FC2ブログ

    良い道具

     ギターを長年弾いていると、知人から「ギターを買いたいんだけど、何を買えばイイ!?」と訊かれます。まあ一応、人よりはギターについて知ってることになってますからね(笑)。でもね、これってけっこう難しいんですよ。

     とりあえず予算を訊きます。好きな音楽(やりたい音楽)のジャンルを訊きます。これだけで強引に決めることも可能なんですが、ギターって形がねぇ、様々でしょう!?

     ギターはある意味タダの道具とも言えますが、やっぱりそれなりに高価ですし、買って損をしたと思って欲しくはないです。ですから私は、
    「まず見た目が愛せるのを選んでみて!」と言います。見た目も好きなら、仮に挫折して全然ギターを弾くことがなくなってしまっても、部屋のインテリアとして使えるでしょ!?というのは半分は冗談なのですが、見た目が好きなら、そのギターの実際の価値以上のモノが見いだせると思うんです。その人にとっては。

     これはギターに対して趣味と割り切って考えた時の話。じゃあ、もうスゲ~本気で、
    「俺、プロになりたいんです!っていうか絶対プロになるんです!」
    という人の場合、これは将棋の故大山15世名人の有名な言葉を贈りたいと思います。

    「上達したければ、良い道具を使いなさい!」

     もちろんこれは将棋について言ったのですが、これってすべてのことにあてはまる気がします。やっぱり何というか、良い道具ってことは、それなりのお金を使うってことですから、「後戻りはできない!」と自分を追い込みますよね。ですから簡単に諦めないでしょうし、仮に上手くできない時でも、
    「道具が悪いんだっ!」という責任転嫁ができなくなります(笑)。

     実は自分も最初に買ったエレキ・ギターは身分不相応でした。でもおかげで簡単には諦めないで上達することができました。まあ、そういうことなんです。ちなみに最初のギターを買った時には、すでにその大山名人の言葉を知っておりました!っていうか、実はけっこうその当時、

    「これだっ!」

    って思ったのを覚えています。どうして知っていたかというと、実は私は将棋も好きなのでした。腕前はまぁ~、そこそこですよ(笑)。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック