FC2ブログ

    大注目だぜ!!ブエルタ第11ステージ

     というわけで大注目のブエルタ第11ステージである!!え~と、連日の暑さでアタマがやられている可能性も否定できませんので、話半分以下ぐらいで考えて下さい。

     さて、ホアキンがもっとも苦手とする個人TT。しかしながら、この個人TTを前にして1分程度の差をもってリーダーということは、ここまで“やれることはやった”という感じではあります。本人をして、「生涯で最も大事なTT!!」ってことで、そのやる気が窺えます。ええ!私は “ホアキンに一度はグランツールを!” と願っておりますんで、ひょっとしたら最大のチャンスとも思える今回は、他の選手に呪いを懸けるべきなのでしょう(笑)。

     とはいえ、それなりの上りと、そしてけっこうテクニカルな下りがあって、単純に平坦なコースの個人TTのようにはいかないかもしれません。そうです、やっぱりフルームとコンタドールが有利なのは変わらないでしょうが、ホアキンにもちょっとだけチャンスがあるかもしれません。もちろん、二人より上位に来るということではなくて、タイムをほとんど失わないで済むかも!?って意味ですが。リーダーですから最後の出走というのも戦略的に有利です。

     実際のところ、フルームやコンタドールに30秒以上詰められたら、この後の展開からして “ホアキン終了!”の可能性は高いです。やはりこの後のステージにある長い上りになると、この二人に分があるでしょう。ちなみにまったくバルベルデの話題を出していませんが、バルベルデは無いですよ、多分。

     フルームの調子がけっこう微妙に思えますが、スカイの、
    「完全なピークを作らないけど、その分落ち込みもしないコンディショニング」ってのはどうなんでしょう。 
     “100%を作っちゃうからその後にド~ンと50%に落ちちゃうわけで、それなら常に80~90%にするってのはどうよ!?”

    ってことらしいのですが、そんなことができるんですかね!?まあ最近の科学トレーニングは進んでいますし、特にスカイは自転車界では最先端ですからね。普通に考えたら、あのツールやオリンピックの調子からすれば、「ブエルタは無理だろっ!?」って感じですが、まあ今日の個人TTでその答えが見られるのかもしれません。

     コンタドールは……、きっと徐々に調子が上がっていきますよ。きっとそうなるでしょ。今日はフルームに次いで2位ですよ。いや、ひょっとしたら1位かも。でもサクソバンク・ティンコフバンクのジャージはダサイです。それだけが気がかりです(笑)。いくらコーポレート・カラーを使わなくちゃならないとはいえ、あれはないだろっ!?もっとどうにかできなかったのでしょうか!?

     ってなワケで、ホアキンを応援している私としては、今日はフルームが勝つでしょ!!と言っておきます(笑)。
    スポンサーサイト



    秘密結社“アンチVOS”

     さて、私は貧乏ですが、ひょっとしたら左側リンクの楽曲が大ヒットしかねないし(笑)、いつ何時パトロンさんが現れて、「欲しいギターをどれでもイイから1本選びなさい!!」と言われた時に困らないように、購入候補のギターを日夜探しているのですが、みなさん、こんにちは!いつもありがとうございます。お元気ですか!?

     のっけから情緒不安定な感じですが、最近行きつけの楽器屋さんに私の心の琴線に触れるようなギターがけっこう入荷したんですが……、う~ん、カラーとか凄くイイ感じなんですけど、どいつもこいつも“VOS仕上げ”ですな。

     私はアンチVOS仕上げのオッサン・ギタリストとして、特に名を知られていない存在として君臨しているワケですが、何でVOS仕上げばっかりなの!?私がVOS仕上げを嫌う理由の一つとして、その製作途上でクラフトマンがうっかりボディとかぶつけたり、落としたりしても、

    「あっ!?でもこれVOS仕上げだから、むしろイイ感じになったんじゃね!?」

    とかいうことがあるんじゃないか!?と、どうしても考えてしまうからです。ウラは取っていませんが……。こういうことがあるような気がするから、“みんなダマされてるんだよっ!!”と言いたいのです。っていうか、ネックのウラの塗装の剥げまで再現してんじゃねぇ~よっ!!弾きづらいだろっ!?とか思いません!?

     そこで私は考えました。どうせロクなことじゃないだろっ!?って思った方はほぼ正解ですが(笑)、VOS仕上げなんてロクなもんじゃないということを、メーカー(っていうかギブソン社だな)と楽器店に知らしめる方法です。まず100人ぐらいで“アンチVOS”という秘密結社を結成します。そしてそのメンバーのミッションなんですが、楽器店に訪れ、VOS仕上げのギターを指さして、まったく素の顔で、

    「このギターって、隣の“チョイ傷あり”のギターより、もっと傷がある感じなんですが、こっちは値引きしないんですかぁ~!?」

    と店員さんに訊くのです。ええ、ごくごく自然に。きっと店員さんは“これはVOS仕上げと言ってなんたらかんたら……” と説明してくれるはずです。一応その説明はキチンと聞きましょう。で、説明が終わったら、

    「ふ~ん、バカみたいですね!」と言ってその場を去りましょう。で、これをメンバーが入れ替わり立ち替わりやるわけです。間違っても複数で押しかけてはなりません。こちらの高尚なミッションがバレてしまう怖れがあります。そうですねぇ~、同じ店に1日にメンバーを送り込むのは大体3人が限度としておきましょう。これをメンバーを上手くローテーションして横の繋がりを悟られないようにしましょう。結果としてひと店舗につきひと月で100人程度の「バカみたいですね!」というお客さんが出現することになります。

     さすがにメーカーも楽器屋も考えるんじゃないか!?VOS仕上げも無くなるんじゃないか!?とはいえ、果たしてこの野望に賛同してくれる同士が集まるかどうか!?ってのも問題です。実は私だけがVOS仕上げを嫌っているかもしれないからです。ってなわけで、みなさん、どんなもんでしょ!?実はみなさんもVOS仕上げ好きなの!?

     そういうワケで(?)、私も凄いこと考えましたよ。私の楽曲データにノイズを混入させて“VOS仕上げ”として割高で売ろうかなって作戦です。1曲500円とかでどうでしょ!?(笑)遂に暑さでアタマがやられたみたいです!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2012/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック