FC2ブログ

    やっぱ強ぇ~わ!ウィギンス!!

     みなさん、こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます!!
     というワケで、ツール・ド・フランスも第19ステージ個人タイムトライアル(以下ITT)を終えました。注目は “フルームがこのステージでウィギンスより順位が上だったらちょっと面白いよね!?” ってところだったんですが、何事もなくウィギンスの圧勝でした。

     これがまあ、ウィギンスはフルームより順位は上だったんだけど、優勝じゃなくて4位ぐらいでフルームが5位とかだったりすると、
    「チーム・オーダー疑惑!?」
    とかなったりしたんでしょうが、っていうか別にチーム・オーダーはルール違反じゃないんですけど、ウィギンスが優勝だったから誰も文句のつけようがないですな。結果的に最も個人の力が反映されるはずの3度のITTはすべてウィギンスがフルームを上回りました。もちろん、それでも第1ステージでフルームはパンクによる遅れでウィギンスに対して1分25秒を失っていたので、それが無かったら!?と言いたい人もいると思います。山岳ではフルームの方が勝っていた印象は否定できませんものね。仮にその失われた1分25秒が無かったとしてもウィギンスの方がやはり勝っているのですが、タイム差が小さければそれだけウィギンスにかかるプレッシャーも大きかったでしょうから、第19ステージのITTの結果に微妙な影響を及ぼしたかもしれません。とはいえ、スポーツで“たられば”を言っても仕方ないですし、ウィギンスがエースなのですし、ITTの結果でツール・ド・フランスの勝者が決まるのもお馴染みのことですので(笑)、こんなもんでしょ!?

     しかしながら、ツール・ド・フランスという大舞台の長距離ITTで、ファビアン・カンチェラーラとトニー・マルティンが不在だったのはちょっとガッカリですね。もうほとんど総合の行方は決していましたので、せめてこの両者とウィギンスの争いがあればもうちょっと盛り上がったと思います。

     ってなわけで、本日のパリ・ゴールで、もうほとんど有り得ないようなアクシデントが無い限り、ウィギンスのマイヨ・ジョーヌ、総合優勝が決まります。私の呪いが影響ないほどウィギンスが強かったのか、それとも私の呪いはウィンブルドンで終止符を打ったのかは判りませんが……、っていうか、呪いはエヴァンスとメンショフにかかってしまったのか……、イヤイヤきっと全然関係ないですね。ちょっと早いですが、おめでとう!ウィギンス!!やっぱりその“もみあげ”は伊達じゃないですな(笑)。
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    06 | 2012/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック