FC2ブログ

    ギターを始めたきっかけのお話

     え~と、今日は誰も知りたくないでしょうが(笑)、私がギターを始めた経緯なんぞを書きたいと思います。

     私がギターを始めたのは中学1年の時です。スゲ~古い記事でちょっと触れましたが、私は音楽が非常に得意でした。私自身はやっていませんでしたが、姉がピアノを習っていた関係で家にはピアノがありましたし、父親はクラシック鑑賞が趣味であって、同時に演歌専門ですがギター(ガット)とピアノを演奏する人でした。その上兄はオーディオ・マニア……。まあ、音楽が溢れている家庭だったんです。自分で意識はしていませんでしたが、こういう環境で育ったおかげで自然と私の音感は鍛えられていたのだと思います。ですから、音楽の授業ってへっちゃらというか、簡単すぎて退屈という感じでした。

     そういうことですので、音楽の実技テストは、歌も縦笛も“満点が普通”という状態でした。で、中学1年の音楽の授業でギターをやる機会があったのです。とはいえ、クラシック・ギターではなくてフォーク・ソングの弾き語りをやるっていうのだったんですが。

     学校にあったのはガット・ギターだったんですけどね、それでギターのコードってのを習ったわけです。これで私はギターに触れることになったのです。で、ひと通り授業で学習した後に、一人ずつ実技テストをやることになっておりました。さて、前述の通り、私は家に父親が使っていたガット・ギターがあったこともあり、テストに向けて家でも練習ができました。元から音楽が得意だった上に、家でも練習できるのですから、ほとんど無敵状態です。っていうか、そのはずだったんですが……。

     私のテストの結果は……。その結果は、満点の人は演奏直後にその場で「ハイ、100点!!」と発表され、全員が終わった後に90点以上の成績優秀者が発表されるという形式でした。私は演奏直後に「ハイ、100点!!」と教師から声がかけられるどころか、成績優秀者として名前が呼ばれることさえありませんでした。縦笛や歌の実技テストでは、「ハイ、100点!!」がほとんど普通の状態だったのに……。

     実技テストでは満点の常連だった私は、教師から何故ダメだったか!?という講評まで特別に受けてしまいました!!え~とね、この時の鈴木少年が受けた屈辱たるや、きっとみなさまには計り知れないモノです。

     というワケで……、私のハートに火が点いたんですよ!!そう、ギターを始めたきっかけってのは、この実技テストの失敗からなんです。負けず嫌いというか、こと音楽に関して人に遅れを取るのはガマンがならなかったのです!!それから私はギターをもの凄い勢いで練習し始めたました。父親に教わりながら……。あんまり私が家でギターを手放さないので、父親は新しいギターを自分で弾くために買いましたとさ(笑)。

     そんな感じなんです。私のギターは挫折から始まったのでした。あの時実技テストで、いつものようにアッサリ満点を取っていたら、“弦高が高くて6弦を切りまくり、VOS仕上げが大嫌いなオッサン・ギタリスト”は生まれてなかったかもしれません。果たして世のためには、これで良かったのか“神のみぞ知る”という感じですが、どうでもいい私のギターを始めたきっかけのお話でした。読んでくれた訪問者の方々ありがとう!!またお会いしましょう!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    スポンサーサイト



    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    08 | 2012/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック