならぬ指板がエボニーだったからです。当時、オーダーメイド以外で、エボニー指板のストラトキャスターなんてこれしかなかったんですよ。値段も決して安くはなかったですが、エボニー指板ということを考えれば非常に手頃な価格でした。言い忘れましたが、最初に挙げた3種の木材の中ではとりわけ、エボニー指板のギターってのは高価格なモノしかないんです。っていうか、エボニー指板は高級なモノにしか使われないというか……。

     じゃあどうして私はそんなにエボニー指板にこだわるのか!?ここだけの話ですが、エボニー指板って、ヴィブラートをかける時に左手の指が指板に「ぶにゅ~」って沈み込むんですよ。だからスゴ~くヴィブラートがかけやすいんです。ヴィブラートが “ヴィブラ~~ト” ってな感じになるんです(笑)。

     ええ、もちろん指が指板に沈み込むってのはウソです! 大体、ギターの指板なんて非常に堅く密度のある木材しか使えませんので、どの木材だろうと物理的に指が「ぶにゅ~」っと沈み込むなんてあり得ません。でも私の場合、ホントに感覚的にですがエボニー指板だと調子の良い時には、もう指が指板に沈み込みまくりって感覚にハマります。で、ヴィブラートが自由自在になるんですよ!

     これがローズウッドやメイプルの指板だとそうなりません。全然指が沈み込んでくれません! いつものようにやろうとしても、「堅っ!」って感じで指がはじき返される感じがします。ホントはエボニーの方が堅いはずなんですが……。 まあ、ローズウッドはまだギリギリ許せるにしても、メイプル!!コイツは私にはどうにもなりません!!堅いし滑るしで……。 どのぐらい滑るって!?たとえば二人並んでギターを弾いていたとしましょう。私が左側ね!で私がローポジションからハイポジションへと左手をスライドさせると……、指が滑ってすっ飛んで行ってしまって、気づいたら隣の人のギターの指板を押さえていた!!ってのはもちろんウソですが、そのぐらい滑ってしまって弾きにくいのです。

     実はこの話って他人にしたことがありません、ですから当ブログで初公開です。とはいえ、ただの馬鹿話だと感じる人もきっといるでしょう。まあそうです(笑)。でもねぇ~、この感覚を判ってくれる人もきっといるはずだと思うんですけど……。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
     
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック