FC2ブログ

    ランスの話ばっかりだな

     ここ2、3日はランス・アームストロングの話題が沸騰中ですね。え~と、私は自転車ファンですが、ランスは好きではありません。ですから傍観しようかな!?とも思っていたんですが、ちょっと触れることにします。まあ詳細についてはいろんなところに出ていますので、ここでは書きませんが(面倒なのね!?)、疑問なのはUSADA(米反ドーピング機構)が、どうしてランスの98年8月以降の全成績を抹消すると発表するわけ?

     もちろん、この抹消される記録には99年からのツール・ド・フランス7連覇も含まれているわけですが、これらの記録はUCI(国際自転車競技連合)が管理するモノであって、USADAが剥奪できるのか!?これに対しUCIが「USADAにはタイトル剥奪の権利までは無いよぉ~ん!」と訴えない限りUSADAの決定が確定すると新聞等で報道されてますが……。UCIはワザワザ面倒に巻き込まれたくないし、場合によってはドーピングを擁護しているとか受け取られかねないんで、静観するのか!?難しいところではあります。(敬礼!!)

     話は変わりますが、ミュージシャンはドラッグをやる人が相当数いるとされています。まあ事実でしょう。私は過去にドラッグをやった経験はありませんし、今後やる予定もありません。ドラッグは絶対に反対です!!でも、ドラッグをやることによって名曲を生み出したミュージシャンってきっと過去にいたでしょう!?でもそれが発覚したからって、著作権剥奪とか印税没収とかはないですね。もちろん違法ドラッグをしたことに対する責任は負わねばなりませんが。っていうか何が言いたいのか判りませんな。イヤイヤ、ちょっと思いついただけですよ。スポーツ選手のドーピングとミュージシャンのドラッグって似てるのかなぁ~ってね。でも、はっきり言っておきますが、ドーピングもドラッグも人間のクズがやることです!!

     ってなワケで、“ホント自転車ってドーピングまみれで、そんな競技はやめちゃえばイイじゃん!!”って人もいるでしょうが、ブエルタが面白過ぎて仕方ないですな。ほとんど戦前の予想通りの3人(コンタドール、ホアキン、フルーム)と “コーボのアシストなんてやっぱりウソじゃん!!(笑)” のバルベルデによる4人の争いになってきました。単純にこれまでの山岳を見るとホアキンが一番イイ感じに思えますが、第11ステージの個人タイムトライアル(39.4km)が彼にとってはどうなのか!?

     平坦でその距離だったら、フルーム、コンタドールから2分ぐらい失う可能性があるのですが、前半途中からそれなりの上りがあり、後半は下りという微妙なコース設定。それでもやはりフルーム、コンタドールが有利だとは思いますが、ほとんどタイムを失わずに済むかもしれません。そうなるとやはり第14、15、16ステージの山頂フィニッシュ3連戦が勝負所になりそうですが、う~ん長い上りでの勝負になるとコンタドール、フルームに分がありそうですなぁ~。ってことは、結局ホアキン、ダメじゃん!!実はこう書いておくことによって、ホアキンの勝利を実現させようという作戦ではありません(笑)。そんなことでホアキンが勝てるのなら喜んでやりますともさ!!
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2012/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック