FC2ブログ

    弦高の話

     このところサッカーの話ばっかりだよね!?って誰に言ってるわけじゃないんですが(笑)、今日は本職の話にしましょう。と言っても、これから書く内容については私のホームページのギター講座のLesson17「真実は弦高とともに」で詳しく書いてありますので、興味がお有りでしたらぜひそちらも御覧下さい。ブログもホームページも両方読んでくれている方!いつもありがとうございます!こちらの方々には重複する内容となってしまうかもしれませんが、え~と、ブログに書いた方がより多くの人達に見てもらえるので、ちょっとばかりご容赦下さい。

     実を言うとブログに音楽の記事を書いた後で、「あっ、これはホームページのネタに取っておけば良かった」とか「これこそホームページで書くべきだろうに!」と自分で思うことがありますし、友人とかに指摘されることがあるんです。でも、何というかギター講座に書くと堅い感じになってしまって、こちらで書いた方が上手く書ける時もあるのです。っていうか前置きはいいから弦高の話ですね。

     ギターをやっている人で弦高に悩んでいる人は多いみたいですね。大抵の人は弦高を上げた方が良い音になるっていうのを理解しているんですが、弦高を上げちゃうと今度は左手で弦を押さえづらくなってしまうわけです。だからと言って弦高を下げすぎると、今度は弦のビビリ(弾いた時に弦が他のフレットにあたってしまう)が出てしまうので、結局のところ、

    「弦のビビリが出ないところまで可能な限り弦高を下げる」

    というセッティングにしている人が多いみたいです。一般的に言って弦高が低ければ左手で弦を押さえやすくなりますから、「弦高が低い=弾きやすい」と考えられています。これは決して間違いではありません。

     じゃあ何でワザワザ弦高の話をするの?弦高セッティングの答えは出てるじゃん!と思われるでしょうが、 “弾きやすい” ということについてちょっと考えてみましょう!と言いたいのです。

     実を言うと私のギターはかなり弦高が高いです。他人が弾くと、「うわっ、何これ!?」と言われてしまうくらい他人にとっては弾きにくいみたいです。実際のところ私だってもっと下げた方が “弾きやすい” と感じるくらいです(笑)。

     では何故そうしているのか!?その理由は先ほど書いたとおりで、弦高が高い方が音が良いからです。ところでここで発想の転換をしていただきたいのですが、弦高が高いギターは “良い音が出やすいギター” と考えることもできますよね!?つまり、良い音が出やすいギターというのは “簡単に” 良い音が出るということですので、これって “弾きやすいギター” って考えることもできないでしょうか!?

     多少屁理屈っぽく聞こえるかもしれませんが、私はギターを弾きやすくするために、弦高を上げているのです。ねっ!?「弦高が低い=弾きやすい」とばかりも言えないような気がしません?

     ここでは非常に簡単に結論だけで終わりにしてしまいますが、この話を読んで「んっ!?」と思った人は、ぜひ私のホームページのギター講座「Lesson17」を読んで下さい。もっと詳しく弦高について書いてあります。ひょっとしたら何かが変わるかも知れませんよ!

    まあストラトだと面倒だけどギブソン系だったら試しにやってみれば!?私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2012/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック