FC2ブログ

    謎の肩痛

     みなさん、こんにちは!って何だよいきなりって感じですが、連日当ブログに訪問していただいている方に、お礼を申し上げたいと思います。いつも私のクダラない戯れ言にお付き合い頂きまして、本当にありがとうございます。え~とですね、近々新しい展開があるかもしれませんので、お手空きの時でけっこうですから(笑)、お友達とかに当ブログを、

    「売れないミュージシャンが毎日バカなことを書いてるんだけど、まあちょっとした暇つぶしぐらいにはなるかもよ!?何かレコード会社にも見放されていて、可哀想な人なんだよ!」

    みたいな感じで(笑)、宣伝していただけたりすると、非常に嬉しいです。

     というわけで本日の本題に入ります。1ヶ月程前からなんですが、肩というか肩のつけ根というか、肩の間接の軟骨の部分というか……が痛くてですね、右側だけなんですが、ちょっとしたはずみに右腕を振り上げたりすると激痛が走りまして、その痛みのせいで右手が肩より上に上げられなくなっちゃったんですよ。で、友人に訊いたところ、

    「それってひょっとして五十肩じゃない!?」

    と言われました(笑)。ええ~っ!?遂に私も“グルコサミン”かよっ!?とか思いましたが、とりあえず右肩はなるべく注意して動かすようにして、湿布を貼ることにしました。そうしたら幾分痛みは和らいだんですが、何かこう“治る”という感じにはならなくて、このところ困っていたのです。

     私は眠る時に、右側を下にして横向きに眠るクセがあるんですが、ひょっとしたらそれで右肩に体重がかかってまずいのでは!?とかも思いまして、就寝時にも注意したりしたんですが……、やっぱり治りませんな。

     ところが最近、ベースを弾いている時に“ひょっとしたら、このせい!?”と思える感覚が肩に走りまして、試しに一日ベースを弾かないことにしてみました。あっ!?ギターと同じで私はベースも毎日弾いています。

     で、実を言うと痛みがかなり引いたのです。
    「これのせいなのか!?」と思い、その後二日間ベースをお休みしたのですが、どうやら図星みたいで、この感じだとあと2、3日もすれば完全に痛みが引きそうです。

     私はベースを始めてから半年とちょっとですが、ピックではなく指で弾いているので、右手の動きに関してはギターとは違います。きっと使う筋肉も微妙に違うのでしょう。確かにギターだとまったく感じたことのない右手の疲れが、ベースを弾いた後にはあったような気がします。

     っていうか、きっとベースを弾く時に右手にムダな力が入っているのでしょう。それが蓄積されて肩の間接に炎症が起きたのかもしれません。実はこれって大変面目ない話なんですよ!だって私はホームページのギター講座で再三にわたって、

    「ムダな力を入れないように!」と書いているからです。楽器は違えども、偉そうに人に言う資格が有るのか!?っていうか多分、無いですわ!

     というわけで、ベースの練習を再開する時には慎重を期そうと思っている次第であります。(敬礼!!)
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    04 | 2012/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック