FC2ブログ

    ピルロ!!

     みなさん、こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます。
     というわけで、自分で判っていながらというか、自ら指摘もしていましたが、EURO決勝トーナメントの予想を外しまくりました(笑)。見事にドイツ以外は逆の結果となり、
    「ワザとやってんじゃね!?」という意見もあるでしょうし、
    「ドイツしか中らないなんて中学生以下!!」という罵声も浴びそうです。

     “確信を持ってフランスとしておきます!!”って言っておきながら、大方の予想通りスペインが勝ちました。両国ともイマイチでしたね。でも結局自力に勝るスペインのジャブがじわじわ効いてきて、やっぱりスペインが勝ちました。でも、言い訳しますと、
    “セスクをスタメンで使えばスペインが勝つかも!?”という内容のことを書いてもいたのですよ。でも、別にセスクが流れを引っ張るかたちにならなかったし、セスクが下がった時にはまだ0ー0だったし、ええ、言い訳になってないすね(笑)。

     PK戦の決着はできれば避けて欲しいとも書きましたが、よりによってイングランドがその餌食になるなんて……。イヤァ~、時間の経過とともに、

    「この両国はどちらもPK戦は弱いイメージがあるよなぁ~、でもどっちかは勝つんだよなぁ~、PK戦になったら “PK戦最弱決定戦” だよなぁ~(笑)」

     とか考えながら観ていました。私は基本的にPK戦はサッカーだとは考えていないんです。かのベッケンバウアーだって、「コイン・トスよりはマシ!」と言ったことがあります。でも今回のこのPK戦は “サッカー” だったかもしれません。何故かって、リードされた時のイタリア3人目、ピルロの流れを呼び戻したあのキックは素晴らしかったからです!!あの場面でチップ・キックを蹴る技術とメンタルって……。喩えて言うなら(ヤメといた方が良くね?)、テニスのグランドスラム決勝で、相手にマッチ・ポイントを握られている場面で、セカンド・サービスなんだけど “ダブル・ファースト” を打ってエースを取るようなモノですか!?ハイハイ、かえって判りづらくなりましたね(笑)。

     イングランドが負けたのでちょっとは落ち込んでいますが、内容的にはイタリアが勝ったのは “正義” でした。だからこれで良いんですよ。今日から全英オープンも始まることですし、こっちに集中しろという神のお告げなんでしょ、きっと。
    スポンサーサイト



    ウィンブルドンだぁ~!

     さて、いよいよテニスの全英オープンが始まります。まだEUROも終わってないし、30日からはツール・ド・フランスが始まってしまうというのは、私にとっては非常にハッピーとも言えますが、「どうしてくれるんだよっ!?」という気持ちもあり複雑なところです。端から見ると「幸せな人ね!」と思われるでしょうが、レコード会社に見放されているので、そうでもありません(笑)。

     ところで全英オープンの正式名称ってご存知でしょうか? “The Championships”って言うんですよ。これって開催地である英国人に言わせれば、
    「ほらっ、テニスの発祥の地ってのは英国だからね、ここで行われるトーナメントってのが唯一無二の選手権ってわけ!」
    という感じなんだそうです(笑)。まったく英国人ときたら……。ゴルフの全英オープンの正式名称も確か“The Open”でしたし、イングランド・フットボール協会も単に、
    “Football Association”(FA)と名乗ってますよね。
    「俺達が始めたんだから、別に国名なんて名乗る必要はないでしょ!!」
     FAって未だに、「何で俺達がFIFAやUEFAごときに指図されなきゃならんのだ!」
    ってとこがありますからね。その割にイングランド・フットボールの国際大会の成績が今ひとつってのは言いっこナシよっ!?(笑)

     話が完全に脱線いたしました。全英オープンの話でしたね!?錦織選手もようやく復帰するようです。第19シードですので何とか3回戦までは義務ってつもりで頑張って欲しいモノです。

     ってなワケで、やっぱり問題はトップ・シード選手がどういう山に入ったか?ってところですね。単純にトップとボトムで見ますと、またジョコヴィッチとフェデラーが一緒だよ。つまりマレーとナダルが一緒です。え~と、今回は順当にベスト4はこのトップ4が揃うんじゃないでしょうか!?っていうか全英は揃って欲しい感じですが、案外ジョコヴィッチ辺りが危ないような気もします。同じ山の最強地球人がベルディヒですしね。フェデラーの山は、う~ん、イズナーがちょっと心配ですがきっと大丈夫だと思います。

     マレーの山は、フェレールとデル・ポトロがいるんですがグラス・コートということを考えればきっと大丈夫でしょう。ツォンガとベルディヒのどちらも外れたのはマレーにとってはラッキーでした。と思ったらカルロヴィッチとラオニッチがいますな!!恐いですな!!ついでと言っちゃ失礼ですが、ロディックもいますね。意外と厳しいかも。

     ナダルの山にツォンガが入りました。ここはちょっとポイントですが、ナダルどうなんでしょう!?前哨戦のハーレではコールシュライバーに意外とアッサリ負けたんですが、まあ100%の力で臨んでいたとも思えないので……。ちなみに同大会では決勝でトミー・ハースがフェデラーに勝って優勝しています。スゲ~よハース!34歳ですわ。

     まあ、というわけで英国悲願のマレー優勝は厳しい道のりになりそうですね。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    05 | 2012/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック