FC2ブログ

    ギブソン社が世界経済復興のために……

     私は世界的な“アンチVOS仕上げ”のギタリストとして知られていますが(ただのギタリストとしてさえ知られてねぇ~っての!)、今回もVOS仕上げについて書きたいと思います。VOS仕上げってのが何のことやら判らないって人は、是非とも“VOS仕上げ”という記事を参照して下さい。

     先日楽器屋に行った時に、店員さんと話し込んだことから得た知識です。私が“VOS仕上げ”はちょっとガマンならないんですがと言うと、店員さんは、

    「でも、ホラ、キズが付いちゃうとか気にしないで最初からガンガン弾けるじゃないですか!?」(笑)

    オイオイ!?って感じですな。まあ、実はその店員さんも、あまりVOS仕上げが好きというわけではないみたいです。私ほど嫌っているワケではなさそうでしたが……、もっとも商品として売り込まねばならない立場なので、迂闊にけなすワケにもいかないでしょうが(笑)。

     ところで、カスタム・ショップからVOS仕上げばかり出ているので、余程売れているんだと思っていましたが、店員さん曰く、

    「実は日本のユーザーは、お客さんのようにグロス仕上げを好む人も多いんですよ!」

    と意外な発言。へぇ~、そうなん!?世の中もまだ捨てたモノじゃないじゃん。まあ、一応お客だから話を合わせてくれたのかもしれませんが……。で、“ピカピカの59年モデル”が欲しい人向けのオプションとしてのサービスもあるにはあるらしいのです。VOS仕上げってのは、程よい使用感が施されているために、キズがついていたり、塗装やハードウェア・パーツがくすんでいたりするのですが、それを磨いてしまうサービスもあるとのことです。つまり“バフがけ”をしちゃうらしいのですが……。

     モデルやその最初の状態によって違うらしいのですが、大体2万円程度で、それなりに新品のようにキレイになるみたいです。もちろん深いキズについては完全には消えない(塗装面だけでなく、直接木の部分に付いていたら、そりゃ消えないわな)そうですが……。

     なるほどね!とも思いますが、考えてみればVOS仕上げ加工をすることによって余計なコストがかかり、さらにそれを元に戻すためにまたコストがかかり、ユーザーはムダにお金を使わされていることになるじゃん(笑)。でもね、これは実はギブソン社が世界経済の回復のために、考えてくれているんですよ!!ムダ金を使うことこそが豊かさってもんです!!なぁ~んて、俺が納得するワケねぇ~だろっ(怒)。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2012/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック