FC2ブログ

    正義!?

     しかしながら、ホントにサッカーの予想はあたりませんよ!まあ一応勝敗予想だけはあたったことになりますが、トーレスなんて出てもいねえじゃん!(笑)
     でもまあ、「正義がなされた」とか言うとリバプール・ファンに怒られちゃいますが、今季の流れからいったら仕方ないのでは!?まあ、リバプールもキャロルを投入してから盛り返して、試合としては面白かったんですが。

     リバプール不振の原因って、それこそ両手では数え切れないぐらいあるのかもしれません。で、これまでに当ブログで書いていないことで、気になっていることがあったのですが、この決勝戦を観てそれを確信しました。

     レイナのパフォーマンスって、リバプールに加入して以来、今季が最低ですよね!?
    この試合でもそうでしたが、以前のレイナだったりトップ・クラスのゴール・キーパーだったら止められていたはずのシュートってのが今季は何本もあったと思います。1点目のラミレスのシュートなんかは以前のレイナだったら止めてたはず。

     それに比べるとチェフはホントに素晴らしい!彼から得点を奪うことがいかに難しいことなのかを、試合を観る度に思い知らされますね。キャロルの得点の時も触ってますからね!というわけで、チェルシーにはおめでとう!と言わせてもらいます。しかしミッド・ウィークの両者のリーグ戦は、思いっきり消化試合ですな(笑)。リバプールはホームだからともかく、チェルシーは一体何人レギュラーを使うやら……。

     もっと予想を外したのはアーセナルのドロー!またもやポール・ランバート監督の見た目にダマされました(笑)。これによってアーセナルは3位どころか5位になってしまう可能性すら出てきてしまいました。

     ってなわけで、今晩のこの後の試合が……必見ですね!どうせ私の予想なんて外れますよ。
    スポンサーサイト



    イメージして弾く

     私のホームページのギター講座では、基礎練習をする時にアンプとかに繋がないで音を出さないことを奨めています。その理由は簡単に言うと、基礎練習はツラいから、本を読んだりテレビを観たりの “ながら族”(死語)になってツラさを紛らわせましょう!ということです。音を出してたらテレビとか観られないでしょ!?それじゃやりにくいからなんです。

     ってなわけで、当然、私自身も同じようにギターには何も繋がないで練習してます。で、講座の方は基礎練習だけに限定されているような書き方をしているんですが、実はあらゆる場合でアンプに繋がないのは練習になるんです。

     私はギターを弾いている時のほとんどが基礎練習だったりするのですが、作曲やレコーディングもするわけですから、当然基礎練習ではない、楽曲としてのフレーズも弾きます。(そりゃそうだ)で、実を言うとですね、このフレーズを弾く時も私はアンプに繋ぎません。アンプやアンプ・シミュレーター、エフェクターにギターを繋ぐ時って、ホントにレコーディングをする時だけなんです!

     たとえば自分の曲を練習する時に、その曲のギター・サウンドがギンギンのディストーション・サウンドであっても、わざわざエフェクターに繋いで弾いたりはしません。どうするかというと、頭の中でそのディストーション・サウンドをイメージしながら弾きます。どんな音の時も同様に、「今はフロント・ピックアップでコンプとコーラスをかけて弾いている」とか「ディストーション・サウンドでソロを弾いている」とかイメージしながら弾きます。この時に気をつけるのは、きちんと弾くタッチもそのサウンドを弾く時のタッチで弾くということです。実際に出ている音はただのエレキ・ギターの生音なんですが、ディストーションでリフを弾く時と、クリーン・トーンでアルペジオを弾く時のタッチは違うでしょ!?それも考えて弾くんです。

     これって25歳ぐらいの時からやってるんですが、凄く表現力を養うのに良いような気がするんです。イメージがきちんとしていると、自然と手の方もその音に合ったタッチで弾こうとするようになるんですよ。これがエフェクターをかけちゃってると、エフェクターのおかげでそれなりの音が出ちゃうでしょ!?タッチとは関係なく。

     もちろん、気持ちよぉ~くエフェクターをかけて楽しんで弾くことも大切なんですが。じゃないと、どうしてギターを弾いているのか判らなくなっちゃいますね(笑)。ただ、上達したいのであれば、タマにでイイですからやってみて下さい。きっと何かが変わりますよ!

     イヤァ~、今回は中りもしないサッカーの予想と違って、かなりマジメでしたね(笑)。

    ここテストに出るから!!私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2012/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック