FC2ブログ

    オーバーワーク

     いつもご訪問ありがとうございます。ただし、タイトルを見て期待してたのに内容が全然その期待にそぐわないこともあるかと思いますが、なにとぞご容赦下さい!毎日書くのも大変なんで……(笑)。

     ってなわけで、次に欲しいギターを考えるのも良いけど、肩痛も完治とは言わないまでもそれなりに治まってきましたので、ベースの練習を再開いたしました。それでフォームとかを再検討したわけです。

     ギターの場合はもう30年も弾いてますから、立って弾く時の位置(ストラップの長さ)ってのが、完全に固定されています。ところで今回再検討してみて気づいたのは、ベースを弾く時とギターを弾く時の右肘の角度が違っていたということです。そう、やっぱりベースは一応初心者だからということで、ギターよりも高い位置に構えていたんですね。ギターやベースを弾く人ですとお判りでしょうが、通常高い位置に構えた方が弾きやすいものです。もっとも、だからといって、あんまり高い位置に構えると、とても見た目が格好悪くなるんですが(笑)。

     まあこれがちょっとは影響してるかな!?と考えまして、ベースをもっと低い位置にして右肘の角度がギターを弾く時と同じぐらいになるようしてみました。これだと弾けなくなっちゃうかな!?とも思ったんですが、実はそんなことなくて、むしろ弾きやすくなりました。バカですねぇ~、私って。

     この弾く位置のこともそうなんですが、どうやら私は“ベース”に対して入れ込みすぎたんじゃないかと思うんですわ。いくらギターの技術が流用できる部分が多いと言っても、短期間のうちに詰め込みすぎたような気がします。ピックで弾いていれば腕の動きも特別違わないから大丈夫だったかもしれませんが、指弾きでしたからね。右腕もビックリしちゃったんじゃないかと……。いや実際のところ友人に、

    「えっ!?もうそんなに弾けちゃうの!?」

    って驚かれたんですよ。内心「ヘヘ~ン!」とか思っていたんですが、落とし穴が待っていたというワケですな。何事もオーバーワークってのには注意しなければいけませんね!

     肩痛が完治していないのに何故練習を再開したのかと言いますと、実は新曲のレコーディングをするつもりだからなんですよ。まあいつものように歌詞で悪戦苦闘しているワケですが(笑)、でも、もうすぐできそうなんです。というわけで近日中に発表したいと思います。これまで私の楽曲を聴いて下さった方、ありがとうございます!今度のはこれまでとは変わった感じですので、ちょっとだけ期待して下さい!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    売れちまった!!

     え~とですね………、かなり脱力ですわ。昨日こともあろうに“ゴールド・トップ”がどうのこうのなんて言ったものだから……、かどうかはきっと関係ないでしょうが(笑)、狙っていた最後の1本のギターがですね……、どうやら売れてしまったようなんです。

     もう売れちゃったからバラしますけどね。ギブソン・ヒストリック・コレクション(通称ヒスコレ)でボディは57年仕様のレスポール(つまりゴールド・トップね)なんだけど、ミニ・ハムバッカーが載っているという、つまり“デラックス”タイプのレスポールだったんです。どこが気に入っていたかというと、トップの色が「レッド・スパークル」という、メタリック・レッドのような特殊な塗装でして、バックがナチュラル仕上げという、昨日書いた通りのトップとバックが色違いの、私のツボにハマリまくりのギターだったんです。しかも現在レスポール・デラックスって生産されていませんので、人と違うのも良かったんですが……。

     ミニ・ハムバッカーのギターってのも、通常のレスポールより幾分“シャリーン”といた音が出るというので(弾いたことは無いのですが)、自分の音のバリエーションが増えるのもイイかな!?と思っていたんですけどね……。

     こうなってしまっては、もう私なんて、リッチライト指板のカスタムがお似合いかもしれません(笑)。きっとそうなんですよ!そして晴れて世のため人のためとばかりに人柱になれば良いんです!イヤ、そこまでヤケになることもないか……。でも弾いてみたら凄く良かったりして。そんでもって、“凄くイイ”と思う自分が許せなかったりして(笑)。

     まあしかし万に一つリッチライト指板のレスポール・カスタムを買ったとしたら、世のため人のために「リッチライト指板レポート」はやりたいところですね。こんな私でもたまには人の役に立つかもしれません(笑)。でも実際にホントのことを書いているのに、良いことを書いたら、

    「こいつ、自分で買ったものが良くないと思いたくないから、良いって書いてるんじゃ!?」

    って思われそうですし、悪いこと書いたらそれはそれでギブソン社やリッチライト社に訴えられるかもしれません(笑)。ってなワケで、そういったレポートは無理です。っていうかレポート云々よりも買えませんよ!!私は売れないミュージシャンですから。もっとも「リッチライト指板レポート基金」とかってのを設立して、私の着うたをみんなでダウンロードしてくれるという手もありますが……。手もありますがじゃねぇ~よ!!て感じですが、まあ一応の提案ということで……(笑)。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    残り1本だし、カスタムでローズウッド指板って!?

     私がず~っと購入を狙っていたギターが先日遂に、残り1本となってしまい、ちょっともうほとんど諦めている鈴木です。残り2本になった時点で、実は1本の方がさらに値引きになっていたので、あぶないとは思っていました。で、微妙にバラしてしまいますと、実はこの2本は色違いであって、売れたのは“本命”じゃない方です。そこは不幸中の幸いと言えましょう。

     まあ、本気で買うのであれば、別の候補を探しておかねばならないでしょう。それはそれで楽しいという気もしますが……、う~ん、アレは普通じゃないモデルなので、持っていたら目立つのに!との思いを断ち切るのが難しそうです。

     ってなわけで、そのギターは置いておいて、それ以外だったら何が良いか考えている毎日です。そうしたら先日友人が、

    「あのさぁ、お前もそろそろゴールド・トップとかどうよ!?」

    と言ってきました。ゴールド・トップ!?ジジくさいのでは!?とも思いましたが、自分の年齢を考えると別に不自然でもない気がしました(笑)。しかしながらゴールド・トップがトレードマークのギタリストって少ねえな!ちなみに私が思い浮かぶのは、スノーウィー・ホワイト(元シン・リジィ)ぐらいしかいません。きっとみなさん知らないでしょうね!?でもあまり使っている人がいないというのも良いかな!?と思って、ゴールド・トップのレスポールも最近真剣に見たりしています。でもこれって、トップはもちろんゴールドなんですが、バックはゴールドではありません。

     実は私、レスポールってトップとバックが色違いの方が絶対カッコイイじゃん!?と常日頃思っています。現在持っているのは普通の黒と白ですから全身一色ですが、もしたとえばレスポール・カスタムにトップが黒でバックがナチュラルとかいうモデルがあれば、きっとそれを買います!!

     ってことはゴールド・トップもイイかもしれません。数もそこそこ有るしね!選択肢が増えるってのはイイことです。でもあんまりロックっぽくないかな!?

     それはそれとして、以前“リッチライト指板”ってなんぞや!?という記事を書きましたが、その後も私自身調査をそれなりに進めております。まだ弾いてはいないですが……。っていうか、もしこの“リッチライト”がギターの指板材として、

    「スゲ~良いんだよ!これがっ!!」

    ってことであるなら、もっとメーカーにしろ販売店にしろ大プッシュしそうなモノです。しかしそんなことはまったくありません。それどころかギブソン社は遂にローズウッド指板のレスポール・カスタムを出しやがりました!これってリッチライトが指板材として実は全然ダメってことか、リッチライト指板のレスポール・カスタムが全然売れてないことのいずれか、もしくは両方だということを認めたようなもんですわ。しかし、ローズウッド指板でカスタムを名乗るってのはいかがなもんでしょう!?カスタムはエボニー指板だから音の立ち上がりが良くて、ロックに向いているんだよぉ~とか言っていたじゃないの!?もっとも、じゃあお前、この両者の音の違いがはっきり判るか?とか言われちゃうと自信はありません(笑)。いや、普通判らないでしょ!?大体ギターなんて弾く人のタッチによって音が決まっちゃうじゃん!?

     もっとも、ローズウッド指板なら一応ナニモノか判っているし、実は俺ってスタンダードの音が好きなんだけど、ルックスはカスタムの方が好きなんだよねぇ~!って人がいたとしたら、その人にとってはまさに望みのギターかも。でもきっと世の中のレスポール・カスタム派の人は、そんなもの認めないような気がします。私!?

    「認めるわけねぇ~だろっ!!」
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

    ヨーロッパ・チャンピオン!

     何だかねぇ~……。
     チェルシー!ヨーロッパ・チャンピオンおめでとう!!
     う~ん、ピンと来ないなぁ~。っていうか、予想はあたったことになるワケ!?
     まあ、ノイアーは5本中2本コースを読み違えたけど、チェフは延長に入ってからのロッベンのPKを止めた上に、PK戦ではコース全部的中。
     
     でも、PKでの決着はいつもそうですが、胸が痛むモノです。

     チェルシー・ファンの反感を買っちゃうかもしれませんが、チェルシーにとっては、
    「時計の針を元に戻して獲ったタイトル」が将来的にはマイナスになるでしょうね。
     これで来季に誰が監督をやろうが、“監督より選手が偉いクラブ”という悪しき慣習が継続されますな。ファンの立場だったら、それでも良いのですか!?っていうか結果が出れば別に問題ないのかな!?

     でも来季はこんなに上手くは行かないでしょ!?アブラ様がこれで気前よくなって、また大型補強をするんでしょうが、老害であるテリーやランパードをどうするか?ってのは依然解決されないまま。イヤ、テリーやランパードがまったく使えない選手だと言いたいのではなくて、もうその能力が発言権とは見合っていないだろう!?って話ですがね。

     でもまあ、ケチをつけるのはヤメにしましょう(笑)。やっぱりチェフは世界一のゴール・キーパーですよ!

    CL決勝についての戯れ言

     まあチャンピオンズ・リーグの決勝ということで、一応戯れ言を書いておきますよ。みなさん待ってはいないでしょうけど、書くとは思ったでしょ!?

     バイエルンとチェルシーって……、両方のファンの方々には失礼ながら……、でもきっとここ10 年ぐらいのヨーロッパ・サッカーを観ている人なら大抵は同意してくれると思うんですが、

    「退屈なサッカーをするチーム」の代表格ですよね。現在のバイエルンは以前ほどその印象はないかもしれませんが、“退屈なサッカー=高勝率”ってのはある意味正しいですから、決勝のカードとしては、それほど意外なモノではないのかもしれません。しかし、全然褒めてねぇ~な(笑)。

     まあそれよりも、私的にはもともと両クラブを好きではないという理由以外に、この決勝に入り込めない大きな理由があります。それは両クラブともに、

    「今季のCL出場権を昨季の国内リーグ優勝で勝ち獲ったわけではない上に、今季の国内リーグも優勝していない!」
     
    からなんです。“チャンピオンズ・カップ”時代は、そもそも国内リーグで優勝しない限り出場権が無かったワケですが、“チャンピオンズ・リーグ”になってからは強豪国のクラブはリーグ2位や3位でも出場できるようになりました。それ故、今季のようなケースは起こり得るんですが、これまでにこのパターンってありましたっけ!?記憶は定かではないんですが、少なくともどちらかが当該2シーズンのいずれかで国内リーグ優勝をしていたと思うんですが……。え~と、暇な人は調べてみて下さい(笑)。

     つまり2シーズン続けて国内リーグで優勝してないクラブ同士で戦って、勝った方が、“ヨーロッパ・チャンピオン”ってのもねぇ~……。まあ、ルールに則っているわけですから仕方ないですが。

     まあチェルシーはイヴァノビッチとラミレス(あえてテリーは言わない!)が出場停止ってのが痛いですよね。きっと内容では圧倒されるんじゃないでしょうか!?アウェイだし。ただ、以前も当ブログでちょこっと書きましたが、私はサッカーというものは、

    「チームのクオリティを決めるのは中盤だが、勝敗を決めるのはストライカーかゴール・キーパーである!」

    と思っていますんで、チェルシーにもそれなりに勝機はあると見ています。具体的に言っちゃうと、決定機の数はバイエルン9、チェルシー2とかなんだけど、0ー1でチェルシーが勝つ。もう「チェフ様々!」みたいな感じで(笑)。チェルシー勝利のシナリオはキーパーのアドヴァンテージで勝つ以外に無い気がしますね。

     ところで、ここで勝たないと来季のCL出場権が無くなるので、チェルシーは頑張るはず!って意見もありますよね!?これって理屈では合ってような気もするんですが、何か小さいモノ(来季CL出場権)のために大きなモノ(CL優勝!!)を勝ち獲ろうとしているようで、主客転倒しているような気がしません!?「タイでエビを釣る」とでも言いましょうか。っていうか、お前はたとえ話はヤメロよっ!!て感じですか(笑)。 

     勝敗予想はどうなっているんだろう?と、何となくウェブを見て回ったんですが、やっぱりバイエルン勝利!という予想の方が多いみたいですね。ただ、ちょっと私のツボに入った意見がありました。その人はチェルシー勝利を予想しているんですが、その理由が、

    「今年は赤いチームが勝つ年では無いのかも」

     これが案外真実のような気がしてきました!!(笑)
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2012/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック