FC2ブログ

    ブエルタ山岳3連戦!!

     みなさん、こんにちは。本日は久しぶりに真夏日じゃないかも!?ってことで元気が出てきたわけではありませんが、ほとんど間髪入れずに登場してみました。
    「実は書き溜めてあるんじゃね!?」
    疑惑とか別に出ていませんが(笑)、本日の1本目で言い忘れたことがあります。

    「楽曲販売サイトにもお越し頂き、ありがとうございます!!」

     リリース後2週間以上経ちましたが、来場者数は減るどころか、むしろ増えております。きっと、みなさんのおかげだと考えております。

     というワケで、本日からいよいよブエルタが“地獄の山岳3連戦!!”なのであります。(敬礼!!)第12ステージでホアキン・ロドリゲスがまんまと総合タイムを上積みできたのも、今後をより面白くしましたね。欲を言えばあと10秒程度は欲しかったのですが……。

     まあ3連戦ということで、今日辺りは意外と動きが少ないかもしれませんが、コンタドールが……、予想通りというか、調子が上がってきている感じです。だからコンタドールがガンガン行っちゃうという展開も考えられなくもありません。ホアキンとバルベルデは長い上りはコンタドールやフルームに較べると、どうしても“ちょっと落ちる”感じですので、ここは頑張りどころです。っていうか、全国3万5000人のバルベルデ・ファンには悪いですが、ちょっともう厳しいかと思います。でも私がこう書くことによって息を吹き返すかもしれませんが(笑)。 

     とはいえ、立場的にはフルームが仕掛けなければいけないところです。日本でも人気急上昇な感じのフルームの動きには注目です。ただライバル3人がスペイン人ということ、「スカイばかりに勝たせるわけにはいかない!!」という他チームの雰囲気(実は私のタダの想像!!?妄想!?)が、どうしてもフルーム不利という感じに見えてしまいますね。何か調子も今一つな感じですし。

     とにかく、今週末はF1もあるってことでサッカー、テニス、ブエルタと、どうやって観るか思案中です。ええ、ホントはもっとやらなきゃいけないこともあるんですが(笑)。きっと、みなさんから見ると私は、
    「幸せなオッサン!」
    に見えることでしょう(笑)。まあ、間違ってはいないかもしれません。
    スポンサーサイト



    アンディ・ロディックが全米オープンを最後に……

     みなさん、こんにちは!!今日から9月ですね。自身の売名行為が目的として始められた当ブログも、このところ訪問者数が4か月連続で“前月比150%!!”となっており、みなさまには感謝いたしております。何も考えずに、好きなことを毎日書き続けた結果ということを考えれば、私はラッキーかもしれません。もっとも、訪問者のみなさまにとって、私が“ミュージシャン”であるという意識が定着しているとは思えませんが(笑)。
     
     さて、テニスの全米オープンは連日熱戦を繰り広げているのですが、ニューヨークと日本の時差が13時間ということで、
    「朝起きてテレビつけたらテニスをやっていた!!」
    ということに遭遇したりします。全米のナイト・セッションは現地夜の7時からですので、日本時間だと朝の8時ってことになります。

     で、本日やや遅めに起きた私は、朝食を摂ったりしていつもの“朝の儀式”をウダウダとやっておりました。血糖値が通常に戻り、アタマが冴えてきて、
    「ブログの更新をせねば!!」
    とか考えていたんですが、そう言えばテニスもやってるじゃん!と思いテレビをつけました。すると、

    「ホォ~オォ~!!」

    いきなり朝から“怪鳥アザレンカ”の襲撃に遭ってしまいました。ちょうどテレビをつけた時に、ヴィクトリア・アザレンカの試合を中継していたのです。プレイ中に奇声を上げるのは、シャラポアがあまりにも有名ですが、そのせいで彼女は人気の面でかなりマイナスとなっています。私もシャラポアの身体能力と、ひょっとしたら全プロ・スポーツ選手で一番強いのでは!?と思わされるメンタルの強靱さには敬意を払いますが、あの声はねぇ~……、ないわ!!下品だわ!!

     というワケで、“奇声を発する”と言えばシャラポアなんですが、このところ私は、あのアザレンカの、

    「ホォ~オォ~!!」

    の方がイラつきます。うん、シャラポアより下品な気がします。とにかく朝、テレビをつけて最初に耳に入ってくる音声としては、間違いなくワーストの部類でしょう(笑)。

     いきなり女子の怪鳥2羽の話で文面が費やされてしまいましたが、今回のメインはアンディ・ロディックです。この全米オープンで引退するそうです!!まだ30歳です。これはフェレールと同じでフェデラーの1歳下です。もっともこの二人が化け物なんでしょうが……。

     ロディックって世界中で愛されていましたよね!スター選手の中ではいわゆる“アンチ”の少ない選手でした。あの“クイックかよっ!?”というような、ほとんど力が入っていないようなフォームから繰り出される弾丸サーブは、間違いなく「天才」の領域でした。
    よく言われることですが、フェデラーと同世代でなかったら、あと二つや三つのグランドスラムを獲っていたでしょう。でも実は今年のマイアミでフェデラーに勝ってるんですよ!!

     あのポイントを欲しがって、良いアプローチを打ったワケでもないのに、強引にネットに出てパッシングで抜かれる!!というプレイが見られなくなるのは残念です。イヤ、決してバカにしてるのではなくて、あれもATPの一つの“華”だったような気がします。ああいうかわいげのあるプレー(笑)が何となくさまになるのも、ロディックの才能だったと思います。

     このまま勝ち進むと、デル・ポトロやジョコヴィッチと対戦ですわ!!結果はともかく凄い盛り上がりになりそうですね。ロディック頑張れよ!!心からエールを贈ります。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2012/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック