FC2ブログ

    ギターのネックの太さについて考える

     以前当ブログで弦高について書きましたが、本日はネックの太さについて書いちゃおうかなぁ~と思います。これってとてもデリケートな問題だと思われがちなんですが……。ネット上でもよくネックの太さについて、様々な議論がなされているようです。

     “思われがちなんですが”って言うからには、実は大した問題じゃないとでも言いたいのか!?そうですねぇ~、ホントに手が小さいとか指が短いというのであれば問題かもしれませんが、はっきり言っちゃうと、ギター初心者さんが考えているほどには問題ではないとでも言いましょうか……。

     まあ一般的にネックが細い方が弾きやすいと考えられています。これってホントにそうでしょうか!?イヤ、ちょっと考えれば判ることなんですが、ネックが細い方が間違いなく弾きやすいのであれば、各メーカーは細いネックのギターをもっと生産してるような気がしません!?とか言うと、「何でもかんでも細くしちゃったら、強度を維持するのが難しくなる」っていう反論も出そうですが……。

     私の持っているギターは、それぞれけっこうネックの太さが違います。たとえば以前当ブログでも書きましたが、このページ右上の2本のレスポールは黒い方が多分標準よりやや細く、白い方はけっこう太目です。じゃあ単純に黒い方が弾きやすいのか!?って言いますと、ハイポジションに関してはご面倒かも知れませんが“ハイポジションの勘違い”を参照して下さい。

     まあ、パッと手に取った感じで言いますと、やっぱり黒い方が弾きやすく感じられます。ですが、ロー・コードを抑える時はネックが太い白い方が楽に感じられます。ネックが細いと当然幅が狭くなるために、きちんと左手の指を立てないと押さえていない弦に触れてしまうことがあるからです。更に言いますと、2時間以上とかの長時間にわたって演奏する場合、太いネックの方が疲れにくい気がします。これは私だけかと思って調べたことがあるんですが、同様の意見を持っている人が複数いましたので、そういう傾向にあるのかもしれません。

     困りましたね(笑)。答えが出ね~じゃん!!何とかマトメないとね(笑)。というわけで、実際自分にとって黒いレスポール(ネック細い)と白いレスポール(ネック太い)どっちのネックが好きなのか真剣に考えてみました。………、え~とね、どっちでも良いんだな、これが!!(笑)。

     きっと、私はネックの握り具合でギターを選んではいないんじゃないかな!?っていうか、自分に合った握りのネックを探すんじゃなくて、自分の手をネックに合わせている気がしますわ。うん、そんな感じです(笑)。これまで数々のギター関係の記事を書いてきましたが、今回のは一番無責任な結論のような気がしますね(笑)。ゴメンナサイ!でも思ったんですが、ネックがどうこうよりも、そのギター全体を愛せるかということが大事なんであって、そのギターを愛しているのなら、一生懸命練習しているうちに自分の手をネックに合わせられるようになるんですよ。愛ってそういうものでしょ(笑)。オイオイ、遂に愛まで出してきたかっ!!ってことで、今現在はちょっと反省しています。もうアンタの記事なんてぜってぇ~読まねぇ~!!って方もいたかもしれません。でもねぇ~、ネックの太い細いなんて大した問題じゃないですよ……、きっと。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2012/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック