FC2ブログ

    全仏ベスト16!!

     熱戦が続いている全仏オープンですが……、WOWOWの放送というワケですけど、以前当ブログで、ある解説者の話し方があまりにも酷いので、

    「起用をヤメルか話し方教室に通わせろ!」

    って書きました。イヤ、もちろん起用は続いているんですが、何か非常に実況の登場回数が減っている気がするんですが、私の気のせいでしょうか!?常に真剣に観ているワケじゃないとは言え、基本的には毎日中継を観ていますが、私の観た限りでは一度だけ!?のようです。まあ、いろんなところで不評でしたから、きっと抗議のメールを出した人もいるのでしょう。まあ以前にも、ベテラン解説者がユーザーの抗議によって降板させられたのかなぁ~!?って思われることがありましたので、WOWOWも少しは考えるようになったのかもしれません。

     ってなわけで本日からセカンド・ウィークってことで、いよいよ4回戦、ベスト16ですな!!ざっと見たところ、思わぬシード・ダウンってのはありません。伏兵も何人かはいますが、上位はほぼ順当にきています。以前私が当ブログで書いた、「異星人とそれに次ぐ最強地球人」達は全て残っております。

     4回戦の最注目カードは、もちろん!!デル・ポトロ×ベルディヒ戦だと思われますが、え~と、私はデル・ポトロの勝利を予想します。根拠はそれほどありません。でもきっと、そうなるはずです。しかしながら、私がこうして“いつも外れる”予想を発表してしまったので、ベルディヒ・ファンは喜んでいるかもしれません(笑)。

     ツォンガ×バブリンカ戦も好カードですね。ツォンガの方が格上ではありますが、ツォンガ自身が、
    「クレー・コートは自分のサーフィスじゃない」
    などとコメントしているのが、ちょっと気になります。で、気になりますので(笑)、バブリンカの勝利を思い切って予想しましょう。3回戦のシモン戦を制した勢いが続くと見ます。

     最初にドローを見た時に、秘かに期待していたカードが、マレー×ガスケ戦です。日本ではどっちが人気あるんでしょ!?そりゃランキングを考えるとマレーだろっ!?って気もしますが、マレーってそれなりにコアなテニス・ファンじゃないと好きになれそうもないので(笑)、良い勝負かもね。で、この試合はガスケが勝つでしょ!?地元で勝つでしょ!?そうに決まってるでしょ!?と考えています。

     他の試合は?イヤ、みなさんと同じですよ!予想するまでもないでしょ!? 
    スポンサーサイト



    チャレンジャー精神!?

     ギターについての戯れ言にまたお付き合い下さい。
     まあ、ず~っと狙っていたギターが売れてしまったんで、次の候補を探していまして、
    「ゴールド・トップかなぁ~!?」とか書いたりしましたが、何か最近また気分が変わってきました。っていうかギブソン社って従来のギブソンUSAとギブソン・カスタムショップという二つのラインがあるんですがね。当然カスタムショップの方がより高級なラインなんですが……。

     掲示板とかをざぁ~っと眺めてみますと、やっぱり価格が高いからか、どうしたってカスタムショップの方が評判が良いみたいなんですが、「高けりゃ良いのは当然だろっ!」って気持ちが私の中に芽生えましてね。何となくチャレンジャー精神でギブソンUSAで探してみるのも面白いかな!?と思えてきました。

     カスタムショップだと安いモノでも約30万円しますが、USAだと最近よく見るようになったレスポール・トラディショナルのサテン仕上げってヤツが17、8万円で買えるんですね。これ、サテン仕上げってことは、詳しくは知らないんですが、塗装の工程がいくつか省かれてるんですよね!?だからその分安くなってるんでしょ!?しかもこれトップ材がマホガニーってことで、言ってみればオールド・カスタムのボディ材と一緒なワケだ。

     トップがマホガニーだと……、よく言われているのは音がメイプル・トップのものより“甘い”とか“暗い”感じだということ。元々カスタムがオール・マホガニーなのも「ジャズ向け」のギターだったからなんですが、ここが私にとっての一番のポイントかな!?イヤ、良いってことではなくて、懸念材料としてなんですが(笑)。音が“甘い、暗い”ってのはイイとしても、あのレスポール特有のレスポンスの良さが出ないのかな!?ってとこね。

     やっぱりレスポールだったら、あの弾いた瞬間の“パキッ”って感じが欲しいところですから。弾いてみないと判らんな。どうせ新品のギターは3年ぐらいはレコーディングには使わないだろうし、鳴るようになったらまったく別の良さが出るかもしれませんな。

     これね、たとえば掲示板とかで「レスポール・トラディショナルのサテン仕上げってどうでしょうか?」って質問したら、きっと、

    「ヤメとけっ!!」

    って言われると思うんですよ(笑)。USAは造りが雑だとか言っている人が多いですから。でも塗装が薄いってことは、耐用年数での不安はあるものの、直ぐに鳴るようになるかもしれないってこともあります。ボディは塗装してない方が確か理論上は音が良いはずなんですよ。ただ、塗装をしてないと湿気とか汗とか水分をボディが吸っちゃうからダメなんですけどね。でも案外面白いかもよ!?と思っている今日この頃です。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2012/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック