FC2ブログ

    全英ベスト8についての雑談

     ってなワケで、いつも訪問ありがとうございます。今回は予想でも展望でもないですよ。ただの雑談です(笑)。ウィンブルドンも連日雨が降ったりしていますが、何とかスケジュールはこなしています。しかしながら雨が降る度に、

    「だから、“ミドル・サンデー”とか言ってないで、とっとと試合をやれよっ!」

    とか思っちゃうんですが、これって絶対に変わらない伝統なんでしょうか!?大会運営スタッフのために休みが必要なんでしょうかね。それともきちんとした歴史的な意味とかがあるのでしょうか!?ちゃんと調べる気さえあれば判りそうなモンですが、面倒なのでとりあえず文句だけ言っておきます(笑)。

     というわけでズラリと並んだベスト8。全てシード選手です。スイマセン、ガスケは私の呪いが懸かってしまいました。期待してたんですが……。しかしながらガスケに勝ったフロリアン・マイヤーは実はウィンブルドンのベスト8進出は2度目です。地味にタマに活躍しますね。しかしながら、さすがに次のジョコヴィッチ戦はねぇ……。

     フェデラーは大ピンチかもしれません。どうやら腰を痛めたようです。実際、マリーセ戦では第1セット途中でMTOをとりましたが、その後はフォア・ハンドの強打を全然しませんでしたし、サーブもけっこうヘロヘロでした。力を極力抜いて(っていうか力を入れると痛むのでしょう)、プレースメントだけで何とか勝ちました。まあそれで芝が得意なマリーセに勝てるのは大したものですが、回復するのでしょうか!?とりあえず日程上連戦じゃないのが救いですが、お次の相手はユーズニー。過去に一度も負けていない相手ですが、腰の状態によってはかなり危ないでしょうね。これがパワーにまかせたバカ打ち系の選手だったら“いなして”勝つことも可能でしょうが、ユーズニーはそういう選手じゃありません。丁寧にじっくりやられたらかなり厳しいかも。

     けっこう私が話題にしているフェレール(笑)ですが、今大会素晴らしいですね。芝のフィーリングを掴んだの!?30歳にして(笑)。マレーとのセンター・コートでの大アウェー戦に挑むことになりました。フェレールってキャラ的にヒールは似合わない気がしますが、さすがに今回はマレーへの大声援の中でその役を全うすることになりそうです。が……、そんなことは全然関係なく奮闘するフェレール、対してマレーは要所でメンタルの弱さを露呈してミス連発……、いつの間にか観客の心はフェレールへ……、とかそんな展開も有り得そうです(笑)。でもまあ8割方マレーが勝つと思っていますが。

     ツォンガとコールシュライバー。実は案外この試合が準々決勝のベスト・ゲームになりそうな予感。え~と、公平を期するためにどちらが勝つとは言わないでおきましょう(笑)。
     
     一応私の希望としては、フェデラーかマレーの優勝なんですが、確か全豪の時も同じことを言って、結局そうなりませんでした。今回も同じになってしまうのでしょうかね!?
    スポンサーサイト



    疲れているほど……

     私はバレエも好きだと以前一度だけ書きました。一度しか書いてないので、その記事を読んでいない方には初耳でしょうね。そうなんですよ!!バレエ好きなんです。私はミュージシャンであり、スポーツ観戦も好きですから、バレエは強引に考えれば、その両方の要素が入っていると言えますので、好きなのは当然なのかもしれません。

     で、男性のバレエ・ダンサーでルドルフ・ヌレーエフという伝説的なダンサーがいるのですが、彼のドキュメンタリー映画を観ていたら、そのインタビュー・シーンで、

    「疲れているほど、よく踊れる!」
    と答えているシーンがありました。これを観たのはもう10年前ぐらいなんですけどね。で、実はこの当時私は、ギターの練習は毎日欠かさないけど、ただのコンビニの雇われ店長をやっていたわけですが、このヌレーエフの言葉は非常に記憶に残っておりました。
    「ふ~ん、そういうもんなのか!?」と思っただけなんですけどね。

     さて、当時の私はギターの練習を毎日欠かさないとはいえ、普通に働いていたわけですから、一日に練習できる時間は平均すると1時間とかそんなもんでした。じゃあ、休みの日には6時間とか弾いていたのか? とか思われるかもしれませんが、コンビニの店長なんてやっちゃうと、大抵週に一日しか休めないし、その休みさえ飛んじゃうことあるし、基本的にヘトヘトだし、休日はやらねばならないことがたまっちゃうしで、休みの日であろうとやっぱり同じぐらいの時間しか弾いてませんでした。

     しかしながら、今では毎日きちんと2~3時間は弾ける立場になりました。まあ、なりましたっていうか、やらなきゃダメじゃんって感じなんですが……。

     私にとって現在は、ギターを弾くのは仕事でありますから、疲れていようときちんと弾くように心がけています。毎日ブログでバカなことを書いていようが、この部分だけはマジなのです、当然ですが……(笑)。

     そうしていたら最近、前述のヌレーエフの言葉が何となく判る瞬間ってのが訪れるようになりました。なんかもうヘトヘトになってギターを弾いていると、余計なことを考える余裕が無くなって、その時にある力が全てギターを弾くためだけに使われるというか、そんな感触になる時があるんですよ!!

     ひょっとしたらこれが「疲れているほど、よく踊れる!」、(まあ私の場合は“弾ける”でしょうが)なのかなぁ~って……。全然違うかもしれませんが(笑)。実際、余計な力が全然入ってなくて(っていうか疲れていて入らない)、ギターの音っていうかプレイ自身が俺だよっ!!(笑)みたいな感じ。一応言っておきますが、私は喫煙者ですのでそれなりにダメ人間ですが、ドラッグは一切やったことないですし、今後やる予定もありません。ですからこれは、別にラリっているわけではございません(笑)。

     まあ、“ランナーズ・ハイ”みたいなものなんでしょうね。この歳になって、やっとギターが判りかけてきたところなのかもしれません。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2012/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック